2016/02/03

テスラ・コイルがオクラホマで起動されたそう☆

アロハ

今回はテスラコイルに関する内容です。

Facebookのページでシェアしましたがblogでも紹介します。

なぜならこれはとても重要なことだからです☆

Giant Tesla Coil in Oklahoma
This 15 foot Tesla Coil creates sparks of up to 26 feet and runs up to 55,000 watts in Oklahoma. “That electrical energy can be economically transmitted without wires to any terrestrial distance, with a loss not exceeding a small fraction of one percent in the transmission, even to the greatest distance, 12,000 miles – to the opposite end of the globe.”― Nikola Tesla
Posted by Nikola Tesla on Friday, January 29, 2016
Facebookでもご覧になれます。

https://www.facebook.com/makaula.nakae



Giant Tesla Coil in Oklahoma
This 15 foot Tesla Coil creates sparks of up to 26 feet and runs up to 55,000 watts in Oklahoma. “That electrical energy can be economically transmitted without wires to any terrestrial distance, with a loss not exceeding a small fraction of one percent in the transmission, even to the greatest distance, 12,000 miles – to the opposite end of the globe.”― Nikola Tesla
Posted by Nikola Tesla on Friday, January 29, 2016


テスラコイルというのはエジソンに並ぶ天才科学者が発明したフリーエナジーを派生させる装置のことです。

テスラ氏の発明したテスラタワーは後に潰され、すべての情報は政府に取り上げられてしまいました。

今まで計り知れない人たちがテスラ・コイルとテスラタワーの再現に挑戦してきたわけです。

そしてようやくその内の一台が起動し始めた模様。

では、なぜこれが重要なのか?

まずは石油や原子力に代わる、公害を生まないエネルギーシステムだからです。

放射能もなければ、二酸化炭素も派生させない。

これだけでも現在の人類社会に巨大な変化を生み出すでしょう。

しかしインパクトはそれだけではありません。

テスラタワーの普及は、地球の波動密度の上昇に飛躍的に貢献できるからです。

このテスラコイルとタワーが世界中の至る所で稼働するようになるとどういうことが起きるのか?

まず地球全体の周波数が大きく変化し、エネルギーレベルでも上昇を始めます。

地球全体の波動密度と周波数が引き上げられるということです。

それが起きるとどうなるか?

人類の意識は今までよりも楽に、そしてシンプルに変性できるようになります。

テスラコイルとタワーはエネルギー問題の解決だけでなく、私たち人類の意識の上昇にも大きく関与することができるのです。

そして人類の意識だけではなく、肉体にも大きな変化をもたらすことになるでしょう。

フリーエネルギーは基本的に生体エネルギーの種類ですから、地球全体のエネルギー密度が上昇すると、その中に存在しているすべての生命体の構造、そして機能に影響を与えます。

