2010/10/04

★オーラとアカシック・レコード

「人間の意識とは一体なんぞや?」という疑問を、オーラや波動といった広範囲なサブジェクトを通じて解き明かす的な、非常に大それた内容です。

⑥オーラとアカシック・レコード  

アカシック・レコードとは、私たち個人が経験する全ての出来事や、個人を超えた地球に住む全人類の経験から、さらには宇宙の歴史まで、現存する全ての出来事に関する情報の記録というものです。

言い換えると宇宙の巨大な図書館、または全ての情報を記録し続けているデータバンクという感じのものです。  

一般的にアカシック・レコードとは宇宙の巨大な図書館だというイメージで語られることが多いのですが、宇宙のどこかに、そのようなデータを集めている図書館が存在するのでしょうか? 

仮にそれらの情報を保管している〈場所〉があるのだとしたら、一体どこに集まっているのでしょう?  

サイキック的なリーディングでは、普通の人の目では視えない情報を受けとることが出来ます。

例えばその人の肉体的な状態や症状を初めにして、精神や、感情的な問題、、過去に経験したトラウマ的な出来事を読み取ることが出来ます。

また、まだ起きていない未来のイベントや、時間を超えた部分ではその人の過去生に関する情報、家族やご先祖様に関することなども可能です。

そしてスピリチュアルに縁の深い神様や、宇宙文明や、意識体の情報だったりと、読み手の才能や技術によって多岐に渡った事柄にアクセスすることが出来るということです。  

では、このような情報を一体どこから取り出すのかと聞かれたから、その多くはオーラの中からです。

前にも書いたようにオーラは波動の違いによる断層的で、階層的な構造になっているので、層によって取り出せる情報が変わって来ます。

後にそれぞれのオーラの層に関して書きますが、思考の動きはメンタル体(思考体)に現れ、感情の動きは感情体に現れます。また身体の右側に現れる映像と、身体の左側に現れる映像では赴きが違います。  

この「アカシック・レコード」という言葉の元になっているのはサンスクリット語のアカシャ(アーカーシャ)という言葉で、「虚空」「空間」「天空」などを意味しています。

そしてこれに関連するのが「光子(フォトン)」です。光子の質量はゼロであり、同じように電荷もゼロであり、崩壊寿命がないとても安定した素粒子です。  

そして光子は情報を保持することが出来ます。

光子は記録を抱えているということです。  

また光子は波動であり、意識でもあります。

そのような光子で構成されているものがオーラなのです。

オーラには目では見にくい階層と機能的な構造がありますが、基本的には私たちのオーラそのものが、自分自身に関係する事柄が蓄積されている巨大な情報バンクだということです。  

波動に関する感覚の精度が鋭くなっていない人は、オーラという存在を簡単に分かることが出来ません。

多くの人達は、身体の周りには何も無いと思っているのです。

これを例えると、オーラは虚無なもの、何も無いものということになります。

しかし私たちの身体の外側の空間には何も無いわけではありません。

そして何もないように見えるオーラという空間は、全てのものに繋がっています。  

それは私たちの肉体も含めた、全ての次元に存在するものは、意識という波動で構成されているからです。

簡単に書いてしまうと、全てのものは波動的に繋がっている、意識として全てが繋がっているということです。  

アカシャの指す「虚空」「空間」「天空」というのは、質量がゼロで目には見えない次元、しかし、全てのものと繋がっている空間を指すのです。  

人間の肉体を包み込んでいるオーラが、一人ひとりのアカシック・レコード(情報バンク)と捉えると、人間でないもの、例えば動物とか植物とかにも同じようにオーラがあります。

意識であり波動であり、光子でもあるオーラには、人間や動物、植物といった個体が抱えている情報が含まれています。

それと同じように私たちの住む惑星〈地球〉にも同じようにオーラがあります。

これを更に拡大させると、地球が含まれている太陽系にもオーラがあり、太陽系が含まれている銀河系にもオーラがあります。

それぞれには断層的な階層があり、その階層によって記録されている情報の質が変わってゆくということです。  

一般的にアカシックレコードというのは、宇宙のどこかにある巨大な図書館だというイメージがありますが、それはとても抽象的な概念に近いものをイメージした時に、もっとも分かりやすい表現として使われている姿です。

