2010/09/30

オーラに現れる色彩

「人間の意識とは一体なんぞや?」という疑問を、オーラや波動といった広範囲なサブジェクトを通じて解き明かす的な、非常に大それた内容です。

③オーラに現れる色彩  

わたし達の物理的な肉体を包み込んでいるのが、一般的に〈オーラ〉と呼ばれているエネルギー的な肉体です。  

お茶の間のテレビ番組でオーラが取り上げられていたので、〈オーラ〉というのは色んな色彩を放っているということを知っている人は多いでしょう。

人間のオーラには、赤や黄色、グリーン、ゴールド、シルバーなどといった色が現れるという部分です。

そしてその時にオーラに現れている色彩の組み合わせや状態から、その人の心理的な状態を読むことが出来るわけです。  

しかしオーラに現れる色彩に関する部分というのは、オーラの全体的な構造や役割を理解するには、非常に視野の狭い、とても部分的なものでしかありません。

オーラに色が現れる以外にも、オーラの中には様々な現象が現れ、一般的には紹介されていない沢山の隠された機能があるのです。

そう言った意味では〈オーラ〉の持つ特性や構造的なものは、未だに多くの人達の注目を浴びていないということです。  

ではまず初めにオーラを見ることによって受けとることが出来る内容から始めてみます。  

オーラ鑑定やオーラ視と呼ばれるものは、人間や動物のオーラに現れる色彩の波動を読み取ります。

これはアイキック的な能力を使う場合と、オーラ・カメラを使ってポラロイド写真で現像したり、オーラ.ビデオや測定器などといった器械を使って映像として写し出すなどの方法があります。  

例えば」○○さんのオーラは紫色が多いですね。でも○○の部分に金色と鮮やかなグリーンが入っていますから・・・」という内容のものです。

オーラに現れる色彩には様々な意味が含まれているので、オーラの中の色の現れ方によってその時の状況を読み取っていきながら、感情の度合いや、身体の変調に関する情報を引き出していきます。

このような色彩によるリーディングは、カラーセラピーで使用される心理学的な方向性、そして色の周波数で構築されている〔チャクラ〕の機能に関連しているためです。  

例えば、オーラの中に現れる〔黄色〕は、基本的に〔感情のエネルギー〕を現し、この〔黄色〕はストレスの度合いや、気力、元気さ、活発さ、聡明さ、理知さ、理性、落ち込み具合、鬱症状、躁状態などと関係しています。

〈黄色〉は、下から三番目の感情のチャクラに関係していて、この第三チャクラのバランスが悪くなると、その周辺に存在している胃、膵臓、肝臓などの臓器へ影響を与えます。  


一般的なオーラ・リーディングでは次のような上半身の四つの部分に現れる色彩に注目します。

【頭上の色】現在の生活やパーソナリティー、ムードなどを現しています。

【身体の左側の色】受け入れ。
身体の左側に現れた色は、その時点で体内に入って来ているエネルギーの種類を現しています。

【身体の右側の色】表現。
身体の右側に現れている色は、その時点での思考や感情からの表現が現れています。

【ハート周辺の色】心の望みを現しています。  


オーラに現れる色彩の一般的な意味合いは次のような内容です。

赤(明るい) 身体のエネルギー、情熱、ヴァイタリティー、自己主張、行動力、パワー、激しさ

赤(黒っぽい) 怒り、恨み、敵意、反抗、仕返し、復習

赤(黒ずんだ) ストレス、疲労、生気を失う、痛み、肉体的なダメージ、落ち込み、トラウマ的な傷

オレンジ 高い創造性、表現力、自信、社交性、実業家

黄色 太陽、明るさ、元気さ、親しさ、楽観的、発展的、自由奔放、直感的

グリーン ヒーリング、教えること、仕事&奉仕、我慢強さ、金運、高尚な考え

ブルー 調和、バランス、平和、神聖さ、意志、感情移入、忠実、信頼、芸術性才能

紫 霊的、神秘的、マジック、チャーミング、変化、サイキック、自由

ピンク 無条件の愛、ロマンチックな恋愛、神の愛、人間愛、哀れみ

白 霊的な発展、宇宙との調和、魂意識の吸収

ゴールド 繁栄、富、素晴らしい仕事の機会、富の力  

このような色彩によるオーラ・リーディングは、オーラに関することの単なる入り口で〔初級 ビギナー・レヴェル〕と言えると思います。  

オーラ・カメラやオーラ・ビデオなどの測定機と、サイキック能力を使ってオーラを読み取る場合には違いがあります。

機械類の場合は色彩だけを映像として写し出しますが、意識の力を使うサイキック能力で読み取る場合は、オーラに現れる表面的な色彩だけでなく、さらに奥にある情報を読み取ることが可能な部分です。

