2013/01/18

天空神ホルスの4人の息子たち

アロハ


次回の無料!一斉遠隔ヒーリングは1月末

ステイチューン。



精神世界のランキングに登録してみました!

▼1日一回投票してね!


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宇宙人・UFOへ
にほんブログ村


精神世界ランキング

1日1回、クリック、お願いします☆



★天空神ホルスの4人の息子たち



天空と太陽の神ホルスには四人の御霊分けがいます。

一般的にはホルスの四人の息子たちと呼ばれます。

・インセティ → 人間の姿

・ハピ → ヒヒの姿

・ドゥアムトエフ → ジャッカルの姿

・ケベフセヌエフ  → ハヤブサの姿

 ▲ホルスの四人の息子達をミイラの姿で現した像


彼らの存在が記されている最も古い文書は「ピラミッド文書」

その中ではホルスの息子たちではなく、ホルスの四つの魂と表現されています。

また、それぞれの御霊分けは、ホルスがアイシスの加護を受けるように、一人ずつ別の女神から守られています。

・インセティ → 女神イシス

・ハピ → 女神ネフティス

・ドゥアムトエフ → 女神ネイト

・ケベフセヌエフ  → 女神セルケト

それぞれのエッセンスには相互関係のある女神のエッセンスが対になって関係しているということです。

彼らは王様の友人達と記され、彼らが王様を東の空に向かう階段を上らせ、天界へとアセンションさせる梯子の役割を果たします。 


 ▲死者の書の中でホルスの四人の息子で装飾されている箱の中から顔をだすファラオ


ファラオはホルスが具現化した姿であり、ホルスの加護を受けると考えられていました。

ここで「ファラオ=ホルス=ホルスの四人の息子達で構成されている」という図式が現れて来ます。 

 

 ▲ホルスの館を挟んでいるホルスの四人の息子たち

上のプレートに描かれている構図は、ホルスの眼と呼ばれるシンボルの左右に二人ずつミイラの姿をした息子たちが配置されています。

ホルスの眼というのは、ホルスが棲んでいる大邸宅です。

前頭部側に立っているのは「人間の姿をしたインセティー」と「ヒヒの姿をしたハピ」です。

後頭部側に立っているのは「ジャカルの姿をしたドゥアムトエフ」と「ハヤブサの姿をしたケベフセヌエフ」。

これを分泌腺の配置的に捉えてみましょう。

頭部の全面は下垂体。

頭部の後面は松果体。

前頭部側に立っている「人間の姿をしたインセティー」と「ヒヒの姿をしたハピ」は額から下垂体へ入り込む。


後頭部側に立っている「ジャカルの姿をしたドゥアムトエフ」と「ハヤブサの姿をしたケベフセヌエフ」は後頭部から松果体へ入り込む。 
 
▲オリジナルの構図ではファラオの顔は左向きです。
 ↓
 ▲ファラオの顔の向きを右側に反転した構図

 ▲プレートの中の四人の構図

顔の向きを反対にすると四人の息子たちの並びは上のプレートと同じになります。

この解釈でホルスを捉えると、これらの四人が一組になってホルスが造られているということになります。

言い換えると「ファラオはホルスの四つの魂の現れであり、ホルスの加護を受ける」と表現することも出来ます。

ここで大切なポイントは、ホルスの四人の息子たちは、ホルスの四つのエッセンスであるという部分です。
そのホルスの館を現している箱には四人のホルスの息子達が描かれ、その中からファラオが顔を出しています。

