不思議は消えない

前回のブログで、不思議や神秘が好きな人たちが多いことを書きました。


そしていつもより沢山のコメントを頂きました。


ありがとうございます。




そういう私もその一人です。


しかし、私は不思議を不思議のままにしておくのが、あまり好きではないので、出来るだけその原因を知りたい欲求を持っています。


そんな考え方もあってか、色々とそれらの不思議、神秘に関することを紐解く生活をしています。




もうスピリチュアルな世界に興味を持って早くも20年以上の年月が経ってしまいました。


その年月の中で、一体どれくらいの不思議と神秘的な体験をさせて頂いたのかは数えるのも止めてしまいました。


とにかく次から次へと出て来るわけです。




最近は「光次元の意識統合ツール:スフィア」の開発で、サブスペースを通じて色んな実験をしたり、ヒーリングやセッションを行ったりしてます。


この状態に入ってから、不思議と神秘は増大しました(笑)


それこそ怒濤のように、次から次へと今までにない体験をしています。




これから少し、それらの不思議体験を書いてみますね。


そうすれば、不思議や神秘を紐解いても、それらが尽きることがないという感覚を理解してもらえるかもしれません。







時を超えてマチュピチュで開く魂の目覚め
「聖なる谷」
空中都市マチュピチュを超えて

Hiroshi Makaula Nakae


四六判、並製、272ページ (巻頭カラー16ページ) 
定価1,890円(本体1,800円+税)
ISBN978-4-902108-99-6 C0095


世 界的なベストセラー『聖なる予言』も刊行されてなかった1991年春、ひとりの青年がマチュピチュへ旅立った。そこで体験する常識をはるかに超えたスピ リュチュアルな世界。色鮮やかなビジョン体験とUFO目撃談で綴る異色の旅行記。いま世界中のチャネラーがペルーを目指す。


アマゾンでのご購入はこちらクラッカー

まか〜ウラの本

人気の投稿