ハワイ島の記事【もくじ】



今回のハワイ島でのクラスの記事をまとめました。


ハワイ島へ行くときの参考になると良いですね。


今回のコナとヒロで借りたヴァケーション・レンタルや、ドルフィン・スイム、マウナケア山天体観測、ドライブのガイドをお願いしたのは、コナにある「メムテックUSA」という会社です。


やはり現地情報に強いので、とても助かりました。


プナのヴァケーション・レンタルは、プナ地区に絞って物件を探して頂きました。コナにも沢山の物件があるそうなので、人数とか予算、希望の場所などをお伝えすれば、探し出してくれると思います。


空港まで迎えに来て下さったり、近辺のお買い物情報や、お店に連れていってくれたり、とっても細かく、親切に対応していただきましたので、超お勧めです。


各スポットを巡るガイドもやってくれるので、行きたい場所を伝えれば案内して下さいます。


「メムテックUSA」


連絡先:マキウラ・ヨシアキさん


(日本人なので日本語で大丈夫です)


maki@memtechusa.com




【コナ地区】
今回は一隻のボートを貸し切りという具合にして頂きました。

一隻に12人まで乗れるそう。

日本人女性の添乗員さんが乗船してくださいましたので、日本語で大丈夫です。





今回使わせて頂いたお宅は、基本的には1週間からの貸し出しだそうですが、場合によっては一週間以内でも可能な場合もあるそうです。しかし割り高になります。


【マウナケア山】

▶マウナケア山頂へ
マウナケアもヴァンを貸し切りという具合にして頂きました。

このツアーは人気商品なので、出来るだけ早く予約をした方が無難です。


午後2時にピックアップされて、戻るのは11時くらいの非常に長丁場のツアーです。 
ムーンボウの見れるチャンスが高いのは満月の前後なので、日程に満月を組み込むと可能性があります。


しかし満月だと夜中に月光で影が出来るくらい強いので、逆に星とか天の川は見えにくくなります。


【ノース・コハラ地区】

▶ワイピオ渓谷 

日曜日には渓谷に降りるツアーは催行されていません。谷まで降りたい場合は週日に設定しましょう。

コナから出発して行って戻ってくるだけで1日潰れてしまうと思います。

コナから北上してワイピオ間のスポットを幾つか入れると効率が良いと思いますが、全部は無理だと思います。


【ヒロ・ヴォルケーノ地区】



シャンパン・ポンドに入るには、警備付きのコミュニティーの中に宿泊先を探すしかありません。

普通に行ってもゲートを通り抜けられません。

「メムテックUSA」さんを通じて探して頂きました。



現在は噴火活動が激しいので、昔のように火口近くまで行くことは出来ません。

ヴォルケーノ・ハウス(ホテル)も休館中です。





まか〜ウラの本

人気の投稿