2013/07/26

ホルスの練金術⑤異常な喉の乾きとエネルギー


2011年の夏は普通以上に熱く感じていました。

そんな状態が続く中で8月にシアトルへ飛び、涼しく過ごしやすかったシアトルから真夏の盛りのハワイへ戻って来たら、あまりの暑さのためにゲータレードを皮切りにして、糖質の高い飲み物や食べ物やらをガンガン飲んだり食べたりし始めました。

この頃はまだ真剣に身体が変な反応を起こしているとは考えていただけではなく、何でこんなに早く空腹になって、またすぐお腹が空いてしまうのか少し不思議に思っていたくらいでした。

あまりの暑さと喉の乾きから食事にスイカを主にしたフルーツ類が加わり、約一ヶ月近くは普通の固形食がとても少なく、一日に一回食べるか食べないかという生活していました。

水だけ飲んでいれば良かったものの、ゲータレードに走ってしまった私は愚か者で、飲み物や食べ物に含まれている糖質が油に火を注いでしまいました。

甘いものが食べたいというよりも、常に喉が渇いて仕方が無い状態だったので、冷たい飲み物を欲していました。

そこで糖分の高いジュースや炭酸飲料、アイスクリーム、アイスバーなどを皮切りに、喉の乾きを癒す飲み物や、水分質の多いスイカやパパイヤ、マンゴー、ザクロなどを漁るように食べ始めました。

その結果に体内でもの凄い量のエネルギーが造り出され始めたのです。

すると凄い速さでエネルギーを造り出して食べ物を燃焼させてしまうので、贅肉がアっと言う間に落ちて行き、その結果、わずか一ヶ月半で13ポンドも減量していました。

体内でエネルギーがとにかく燃え続ける状態で、下半身の中心の軸の部分、股間からおヘソの上くらいの間に縦型の溶鉱炉のようなものが出現したのです。

それから、体内の縦型溶鉱炉が異様に熱くなることが頻繁に起き始めると、異様に喉が乾きました。

信じられないくらい勢いがつた高速で燃え続けるので、それに対応した水分が必要で、とにかく何でも良いから水分を飲みたくなるのです。

その結果に放尿の回数が格段に増え、普通だったら頻繁にトイレには行かない人が放尿の連続になってしまい、1時間に一回くらいの割合でトイレに行ってました。

それに加えて幼少の頃から下痢体質なのに、普通の排便が出来てしまい、それまでの生涯の中でホボ経験したことが無かった便秘という経験も何度かしました。

さらに凄いと感動したのが、無制限にエネルギーが吹き出てしまうので、筋肉が落ちてしまっても普通以上に楽に歩けたことです。

さらには重たい荷物を持っても全く平気で運ぶことも出来るようになり、それまで普通に歩くのも、ハイキングに出かけても少ししたら疲れてしまって辛い状態だったにも関わらず、一気に普通を通り越した超人的な活力を現し出したのです。

筋肉がそげ落ちていたので〝泳ぐとすぐに疲れるかも?〟と思って泳ぎに行ったのですが、懸念とはに正反対の結果で、抵抗の大きな水の中でもガンガンと沖まで泳げてしまいました。