このホルスの四人の息子たちは、人体をミイラ化する際に体内から取り出された4種類の内蔵を納めるカノプス壺に関係しています。

 ▲カノプス壺


その四つの臓器とは、肝臓、胃と小腸の一部、大腸、肺です。 

脳は水分を多量に含んでいるために、頭蓋の中に残しておくと粘液になってしまい、身体を腐食させてしまうためにカギ棒でかき回されて捨てられたと解説されています。 

取り出されたこれらの臓器はオイルを塗られて防腐処理を施され、それぞれの壺の中に納められました。

 ▲カノプス壺


ホルスを構成する4つのエッセンスに関係するそれぞれの臓器は、体内の錬金術を通じて「ホルス」を製造するための生体的な化学工場なのです。

この図式で捉え直すと現在の解釈とは違う趣のものが見えて来ます。

・インセティ → 肝臓に関係するエッセンス

・ハピ → 肺に関係するエッセンス

・ドゥアムトエフ → 胃と小腸の一部に関係するエッセンス

・ケベフセヌエフ  → 大腸に関係するエッセンス

 
 ▲オシリス神の後ろに並んでいるホルスの四人の息子たち

・インセティ → 人間の姿 → 肝臓

・ハピ → ヒヒの姿 → 肺

・ドゥアムトエフ → ジャッカルの姿 → 胃と小腸の一部

・ケベフセヌエフ  → ハヤブサの姿 → 大腸 


ここに関係するのが前の記事で書いた、女神ハトホルが魂に与えるシカモア・イチジクの白いミルク、前立腺とスキーン線に関係する乳白色の液体です。

生殖腺に関係し、下腹部にある海綿体の器官の位置は、クンダリーニ・ヨガや、タントリック・ヨガ、丹学の中でも重要視されています。

その位置から体内で練金される「物質」が「脳」へ向けて送り届けられるからです。 

この体内で精製・精錬された物質が下腹部の海綿体へ集まり、そこから脳へ届けられることで悟り・覚醒の体験が起こりえるということです。

前立腺とスキーン腺で生産される液体で同じ成分なのは「ウテログロビン:Uteroglobin」「PDE5」「酸性フォスファターゼ」等だと解説されています。


酸性フォスファターゼは「肝臓」や脾臓をはじめとする身体各部に存在しています。

ここで酸性フォスファターゼは肝臓に関係する「人間の姿をしたインセティ」と結びつきます。



ウテグロビン蛋白質は特に「肺」のClara cells:クララ細胞に対して活性するそうです。 
ここでウテグロビンは肺に関係する「ヒヒの姿をしたハピ」と結びつきます。

 
PDE5の活動は人間の「結腸細胞と腸の組織内」で現れます。

ここでPDE5は大腸に関係する「ハヤブサの姿をしたケベフセヌエフ」と、胃と小腸の一部に関係する「ジャッカルの姿をしたドゥアムトエフ」と結びつきます。

残りの胃に関係する何かが判明すれば、ホルスを構成している四つの要素のメドがつきます。

面白くなって来ましたね(笑)

続く・・・。
 

Facebookで「eCard」と「コズミックシフト」のページを作りました。

こちらの方でも情報を発信していますので「いいね!」ボタンを押してくださいネ★


コズミックシフト▶https://www.facebook.com/makaula.nakae

★セッションのご予約・お問合せ、ブログの質問・感想などは電子メールで。

makaula@gmail.com





精神世界のランキングに登録してみました!

▼1日一回投票してね!


【波動入りの読む瞑想】

LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ご予約・お問合せ

▶エネルギーヒーリング基礎コース

▶まか~ウラのクレアヴォヤンス基礎コース

セッションのご予約・お問合せ

ブログの質問・感想などは電子メールで。


makaula@gmail.com

※お問い合わせを頂いた際に、ドコモ携帯でのメルアドの場合(@docomo.ne.jp)は返事を出しても戻ってきてしまます。ドコモ携帯をお使いの場合は、ブロック機能を確認され、PCからでも受信できる設定にされるか、その他のメルアドからご連絡ください。


GLBT長編恋愛小説


愛の島の呼び声を聴いたなら

誰一人その誘惑には逆らえない

http://www.amazon.co.jp/Blue-Dolphins-Hiroshi-Mak%C3%A4ula-Nakae-ebook/dp/B00LMV0UUQ/ref=sr_1_1?s=digital-text&ie=UTF8&qid=1404900402&sr=1-1&keywords=blue+dolphins

Kindleストアで絶賛発売中!
▶購入はコチラから


▶その他のサービス内容はコチラへ
▶まか~ウラのプロフィールはコチラ

▶Skypeによる個人セッションに関する内容はコチラ
▶まか~ウラの著作はコチラ


精神世界のランキングに登録してみました!



アマゾン読者レヴュー ★★★★★

[単行本(ソフトカバー)]  価格:¥ 1,890
【アマゾンでご購入出来ます】


世界的なベストセラー『聖なる予言』も刊行されてなかった1991年春。ひとりの青年がマチュピチュへ旅立った。そこで体験する常識をはるかに超えたスピリュチュアルな世界。色鮮やかなビジョン体験とUFO目撃談で綴る異色の旅行記。いま世界中のチャネラーがペルーを目指す。

人気の投稿