ホルスの錬金術⑫背骨の中から現れるゲップ

毎晩頼み続けていた医療チームの成果のお陰なのか、頻繁にゲップのような症状が出始めました。
 

人間掃除機的な機能がネガティブ波動とかエレメンタルを吸ってしまうとゲップに似た感じで身体の中から〝空気のような何か〟が排泄されるのです。

私の人間掃除機の機能もこの4~5年で随分と進化したものだと思います。
 

ゲップに似ているのですが胃からではなく、気管支の方から出て来ます。

この症状は随分と前から徐々に始まっていたのですが、初期の頃は出そうなのに排出されなくて、非常に気持ち悪い思いをしました。

これも10月28日くらいから変わ始め、それ以降の方が始まった頃よりも格段の差で楽に排出されるように変わって行きました。
 

背骨のゲップが出ると、詰まっているように感じていた背骨周辺の部位が変化し始めてバランスを取り戻します。
 

この不思議な現象は波動的に伝達されるようで、シアトル滞在時にお世話になっていたサマミシ家の奥さんも、犬を連れて森のハイキングコースを歩いていたら、同じようにゲップが出てビックリしたと教えてくれました。
 

背骨のゲップもそれまでより簡単に出るようになり、現れる速度も前より速くなり、更には、出る時には連続して出続けるようになって行きました。

ゲップが出る位置を感じてみると、背骨の色んな高さの位置で出現するのです。

下の方の場合もあれば、真ん中辺だったり、喉に近い部位だったりと様々です。

しかしこの時期はハートの裏周辺が主な部位でした。
 

この不思議なゲップを観察し続けて解ったことは、これを出すにはエネルギーが必要なようで、体内のエネルギー値が上がり始めた頃に出現するのです。
  

このような種類のアセンション・シンドロームも、その他の症状と同じように波動的な変化によるものです。変化の進み具合に一定の法則があるのかと言われたら、たぶん一人ひとり違った進み方をするのではないでしょうか。

そして変化の起き方は、かなり多方面に渡って同時進行して行きます。例えば背骨と頭が連動して変化したり、追いかけで胸の周辺に現れるといった具合です。

変化の基本になるのは、波動的に上昇を続けている地球の振動数と、その発端となっている宇宙の中心の振動数とどれくらいマッチしているかでしょう。
 

2012年12月21日に銀河系と地球のアライメントが一直線になってしまうと〝一体なにが起きるのか?〟という推測の中にハートに関係するものが挙げられています。
 

2012年以前の心臓の心拍数は、上昇し続ける地球の鼓動とマッチしていない状態で、これがシンクすることによって、私たちのハートの振動数が変化するというものです。

▶次へ「地球の波動とのズレ」


第三章 天空神ホルスの錬金術
    ▶変容の始まり
    ▶クンダリーニの目覚め
    ▶心臓バクバク
    ▶スシュムナー管の目覚め
    ▶異常なエネルギー値と喉の乾き
    ▶喉のイガイガ感
    •    上半身に沸き上がって来る酸
   ▶背骨と第三の眼のダウンロード
   ▶第三の眼の変化
   ▶糖尿病の症状の現れ
   ▶宇宙の医療チーム
   ▶ハートの周辺の変化
   ▶背骨の中から現れるゲップ
   ▶地球の波動とのズレ
   ▶第7チャクラの変化
   ▶第三の眼と古代エジプトの宗教芸術
   ▶新たなダウンロード
   ▶アクシオトーナルとスピンポイント
   ▶頭上に現れた純白の光り
   ▶小腸のサマスカラと白いフラッシュ
   ▶プラズマ体とピラミッドの崩壊
   ▶幸せホルモンの広がり
   ▶ホルスの呼び声
   ▶至高体験
   ▶アンドロメダの青い瞳
   ▶プラズマアタック!
   ▶夢でのコンタクト
   ▶左脳にパカっと電灯がついて
   ▶ビヨヨン波とプラズマ体
   ▶E.T.フォーン・ホーム
   ▶新しい体感とマーカバ
   ▶糖尿病の克服
   ▶アセンションと死の観念と恐怖
   ▶変遷する神々の名前



エネルギーヒーリング基礎コース
▶まか~ウラのクレアヴォヤンス基礎コース

セッションのご予約・お問合せ
ブログの質問・感想などは電子メールで。

makaula@gmail.com

※お問い合わせを頂いた際に、ドコモ携帯でのメルアドの場合(@docomo.ne.jp)は返事を出しても戻って来てしまます。ドコモ携帯をお使いの場合は、ブロック機能を確認され、PCからでも受信できる設定にされるか、その他のメルアドからご連絡ください。


▶その他のサービス内容はコチラへ
▶まか~ウラのプロフィールはコチラ

一日一回クリックしてね☆


     
英語
アマゾン読者レヴュー ★★★★★
  

[単行本(ソフトカバー)]  価格:¥ 1,890

世 界的なベストセラー『聖なる予言』も刊行されてなかった1991年春。ひとりの青年がマチュピチュへ旅立った。そこで体験する常識をはるかに超えたスピ リュチュアルな世界。色鮮やかなビジョン体験とUFO目撃談で綴る異色の旅行記。いま世界中のチャネラーがペルーを目指す。


まか〜ウラの本

人気の投稿