2009/09/22

熱くて熱くて汗がでそうなくらい(感想3-11)

まかうらさん、こんばんは

またまた遠隔ヒーリングをありがとうございました。

今回もちょうど食事時だったのでゆっくり目をつぶって感じるということができ
なかったのですが、昼間アメリカに送っているあたりに急に睡魔が襲って手がじんじんしてたのでなにかきてるな、と感じてました。

午後2時すぎから
わたしと次女は寝てしまい、次女はそのまま6時まで爆睡でした(笑)


今回はごはんを食べながら、だんだん熱くなってたまらず、
腰のほうから竜巻みたいにしゅるしゅるしゅるっと背骨にそって渦を巻きながら熱いものが上にあがっていきました。

熱くて熱くて汗がでそうなくらいでした。

その後、腰にニブい痛みのようなものがあり、
次にお腹の左のほう(たぶん子宮筋腫があるところ)が痛くなり、最後10分くらい横になったら今度は左足全体がじんじんとしびれたようになりました。

これはたぶんわたしのヨワイところに効いているのだな、と思いました。

うとうとしながらいろいろと浮かんだんですが、
よく覚えていません。

1人、着物をきたおばさん(おばあさん?)
みたいな人がぱっと浮かんでなぜか歌人だと思いました。

眉間がうずうずとうずいてしょうがありませんでした。

今回はその後わたしは起きられましたが、
家族はやはり10時前にはお風呂もはいらず倒れるように爆睡していました。(今度はコンタクトはとっていました)

目覚めはすっきりと起きられました。

そして今日、今度は長女の気持ちが安定していないのかわたしと主人にいろいろ
議論をふっかけていらいらしていたようです。

前回わたしもそうでしたが今回いまのところ安定しています)

顔も上気してぽっとしていましたし、
やはり眠いみたいで昼寝をしていました。

わたしもものすごい睡魔で気持ちが悪いほど眠くて4時間も寝てしまいました!)

なにかわからないけど、なにかがかわっているように思います

ありがとうございました

音譜 音譜 音譜 おとめ座

アロハ

感想をどうもありがとうございます。

大爆睡は数日続くと思います。

今まで代謝していた波動域よりも高い波動を消化している最中だと
思うので、それが落ち着くまで睡眠を取る必要があるんだと思います。

まぁパワースポット当たりという好転反応だと思って下さい。

オーラの中の不純物とか、
ネガティブ想念とかを出来るだけハズしましたから、軽くなっているハズです。

感情のブレは、ネガティブ・エレメンタルを削除してオーラが奇麗になっているので、新しいのが張り付くと、イライラがすぐに現れるのだと思います。

感情の変化を意識的に観察してみてください。

また全体的な気の流れを活性化してありますから、
身体に熱を感じることがあるかもしれません。

これからの変化に意識的になって自分を観察してくださいね。

また何か変化に気づいたら教えて下さいね。

LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ご予約・お問合せ

▶エネルギーヒーリング基礎コース

▶まか~ウラのクレアヴォヤンス基礎コース

セッションのご予約・お問合せ

ブログの質問・感想などは電子メールで。


makaula@gmail.com

※お問い合わせを頂いた際に、ドコモ携帯でのメルアドの場合(@docomo.ne.jp)は返事を出しても戻ってきてしまます。ドコモ携帯をお使いの場合は、ブロック機能を確認され、PCからでも受信できる設定にされるか、その他のメルアドからご連絡ください。


GLBT長編恋愛小説


愛の島の呼び声を聴いたなら

誰一人その誘惑には逆らえない

http://www.amazon.co.jp/Blue-Dolphins-Hiroshi-Mak%C3%A4ula-Nakae-ebook/dp/B00LMV0UUQ/ref=sr_1_1?s=digital-text&ie=UTF8&qid=1404900402&sr=1-1&keywords=blue+dolphins

Kindleストアで絶賛発売中!
▶購入はコチラから


▶その他のサービス内容はコチラへ
▶まか~ウラのプロフィールはコチラ

▶Skypeによる個人セッションに関する内容はコチラ
▶まか~ウラの著作はコチラ


精神世界のランキングに登録してみました!



アマゾン読者レヴュー ★★★★★

[単行本(ソフトカバー)]  価格:¥ 1,890
【アマゾンでご購入出来ます】


世界的なベストセラー『聖なる予言』も刊行されてなかった1991年春。ひとりの青年がマチュピチュへ旅立った。そこで体験する常識をはるかに超えたスピリュチュアルな世界。色鮮やかなビジョン体験とUFO目撃談で綴る異色の旅行記。いま世界中のチャネラーがペルーを目指す。

人気の投稿