2013/01/20

ツタンカーメン王の赤ちゃん

アロハ


次回の無料!一斉遠隔ヒーリングは1月末

ステイチューン。



精神世界のランキングに登録してみました!

▼1日一回投票してね!


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宇宙人・UFOへ
にほんブログ村


精神世界ランキング

1日1回、クリック、お願いします☆



★ツタンカーメン王の赤ちゃん
ツタンカーメン王の頭蓋骨は、現在の人間の形よりも後頭部が張り出している変形頭蓋骨だったことは良く知られています。

そこでツカンターメン王の墓の中で見つかった二体の新生児のミイラに関する興味深い記事を発見しました。

その赤ちゃんのミイラは彼の双子の娘たちであることが判明しています。

DNA鑑定を行うことを発表したのは2008年の夏で、ツタンカーメン王の墓が発見された1922年から現在まで、この二体の新生児のミイラは一度も展示されて公の眼に触れることはなかったそうです。



Foetuses found in King Tutankhamun's tomb 'were his twin daughters', says expert

UPDATED: 04:25 EST, 1 September 2008

▼原文の記事はコチラ

http://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-1051230/Foetuses-King-Tutankhamuns-tomb-twin-daughters-says-expert.html

黄金のファラオと呼ばれるツタンカーメン王の墳墓の中から発見された二体の新生児のミイラは、彼の双子の娘達だという2008年の記事を見つけました。

ロバート・コンノリー教授はエジプトの権威者達の依頼でツタンカーメン王と二体の新生児のミイラの解析を行った方です。

彼はマンチェスター大学で行われた古代エジプトのコンフェランスで、薬学と医療に関する新しい発見について意見を述べました。



▲黄金の宝飾品と共にファラオの墓の中から発見された新生児のミイラ

「ツタンカーメン王の墓から発見された二体の新生児は、双子だった可能性があり、その大きさは違うものの、彼の若い妻が一回で妊娠した場合でも丁度良く納まっていたはずです。

私はその内の大きい方のミイラに関する研究を1979年に行い、この赤ちゃんミイラからの血縁関係のグループを割り出し、同じく私が行った1969年のデータと比較検証しました。

その結果によって、この大きなサイズの新生児のミイラはツタンカーメン王の娘であるという結果を確認しました。

そして私たちは、この二体の赤ちゃんミイラはツタンカーメン王の 双子の娘たちだと信じています。

ツタンカーメン王は紀元前1341年に生まれ、8才または9才の時に王座に座り、それから10年も満たない後に亡くなっています。

 彼の重要性は、前任のファラオであったアクナトンによって持ち込まれた強制的な宗教革新によるアトン神のみを礼拝する一神教を廃棄して元々の多神教へ戻したことです。


この少年王の家系は専門家達の間で長きに渡り謎の源とされています。

英国の考古学者だったハワードカーター氏が二体の新生児のミイラも見つけたのは、1922年にファラオの墓を発見した時です。

多くの学者たちは、彼らの母親は、若い王のたった一人の妻として知られるアンケセナーメンだと信じています。

しかしながら、数人の科学者達は新生児たちは、彼が死後の世界で新生児として生きるこためにツタンカーメン王の墓の中に入れたのではないかと提案しました。

 英国のエジプト大使館の文化局のディレクターと、英国博物館とシナイによるエジプトの残る医療に使われた植物を保存するプロジェクトからの研究者を含めた10カ国からの100人以上の代表者たちが会議に主席しています。


この最初の国際的な会議は古代エジプトの医療方法の中での、薬学と医療の二つに関する要素をまとめることに焦点を定めています。

これらの会議の中では古代のエジプト人達の薬がどのように使われていたのかが語られ、それらの製薬成分は現在使用さているものの約70%を占めます。

 ロザリー・デーヴィッド教授のチームとホマメッド・デメルダッシュ教授はパピルスに書かれた処方箋をから診断と治療法を研究しています。


デーヴィッド教授は「私たちの研究では、古代エジプト人たちは、ギリシャよりも先に薬局を開発していたことを示しています。 これらは魔法の呪文などではなく医薬品であり、その内の幾つかは現在でも使用されています。」

他のキーノートの演説者は失われずに生き残こっている、頭蓋と顔面のトラウマ、脳性麻痺、歯科医療と食事に関する内容を検討します。



先日いろいろと調べている内に、別にツタンカーメン王の娘達のミイラを探していたわけではないのですが、1992年に墓が発見された際に撮影された白黒写真を見つけました。






▲こちらが出産時に死亡したとされる大きい方の娘

今でも公に展示されていない理由が分かる気がします。

これじゃぁ誰が見ても人間の胎児のようには見えません。




▲こちらは未熟児で死亡したとされる小さい方の娘

そこで頭に浮かんで来たのがドクター・グリアーが進めているドキュメント映画「シリスス」の中で紹介される異星人の遺体です。



 何となく似ているように見えます。


さらには、 昨年に 「エジプトで発見されたETのミイラ!」に関する記事をアップしました。

Facebook経由でフィードに流れて来た人間のようには見えにくいミイラの写真です。




▲2000年前以上昔のミイラと言われている・・・

そこで再びこの異星人のミイラに関する情報を調べてみたら、更に詳細な情報を見つけました。

やはり古代エジプトのファラオの一族は、一般的な人間ではなく、異星人との混血だったのかも知れません。

ステイチューン☆


【関連記事】
 

Facebookで「eCard」と「コズミックシフト」のページを作りました。

こちらの方でも情報を発信していますので「いいね!」ボタンを押してくださいネ★


コズミックシフト▶https://www.facebook.com/makaula.nakae

★セッションのご予約・お問合せ、ブログの質問・感想などは電子メールで。

makaula@gmail.com



精神世界のランキングに登録してみました!

▼1日一回投票してね!


【波動入りの読む瞑想】

LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ご予約・お問合せ

▶エネルギーヒーリング基礎コース

▶まか~ウラのクレアヴォヤンス基礎コース

セッションのご予約・お問合せ

ブログの質問・感想などは電子メールで。


makaula@gmail.com

※お問い合わせを頂いた際に、ドコモ携帯でのメルアドの場合(@docomo.ne.jp)は返事を出しても戻ってきてしまます。ドコモ携帯をお使いの場合は、ブロック機能を確認され、PCからでも受信できる設定にされるか、その他のメルアドからご連絡ください。


GLBT長編恋愛小説


愛の島の呼び声を聴いたなら

誰一人その誘惑には逆らえない

http://www.amazon.co.jp/Blue-Dolphins-Hiroshi-Mak%C3%A4ula-Nakae-ebook/dp/B00LMV0UUQ/ref=sr_1_1?s=digital-text&ie=UTF8&qid=1404900402&sr=1-1&keywords=blue+dolphins

Kindleストアで絶賛発売中!
▶購入はコチラから


▶その他のサービス内容はコチラへ
▶まか~ウラのプロフィールはコチラ

▶Skypeによる個人セッションに関する内容はコチラ
▶まか~ウラの著作はコチラ


精神世界のランキングに登録してみました!



アマゾン読者レヴュー ★★★★★

[単行本(ソフトカバー)]  価格:¥ 1,890
【アマゾンでご購入出来ます】


世界的なベストセラー『聖なる予言』も刊行されてなかった1991年春。ひとりの青年がマチュピチュへ旅立った。そこで体験する常識をはるかに超えたスピリュチュアルな世界。色鮮やかなビジョン体験とUFO目撃談で綴る異色の旅行記。いま世界中のチャネラーがペルーを目指す。

人気の投稿