スフィアのクラスの中での出来事(2)

さて生徒さん一行がホノルルに着いて、クラスの始まりです。


三泊五日という、非常に短い日程で、一体どこまで消化出来るのかが勝負です。


クラスも行って、聖地にも行ってとなると、超過密スケジュールになります。




クラスを本格的に始める前に、先に彼女の意識が行きたがっている「聖地」に行くのが良いと思ったので、着いた午後からツアーです。


朝にホノルルに着いて、ホテルにチェックイン出来る正午まで免税店DFSギャラリアの中に足止めされ・・・。


正午過ぎにはとにかくツアーへ出発しました。




まず最初に目指したのは、海側にある聖地です。


このハワイアンの聖地は「スピリチュアルに楽しむオアフ島」の中でも詳しく解説してません。


第一に、非常に見過ごしやすいので、一本道なのにも関わらず、迷って行き過ぎてしまうのではないか心配でした。




段々と聖地が近くになって来ると、生徒さんから受けとる波動が変化しています。


後ろの席で隣同士で座っていたので、分かりやすかったです。


魂レベルは、その場所の位置が明確でなくても、近くに行くだけで波動を通じて感覚的にその存在位置を分かってしまうようですね。


車がその聖地に近くなるに連れて、波動が変わるんです。


あまりに行き着かないので「間違って行き過ぎてしまったかなぁ?」と話していました。


しかし私が彼女から受けとる波動は、まだ着いてないことを教えてくれるので、不安ながらも先へと行ってもらいます。


結果的に迷うことなく無事に聖地に着き、さてここからが本番です。




着いたハワイアンの聖地だった場所は、彼女が夢の中で見た風景と同じでした。


一般的に、夢の中や、ヴィジョンの中で見た風景が、実際に目の前に現れると、飛び上がって驚くとか、キャーキャー言ってスゴイを連発するようなイメージがあります。


私の場合も、私が見聞きした人々の反応は、それとは違う反応です。


その場所を探し出して、実際に足を降ろした感動というのではないんです。


どちらかと言うと、混乱する感じと言いましょうか。


意識と感覚レベルが一気に広がるというか、オーラの外側の幅が、かなり拡大するように見えます。


オーラを通じて、その場所の波動やら、記憶やらを取り込むわけです。




それまで不安な波動を出していた本人が、急速にグランディングを始めているのが分かりました。


この聖地の場所は同じ所にあって、昔の面影を残していますが、開発の流れによって、その周囲が変わっているわけです。


本人は、今の状態と、昔の状態の感覚的な「違い」を嗅ぎ分けながら感じているように見えました。


神妙な面持ちとも言いますね。




歩きながら聖地の中に入っていって、そこから周囲の風景を見渡します。


本人も感度の高い人ですから、自分でその場所のどこへ行きたいかは明確に分かっていました。


視覚を多次元モードに切り替えると、現実の風景に重なって別のものが見え始めます。


網釣りをしているハワイアンの男性の姿とか。


そこで海の番をしていたと思われるカフナの姿とか。


サメに餌を与えている女性とか。




「夢の中では、ハワイアンの女性が、あの波打ち際の場所で踊っていたんです」と言い、その場所に行きたいと言うので、充分に気をつけるように言って自由にさせました。


そして、その場所に彼女が着いた途端に「バッサン」と波が・・・。


浄化されちゃったわけです。


普通だったら波が体全体に被るもんですけど明確に違いましたね。


頭の上から、しかも、かなり的確でした。




聖地の祝福(?!)も終わって、これからが本番です(笑)


その場所の次元が、現在ではなく、昔の波動に合っている感じがしました。


本人の波動も、今しがたよりも、更に透明度を増しているというか、細密さを増しているというか、出ているオーラの輝きが全く違った様相に見えます。


その場所の波動を取り込むことで、意識が キユゥ・・・! と引き上がるんですね。


魂が楽しんでいるのが明確に分かりますから、オーラも輝くわけです。


その周辺をウロウロする姿を見ていると、視覚的にも感覚的にも、意識の中にある波動的な記憶を繋げているようにしか見えませんでした。




さて、これから過去生を思い出すエクササイズです(笑)

▶スフィアのクラスの中での出来事(3)へと続く

【2009年のスフィア関係の記事
★セッションのご予約・お問合せ、ブログの質問・感想などは電子メールで。

makaula@gmail.com


▼1日一回投票してね!人気ブログランキングへ



アップ精神世界のランキングに登録してみました! 1日1回、クリック、お願いしますねラブラブ!

UFOさらに、まか~ウラの多次元経験に興味のある方はコチラがお勧め! 






まか〜ウラの本

人気の投稿