AS2012⑱地球の巡礼

アロハ


今日は朝から夕方近くまで、全てを投げ捨てて一回目のブログ「AS2012⑯地球の鼓動」に挑戦していたので疲れました。


気がついたら半日分の時間が消えてました。(焦)


自分が考えていることや、思っていることを書いて表現することに対しては然程の疲れは感じないのですが、他人の書いたことや思考を文字にするのは大変です。


しかも英語を日本語に翻訳する作業なんかが挿入されてしまうと余計ですね。


英語と日本語の通訳が仕事の友人が言うには、同時通訳と対時通訳は別物なのだそうです。


同時の場合は話している人と然程の時差なく訳すもので、対時の場合は短めの言葉で話し終わった後に通訳が話すというもの・・・。


英語での映像を観る時は自然に英語の脳で理解するので、日本語の脳が働きません。


英語を日本語の脳で理解するのは結構たいへんなのです。


こう言った意味で、英語を日本語に置き換える作業というのは労力を使います。


前回の「地球の鼓動」に関する記事を書こうと思ったのは、アセンションの過程で共振する周波数域が上昇してゆくのを説明するのに良い例だと思ったからです。


では個人的に一般的に説かれている現在のアセンションに関する憶測を全面的に支持出来るのかと聞かれたら、ちょっと良く解らない部分もあるわけです。


例えば地軸の反転に関する部分です。


ポールシフトが起きたら地球上に住んでいる私たちは物理的にどんな影響を受けるのか? 


一般的には天変地異が起こるという結論に達します。


私の脳みそでも、地軸が移動するのであれば、その上に乗っかっている地面も揺れるとか、異変が起きるのではないかと妄想が発展してゆくわけです(笑)


それで上の方々に「ポールシフトは起きるのか?」と聞いたら、意外なことに「起きない」と返って来るんです・・・(困)


ポールシフトは起きないって言われても、スピリチュアル科学者の推測では起きるって言ってるんですが・・・という心の葛藤に辿り着くわけです。


とにかく前の記事を書いたり調べたり翻訳している最中に、同時に色々と調べてみたわけです。


私たちの鼓動と地球の鼓動、すなわちパルスのことを考えていて思い出したことがありました。


昨年の後半にYouTubeで見たイルカがバブルリングで遊んでいる映像です。


それを探すのに一苦労しましたけど、ようやく見つけました。





可愛いですね。


でもこれがどうして鼓動とパルスに関係するのか疑問かも知れません・・・。


このバブルリングに関係するのが下の映像です。





これは私の見解ですが、パルスはこの「リープフロッギング・バブルリング」に関係していると思います。


では次の映像です。





これは「リープフロギング」と呼ばれるヴォルテックスのシミレーションです。


そしてこれがどこに繋がるかというと・・・。





これは空気中に出現させることが出来るヴォルテックスのシミュレーションです。


これと同じ波動的な原理で私たちの神経系統が動いているハズ。


クンダリーニも同じでしょう。


簡単に書いてしまうと、これが陰陽の原理だと思います。


そしてこれが更に別のところに関係していまして・・・。


さらにココからジャンプして行き着いたのが求めていた情報です。





地球は太陽の廻りを好転しているわけではないという理論


これは美しいです。

現在のコペルニクス的な世界観よりも拡大された視点から生まれています。

地球を含む太陽系は、さらにその母体となる銀河系の螺旋の動きの中で、さらに螺旋的に動きながら移動しているという理論です。


地球は太陽系の中のその他の星々と一緒に銀河系の中を巡礼している・・・。


こちらの方が調和的で波動的な動きに沿った美しいアイデアです。


これを観て地球、太陽の地軸から生まれる自転とそれに関係する天体的な公転が停まってしまうという考えは消えてしまいました。


さらに凄いことに・・・。


月は自転しないことで知られていますが・・・。


どうやら月に何かの異変が起きている模様・・・。





月の表面に見える配置が変わっているのです!

月は地球の住民が気づかない内に地軸の位置を変化させていたのです・・・(驚)


さらに興味深いのがこの映像。


地球の大陸がどのようにして現在の形になったのか・・・?



地球は成長の過程で拡大し続けてきたというシュミレーション。

地殻変動を起こしながら、そのサイズを大きくしようとしているわけです。

アセンション情報の中で、地球そのものが現在の人工を支え切れなくなってきたので、自然淘汰的な考え方で、人類を振るい落とそうとしていると語られることがあります。 


逆です。


地球は人類を支えるために成長しようとしているのです。

その動きが地殻変動による地震として現れている・・・。

昨年の東北震災でも日本の大きさが若干大きくなっているのだそうです・・・。


これらの情報を消化したらポールシフトの考え方が私の中で噛み合なくなってしまったわけです。


これで少し安心しました(笑)

続く

PS:無料!一斉遠隔ヒーリングを受けられた方は、感想を送って下さいね。

★セッションのご予約・お問合せ、感想、ブログの質問などは電子メールで。

makaula@gmail.com 





【アセンション・シンドローム関係の過去ブログ】

まか〜ウラの本

人気の投稿