この時期の私は、ある意味でスーパーヒューマンと化していました。

ここで良く解ったのは、エネルギーが多量に生産されるようになると筋力の有無はホボ関係なくなるということです。

充分なエネルギーが生み出されていれば、重い物も長時間に渡って持って歩けるし、走れるし、泳げるのです。

人間のエネルギー発電の能力は凄いものがあります。

アセンションで光りの身体になったら、体内から放射するわけですから、一体どうなるのか良くイメージ出来ませんでしたが、この経験で何となく分かったような気がしました。

食事制限で糖質の高い飲み物や食べ物を控え始めて一ヶ月くらいは体内に糖質が残っているのが分かりました。歩き始めるとガンガンと歩けてしまうからです。 

ここで面白いと思ったのは、身体の中で移動する水分の動きがとても良く解ったことです。

肉体の中でどういう流れの感じで水分が移動しているのが良く解り、一時は背骨の中の水分の動きも良く解るような状態でした。

体内の水分の動きが速くなると分かりやすいのです。

そして肌が赤ちゃん肌になってパウダー状でスルスルのパールのような感じになり、顔の皮膚の輝きも増してツルツル状態でした。

超高速で放尿を繰り返していたわけですから、相当なディトックスを通過したと思います。

しかし、この状態の先でいったい何が待ち構えているのかは想像もしていませんでした。

秋の終わり頃は異常に喉が渇いて、底なしのように食べ続けてしまう状態になってしまったのです。

▶「喉のイガイガ感」へ続く


第三章 天空神ホルスの錬金術
    ▶変容の始まり
    ▶クンダリーニの目覚め
    ▶心臓バクバク
    ▶スシュムナー管の目覚め
    ▶異常なエネルギー値と喉の乾き
    ▶喉のイガイガ感
    •    上半身に沸き上がって来る酸
   ▶背骨と第三の眼のダウンロード
   ▶第三の眼の変化
   ▶糖尿病の症状の現れ
   ▶宇宙の医療チーム
   ▶ハートの周辺の変化
   ▶背骨の中から現れるゲップ
   ▶地球の波動とのズレ
   ▶第7チャクラの変化
   ▶第三の眼と古代エジプトの宗教芸術
   ▶新たなダウンロード
   ▶アクシオトーナルとスピンポイント
   ▶頭上に現れた純白の光り
   ▶小腸のサマスカラと白いフラッシュ
   ▶プラズマ体とピラミッドの崩壊
   ▶幸せホルモンの広がり
   ▶ホルスの呼び声
   ▶至高体験
   ▶アンドロメダの青い瞳
   ▶プラズマアタック!
   ▶夢でのコンタクト
   ▶左脳にパカっと電灯がついて
   ▶ビヨヨン波とプラズマ体
   ▶E.T.フォーン・ホーム
   ▶新しい体感とマーカバ
   ▶糖尿病の克服
   ▶アセンションと死の観念と恐怖
   ▶変遷する神々の名前



エネルギーヒーリング基礎コース
▶まか~ウラのクレアヴォヤンス基礎コース


セッションのご予約・お問合せ
ブログの質問・感想などは電子メールで。

makaula@gmail.com

※お問い合わせを頂いた際に、ドコモ携帯でのメルアドの場合(@docomo.ne.jp)は返事を出しても戻って来てしまます。ドコモ携帯をお使いの場合は、ブロック機能を確認され、PCからでも受信できる設定にされるか、その他のメルアドからご連絡ください。


▶その他のサービス内容はコチラへ
▶まか~ウラのプロフィールはコチラ

一日一回クリックしてね☆


     
英語
アマゾン読者レヴュー ★★★★★
  

[単行本(ソフトカバー)]  価格:¥ 1,890

世 界的なベストセラー『聖なる予言』も刊行されてなかった1991年春。ひとりの青年がマチュピチュへ旅立った。そこで体験する常識をはるかに超えたスピ リュチュアルな世界。色鮮やかなビジョン体験とUFO目撃談で綴る異色の旅行記。いま世界中のチャネラーがペルーを目指す。


LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ご予約・お問合せ

▶エネルギーヒーリング基礎コース

▶まか~ウラのクレアヴォヤンス基礎コース

セッションのご予約・お問合せ

ブログの質問・感想などは電子メールで。


makaula@gmail.com

※お問い合わせを頂いた際に、ドコモ携帯でのメルアドの場合(@docomo.ne.jp)は返事を出しても戻ってきてしまます。ドコモ携帯をお使いの場合は、ブロック機能を確認され、PCからでも受信できる設定にされるか、その他のメルアドからご連絡ください。


GLBT長編恋愛小説


愛の島の呼び声を聴いたなら

誰一人その誘惑には逆らえない

http://www.amazon.co.jp/Blue-Dolphins-Hiroshi-Mak%C3%A4ula-Nakae-ebook/dp/B00LMV0UUQ/ref=sr_1_1?s=digital-text&ie=UTF8&qid=1404900402&sr=1-1&keywords=blue+dolphins

Kindleストアで絶賛発売中!
▶購入はコチラから


▶その他のサービス内容はコチラへ
▶まか~ウラのプロフィールはコチラ

▶Skypeによる個人セッションに関する内容はコチラ
▶まか~ウラの著作はコチラ


精神世界のランキングに登録してみました!



アマゾン読者レヴュー ★★★★★

[単行本(ソフトカバー)]  価格:¥ 1,890
【アマゾンでご購入出来ます】


世界的なベストセラー『聖なる予言』も刊行されてなかった1991年春。ひとりの青年がマチュピチュへ旅立った。そこで体験する常識をはるかに超えたスピリュチュアルな世界。色鮮やかなビジョン体験とUFO目撃談で綴る異色の旅行記。いま世界中のチャネラーがペルーを目指す。

人気の投稿