2013/07/20

トリニティー⑪311と原子力

ニューメキシコから帰って来てからというもの、充分な睡眠時間をとっているにも関わらず、もの凄い睡魔に教われることが多く、気がついたら30分意識が無かったり、突然に額の中心あたりに光りの閃光がやって来たりしていました。

これは私だけでなくホノルルの友人も同じ経験をしていました。

私たちは集合意識の中で繋がっているので、被災地から離れていても、何かしらのかたちで様々な経験が伝達されていたのでしょう。
 

あの一大事が起きた数日間は様々な経験をしました。
 

震災の当日に起きたのは、突然に右膝のエネルギーが急に薄れ始め、何度もつまづいたり、家に戻って来た時には痛くて足を引きずるようにして帰って来ました。

そしてネットを開いたら全世界に震災のニュースが広まっていました。

地震と津波、そして原子力発電所の問題が流れていて、その後は朝から晩までネットに釘付けでした。

日本のNHKのライブ放映と、CNNの速報、Uチューブなどではインドやイギリスのニュース番組の映像なども見ました。

世界中の国々に住む人々がこの大惨事を目の当たりにしている中で、CNNによる原子炉の復旧作業に関して専門家の意見を聞くインタビューが多く流されていました。
 

それを知った時に、サンフランシスコから始まりニューメキシコのトリニティーまで行った核に関する旅と、自分でも異様と思えるくらいの核実験に関する執着は、このことを教えていたのではないかと思いました。

自分の顕在意識では捉えることが出来ない何かを、潜在意識を通じてキャッチしていて、明確な理由も解らないまま〝核〟へと引きつけられていたのです。
 

地震と津波によって福島原発は被害を受けて炎上を始め、原子炉のメルトダウンが懸念されていました。

その成り行きをネットにかじりついて追いかけていたのですが、その時ではまだ原子炉の爆発は起きてないと報道されていたにも関わらず、明確に原子炉が小さな原子雲を揚げて爆発する映像がクッキリと頭の中に入って来ました。

そしてしばらく後にメルトダウンが報道され始めたのです。
 

アメリカのインターネット世界では、ツイッターやFacebookを通じて、多くの方が日本を支援するために呼びかけが始まり。

ホノルルでもわたしが日本人だというだけで、気をかけてくださった方々も多くいました。

ただ祈るだけでなく、様々なイベントや募金活動が開始され、震災のすぐ後に開催された年に一度のホノルル・フェスティバルの交流会に誘われて出かけ時にも会場内でも募金活動が行われていたので、そこでも募金をして来ました。
 

まだこれからの再生に向けた本格的な資金活動が行われる前で、ミュージシャンや芸能人の方々も支援に関する声明をあげ始めていました。
 

核問題を伴う大惨事から生まれた恐怖や悲しみ、共感、慈愛などの感情を通じて、計り知れない人々が人間愛の本質を現し始め、表現し始めているのが解りました。

この悲劇を通じて集合的な人間愛が浮上し、世界はまた一歩、国家や人種を超えて、一つになっているのだと思いました。

人類の意識は、日本人や○○人と言った国家的な枠、人種や性別などを乗り越えて地球人というさらに大きな意識状態へと動いているのです。

このグローバルな人間愛の意識は、これから更に大きくなってゆくことになるでしょう。
 

海外ではペイパルを通じて、赤十字など4つの団体への救済募金が始まり、震災のために多くの方が祈ったり、瞑想したり、遠隔ヒーリングを行ったりし始めていました。

多くの方が一緒になって光りの波動を送るだけでも絶対に何かの助けになると思います。
 

世界レベルでの意識が非常に緊張していた状態で、身体が異常に固くなったり、ストレスの度合いも高くなり、情的にも大きな揺れの中にいて、いつもの自分より遥かに感情が不安定になっていました。

状況が落ち着くまでしばらく時間がかかるだろうと思い、目に見えないストレスで参ってしまわないように、身体をほぐしたり、簡単な運動をしたり、ニュースから少し離れて外を長めに散歩することを心がけて成り行きを見続ける他ありませんでした。
 

この震災による一連の出来事で考えさせたらたことが沢山ありました。

それは自然や津波といった自然の力の凄さとか、原子力発電所の怖さとか、それらの過酷な状態の中で現れる人間愛の素晴らしさ、人間の強さとか。

そして、この震災で現れた様々な出来事に共通する一つのものを見つけました。
 

それは「エネルギー」です。
 

地震は溜まっているエネルギーを解放するものです。

津波は地震による震動で生まれたエネルギーです。

原子炉の崩壊は核融合して産まれるエネルギーの放出です。
 

災害を乗り越えるために多くの人々のエネルギーが動いていました。

この悲劇を通じて世界中の人が心を痛めていました。

それと同時に多くの人が様々な恐れを抱いていました。

また世界中の人々に人類愛の気持ちを抱かせていました。
 

私たちの感情はエネルギーです。
 

同じように、多くの人が、一体どうしてこんなことになったのだろうと考えていました。

これから先どうなってゆくのかと心配で考えあぐねている人もいたでしょう。

どうすればこの事態を早急に改善することが出来るかを考えていた人もいるでしょう。

今の自分に何が出来るのか?

そしてこれから先に何をするべきなのか?
 

私たちの思考はエネルギーです。
 

このような現状の中で日本の皆さんが不安に思っていることが沢山ありました。
 

食べるものが手に入らなかったらどうしよう? 
 

