スフィアのクラスの中での出来事(13)

最近は、ものごとの動く速度が異常に速いので、意識がついて行くのが大変です。


「聖なる谷」の出版から一ヶ月しか経ってないんですが、半年くらい経過しているような感じです。


まぁそれだけ濃密な一ヶ月間だったということですね。




メルマガは先日発行されるハズだったんですけど、まぐまぐのメンテナンスで数日遅れます。


しかも、前回のメルマガを発信した後に気づいたのですが、キャンペーンの締め切りを丸一日勘違いしていました(困)


私は30日だと思っていたら、実は29日だったという馬鹿さ加減です・・・。


お陰さまで多くの方のお申し込みを頂きました。ありがとうございます。


もう少しで発信ですから、楽しみに待っていて下さいね。


←ブログランキングのクリックも宜しくお願いしますね。


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

さて「スフィア」に戻って、朝から光速スピードで授業した話。


生徒さんのブログに「くるくるちゃん」というのが出て来ました。


読者の皆さんは、いったい何のことだかサッパリ分からないと思います。


この「くるくる」というのは、感覚機能のアンテナの一つなんですが、私が読んだ限りの他の本の中には出て来たことがないので、名前もなかったわけです。


もう少し真面目に文献を探してみようと思っています。


しかし、先日、何のはずみか、その姿を見せて頂きました。


これは外付けのチャクラみたいなものですね。


この部分は企業秘密です(笑)その内にメルマガで解説するかもしれません。


早い話が、このアンテナの部分に意識を接続して、自在に使えるようになると、色んな情報を受けとれるようになるわけです。


とにかく、チャネリングが出来るようにならないと、次の段階に進めないので、情報を受けとる練習をさせないといけないわけです。


しかも、情報の受けとり方には、様々な方向性があるので、そのヴァリエーションを教えなければいけません。


超視覚を使って【観る】ときの場所とか、【診る】とき、【視る】ときの位置が違うからです。


とにかく、この感覚機能に繋がることで、そこから視界が飛躍的に広がるわけですが、彼女の全体的な感覚機能の状態をモニターしながら、チャクラの位置を調節したり、幅や奥行きを調節したりしながら、定着しやすい位置へと変化させてゆきます。


一度この「くるくる」感覚機能を認識して、自分の意識を使ってある程度動かせるようになると、自分のサブスペースの中を通じて、他のサブスペースへ接続することが出来るようになります。


その後も一気に様々なことを解説しながら、実践させて練習していったわけです。


そした気がついたら、すぐに夕方・・・。


付き添いのお二人が外から帰って来ても、中々授業が止まらないので、夕食に出かける時間も遅くなってしまったわけです。


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【2009年のスフィア関係の記事
★セッションのご予約・お問合せ、ブログの質問・感想などは電子メールで。

makaula@gmail.com


▼1日一回投票してね!人気ブログランキングへ


アップ精神世界のランキングに登録してみました! 1日1回、クリック、お願いしますねラブラブ!

UFOさらに、まか~ウラの多次元経験に興味のある方はコチラがお勧め! 







まか〜ウラの本

人気の投稿