7月4日建国記念日のUFO


7月4日建国記念日の打ち上げ花火とパーティーも終わって、片付けを手伝っている間にラナイに座ってダウンタウンの夜景を眺めていたら、ここでもUFOを目撃しました。

花火が始まったのが午後10時からで、終わったのが20分。

それから片付けやらが始まってラナイに座って夜景を眺め始めたのは約11時頃だと思います。

打ち上げ花火の時に良くUFOが現れるというし、実際にワイキキの新年の花火の時には合計7機もの赤い光りのUFOが来ていました。

なので今回のユニオン湖の花火でもUFOが来てもおかしくないと思っていましたが、花火が打ち上がっている間は、近くに数多くの飛行機やらヘリコプターやらも旋回していて、残念ながらUFOが近くにいたかどうかは解りませんでした。



▲こちらは夕焼け前のダウンタウンの風景

花火が終わってからダウンタウンとウェストシアトルが見える方角を見ていたのですが、ビル群の上に赤い光りが現れたのです。

普通だと飛行機は白や赤のランプを点滅させながら飛行するのですが、この時は赤い光りだけで、点滅もしていませんでした。

ただ赤い光りがダウンタウンを目指して近づいているようにしか見えません。

ワイキキで2013年の新年カウントダウンの時に見た複数のUFOも赤い光りだったので、それを思い出しました。

少しずつ赤い光りがダウンタンへ近くなっていたのですが、ちょうどダウンタン上空くらいで空中に掻き消えてしまったのです。

しばらく続けて見ていましたが、そこからどこかに現れたわけではありません。

何だかなぁ・・・UFOだろうか? 

とにかく不思議な赤い光りを見たと思って、まだしばらく観察を続けることにしました。

その理由は、ここ最近のUFO目撃というのは、一回だけでなく二回は同じように現れることが多いからです。

ポートランド近くの街の道路でUFOの下を通過した時も同じシチュエーションが立て続けに2回起きました。

キャピトルヒルのコンドで寝ている時に瞼の裏に入って来たUFOも二機でした。

ラナイから見た飛行機のようにも見えるUFOらしき何かが作り出していた怪しい直線的な雲の時も追いかけで2機でした。

そんな背景もあって、UFOが現れる時は「2機がセット」という感じだったので、次が現れるのではないかと思っていたのです。

すると3〜4分後に2機目が現れました。

一機目と同じ位置から現れ、同じようにダウンタウン上空に近づいて来ました。

この時も雲は無く、途中で雲の中に消えて見えなくなるという状況は考えられません。

二機目を観察していたら、近づいて来たと思ったら、後ろに後退していくように赤い光りが少しずつ小さくなり始めたことです。

そして少し小さめになってから空中に掻き消えました。

プツっと消えたのではなく、空中に溶けるようにして消えました。

そして深夜過ぎになってリビングのソファで寝たのですが、ベッドではなくソファなので寝付きが悪く、身体は寝たい感じだったのですが頭が起きていて寝に入るのが大変でした。

1時間以上くらいソファに横になって寝る努力をした結果に、何とか眠りに落ちたのですが、朝の3時過ぎくらいになって熱くて目が覚めました。

しかも不思議なことに背中にヒーターがあるように熱いのです。

ソファの中で動いてみたら、熱いのは背中というか背骨だけでした。

仙骨から首までの背中が熱いのです。

何かの理由で寝ている間にクンダリーニが上昇してしまったようでした。

ソファーから起きて部屋の温度はどうなのだろうと思って立ち上がったのですが、部屋の中は普通の気温で、暑くはなく、どちからというと少し寒いくらいだったのです。

再び横になって背骨が熱発電を始めた原因として思い当たるのは、4日の朝から背骨から気管支を通じて出現するゲップが新境地を迎えて、何かをブレイクスルーした感じがあったことです。

特に花火が終わって寝る前まで物凄いゲップとゲホゲホの連続で、相当の量の何かが排出されて、スシュムナー管のクリアリングがそろそろ終わりに近づいているのではないかと思っていました。

クンダリーニが上昇する時にも様々なヴァリエーションがありますが、昨晩は背骨の中心軸に近い核の部分がヒートしている感じでした。

そしていつもの時よりも熱が強かったことです。

そういう状態だったので、何か別のことが起きるかもと思って瞼を閉じて、瞼の裏の映像を観察していました。

いつもより鮮やかなヴァイオレットの光りが見えたり、時々のようにフラッシュするエメラルドの光りが現れたりしました。

しかし何かの映像が見え始めたわけでもなく、眠りに落ちてから夢の中で目覚めて別次元の映像を見始めたわけではありませんでした。

そんな感じで寝ていたら睡魔がやって来て、明け方になって眠りに落ちたのです。

朝日が昇って目が覚めた時は、まだ眠たく、一度置きてから再び寝に入りました。

朝起きてから立って身体を感じてみたら、いつもより背中の状態が強くなっているような感じがしました。

何となく背骨が強くなっている感じです。

今晩も何か起きるかも知れないので観察してみます☆

ステイチューン☆







精神世界のランキングに登録してみました!

 にほんブログ村 哲学・思想ブログ アセンションへ 

 にほんブログ村

1日1回、クリック、お願いします。

「ホルスの錬金術 黄金ファラオの秘宝」の前編になるのが「聖なる谷 空中都市マチュピチュを超えて」で、こちらの方は1991年に出かけたインカ帝国の遺跡を巡る旅の中での神秘体験やUFO目撃を綴った旅行記です。


アマゾン読者レヴュー ★★★★★




 [単行本(ソフトカバー)] 価格:     ¥ 1,890

世界的なベストセラー『聖なる予言』も刊行されてなかった1991年春。ひとりの青年がマチュピチュへ旅立った。そこで体験する常識をはるかに超えたスピリュチュアルな世界。色鮮やかなビジョン体験とUFO目撃談で綴る異色の旅行記。

いま世界中のチャネラーがペルーを目指す。   

▶まか〜ウラのプロフィールはコチラ

★セッションのご予約・お問合せ、ブログの質問・感想などは電子メールで。

makaula@gmail.com

[ まか〜ウラのSEATTLE日記] http://makaula-seattle.blogspot.com/
[ まか〜ウラのHAWAII日記] http://makaula-hawaii.blogspot.com/
[ eCardsが伝える神託の言葉] http://ecards808.blogspot.com/
[ 光りと癒しの光速ヒーリング] http://quantum-resonance.blogspot.com/

[Fecebook] https://www.facebook.com/pages/Hiroshi-Makaula-Nakae/304407229570904


まか〜ウラの本

人気の投稿