2010/09/20

想念②

「人間の意識とは一体なんぞや?」という疑問を、オーラや波動といった広範囲なサブジェクトを通じて解き明かす的な、非常に大それた内容です。

Elemental  
⑰ エレメンタル・想念体②

想念は人間の思考の波動や感情の波動からも生まれ、生み出した本人の一部として離れてゆきます。

産みの親から分離するということです。

念の軽いものや、その内容に害のないものは然程の影響力はありません。
 
想念が軽い場合の例は、スタバでコーヒーを飲もうと思って並んでいたら、いつもはカフェイン抜きの日替わりコーヒーしか頼まないのに、何故かいつもとは違ったソイミルクで作ったカフェラテをオーダーをしたりして驚くといった感じです。

そしてこのような想念のバトンタッチ的なやり取りは、結構日常判事で起きているのです。
 
パートでブティックで働いているヒーリングの生徒さんは、店内の商品の売れ方を観察していておかしなことが起こることに気づいたと話してくれました。

その時に店内に全く売れないコートがあったのですが、あるお客さんがそれを見て「とっても可愛いわ!」と大喜びをして買って帰ったそうです。

するとその後から、今まで売れなかった同じデザインのコートが立て続けに売れていったいう話しで、他にも売れない商品を誰かが喜んで買って行くと、その後にその商品が売れ始めるという例は結構あるのだと言っていました。

これは誰かが喜んで買って行ったときの想念を、後で入って来たお客さん達が拾って、同じように買ってしまうということです。
 
頭の中で何か否定的なことを考え続けて、想念が大きくなり始めると、更に影響力を持つようになります。

このネガティブな波動で作られた念は粘着質になり、人間のオーラや物に付着します。私たちには大なり小なりのネガティブな部分がありますから、自分の内面が持っているネガティブな波動のある場所に引き寄せられるのです。

例えば過去の悲しみとか、後悔の念とか、怒り、様々な欲とかいったものの波動がある場所に引き寄せられます。
 
その場所に付着すると、そこから同じような波動を持った別のネガティブな想念を引き寄せるようになります。

そして次第に濃度が高くなって、オーラや物の中に染み込んでゆくのです。
 
私たちは行動することによって、絶えずオーラの中に様々な不純物や想念を引っ付けているということです。

そしてそれらの付着物が人間の意識と肉体の状態に何かしらの影響を与えています。

遠隔ヒーリングでオーラの中を出来るだけ広範囲に渡って掃除をしたり、どこか自然の気の良い場所、森の中や、波動が細かく奇麗な場所に行ったりすると、身 体が軽くなったり、肩こりが消えたり、気分が好転したり、目が覚めたような感じがしたり、視界が広くなったりするのはそのためです。
 
サイキック的な視点でネガティブ想念がオーラに染み込んでいる人を見ると、オーラがまだらに見え、濃度が濃い場合は、粘着質の薄い粘膜のように見えます。

そのネガティブ想念が染み込んでいる場所は、想念の波動がどこに合わされているかによって違い、頭の周辺だったり、胴体だったり、右だったり、左だったりと様々なです。

一般的に男性の想念は身体の右側に、女性の想念は身体の左側に張り付きます。

そして中央付近は人間ではない類いのものです。
 
この想念の密度がもっと濃くなり、シミを通り越して小さな丸いボールのような形になり始めると、更に影響力が強くなっていきます。

密度を増した波動のボールのようになった想念は、薄い粘膜のような形から、もっと立体的な様相を現すようになります。

そして更に同じようなネガティブ波動を呼び寄せて、次第に大きくなって、しばらくすると回転したり動いたりするようになります。

そしてオーラの中からチャクラや経絡のツボ、オーラの裂傷、関節などを通じて肉体の中の各器官、例えば肝臓や膵臓、脳といった具合に、その臓器の奥の方へと移動してゆきます。

