2009/06/27

CS:アセンション(1)


「スフィア」の生徒さんのブログで、新しいのがアップされていました。

彼女はあの「プウオマフカ」のヘイアウの中で、何を経験していたのか?


非常に興味深い内容です(笑)


http://ameblo.jp/shrine-tami/


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
 
コズミックシフト:アセンションのキャンペーンもあと数日となりました。

コズミックシフトの原点は、1993年くらいに遡ります。


ちょうど日本からシアトルへ引っ越した時期で、その頃から様々な不思議現象に苛まれていたわけです。


夜中に突然エネルギーが降りて来たりとか。


サイキックな能力が何の努力もしてないのに向上してたりとか。


ベッドでダラダラしていると、不思議なものを見たりとか・・・。


異文化の環境での生活を始めたばかりなので、全ての感覚の感度が敏感になっていたんでしょうね。


今はスッカリそんな状況にも慣れてしまいましたが、その当時は訳も分からない状態で、意識の変容と一緒に、身体の機能が変化してゆくという実態を如実に経験していたわけです。


時には〔不安〕を通り越して〈恐怖〉として感じたことも多々あります。


体調が変化するので、頭では霊的な現象だと理解していても落ち着かず、医者にも行ってましたけど、別に特別な異常は発見されません。


とにかく得体の知れない不可思議現象に関して、カナリ驚いていたので、それらに関する情報を求めていました。


しかし、悲しいかな、そんな情報を発信している人は、自分の身近どころか、他の書物でも探せるわけはありません。


探しても駄目なら、自分で降ろしてしまいましょう。というアイデアで始まったのが「コズミックシフト」なわけです。


とにかく最初は分けが分からない状態なので、同じような体質の方を探すことを努力しました。


それは自分だけの経験からだと、個人的なものなのか、それとも宇宙的なものなのか非常に判断しにくいものがあったからです。


とにかく周囲で起きている出来事を観察して、同じような方向性の動きが起きているのかを調べていったわけです。


それを行っていると、自分が経験している状況が、他の人も同じように、もしくは、それに近い状況で起きているのが分かりました。


それらの下調べを通じて、そこから何が起きているのか?という情報をチャネリングで降ろし始めたわけです。


それに絡んでいたのが「次元の上昇」です。


「アセンション」という言葉でさえあまり出回っていない時期でしたから、それらの経験を、一般的に言われているアセンション情報には結びつけていませんでした。


その時からすでに世の中に出ていたアセンション情報に対して、何か噛み合ないものを感じていたからです。


しかし、年を重ねるごとに波動が変化していて、上昇の方向へ動いているのは確かな感触として捉えていました。


1991、1993、1997、2001という年代を振り返ってみると、確実に波動は上昇しているのが分かります。


そんなことから、コズミックシフトの中では、ある一定期間のスパンを先読みして、予測されるシフトを通じて波動が上昇すると、どうなるのか? という情報を、毎回違った角度から出していました。


私は今でも意欲的にセミナーに出たり、サイキックやチャネラーに会いに出かける人ではないので、どちらかというと、枠の外にいる努力というか、少し離れた位置を保つのを心がけています。


それは渦の中にいると、集団ヒステリー的なものとか、自閉症的な意識の狭さを感じてしまうことが多々あるからです。


そういう風にして枠の外にいても、年を経るたびに、周囲の人々の能力が上がって来ているのが明確に分かっていました。


気がつくと、年々のように、意識の変化と身体の変化を経験している人達が、何処から嗅ぎ付けたのか分かりませんが、私のところへやって来ていたわけです。


こういう場合は、〔意識がどうのこうの〕というよりも、そのシステム自体に関する情報を伝えないと、意識も精神面も安定しないのが分かって来ました。


簡単に答えを差し出す前に、起きている現象を出来るだけ具体的に説明するわけです。


意識は変容し続けますが、それに反映される肉体の機能に関することが分からないので、非常に不安定なわけです。


そんな自然の成り行きで、霊的な肉体のシステムをお話する機会が増えて来ました。


その中で、クライアントが持っている機能とか、どこが開いて、どこが詰まっているとか、どこを操作すれば、どこが開くとか、そういう方向性の情報に強くなっていったわけです。


そんな経緯があって、私はシフトする時の意識と身体に関係する情報が得意なんです。


ということで、今回の「コズミックシフト:アセンション」は、そのシステム自体を〔知りたい〕意識の強い、ツアインチャネルの二人が出来るだけ細かい情報を出す努力をしました。


そういう意味で、一般的なアセンション情報ではなく、かなり具体的な内容なわけです。

LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ご予約・お問合せ

▶エネルギーヒーリング基礎コース

▶まか~ウラのクレアヴォヤンス基礎コース

セッションのご予約・お問合せ

ブログの質問・感想などは電子メールで。


makaula@gmail.com

※お問い合わせを頂いた際に、ドコモ携帯でのメルアドの場合(@docomo.ne.jp)は返事を出しても戻ってきてしまます。ドコモ携帯をお使いの場合は、ブロック機能を確認され、PCからでも受信できる設定にされるか、その他のメルアドからご連絡ください。


GLBT長編恋愛小説


愛の島の呼び声を聴いたなら

誰一人その誘惑には逆らえない

http://www.amazon.co.jp/Blue-Dolphins-Hiroshi-Mak%C3%A4ula-Nakae-ebook/dp/B00LMV0UUQ/ref=sr_1_1?s=digital-text&ie=UTF8&qid=1404900402&sr=1-1&keywords=blue+dolphins

Kindleストアで絶賛発売中!
▶購入はコチラから


▶その他のサービス内容はコチラへ
▶まか~ウラのプロフィールはコチラ

▶Skypeによる個人セッションに関する内容はコチラ
▶まか~ウラの著作はコチラ


精神世界のランキングに登録してみました!



アマゾン読者レヴュー ★★★★★

[単行本(ソフトカバー)]  価格:¥ 1,890
【アマゾンでご購入出来ます】


世界的なベストセラー『聖なる予言』も刊行されてなかった1991年春。ひとりの青年がマチュピチュへ旅立った。そこで体験する常識をはるかに超えたスピリュチュアルな世界。色鮮やかなビジョン体験とUFO目撃談で綴る異色の旅行記。いま世界中のチャネラーがペルーを目指す。

人気の投稿