2010/11/08

チャネラー時代の推薦文

2000年頃にいただいた紹介文です。


その頃はまだチャネリング形式でセッションを進めていたので、現在のセッションの進み方とはかなり異なります。



「ひろしというチャネラー」
KAORI McKINLEY
Pattern Maker シアトル在住

私はずいぶん前からひろしというチャネラーを知っていた。

彼の実力を知っていたし感じていた。


ただ個人的にチャネルをしてもらう勇気がなかった。


自分の 聞きたくないことが出てくるんじゃないだろうかとか自分がそれを受け入れる準備が出来てないんじゃないだろうかとか。


やっと1歩踏み出して彼にコンタクトをとったのは、頭の中で考えがまとまらず友人に話すのもどうどうめぐりで埒があかないと気が付いた時だった。


そして私の得たのは心の平和と生きる指針と愛だった。


チャネラーにも色々なタイプの人がいると思うけれど、ひろしというチャネラーの声がまず良い。


強過ぎず弱すぎず適切な間があり、 ちょうど心地よい音楽を聴いて癒されるように心が素直になっていく。そしてチャネルされた言葉は批判的ではなくかといって同情的でもなくあるがままの事実 を暖かく伝えてくれる。


私はこう思う。


人は悩んでいる時は孤独だ。


友人に話してもその友人の個人的見解からの意見は聞く事はできるが今ひとつしっくり来ない。

カウンセリングを受ければ多分うーん とかあーとかの後に分析されて1つのカテゴリーの中に入れられてしまうのだろう。


本を読めば自分と似た状況を探し当てることは出来ても一般的な答えしか出 てない。


もしあなたが今悩んでいてトンネルの先の明かりを探しているのなら、真っ暗闇の中にいてそこから出たいと思っているのならひろしというチャネラーにコンタクトをとることをお勧めする。


ただ知っておいてほしいのはチャネルはあなたに白か黒かの答えはくれない。


こうしなさい、ああしなさいと言われるのを期待しては いけない。


どう受け止めるかはあなた次第でどう決めるのかもあなた次第。


このことは多分ひろしというチャネラーと話はじめたら自然に解ってくるだろう。

ひろしというチャネラーと話してから私は強くなった。


物事をあるがままに受け入れられるようになった。


流れに逆らわずその中に身を置けるようになった。


待つときと行動する時がわかるようになった。


そして一番大切なことはスピリットが私をいつも守り導いてくれている事を認識した。

愛を学んだ。


あなたが今、成長したいと思うなら、まずはひろしというチャネラーのもとへ行きなさい。


あなたの人生はそこから始まるのです。


END.



「スタッフになってナカエさんの魅力を再認識」

C・I (会社員)


私は98年にナカエさんが東京でチャネリングのセミナーおよび個人セッションを行ったときに、スタッフとしてお手伝いをさせてい ただきました。


セミナーも個人セッションも大変好評だったのをよく憶えています。


特に個人セッションの受付をしていたときは、セッションの内容がわからな いだけに、クライアントの方々がみなさん満足そうなお顔でお帰りになる姿がとても印象に残りました。


ナカエさんの提供するチャネリング情報は、日常生活に密着した具体的なアドバイスから、もっと専門的なヒーリングやエネルギー、宇宙情報までも含んだ非 常に幅広いものです。