しかし宇宙のどこかに図書館があるのではなく、意識という波動で繋ぎ止められてる〈空間〉そのものがアカシック・レコードなのです。

続く・・・




【意識の光り:目次】
★不思議は消えない②香りの伝達 ★鬱の症状とエレメンタル ★クレアオーディエンス 【超聴覚】 ★クレアオーディエンス 【超聴覚】② ★どこから音が聞こえて来るのか ★超聴覚で聞こえる音はオーラの中で響く ★クレアガスタンス【超味覚】 ★味覚はその人の波動域によって変化する ★味覚の変化 ★クレアアリエンス【超臭覚】 ★1日2リットル以上の水が飲めない理由 ★波動の移動に距離は関係しない ★ネガティブ波動を溜めない方法 ★想念体に関する考え方 ★エレメンタル・想念体 ★想念② ★想念③ ★波動のプロジェクション ★UFOが移動する原理 ★オーラに現れる色彩 ★オーラの中の色彩の位置① ★オーラの中の色彩の位置② ★オーラとアカシック・レコード ★空間には目に見えない波動が存在している ★オーラ=サブスペース〈亜空間〉1 ★身体の不思議・・・ ★身体の不思議・・・2 ★フィジカル体 物理的な肉体 ★チャクラと丹田の違い ★上との繋がり方(1)集中力 ★オーラとは? ★光りの三原色と三つの丹田(1) ★光りの三原色と三つの丹田(2) ★脳の三位一体(1) ★メッセージの受け取り方(1) ★生命力の源泉・下丹田を活性化させる呼吸法 ★生命力の源泉・下丹田を鍛える訓練 ★エーテル体の中に浮かんだ「リキッド体験」 ★エーテル体、エセリック・ボディー(Etheric body) ★身体の重さと経絡の関係 ★エーテル体と毒素 ★アセンション極秘情報 ★意識の仕組み ★スシュムナー管の目覚め ★トリニティーからの行き先 ★波動の上昇と本を読むこと ★自分に目覚めるためのステップ ★身体が酸化して冷える食物 ★ヨウ素と放射能被ばく ★いつも安定している人間になる方法 ★乗馬で学んだオーラのこと ★この震災が示唆している人類の未来 ★放射能汚染に効果的な植物/ハーブ ★集中力とイメージ力の高め方 ★第三の眼の汚染 ★第三の眼・松果体の浄化 ★第三の眼とフロライド汚染 ★スピリチュアルな能力の意味 ★サイキック的にはこう見える!  


さらに、まか~ウラの多次元経験に興味のある方はコチラがお勧め!読んでね!
聖なる谷
空中都市マチュピチュを超えて
Hiroshi Makaula Nakae

¥1,890
Amazon.co.jp

LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ご予約・お問合せ

▶エネルギーヒーリング基礎コース

▶まか~ウラのクレアヴォヤンス基礎コース

セッションのご予約・お問合せ

ブログの質問・感想などは電子メールで。


makaula@gmail.com

※お問い合わせを頂いた際に、ドコモ携帯でのメルアドの場合(@docomo.ne.jp)は返事を出しても戻ってきてしまます。ドコモ携帯をお使いの場合は、ブロック機能を確認され、PCからでも受信できる設定にされるか、その他のメルアドからご連絡ください。


GLBT長編恋愛小説


愛の島の呼び声を聴いたなら

誰一人その誘惑には逆らえない

http://www.amazon.co.jp/Blue-Dolphins-Hiroshi-Mak%C3%A4ula-Nakae-ebook/dp/B00LMV0UUQ/ref=sr_1_1?s=digital-text&ie=UTF8&qid=1404900402&sr=1-1&keywords=blue+dolphins

Kindleストアで絶賛発売中!
▶購入はコチラから


▶その他のサービス内容はコチラへ
▶まか~ウラのプロフィールはコチラ

▶Skypeによる個人セッションに関する内容はコチラ
▶まか~ウラの著作はコチラ


精神世界のランキングに登録してみました!



アマゾン読者レヴュー ★★★★★

[単行本(ソフトカバー)]  価格:¥ 1,890
【アマゾンでご購入出来ます】


世界的なベストセラー『聖なる予言』も刊行されてなかった1991年春。ひとりの青年がマチュピチュへ旅立った。そこで体験する常識をはるかに超えたスピリュチュアルな世界。色鮮やかなビジョン体験とUFO目撃談で綴る異色の旅行記。いま世界中のチャネラーがペルーを目指す。

人気の投稿