オーラは幾つもの波動の層になっているので、どの層に意識を当てるかによって、受けとることが出来る情報の内容が変化するのです。

わたし達の肉体を包み込んでいるオーラは「単なる色彩の現れ」という狭い概念に押し込まれるべきものではありません。

色彩的なオーラの理解を飛び越えて、更に奥深いオーラの構造に興味を持ちはじめると、今まで様々な分野に幅広く散らばっていたものが全体的に統合され始めます。

例えば鍼や気功、レイキなどといったヒーリングを皮切りに、意識の力を使った様々なヒーリングの技術から、クンダリーニ・ヨガやパイレーツ、整体などの身体に関係する事柄。

NLP(神経言語プログラミング)や、ヘミシンク、超越瞑想、解脱、覚醒、カバラ、神聖幾何学、潜在能力やサイキック能力開発など、一般的に精神世界の中にある様々な分野の〈全て〉がオーラに関連しているからです。
 
なぜならオーラの本質には、私たち人間の構造や、意識の構造、次元の構造などが含まれているからです。

続く・・・




【意識の光り:目次】
★不思議は消えない②香りの伝達 ★鬱の症状とエレメンタル ★クレアオーディエンス 【超聴覚】 ★クレアオーディエンス 【超聴覚】② ★どこから音が聞こえて来るのか ★超聴覚で聞こえる音はオーラの中で響く ★クレアガスタンス【超味覚】 ★味覚はその人の波動域によって変化する ★味覚の変化 ★クレアアリエンス【超臭覚】 ★1日2リットル以上の水が飲めない理由 ★波動の移動に距離は関係しない ★ネガティブ波動を溜めない方法 ★想念体に関する考え方 ★エレメンタル・想念体 ★想念② ★想念③ ★波動のプロジェクション ★UFOが移動する原理 ★オーラに現れる色彩 ★オーラの中の色彩の位置① ★オーラの中の色彩の位置② ★オーラとアカシック・レコード ★空間には目に見えない波動が存在している ★オーラ=サブスペース〈亜空間〉1 ★身体の不思議・・・ ★身体の不思議・・・2 ★フィジカル体 物理的な肉体 ★チャクラと丹田の違い ★上との繋がり方(1)集中力 ★オーラとは? ★光りの三原色と三つの丹田(1) ★光りの三原色と三つの丹田(2) ★脳の三位一体(1) ★メッセージの受け取り方(1) ★生命力の源泉・下丹田を活性化させる呼吸法 ★生命力の源泉・下丹田を鍛える訓練 ★エーテル体の中に浮かんだ「リキッド体験」 ★エーテル体、エセリック・ボディー(Etheric body) ★身体の重さと経絡の関係 ★エーテル体と毒素 ★アセンション極秘情報 ★意識の仕組み ★スシュムナー管の目覚め ★トリニティーからの行き先 ★波動の上昇と本を読むこと ★自分に目覚めるためのステップ ★身体が酸化して冷える食物 ★ヨウ素と放射能被ばく ★いつも安定している人間になる方法 ★乗馬で学んだオーラのこと ★この震災が示唆している人類の未来 ★放射能汚染に効果的な植物/ハーブ ★集中力とイメージ力の高め方 ★第三の眼の汚染 ★第三の眼・松果体の浄化 ★第三の眼とフロライド汚染 ★スピリチュアルな能力の意味 ★サイキック的にはこう見える!  


さらに、まか~ウラの多次元経験に興味のある方はコチラがお勧め!読んでね!
聖なる谷
空中都市マチュピチュを超えて
Hiroshi Makaula Nakae

¥1,890
Amazon.co.jp

LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ご予約・お問合せ

▶エネルギーヒーリング基礎コース

▶まか~ウラのクレアヴォヤンス基礎コース

セッションのご予約・お問合せ

ブログの質問・感想などは電子メールで。


makaula@gmail.com

※お問い合わせを頂いた際に、ドコモ携帯でのメルアドの場合(@docomo.ne.jp)は返事を出しても戻ってきてしまます。ドコモ携帯をお使いの場合は、ブロック機能を確認され、PCからでも受信できる設定にされるか、その他のメルアドからご連絡ください。


GLBT長編恋愛小説


愛の島の呼び声を聴いたなら

誰一人その誘惑には逆らえない

http://www.amazon.co.jp/Blue-Dolphins-Hiroshi-Mak%C3%A4ula-Nakae-ebook/dp/B00LMV0UUQ/ref=sr_1_1?s=digital-text&ie=UTF8&qid=1404900402&sr=1-1&keywords=blue+dolphins

Kindleストアで絶賛発売中!
▶購入はコチラから


▶その他のサービス内容はコチラへ
▶まか~ウラのプロフィールはコチラ

▶Skypeによる個人セッションに関する内容はコチラ
▶まか~ウラの著作はコチラ


精神世界のランキングに登録してみました!



アマゾン読者レヴュー ★★★★★

[単行本(ソフトカバー)]  価格:¥ 1,890
【アマゾンでご購入出来ます】


世界的なベストセラー『聖なる予言』も刊行されてなかった1991年春。ひとりの青年がマチュピチュへ旅立った。そこで体験する常識をはるかに超えたスピリュチュアルな世界。色鮮やかなビジョン体験とUFO目撃談で綴る異色の旅行記。いま世界中のチャネラーがペルーを目指す。

人気の投稿