続く・・・




【意識の光り:目次】 ★不思議は消えない②香りの伝達  
★鬱の症状とエレメンタル 
 ★クレアオーディエンス 【超聴覚】  
★クレアオーディエンス 【超聴覚】②  
★どこから音が聞こえて来るのか  
★超聴覚で聞こえる音はオーラの中で響く  
★クレアガスタンス【超味覚】  
★味覚はその人の波動域によって変化する 
 ★味覚の変化 
 ★クレアアリエンス【超臭覚】  
★1日2リットル以上の水が飲めない理由  
★波動の移動に距離は関係しない  
★ネガティブ波動を溜めない方法  
★想念体に関する考え方  
★エレメンタル・想念体 
 ★想念②  
★想念③  
★波動のプロジェクション  
★UFOが移動する原理  
★オーラに現れる色彩  
★オーラの中の色彩の位置①  
★オーラの中の色彩の位置②  
★オーラとアカシック・レコード  
★空間には目に見えない波動が存在している  
★オーラ=サブスペース〈亜空間〉1  
★身体の不思議・・・  
★身体の不思議・・・2  
★フィジカル体 物理的な肉体  
★チャクラと丹田の違い  
★上との繋がり方(1)集中力  
★オーラとは?  
★光りの三原色と三つの丹田(1)  
★光りの三原色と三つの丹田(2)  
★脳の三位一体(1)  
★メッセージの受け取り方(1) 
 ★生命力の源泉・下丹田を活性化させる呼吸法  
★生命力の源泉・下丹田を鍛える訓練  
★エーテル体の中に浮かんだ「リキッド体験」 
 ★エーテル体、エセリック・ボディー(Etheric body) 
 ★身体の重さと経絡の関係  
★エーテル体と毒素  
★アセンション極秘情報  
★意識の仕組み  
★スシュムナー管の目覚め  
★トリニティーからの行き先 
 ★波動の上昇と本を読むこと  
★自分に目覚めるためのステップ  
★身体が酸化して冷える食物  
★ヨウ素と放射能被ばく  
★いつも安定している人間になる方法  
★乗馬で学んだオーラのこと  
★この震災が示唆している人類の未来 
 ★放射能汚染に効果的な植物/ハーブ  
★集中力とイメージ力の高め方  
★第三の眼の汚染  
★第三の眼・松果体の浄化  
★第三の眼とフロライド汚染  
★スピリチュアルな能力の意味  
★サイキック的にはこう見える!  


さらに、まか~ウラの多次元経験に興味のある方はコチラがお勧め!

読んでね!



 [単行本(ソフトカバー)] 価格:     ¥ 1,890

アマゾン読者レヴュー★★★★★

世界的なベストセラー『聖なる予言』も刊行されてなかった1991年春。ひとりの青年がマチュピチュへ旅立った。そこで体験する常識をはるかに超えたスピリュチュアルな世界。色鮮やかなビジョン体験とUFO目撃談で綴る異色の旅行記。

いま世界中のチャネラーがペルーを目指す。  



▶まか〜ウラのプロフィールはコチラ



★セッションのご予約・お問合せ、ブログの質問・感想などは電子メールで。

makaula@gmail.com

[ まか〜ウラのSEATTLE日記] http://makaula-seattle.blogspot.com/
[ まか〜ウラのHAWAII日記] http://makaula-hawaii.blogspot.com/
[ eCardsが伝える神託の言葉] http://ecards808.blogspot.com/
[ 光りと癒しの光速ヒーリング] http://quantum-resonance.blogspot.com/

[Fecebook] https://www.facebook.com/pages/Hiroshi-Makaula-Nakae/304407229570904


LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ご予約・お問合せ

▶エネルギーヒーリング基礎コース

▶まか~ウラのクレアヴォヤンス基礎コース

セッションのご予約・お問合せ

ブログの質問・感想などは電子メールで。


makaula@gmail.com

※お問い合わせを頂いた際に、ドコモ携帯でのメルアドの場合(@docomo.ne.jp)は返事を出しても戻ってきてしまます。ドコモ携帯をお使いの場合は、ブロック機能を確認され、PCからでも受信できる設定にされるか、その他のメルアドからご連絡ください。


GLBT長編恋愛小説


愛の島の呼び声を聴いたなら

誰一人その誘惑には逆らえない

http://www.amazon.co.jp/Blue-Dolphins-Hiroshi-Mak%C3%A4ula-Nakae-ebook/dp/B00LMV0UUQ/ref=sr_1_1?s=digital-text&ie=UTF8&qid=1404900402&sr=1-1&keywords=blue+dolphins

Kindleストアで絶賛発売中!
▶購入はコチラから


▶その他のサービス内容はコチラへ
▶まか~ウラのプロフィールはコチラ

▶Skypeによる個人セッションに関する内容はコチラ
▶まか~ウラの著作はコチラ


精神世界のランキングに登録してみました!



アマゾン読者レヴュー ★★★★★

[単行本(ソフトカバー)]  価格:¥ 1,890
【アマゾンでご購入出来ます】


世界的なベストセラー『聖なる予言』も刊行されてなかった1991年春。ひとりの青年がマチュピチュへ旅立った。そこで体験する常識をはるかに超えたスピリュチュアルな世界。色鮮やかなビジョン体験とUFO目撃談で綴る異色の旅行記。いま世界中のチャネラーがペルーを目指す。

人気の投稿