人間にとって食材はエネルギー源です。
 

電力の節電のために計画的な停電や節電が実地されています。
 

電力はまさしくエネルギーです。
 

この一連の出来事の全ては、エネルギーについて教えています。
 

その頃に日本での節電のことを話していたら、日本の原子力発電所の全てが停止してしまったら、日本人は生活してゆけないと答えが返って来ました。
 

アメリカにも同じ位の数の原子力発電所があります。

しかし、アメリカの原子力発電の依存率は約20%です。

仮に全米の原子力発電所が機能を停止させたとしても電力不足を乗り越えることが出来るということです。
 

一体全体どうして日本は原子力発電に依存してしまったのだろうと考えました。

広島、長崎と原爆による悲惨な被爆を経験している国なのに、今度は自分たちの国が造った原子力発電所の崩壊で被爆と放射能汚染の危機に晒されています。

それらの過去の苦い経験から、多くの活動家が原発停止の訴えを行って来ていますが、国民全体としてそれを実現させるにまでは至っていません。
 

その原因は何なのか?

これらの全ての項目が一体なにを示唆しているのかを考え続けました。
 

私はこの出来事が起きるまで、日本に50個もの原子力発電所が建設されていることを知りませんでした。

その時の現状として日本の電力は原子力発電所に依存してしまっているということも知りませんでした。
 

人類は地球のエコ・システムに対して意識が高くする必要があります。
 

人類は現在よりも更に意識を高くする必要を求められているのです。
 

私たち人類が冒した最大の過ちは、車輪を発明したことだという見解があります。

意識の力を発達させるよりも、物質主義を発達させてしまったということです。

人類の祖先は、車輪と言う物理的な道具を発明してしまいました。

そして、とても便利な車輪という道具は時代を経て進化して行きます。

最初は人力、そして動物を使って動かしていました。車輪は手押し車から馬車になり、石炭を走る自動車や鉄道になりました。

電気が発見されると、それは電力にとって代わられます。

電力や運搬力を生み出すために石油の時代がやって来ました。

そして電力の発電方法は、火力発電や水力、地熱、風力、海力発電といった方法から、原子力発電へと移行してゆきました。
 

現在の社会経済は、基本的に石油経済で成り立っています。
 

なぜ人類は石油と原子力発電に頼らなければならないのでしょうか?
 

それは世界経済と金融の流れの中で、石油と原子力発電を手放し、その他の方法でエネルギーを発電することへ切り替わりにくいからです。
 

現存するいかなる発電方法よりもクリーンで安全・安価な発電方法が、すでに発見されているにも関わらず、その発明は今でも一般に公開されることなく闇の中に押しつぶされているのです。

続く




精神世界のランキングに登録してみました!

 にほんブログ村 哲学・思想ブログ アセンションへ 

 にほんブログ村

1日1回、クリック、お願いします。

「ホルスの錬金術 黄金ファラオの秘宝」の前編になるのが「聖なる谷 空中都市マチュピチュを超えて」で、こちらの方は1991年に出かけたインカ帝国の遺跡を巡る旅の中での神秘体験やUFO目撃を綴った旅行記です。


アマゾン読者レヴュー ★★★★★




 [単行本(ソフトカバー)] 価格:     ¥ 1,890

世界的なベストセラー『聖なる予言』も刊行されてなかった1991年春。ひとりの青年がマチュピチュへ旅立った。そこで体験する常識をはるかに超えたスピリュチュアルな世界。色鮮やかなビジョン体験とUFO目撃談で綴る異色の旅行記。

いま世界中のチャネラーがペルーを目指す。   

▶まか〜ウラのプロフィールはコチラ

★セッションのご予約・お問合せ、ブログの質問・感想などは電子メールで。

makaula@gmail.com

[ まか〜ウラのSEATTLE日記] http://makaula-seattle.blogspot.com/
[ まか〜ウラのHAWAII日記] http://makaula-hawaii.blogspot.com/
[ eCardsが伝える神託の言葉] http://ecards808.blogspot.com/
[ 光りと癒しの光速ヒーリング] http://quantum-resonance.blogspot.com/

[Fecebook] https://www.facebook.com/pages/Hiroshi-Makaula-Nakae/304407229570904


LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ご予約・お問合せ

▶エネルギーヒーリング基礎コース

▶まか~ウラのクレアヴォヤンス基礎コース

セッションのご予約・お問合せ

ブログの質問・感想などは電子メールで。


makaula@gmail.com

※お問い合わせを頂いた際に、ドコモ携帯でのメルアドの場合(@docomo.ne.jp)は返事を出しても戻ってきてしまます。ドコモ携帯をお使いの場合は、ブロック機能を確認され、PCからでも受信できる設定にされるか、その他のメルアドからご連絡ください。


GLBT長編恋愛小説


愛の島の呼び声を聴いたなら

誰一人その誘惑には逆らえない

http://www.amazon.co.jp/Blue-Dolphins-Hiroshi-Mak%C3%A4ula-Nakae-ebook/dp/B00LMV0UUQ/ref=sr_1_1?s=digital-text&ie=UTF8&qid=1404900402&sr=1-1&keywords=blue+dolphins

Kindleストアで絶賛発売中!
▶購入はコチラから


▶その他のサービス内容はコチラへ
▶まか~ウラのプロフィールはコチラ

▶Skypeによる個人セッションに関する内容はコチラ
▶まか~ウラの著作はコチラ


精神世界のランキングに登録してみました!



アマゾン読者レヴュー ★★★★★

[単行本(ソフトカバー)]  価格:¥ 1,890
【アマゾンでご購入出来ます】


世界的なベストセラー『聖なる予言』も刊行されてなかった1991年春。ひとりの青年がマチュピチュへ旅立った。そこで体験する常識をはるかに超えたスピリュチュアルな世界。色鮮やかなビジョン体験とUFO目撃談で綴る異色の旅行記。いま世界中のチャネラーがペルーを目指す。

人気の投稿