太陽フレアと次元のポータルの出現【加筆】

アロハ

12月21日にも過去最大のがやって来るのではないかと一部の人々の憶測によって、地球の電磁場崩による地軸の反転説が広がっています。

NASAによる最新の地球の磁場の球と太陽風の関係が2012年の8月29日に発表された報告によって明らかになった模様。

そこで気になるのが、太陽風の衝突によって地球の自転が停まると同時に時間が止まるという説です。


これまで太陽風の衝突による地球の電磁場の崩壊説が大きく取りざたされていました。


しかし以前に憶測されていたよりも太陽風が地球の磁場球に入り込むのは容易だということが判明しています。

この発表は今年の8月ですから、それ以前に憶測されていた電磁場に関する崩壊説は通用しなくなるでしょう。

太陽風と磁場球の衝突によって生じる衝撃の度合いは低くなるのです。

さらに太陽風の中にはケルヴィン・ヘウムホルツ波というのがあり、高エネルギーの電子と光子を地球の近くまで転送するのを助けているそうです。

これが地球の磁場球に沿って広範囲なプラズマ雲を派生させるそうです。

強烈な太陽風が地球の電磁場内に入り込むことによって電磁場内に高エネルギーが入り込み、気圧の変化が始まります。

その結果にプラズマを大量発生させるということです。

太陽風によって地球の電磁場内が高位の電子と光子によるプラズマ派生によって充電されるという現象が起きえるということです。

ということは、地球の地軸が反転するどころか、地球の電磁場は電子と光子でスーパーチャージされて、プラズマ域までさらに密度が上昇するということだと思います。

大気圏内がプラズマで高位チャージされるということは、人間のオーラと電磁場も同じようにプラズマ充電されるということです。

これがアセンションの原理だと言うことも可能です。

ということで仮に12月21日に過去最大の太陽風が出現したとしても、その影響によって地球の電磁場は崩壊しないでしょう。

その代わりに旧説の電磁場崩壊によって地球の自転が停止し時間が停まるという仮想が崩壊することになります。

More information:

Credit: AOES Medialab, ESA, NASA

NASAは公式ビデオとウェブサイトにて、地球の自転は起きないと表明しています。

太陽風の活動に関しては約11年周期で活発になると測定されています。

また12月21日にスーパー太陽コロナが発生して、その太陽風の影響で地球の電磁場が崩壊し、そして地軸が反転するという憶測に関しても否定しています。

そこで浮上して来るのが最新の電磁フィールドの解析によって露わになったポータルの出現です。

NASAの科学者は地球のマグネネティック・フィールド:電磁場に数多くのポータルが存在していると発表しました。

この最新の発見によると、フィールド内の肉眼では見えないポータルの数々は、毎日のように出現したり、閉じたりしているそうです。



さらに電磁場上にはとても安定したポータルも存在しています。


では、どういう原理で電磁場内にポータルが発生するのでしょうか?

その原因とされているのが近年になって活動が注目されている太陽風です。

太陽風によって地球の電磁場がプラズマチャージされることによって電磁場に沿ってポータルが出現すると推測されています。





アセンションの日に大きな太陽風が起きるのであれば、それが地球の電磁場に入り込み、その結果に電磁場内が高位の電子と光子でプラズマチャージされる過程の中でポータルが出現するということになりえます。

 仮説として、地球の電磁場内に沿って過去最大の高位にチャージされたポータルが出現するのであれば、一体なにが起きえる可能性があるのでしょう?

①地球ごとポータルを通じて別次元へ転送される

②アセンションしたい人がポータルを通って別次元へ移動する

③世界各地に異次元からの宇宙船が飛来する

④地球の電気系統がショートする

⑤とにかく想像を超えたことが起きる



ScienceCasts: Hidden Magnetic Portals Around Earth


以下は12月19日(日本での20日)の太陽活動のデータです。

現在のところ、太陽は活発にコロナを噴出してはいません。

 Daily Sun: 19 Dec 12の太陽の状態


Solar wind
speed: 437.6 km/sec
density: 6.4 protons/cm3

Updated: Today at 0416 UT

X-ray Solar Flares
6-hr max: B4 2242 UT Dec19
24-hr: B7 0027 UT Dec19

Updated: Today at: 2359 UT



Daily Sun: 19 Dec 12




 
None of the spots on the Earthside of the sun is actively flaring. Credit: SDO/HMI
地球側のスポットは活発な活動を行っていません。



Sunspot number: 46
Updated 19 Dec 2012

 
Spotless Days
過去にスポットが出現しなかった日々
現在:0日  Current Stretch: 0 days

2012年のトータル:0日 2012 total: 0 days (0%)

2011年のトータル:2日 2011 total: 2 days (<1 font="font">

2010年のトータル:51日 2010 total: 51 days (14%)

2009年のトータル:260日 2009 total: 260 days (71%)

2004年から現在まで:821日 Since 2004: 821 days

Typical Solar Min: 486 days
Update 19 Dec 2012

The Radio Sun
10.7 cm flux: 116 sfu

Updated 19 Dec 2012




 
Current Auroral Oval:
現在のオーロラの輪




Switch to: Europe, USA, New Zealand, Antarctica
Credit: NOAA/POES



Planetary K-index
Now: Kp= 0 quiet
24-hr max: Kp= 1 quiet


 
Interplanetary Mag. Field
インタープラネタリー電磁場

Btotal: 4.5 nT
Bz: 3.4 nT south

Updated: Today at 0417 UT




 
Coronal Holes: 19 Dec 12
12月19日の太陽コロナ穴




 
Earth is inside a stream of solar wind flowing from the indicated coronal hole. Credit: SDO/AIA.

地球はマークされているコロナ穴の箇所から発生した太陽風の流れの中にあります。


12月20日からの太陽コロナと太陽風の動きに注目しましょう。



Facebookで「eCard」と「コズミックシフト」のページを作りました。

こちらの方でも情報を発信していますので「いいね!」ボタンを押してくださいネ★


コズミックシフト▶https://www.facebook.com/makaula.nakae

★セッションのご予約・お問合せ、ブログの質問・感想などは電子メールで。

makaula@gmail.com



精神世界のランキングに登録してみました!

1日1回、クリック、お願いしますね。

【波動入りの読む瞑想】


まか〜ウラの本

人気の投稿