簡単に書くと、肉体はより健康に近くなり、病気の治療、ヒーリングの速度なども断然にスピードアップすることになるでしょう。

そして肉体のコンディションがさらに微細になり、その結果に意識も開きやすくなります。

これはオクラホマに設置されているそうです。

機会があれば見に行きたいですワ☆

このテスラコイルとタワーの製作に意欲を燃やしている人々は世界中にいるので、その内に色んな場所に出現し始めるかもしれません。

人類の未来が大きく変化する時期が目前に迫ってきた感じです。


2016/02/02

ハイブリッドチルドレン

アロハ

新年明けましておめでとうございます。

2016年が読者の皆さんにとって飛躍的な1年になりますように。


今回はルシッドドリームのお話です。

私はこの半年くらいで頻繁にルシッドドリームを見るようになっています。

夢見の具合がまったく違った感じになっているのです。

そして今日の午後にとても鮮明なルシッドドリームを見ました。

なぜか何の理由もなくやたらに疲れていて、こんな時間に寝てはいけないと思いつつもベッドに横になって昼寝をしたのです。

そしたらルシッドドリームを見ました。

私の視線はいつもの目線です。

自分の目で物を見て、夢の中でも明確に考えていました。

その建物は以前に来たことがある感じがする場所です。

何かの総合的なビルディングのようなものだと思います。

どこかの建物の中にいて、誰か知っている男性と一緒でした。

夢の中では顔も明確に覚えていたのですが、起きたら思い出せない・・・。

シナリオは、二人で建物の中にある「ある階」を探していたのです。

エレベーターに乗り、最初に降りた階は、目指していた階だったのですが、セクションが違ったのです。

次に降りたのが9階だっと思うのですが、その階は上下二つに分かれていました。

私たちが降りて行ったのは下の階。

鉄の手すりがあって、階段が下に降りていました。

階に着いたら異様に天井が低いのです。

少し腰を曲げないと歩けいない低さでした。

そこは部分的に通路のようになっていて、部分的に広がっている。

壁の色は白、ところどころに赤いボーダーの帯が縦に入っていました。

壁はクッション的な要素を持っている感じでした。

まず最初に見たのは女の子たちのグループです。

20人近くいたと思います。

黒髪でおかっぱ頭のアジア系に思える女の子もいました。

子供達は白いパンツと白いブラウスを着ています。

素材は地球のものとは少し違う感じでした。

夢の中で「この子供達はスペシャル・チルドレンなんだ」と思ったのです。

女の子たちは私たちに振り向きましたが、驚くこともなく、普通に平然としていました。

女の子と男の子のセクションがあるようで、その間に低い噴水のような、水遊び場のような小さめのホールがあり、そこにも5〜6人の子供達がたむろしていました。

するとどこかから5〜6歳の細い男の子が私のところに無言でかけてきて、まるでチンパンジーの子供のように私の体を登って上半身にピッタリとひっついて離れません。

私は別に驚きませんでした。

それどころか「これは初めてじゃない」と思い出してしまったのです。

なので男の子とのことは全く違和感なし。

彼は白っぽい肌で、とても細い体つき。

しかし肌の質感が人間とは違うのです。

髪の毛はとても短くて白色。

とにかくチンパンジーの子供のようにピッタリとひっついて離れません。

そんな状態で噴水のところに行くと、その向こうのセクションの広場に、3人または4人の大人が座っていました。

部分的に低い階段のようになっているのですが、その階段も壁の素材と同じ色で同じ素材。

角も継ぎ目もなく、空間そのものが一つの素材で構築されている感じです。

もっとも興味深かったのは、一人の男の大人の髪の毛が、薄いグリーンで、もう一人はピンク・・・。

髪の毛がまだらな量というんですか? 髪の毛がチョロチョロとしか生えてない・・・。

年齢は30歳半ば前後くらいだったと思います。

そしてさらに奇妙なことに、二人の大人の首回りには、チンパンジーの子供がひっついているのです。

この大人たちに見つかったら捕まってしまうと思ったのですが、私たちを見ても驚かず、スクッと立って一人が私に向かってきました。

彼の背丈は私よりもかなり低かったと思います。

人間の標準的な大人の背丈よりかなり低い。

彼は首を抱いているチンパンジーの子供を離して噴水の水の中に入れ、チンプの子供が私を見上げている・・・。

そこでパチっと目が覚めました。

きっと以前のカウンセリングの時のようにスイッチを切られてしまったのだと思います・・・。

この夢はとても異例でした。

夢の中で色んなことを思い出した部分です。

以前に夢の中でETのカウンセリングを受けていた時と同じ感覚です。

夢の中でいつものように考え、いつもの視線で、しかも何かを突然に思い出したりするのです。

今回はハイブリッドの子供達でしたが、実はハイブリッドの子供に会ったのは初めてではありません。

昨年の12月にも同じようなハイブッドの子供に会ったことがあります。

あの時は、完全に別の場所で、地球ではなく、宇宙にある巨大な建築物の中での出来事でした。

私は空港のロビーによく似ている建物の中で、警備員の脇を走りぬけ、しかもミルクを抱えていたのです・・・。

そして自分の部屋に戻ると、ドアの向こうに女の子が縫いぐるみを抱えて壁に半分隠れているようにして立っていました。

この女の子の顔と姿はよく覚えています。

とにかく昨年の年末から1月から一気にET関係に引き戻されている感じです。

昨年は頑張ってETやUFO関係のグループミーティングに出かける努力をしていたのですが、気力と体力が続かず、行っても楽しめない状態だったので途中で行かなくなりました。

しかし今年は年明けにギックリ腰を経験して、なぜかそれで一気に気分が晴れてしまったのです。

そこで再びETやUFO関係のグループミーティングに出かけ、それらの中で、数人のコンテクティーと出会いました。

今年はETやUFO、そしてコンタクティー関係の記事が多くなると思います。

わたし個人もどういう風に展開するのか興味津々です。

ステイチューン☆

LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ご予約・お問合せ

▶エネルギーヒーリング基礎コース

▶まか~ウラのクレアヴォヤンス基礎コース

セッションのご予約・お問合せ

ブログの質問・感想などは電子メールで。


makaula@gmail.com

※お問い合わせを頂いた際に、ドコモ携帯でのメルアドの場合(@docomo.ne.jp)は返事を出しても戻ってきてしまます。ドコモ携帯をお使いの場合は、ブロック機能を確認され、PCからでも受信できる設定にされるか、その他のメルアドからご連絡ください。


GLBT長編恋愛小説


愛の島の呼び声を聴いたなら

誰一人その誘惑には逆らえない

http://www.amazon.co.jp/Blue-Dolphins-Hiroshi-Mak%C3%A4ula-Nakae-ebook/dp/B00LMV0UUQ/ref=sr_1_1?s=digital-text&ie=UTF8&qid=1404900402&sr=1-1&keywords=blue+dolphins

Kindleストアで絶賛発売中!
▶購入はコチラから


▶その他のサービス内容はコチラへ
▶まか~ウラのプロフィールはコチラ

▶Skypeによる個人セッションに関する内容はコチラ
▶まか~ウラの著作はコチラ


精神世界のランキングに登録してみました!



アマゾン読者レヴュー ★★★★★

[単行本(ソフトカバー)]  価格:¥ 1,890
【アマゾンでご購入出来ます】


世界的なベストセラー『聖なる予言』も刊行されてなかった1991年春。ひとりの青年がマチュピチュへ旅立った。そこで体験する常識をはるかに超えたスピリュチュアルな世界。色鮮やかなビジョン体験とUFO目撃談で綴る異色の旅行記。いま世界中のチャネラーがペルーを目指す。

人気の投稿