生命力の源泉・下丹田を活性化させる呼吸法

再開した連載は「人間の意識とは一体なんぞや?」という疑問を、オーラや波動といった広範囲なサブジェクトを通じて解き明かす的な、非常に大それた内容です。

初めての方、久しぶりの方は、こちらの目次を通して把握なさって下さい。


生命力の源泉・下丹田を活性化させる呼吸法  


下丹田は腸などのように形のある肉体として存在しているわけではありません。
過去に一度も下丹田を鍛えたことが無い人は、自分の下腹部の内側に何かを感じることは非常に難しいと思います。

しかし鍛え続けることによって次第にリアルに感じられるようになります。  

その場所はおヘソの下約5センチから8センチ、そして内側に5センチくらいの場所に位置すると言われています。

しかし、個人的な経験からだと内側に3センチくらいの場所です。

まずは自分の手をその位置に当てて、意識を内側に入れて場所を感じることから始めましょう。  


一般的に女性は男性よりも腹式呼吸を行うことが難しいと言われています。

しかし、下丹田に気の波動を集めるのに普通の腹式呼吸では上手く行きません。

肺呼吸に慣れていると、下腹を膨らまして呼吸するのが難しいわけですが、やり方次第で上手に出来るようになります。


下丹田で呼吸する時に一番重要なのは、気の波動が出入りする場所を分かっていることです。

「腹式呼吸だから、お腹で息をするんじゃないの?」と思うでしょうが、そこから違うからです。  


下丹田で呼吸をする時に使う場所は、背中側のおヘソの裏です。  


まずは意識を背中側のおヘソの裏に当てます。

そこから気の波動が入って来て、身体の表側のおヘソの下の内側に集まって行くのをイメージします。

頭の中で自分の身体を横から見ているように視覚化すると分かりやすいでしょう。


そして下丹田の位置に気の波動が集まって小さな丸い球が出来て行くのをイメージします。  


下丹田に貯まる気の波動は、水銀のように密度と質量が高いものです。

空気や水が貯まってゆくようなイメージではなく、赤い色の水銀のような、重たくてシロップ的な水銀のような液体が貯まってゆくのをイメージしましょう。  


呼吸をする時に吸い込む息と一緒に気の波動が体内に入ってくるわけですが、背中から気の波動が入って来て下腹を前に押し出しているイメージで行ってみてください。

または、イメージの中で白く輝く光の棒を作って、その棒が背中から入って来て、下腹を外側に押しているイメージでも構いません。

または浮き輪に空気を入れる時に使う手押しのポンプなどのイメージでも構いません。

ポンプの取っ手を押すと空気が浮き輪に入り込んで次第に膨れていきます。

そして押した取っ手を引き戻すと、膨らんだ浮き輪が萎んでいくといった具合です。  


要点は背中から気の波動が押すように入って来て、下腹を内側から外に押し出すというイメージです。  


波動は意識の動きに従いますから、意識を身体の内側、下丹田のある場所と背中に合わせて、さらにイメージで気の入り込む流れを視覚化して導いてゆくと行いやすくなります。  


背中から入って来た気の波動が下丹田の位置で回転しながら球体を少しずつ大きくして行くのをイメージします。

そして呼吸を吐く時は、下丹田からネガティブな気の波動が背中に向かって逆戻りして出て行くイメージをします。  


まず最初に椅子に座って行ってみましょう。

そして次にベッドや床に横になって行ってみましょう。

人によっては椅子に座っている方が下腹部を動かしやすく、また人によっては横になっている方が行いやすい場合があるからです。


ベッドで横になる場合は、寝る前よりも、朝起きてからの方が良いでしょう。

気の波動が貯まっていって身体を起こすので、一日の始めに呼吸法と瞑想を通じて、身体に気の波動が行き渡らせてから起き上がるのが良いと思います。  


このイメージ力を使った呼吸法で下丹田を活性化させてゆくと、次第にお腹が暖かくなってゆきます。

そして毎日続けてゆくと、次第に下丹田に気の波動が貯まり始め、少しずつ感覚的にも明確に分かるようになってゆきます。


これが更に貯まってゆくと、下丹田から気の波動が身体中を巡り始めるようになり、足首とか、両方の脇腹などに向けて小さな球のようなものが動いてゆくのが感じられるようになります。

普通の人よりも波動や体内の動きに敏感な人なら、気の球が経絡に沿って移動するのが分かるようになると思います。

 どこでも比較的簡単に出来る呼吸法のエクササイズですから、ちょっとした時間の余裕がある時に行うようにしましょう。

連日して続けて行くと、それだけでも身体の状態が変化するようになるので、気がついた時に出来るだけ多くの回数を行うように心がけてみてください。

続く・・・




☆下に並んでいる小さな「コメント」の文字をクリックするとコメントを書き込めます。更に知りたいこと、シェアしたいことがあればお書き込みください。コメントによるフォロー、もしくは次回での解説に勤めさせていただきます。



【意識の光り:目次】
★不思議は消えない②香りの伝達 ★鬱の症状とエレメンタル ★クレアオーディエンス 【超聴覚】 ★クレアオーディエンス 【超聴覚】② ★どこから音が聞こえて来るのか ★超聴覚で聞こえる音はオーラの中で響く ★クレアガスタンス【超味覚】 ★味覚はその人の波動域によって変化する ★味覚の変化 ★クレアアリエンス【超臭覚】 ★1日2リットル以上の水が飲めない理由 ★波動の移動に距離は関係しない ★ネガティブ波動を溜めない方法 ★想念体に関する考え方 ★エレメンタル・想念体 ★想念② ★想念③ ★波動のプロジェクション ★UFOが移動する原理 ★オーラに現れる色彩 ★オーラの中の色彩の位置① ★オーラの中の色彩の位置② ★オーラとアカシック・レコード ★空間には目に見えない波動が存在している ★オーラ=サブスペース〈亜空間〉1 ★身体の不思議・・・ ★身体の不思議・・・2 ★フィジカル体 物理的な肉体 ★チャクラと丹田の違い ★上との繋がり方(1)集中力 ★オーラとは? ★光りの三原色と三つの丹田(1) ★光りの三原色と三つの丹田(2) ★脳の三位一体(1) ★メッセージの受け取り方(1) ★生命力の源泉・下丹田を活性化させる呼吸法 ★生命力の源泉・下丹田を鍛える訓練 ★エーテル体の中に浮かんだ「リキッド体験」 ★エーテル体、エセリック・ボディー(Etheric body) ★身体の重さと経絡の関係 ★エーテル体と毒素 ★アセンション極秘情報 ★意識の仕組み ★スシュムナー管の目覚め ★トリニティーからの行き先 ★波動の上昇と本を読むこと ★自分に目覚めるためのステップ ★身体が酸化して冷える食物 ★ヨウ素と放射能被ばく ★いつも安定している人間になる方法 ★乗馬で学んだオーラのこと ★この震災が示唆している人類の未来 ★放射能汚染に効果的な植物/ハーブ ★集中力とイメージ力の高め方 ★第三の眼の汚染 ★第三の眼・松果体の浄化 ★第三の眼とフロライド汚染 ★スピリチュアルな能力の意味 ★サイキック的にはこう見える!  


さらに、まか~ウラの多次元経験に興味のある方はコチラがお勧め!読んでね!

聖なる谷
空中都市マチュピチュを超えて
Hiroshi Makaula Nakae

¥1,890
Amazon.co.jp

まか〜ウラの本

人気の投稿