また、彼の気さくで温かい人柄とエネルギーが多くの人々を惹きつける魅力となっているのでしょう。


私個人も、今までナカエさんに数々の貴重なアドバイスをいただき、自分の人生に役立ててきました。


ナカエさんがチャネラーとして本格的に活動を始めるのを、きっと多くの方が待ち望んでいたことと思います。





「清らかなエネルギー」
ヒューイ陽子 (催眠療法士)シアトル在住

中江ひろしさんのチャネリングを体験して一番に感じるのはエネルギーがとても澄みわたっていることだ。


自分の今現在の欲望に関する質問をしても、高い次 元からの答えが返ってくる。


人間界でどう生きるかということと魂としてどう生きるかがきちんと統合されている。

レベルの高いチャネラーだと思う。




ナカエシロシさんと“ゼィーニス”のこと」
碓井 真理子 Writer for Star People  

 
はじめてヒロシさんに出会ったのは、去年(2001)、雑誌Star People の取材でオアフ島を訪れたとき。


島の東海岸を大好きなココヘッドの周辺から、ヒロシさんにエネルギーをガイドしてもらいながら北上した小旅行。それは、とてもエ キサイティングなものだった。


ハナウマ湾からマカプーにかけての一帯は、エネルギーのレイラインが貫通しているところとのことで、多くの精霊が住み、精妙 でパワフルなエネルギーに溢れているそうだ。


それまではそのような裏づけなど思いもよらず、ただ「あァ、ここにいると本当に幸せ!」とエンジョイしていた私だったが、エネルギーが視覚的に見えている彼の言葉を聞くうち、なるほど、とちょっと違う角度で世界を見始める大きなチャンスをもらった。


彼がホームページで展開しているそのユニークで膨大な情報量に触れ、彼の技量の大きさとヒーラーとしてのミッションへの情熱をいつも思っていたが、ついに今回、チャネリング主体の生活をスタートされたとのこと。


知らせを聞き、彼に新鮮な風が吹いていることを喜びとても嬉しかった。

私は、彼のハワイ日記が好きだ。


見えないスピリットの世界が溶けこんだ彼の日常への正直な視線は、不思議な奥行きを持っていてと ても楽しい。


じつは、はじめて彼を見たとき、仏像のお顔の方だなァと思った。


マカウラさんは、空からの言葉がよく聞こえるように生まれた人なのだと思う。


オアフでの取材の1日が終わり、夕食の後、車で彼をカハラへ送ってゆく途中、私にチャネリングセッションをプレゼントしてくれる ことになった。


ビーチぎわに車を停め、潮風にシャツをなびかせながら星空のセッションが始まった。


後日教えてくれたのだが、あのときセッションをしてくれ ると言ってくれたのは『ET系の存在たちが近くに来ていることを感じていたから』だそう。


はじめてのヒロシさんのチャネリング。


存在の名前は“ゼィーニス”。


ゼィーニスのゼィーという音は、そのときは蜂のブーンとうな るような音で、正確には発音できない音のようだった。


彼ら(集合意識らしい)がヒロシさんのところにやって来たのは、あのときが最初だったそうだ。


彼はと ても良質なコンシャス・チャネル(トランス状態にならず、チャネラーが目を開けた状態で行われるチャネリング)。


遠い遠いところを見つめながら、泉のごと く語っていく。


彼のチャネリングの様子を思い出すと、つくづく『私たちをサポートしてくれる時空を超えた友人たちとの仲介役』としての同意がある方なのだ と感じて、ちょっと深遠な気持ちになる。


チャネリングの後は、たいてい何も覚えていないそうだ。


ゼィーニスは私のたくさんの質問に、誠実に、一つづつ、具体的な指針を与えてくれた。

未来は、変えられる。


『あなた次第です』というゼィーニスの言葉が、私の心に残った。無条件の愛、奉仕精神に溢れた静かな宇宙からの友達。


ありがとう、ヒロシ&ゼィーニス。


チャネラーとしての新しいヒロシさんの生活が、たくさんの喜びに満ちていることを祈っています。


そして、また楽しい時間をシェア出来ることを心待ちにしています!


アロハ


※ スターピープル第2号「特集:秘められたハワイ」(2001年4月ナチュラルスピリット刊)に、ナカエヒロシさんによる異色のハワイ紹介「ハワイのスピリチュアルな楽しみ方 パワースポットinオアフ」が掲載されています!




「百聞は一見にしかず?」
遠野一実 (漫画描き) 「遠野屋本舗」URL http://www.urban.ne.jp/home/ktohno

のほほん顔のナカエ氏と、普通におしゃべりし、普通に自分を見つめ直しましょう(笑)。





小山内 利謹 
(アートディレクター)


私がまか~ウラちゃんと知り合ったのは、私が仕事でアメリカ西海岸のツアーに参加して、その時にアポイントをとって以来。


その年の10月にハワイへの一人旅を企画してワイキキで食事をしたのが、初めての出会いでした。


モアナサーフライダーのバニアンベランダで、リーディングしてもらった時の事は未だに良く覚えています。


私自身は特にリーディン グをしてもらおうとは思っていなくて、ただこれからの旅程について色々なアドバイスをもらえるとうれしいなくらいに思っていたのですが、『何か聞きたいこ とない?』と聞かれ、とまどったと同時に、ものすごくうれしくもありました。


