ヒーリング②全員がヒーリングの力を持っている

 先日に書いたブログでコメントを頂きましたので、ヒーリングについて書いてみます。

サイキックや霊能者などの霊的な能力というのは、特別な人達に限ったものだという考え方があるようです。


さらには人を癒すというヒーリングの能力に関しても多くの方が特別な人達と位置づけているようです。


少し前にお話ししたお客様も、何故かエネルギーヒーリングが出来るようになって、それは特別な能力なのではないかとおっしゃっていました。


ではそれらの能力は「特別」なのか? と聞かれたら、特別じゃぁないと思います。


私はハッキリと「別にそんなに特別な力ではないですよ」とお答えしました。


それらの能力は皆さんの中に潜在的に眠っているものです。


自分にそれらの能力があるんだと気づくと少しずつ現れはじめます。


また的確な運動やエクササイズを行う、練習することによっても表に出て来ます。


要は隠れているだけで。


わたし達の意識と、その意識を乗せている肉体というのは、多次元的なものです。


意識には多次元的な方向性があり、同じように肉体にも多次元的な機能があります。


ただ学校や生活の中で、それらのことを教わらないので、そんなものは自分の中には無いと思っている方が大多数なだけだと思います。


その多次元機能のことを教えてくれる人もとても少ないし、そこに重要性を見いだす人も同じようにとても少ないからです。


世の中の人の一体どれくらいの数の人が、意識の可能性とか、ヒーリングなどの能力に関して真面目に考えているのかを考えてみると、それは総人口の中のごく一部の人達でしょう。


今では「オーラ」や「スピリチュアル」、「ヒーリング」などという言葉は以前に比べると、とても日常的になりましたが、それでもまだまだ数は少ないです。


これは「物理の方程式を解くことが出来る人」の少なさと同じだと思います。


要は「とても興味がある」または「少しくらい興味がある」または「興味がない」、「全く興味がない」という程度の実情だということです。


霊的な能力というのは、昔から「神秘的」な力という位置づけをされて来たので、その枠を外すのは結構たいへんかもしれません。


世の中には「不思議」や「神秘」が好きな人が沢山いるので、それらが「不思議」でも「神秘的」でもなくなってしまったら、とてもガッカリするでしょう。


これと同じものに、わたし達の「命」というものがあります。


多くの人は「命」の神秘性というのを漠然と考えたりすることがあると思います。


その反面で、その「命」に関して全く意識のない人も多くいます。


少し突飛な考え方のように思われるかも知れませんが、自分の中に眠っている能力を引き上げる方法があります。


それは「自分がどうしてこの世界に存在しているのか?」を考えることです。


どうして自分が「存在」するのか?


どうして「命」があるのか?


これを自分に問い始めると、その答えを教えるために、自分の中から出て来ます。


更に言い換えると「全員が命を持っている」と同じように


わたし達「全員がヒーリングの力を持っている」わけです。

まか〜ウラの本

人気の投稿