2010/11/15

◎フィジカル体 物理的な肉体

ブログでの連載を中断してから再開するまで、随分と長らくお待たせしました。

「夜中に名前を呼ぶ数珠」が我が家にやってきて以来、大ピンチの連続です。

朝起きたら右肩が上がらないことから始まった、久しぶりの肉体的なチャレンジです。

普通の肉体的なチャレンジだったら良かったのですが、非常に霊的な内容も含まれていたので、驚くことも多かったです。

そんな感じで、この約二ヶ月の間は、自分の身体と向き合うことに精を出していました。

何度も整体マッセージを受けに行ったし、ホリスティック・ヨガを始めて、朝夕と1日2回も通い続け・・・。

訳が解らない現象だったので、それらのプロに聞いても明確な答えが返って来ることはなく、自分の身体を通じて地道に学んでおりました。

「夜中に名前を呼ぶ数珠」で一冊、「身体の不思議」で一冊と、二冊の本が書けるくらいの濃い内容だったと思います 得意げ

まだ肉体が完全に元の状態に戻ったわけではないのですが、ホボ普通に生活出来る状態まで復活したので、これから連載を再開しま~す!

再開した連載は「人間の意識とは一体なんぞや?」という疑問を、オーラや波動といった広範囲なサブジェクトを通じて解き明かす的な、非常に大それた内容です。


フィジカル体 物理的な肉体


私たちは、現実を体験するために「肉体」という乗り物を持っています。

前の意識の章でも書きましたが、肉体は意識が現実を体験するための乗り物で、肉体は意識の中に包まれています。

なぜならこの物理次元に存在する全てのものは、素粒子レヴェルでは意識の力で形として繋ぎ止められているからです。


スピリチュアルな事柄に興味を持つ人々は、肉体に関する事柄よりも、覚醒や悟りなどと言った精神性に強く重みを置く場合が多いと思います。

精神世界の流れの中では一般的に肉体は置き去りにされがちだということです。

しかし前に書いたトリニティー(三位一体)というアイデアが示すように、ボディー、マインド、スピリットの三つが上手くバランスをとりながら全体的な波動を上昇させて進化してゆくのが理想的です。


意識の三位一体の考え方では、超越意識、顕在意識、潜在意識という三つの意識状態を指します。

そしてこれらの三つの意識の状態にも肉体は深く関係しています。

超越意識は脳の構造に関係し、顕在意識は身体の中央部、そして潜在意識は腰周辺に関係するのです。

言い換えると、三つの意識に関係する肉体と、それに密接に関係する目に見えない身体の機能と役割を良く理解して、意識的に使いこなせるようになる所から、総体的な人間の進化、潜在能力の開花が始まるからです。

肉体や肉眼では見ることが難しい波動的な身体、そしてオーラと言ったものを度外視してしまうと、非常にバランスが悪くなってしまうということです。


では意識の乗り物としての役割を果たす肉体は、一体どのようにして形づくられるのでしょう?

新しい命が誕生するには、性交を通じて女性の子宮内で精子と卵子が出逢い、受精卵となる所から始まります。

受精卵の大きさは約0.1ミリの大きさです。

1ミリの10分の一ですから、ほんの小さな点に過ぎない大きさらか私たちの肉体の形成は始まります。

その小さな点のような受精卵が細胞分裂を繰り返しながら、肉体の器官として次第に人間の形へと発達してゆきます。
 
受精卵は細胞分裂を繰り返しながら5日ほどで子宮へ辿り着き、胚盤胞となって子宮内膜の中に潜り込んで着床します。

着床が終わると二葉性胚盤を形成します。

二葉性胚盤は、内胚葉と外胚葉という二つのものから出来ていて、この二つの胚葉から胚子のすべてが発生し、内胚葉と外胚葉の間に中胚葉が形成され始めます。
 
この三つの胚葉が全て出揃うと様々な器官の元になる部分として発達してゆきます。
 
外胚葉が脳や脊髄そして耳胞、嗅陥凹、水晶体などといった中枢神経に関係する器官の基となります。
 
中胚葉からは、骨格、骨格筋、循環系、そして尿生殖器が発達します。
 
内胚葉からは、消化管と呼吸道の上皮原基がつくられます。

 
私たちの身体は、内胚葉、外胚葉、中胚葉という「三つの胚葉から始まる」ということです。
 

受精後から16~17日目あたりで心臓と主要な血管が発達しはじめます。

その3日後の20日目までには心臓が血管に血液を送りはじめ、翌日には赤血球が現れます。

約三週間でようやく人間の形になり始める頃には、内蔵が形成されます。

次に神経管の発達を通じて、脳や脊髄の部分が形成され、この段階ではまだ尻尾のようなものがついています。
 

およそ40日を過ぎると体調は約1センチほどに成長し、約80日後くらいになると、体長は約5センチくらいになり、手や足などといった身体、そして顔の形が明確になってきます。