さらに翌年の『メリーモナークフェスティバル』では、同じ部屋で、夜中まで色々なこと話しましたね。


HULAのこと、ハワイのスピリットのこと。

いろいろいろいろ……。


さて、そんなこんなで、もう2年。本当にまかちゃんには色々お世話になりました。


彼に対して一貫して言えるのは『コントロール』に対する思慮が極めて深いこと。


チャネラーとしての立場を明確にし、一言一言にクライアントの成長を見ていること。


そこにはチャネラーとしてのエゴをはさまないようにしていることが感じられ、『人生の主役はあなた。成長するもしないもあなた自身。』という、明確なマカちゃん自身のポリシーなのだと思っています。


とかく世の中のチャネラーと呼ばれる人の中には、『こうしなさい。』というような、まるで予言者のような人も多くいると聞きます。


もしそのチャネラーのいう通り生きるのなら人生には楽しみもなく、ブレイクスルーのようなわくわくもないと思います。


そういった意味ではまかちゃんが今まで勉強してきた様々なことを含め多くの智慧をシェアし、『クライアントの成長を見守るチャネラー』というスタンスはたくさんのクライアントに共感してもらえると確信します。



……そうそ。


ハワイ在住ってのも大きいよね~~!(笑)



「私の知っている中江氏は」


二つの面を持つ人。

優しさと厳しさ、暖かさと冷たさ、男性と女性、そんな二つの面を混在させながら言葉で人間愛を語れる人である。

時々彼の姿が如来のように見えてくるのは私だけでしょうか。

柳澤 理恵
「知って得するリフォームサイト」運営



URL: http:// www.remodeling.co.jp



★セッションのご予約・お問合せ、ブログの質問・感想などは電子メールで。

makaula@gmail.com

▼1日一回投票してね!人気ブログランキングへ



アップ精神世界のランキングに登録してみました! 1日1回、クリック、お願いしますね。
さらに、まか~ウラの多次元経験に興味のある方はコチラがお勧め!読んでね!




¥1,890

Amazon.co.jp





「聖なるハワイイ:
ハワイアンのスピリチュアリティー」

 


ご購入は書肆侃侃房
お近くの大型書店、アマゾンなどのネット書店などでお求めになれます。

LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ご予約・お問合せ

▶エネルギーヒーリング基礎コース

▶まか~ウラのクレアヴォヤンス基礎コース

セッションのご予約・お問合せ

ブログの質問・感想などは電子メールで。


makaula@gmail.com

※お問い合わせを頂いた際に、ドコモ携帯でのメルアドの場合(@docomo.ne.jp)は返事を出しても戻ってきてしまます。ドコモ携帯をお使いの場合は、ブロック機能を確認され、PCからでも受信できる設定にされるか、その他のメルアドからご連絡ください。


GLBT長編恋愛小説


愛の島の呼び声を聴いたなら

誰一人その誘惑には逆らえない

http://www.amazon.co.jp/Blue-Dolphins-Hiroshi-Mak%C3%A4ula-Nakae-ebook/dp/B00LMV0UUQ/ref=sr_1_1?s=digital-text&ie=UTF8&qid=1404900402&sr=1-1&keywords=blue+dolphins

Kindleストアで絶賛発売中!
▶購入はコチラから


▶その他のサービス内容はコチラへ
▶まか~ウラのプロフィールはコチラ

▶Skypeによる個人セッションに関する内容はコチラ
▶まか~ウラの著作はコチラ


精神世界のランキングに登録してみました!



アマゾン読者レヴュー ★★★★★

[単行本(ソフトカバー)]  価格:¥ 1,890
【アマゾンでご購入出来ます】


世界的なベストセラー『聖なる予言』も刊行されてなかった1991年春。ひとりの青年がマチュピチュへ旅立った。そこで体験する常識をはるかに超えたスピリュチュアルな世界。色鮮やかなビジョン体験とUFO目撃談で綴る異色の旅行記。いま世界中のチャネラーがペルーを目指す。

人気の投稿