ホルスの錬金術⑯新たなダウンロード

2012年1月28日は早起きしたのもあり、何故か疲れを感じ始めたのでちょっと昼寝をしようとベッドに横になりました。
 

そしたら2012年になって最初の本格的なダウンロードが始まったのです。
 

前回は昨年の10月28日(アメリカでは27日)だったので、ちょうどその三ヶ月後にあたります。
 

この時は4~5日前から前触れ的に似たようなことが起きていました。

こちらの方は然程ビックリするような感じでもなく、まさか次のダウンロードの前触れだとは思っていなかったので〝まぁそんなこともあるか?と〟流していたのです。
 

最初に始まったのは、頭の全体です。

まず第七チャクラが開いた感じがして気持ち良くなり、それから頭頂に太い波動の柱が挿入されました。 

第七チャクラの芯部が上に昇って太いアンテナのようになる感じでした。

その後は、ちょうど脳波を変える書く瞑想のような感じで、頭全体の脳波が変わり、ウェーヴになって波動が頭頂から身体の方へ連続して降りて行きました。

それと同時にオーラのクリアリングが一気に始まりました。
 

それから脳内に何かのホルモンが出始めて気持ち良くなってしまったのです。

カウアイ島で行ったカバラ・ヒーリングの時も至福体験でしたが、こちらの方が輪をかけて至福状態に近いものがありました。 

カウアイ島の時はシャンパンゴールドのような波動の泡が全身から沸き上がって、とても気持ち良い感じでしたが、今回は比較にならない程に強烈でした。
 

始まりから眼を閉じていたのですが、最初から最後まで瞼の裏の色がヴァイオレットになったり白くなったり、エメラルドグリーンになったりしてしました。

波動が一気に変化してしまうと、意識が飛んでしまうような感覚になることも多々あるのですが、それは起きませんでした。

最初から最後まで完全に意識のある状態です。
 

脳の幸せ状態が頭全体に広がって後頭部に降りてゆき、後頭部も気持ち良い幸せ状態になってさらに下降して、背骨の左側のダウンロードが始まりました。

これも前回に比べると時間的には長かったです。
 

2011年10月28日のダウンロードと同じく背骨の左側でしたが、もっと背骨よりのホボ中央に近い位置で、完全に中央ではなく、前回よりもっと背骨の中央よりでした。
 

降りて来た波動の色合い的には、前回のレモン色よりも、もっと輝いている強くて電磁的な感じでした。

部分的にエメラルドグリーンが混ざっているように視えましたが、輝きが強過ぎて発光してるような感じです。 

前回はサーっとシロップ状の液体が流れ降りて来るような感じでしたが、今回は密度が比べ物にならない位に明確で、スパークするような、プラズマのような感じとでとても強烈で、それが頭の中心部から背骨に沿って下降して行きました。

それから始まったのが、サマスカラを溶かす瞑想のような感じに似たチリチリ感です。
 

このチリチリ感は、すでに前触れで強烈なのが起きていて、上半身の外側、肩の部分とか、上腕の部分とかに変化が起きました。もっと深い部分を溶かしているような感じというか、圧縮されているのものを溶かしている感じです。

通常サマスカラが溶ける場合は上半身から下半身へと流れて行くのですが、この部分が明確に違い、この時は細胞の中から外側に放射されている感じ、細胞の中から光りの針が放射されているような感じです。
 

今回のサマスカラ溶解はさらに拡大された部位で、その中で最も強烈だったのは腕の先、ちょうど肘から手首にかけて細くなってゆく部位で、我慢出来ずに悲鳴を上げる程ではありませんでしたが、これは強烈に痛かったです。 

その痛さが引いてもまだ終らず、背骨の左側を降りて来た波動が経絡のような通路を通じて体内を移動して行くのが解りました。

この動きというか、速さは、比較的ゆるやかで温かい経絡の速さとは完全に違ったもので、経絡の中を気が移動する時の速度よりも格段に速い動きでした。

速くて強いというか、電磁的でプラズマチックな感じでした。

その一ヶ月間は寝る前に宇宙の医療チームにヒーリングを頼んでいて、その際にエネルギーが降りて来て流れる経路と同じ道筋で移動していましたが、今回のはいつもの宇宙の医療チームのヴォリュームとは比較の対象にならない位に強烈でした。

この通路は経絡的には膵臓と脾臓と胆のうに関係しているものだと思います。
 

今回の全部の行程は前回に比べると異様に長っく、始まってから終わりまで三時間くらい、二時間半以上も続いていました。
 

そして後から今回一連のサマスカラ溶解に似ていた体験は、別のものだということが解りました。


▶次へ「アクシオトーナルとスピンポイント」

第三章 天空神ホルスの錬金術
    ▶変容の始まり
    ▶クンダリーニの目覚め
    ▶心臓バクバク
    ▶スシュムナー管の目覚め
    ▶異常なエネルギー値と喉の乾き
    ▶喉のイガイガ感
    •    上半身に沸き上がって来る酸
   ▶背骨と第三の眼のダウンロード
   ▶第三の眼の変化
   ▶糖尿病の症状の現れ
   ▶宇宙の医療チーム
   ▶ハートの周辺の変化
   ▶背骨の中から現れるゲップ
   ▶地球の波動とのズレ
   ▶第7チャクラの変化
   ▶第三の眼と古代エジプトの宗教芸術
   ▶新たなダウンロード
   ▶アクシオトーナルとスピンポイント
   ▶頭上に現れた純白の光り
   ▶小腸のサマスカラと白いフラッシュ
   ▶プラズマ体とピラミッドの崩壊
   ▶幸せホルモンの広がり
   ▶ホルスの呼び声
   ▶至高体験
   ▶アンドロメダの青い瞳
   ▶プラズマアタック!
   ▶夢でのコンタクト
   ▶左脳にパカっと電灯がついて
   ▶ビヨヨン波とプラズマ体
   ▶E.T.フォーン・ホーム
   ▶新しい体感とマーカバ
   ▶糖尿病の克服
   ▶アセンションと死の観念と恐怖
   ▶変遷する神々の名前



エネルギーヒーリング基礎コース
▶まか~ウラのクレアヴォヤンス基礎コース

セッションのご予約・お問合せ
ブログの質問・感想などは電子メールで。

makaula@gmail.com

※お問い合わせを頂いた際に、ドコモ携帯でのメルアドの場合(@docomo.ne.jp)は返事を出しても戻って来てしまます。ドコモ携帯をお使いの場合は、ブロック機能を確認され、PCからでも受信できる設定にされるか、その他のメルアドからご連絡ください。


▶その他のサービス内容はコチラへ
▶まか~ウラのプロフィールはコチラ

一日一回クリックしてね☆


     
英語
アマゾン読者レヴュー ★★★★★
  

[単行本(ソフトカバー)]  価格:¥ 1,890

世 界的なベストセラー『聖なる予言』も刊行されてなかった1991年春。ひとりの青年がマチュピチュへ旅立った。そこで体験する常識をはるかに超えたスピ リュチュアルな世界。色鮮やかなビジョン体験とUFO目撃談で綴る異色の旅行記。いま世界中のチャネラーがペルーを目指す。


まか〜ウラの本

人気の投稿