2009/09/28

心の強さをもてるようになった(感想3-49)


まかーウラさん、たみさん、感想のご連絡が遅くなってすみませんでした。

先週の木曜日から昨日まで、コンサートでホテル泊まっていたため、感想の返信が遅くなりました。
 
土曜日は、フラのコンサート最中がヒーリングの時間だったので、ホノルルから来ているフラシスターと共に遠隔をとても楽しみにしていました。
 
(彼女はダンサーとして、私は舞台裏の照明や音声のキュー出しの仕事をしていました)
 
やはりヒーリングを受けている間は特別に何かを感じることはできなかったのですが、コンサートすべてが順調に終わり、それもヒーリングのおかげと二人で感謝しました。

その後から、異常にトイレが近くなり、二人で体の浄化が始まっているのを実感しました!

今回は体の状態だけでなく、心のケアーが一番の効果だと実感しています。

彼女の犬が日本滞在中になくなってしまった事や、コンサートの間に私の父が末期がんとわかり、とても辛いことがあったのですが、それを受け入れる心の強さが持てました。
 
父のヒーリングに関しては、本人もかなり辛い症状がでていて、余命いくばくかという事で、本人の死後の債務や相続に対して話し合いを持つ必要があったのですが、それも思ったよりもスムーズに話しが進み、本人も気持ちが晴れたようです。

ヒーリングのおかげで、強い心をもって話を進める事ができた事、また話しがスムーズに進んだ事、そして自分の人生の終わりに向け、心を落ち着かせていく事ができてきた事、すべてに感謝です。
 
母は、父の亡き後の事でひどく心配をしていて、いつも以上にヒステリックな状態があったのですが、ヒーリングのおかげか、受け入れる心と、心配をなくし穏やかな心をもつ事が、できるようになっていると思います。
 
弟は、自分の責任を自覚できるようになったようです。

自分の人生について考える必要性が理解できはじめているようです

また父との確執が、父の死を目前にして、なくなり始めています。
 
この遠隔ヒーリングのタイミングは私たち家族にとって、本当に必要なタイミングで行われ、感謝の気持ちでいっぱいです。

どんなことも受け入れて、人生一歩一歩前に進んでいく心の強さをもてるようになった事を実感しています!

本当にありがとうございました。
 
どうぞお体に気をつけて、またこのような素晴らしい企画をよろしくお願いいたします!!!
 
感謝の気持ちを込めて

黄色い花 コスモス あじさい クローバー チューリップ黄

アロハ

感想をどうもありがとうございます。

お父様の件、ご家族のお心をお察し申し上げます。

最後までご家族一同で支えてあげて下さいね。

フラの会場で爆睡しなくて良かったですね。

心の強さ、良かったですね。

またご家族でお申し込みください。

また何かの変化がありましたら教えて下さいね。

マハロヌイ

LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ご予約・お問合せ

▶エネルギーヒーリング基礎コース

▶まか~ウラのクレアヴォヤンス基礎コース

セッションのご予約・お問合せ

ブログの質問・感想などは電子メールで。


makaula@gmail.com

※お問い合わせを頂いた際に、ドコモ携帯でのメルアドの場合(@docomo.ne.jp)は返事を出しても戻ってきてしまます。ドコモ携帯をお使いの場合は、ブロック機能を確認され、PCからでも受信できる設定にされるか、その他のメルアドからご連絡ください。


GLBT長編恋愛小説


愛の島の呼び声を聴いたなら

誰一人その誘惑には逆らえない

http://www.amazon.co.jp/Blue-Dolphins-Hiroshi-Mak%C3%A4ula-Nakae-ebook/dp/B00LMV0UUQ/ref=sr_1_1?s=digital-text&ie=UTF8&qid=1404900402&sr=1-1&keywords=blue+dolphins

Kindleストアで絶賛発売中!
▶購入はコチラから


▶その他のサービス内容はコチラへ
▶まか~ウラのプロフィールはコチラ

▶Skypeによる個人セッションに関する内容はコチラ
▶まか~ウラの著作はコチラ


精神世界のランキングに登録してみました!



アマゾン読者レヴュー ★★★★★

[単行本(ソフトカバー)]  価格:¥ 1,890
【アマゾンでご購入出来ます】


世界的なベストセラー『聖なる予言』も刊行されてなかった1991年春。ひとりの青年がマチュピチュへ旅立った。そこで体験する常識をはるかに超えたスピリュチュアルな世界。色鮮やかなビジョン体験とUFO目撃談で綴る異色の旅行記。いま世界中のチャネラーがペルーを目指す。

人気の投稿