男女の区別が出来るようになるのもこの段階です。
 
約150日になると体長は約25センチくらいになり、身体を動かし始めて、頭には髪の毛も生えてきます。
 

この受精から始まって身体が形成されるまでの間に重要なポイントがあります。

それは、肉体が形成される初期の段階では、まず最初に脊髄の発達を通じて心臓、そして内蔵、次に脳の発達へと繋がっている部分です。
 
そしてこの発達の段階は、後に述べる、上丹田、中丹田、上丹田という、肉体に生体波動を送り込む役割を果たす三つの丹田に関係しています。

続く・・・




【意識の光り:目次】
★不思議は消えない②香りの伝達 ★鬱の症状とエレメンタル ★クレアオーディエンス 【超聴覚】 ★クレアオーディエンス 【超聴覚】② ★どこから音が聞こえて来るのか ★超聴覚で聞こえる音はオーラの中で響く ★クレアガスタンス【超味覚】 ★味覚はその人の波動域によって変化する ★味覚の変化 ★クレアアリエンス【超臭覚】 ★1日2リットル以上の水が飲めない理由 ★波動の移動に距離は関係しない ★ネガティブ波動を溜めない方法 ★想念体に関する考え方 ★エレメンタル・想念体 ★想念② ★想念③ ★波動のプロジェクション ★UFOが移動する原理 ★オーラに現れる色彩 ★オーラの中の色彩の位置① ★オーラの中の色彩の位置② ★オーラとアカシック・レコード ★空間には目に見えない波動が存在している ★オーラ=サブスペース〈亜空間〉1 ★身体の不思議・・・ ★身体の不思議・・・2 ★フィジカル体 物理的な肉体 ★チャクラと丹田の違い ★上との繋がり方(1)集中力 ★オーラとは? ★光りの三原色と三つの丹田(1) ★光りの三原色と三つの丹田(2) ★脳の三位一体(1) ★メッセージの受け取り方(1) ★生命力の源泉・下丹田を活性化させる呼吸法 ★生命力の源泉・下丹田を鍛える訓練 ★エーテル体の中に浮かんだ「リキッド体験」 ★エーテル体、エセリック・ボディー(Etheric body) ★身体の重さと経絡の関係 ★エーテル体と毒素 ★アセンション極秘情報 ★意識の仕組み ★スシュムナー管の目覚め ★トリニティーからの行き先 ★波動の上昇と本を読むこと ★自分に目覚めるためのステップ ★身体が酸化して冷える食物 ★ヨウ素と放射能被ばく ★いつも安定している人間になる方法 ★乗馬で学んだオーラのこと ★この震災が示唆している人類の未来 ★放射能汚染に効果的な植物/ハーブ ★集中力とイメージ力の高め方 ★第三の眼の汚染 ★第三の眼・松果体の浄化 ★第三の眼とフロライド汚染 ★スピリチュアルな能力の意味 ★サイキック的にはこう見える!  


さらに、まか~ウラの多次元経験に興味のある方は
コチラがお勧め! 読んでね!
聖なる谷
空中都市マチュピチュを超えて
Hiroshi Makaula Nakae

¥1,890
Amazon.co.jp

LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ご予約・お問合せ

▶エネルギーヒーリング基礎コース

▶まか~ウラのクレアヴォヤンス基礎コース

セッションのご予約・お問合せ

ブログの質問・感想などは電子メールで。


makaula@gmail.com

※お問い合わせを頂いた際に、ドコモ携帯でのメルアドの場合(@docomo.ne.jp)は返事を出しても戻ってきてしまます。ドコモ携帯をお使いの場合は、ブロック機能を確認され、PCからでも受信できる設定にされるか、その他のメルアドからご連絡ください。


GLBT長編恋愛小説


愛の島の呼び声を聴いたなら

誰一人その誘惑には逆らえない

http://www.amazon.co.jp/Blue-Dolphins-Hiroshi-Mak%C3%A4ula-Nakae-ebook/dp/B00LMV0UUQ/ref=sr_1_1?s=digital-text&ie=UTF8&qid=1404900402&sr=1-1&keywords=blue+dolphins

Kindleストアで絶賛発売中!
▶購入はコチラから


▶その他のサービス内容はコチラへ
▶まか~ウラのプロフィールはコチラ

▶Skypeによる個人セッションに関する内容はコチラ
▶まか~ウラの著作はコチラ


精神世界のランキングに登録してみました!



アマゾン読者レヴュー ★★★★★

[単行本(ソフトカバー)]  価格:¥ 1,890
【アマゾンでご購入出来ます】


世界的なベストセラー『聖なる予言』も刊行されてなかった1991年春。ひとりの青年がマチュピチュへ旅立った。そこで体験する常識をはるかに超えたスピリュチュアルな世界。色鮮やかなビジョン体験とUFO目撃談で綴る異色の旅行記。いま世界中のチャネラーがペルーを目指す。

人気の投稿