2012/12/04

全国テレビドラマになります★

アロハ

書肆侃侃房のベストセラー『ゆりちかへ』がドラマになります。

妊娠と同時に発覚したガン。

それでも生もうと決めた命。

故・テレニン晃子さんが愛娘・ゆりあちゃん(「ゆりちか」はロシア語で「ゆり・ちゃん」の意)に綴った『ゆりちかへ ママからの伝言』。

この本を原作にしたドラマが来年1月26日(土)午後9時から全国テレビ朝日系列で放送されます。

主人公・晃子さんには常盤貴子さん、晃子さんの夫役には田辺誠一さんが。
メーテレ50周年特別ドラマ「ゆりちかへ ママからの伝言」、ぜひご覧ください!

http://www.nagoyatv.com/yurichika/



四六判、並製、152ページオールカラー 【16刷】
定価1,365円(本体1,300円+税)
ISBN978-4-902108-62-0 C0095
http://www.kankanbou.com/kankan/item/197

難病に冒されたテレニン晃子さんが、まだ幼い娘「ゆりあ」に、せめて自分の思いを残したいと、書き始めた本が一冊になりました。

赤ん坊を抱き、お乳を飲ま せること、いっしょに遊んでやること、そのどれもがままならない、普通のことができない。

娘の将来を見てやれないかも知れない、そんな切なくいとしい娘へ の思いがいっぱい詰まっている。

「生きるとは、子どもを生み育てるとは、夫婦の愛とは……」

娘へのメッセージは、「勉強、お金、恋、sexのこと……」と、どれも自分に置き換えて読める、生き方を問う一冊。

お問い合わせご購入は書肆侃侃房 

アマゾンはこちら
★まか〜ウラの感想
 
本日、ウチの出版社から読みたくて気になっていた本が届きました。

「ゆりちかへ」ママからの伝言」という本です。

読みながら、色々なことを考え、感じました。

ある意味で遺書的な本だと言うことを前もって知っていたので、読みたいけど、読みたくない的な気持ちがあったんですけど、読んで良かったです。

スッキリしました。

良かったというよりは、ものすごい光りと、沢山の鮮やかな色の輝きで、意識がスパークしながらチャージされてしまう本です。

この本は、生きるという意味を改めて考えさせると思います。

どんなスピリチュアルな本よりも、どんな自己変革の本よりも、どんなスピリチュアル・マスターの教えの本よりも、「生きる」という意味の本質を捉えている本です。

この本を読んだら、自分が抱えている悩みとか、問題とかが、とても小さく思えるようになると思います。

それなりに一生懸命に生きていると思っていましたが、それでも自分が「ずるずる」と生きているのが分かってしまうんです。

本の前半は、ママが娘に伝えたいことが綴られています。

この前半は、どんなスピリチュアルな書物よりも、遥かに地に足のついた「実質的な人生の歩み方」がスンナリと気持ちよく書かれています。

子供ということ、学校のこと、セックスのこと、お金のこと、人間関係のこと、恋愛のこと・・・。

人生を歩いて行く中での、実践マニュアル的な内容です。

ママのふところ的なものを通り越して、ある意味で、神様からの言葉的なものさえ感じてしまいました。

普通のことがサラリと丁寧に書かれていて、そして美しいんです。

サラサラ、キラキラとした波動が、スンナリと脳みそと意識の中に入って来ます。

読みながら「そうか、こういう風に親から教えてもらっていたら、わたしの人生は大幅に変わっていただろうなぁ」と思いました。

後半は闘病記です。

これは圧巻でした。

「生きる」という意思が最後まで貫かれています。

悲しいとか、痛いとか、辛いとか、そういう枠を通り越して、熱意というか、情熱というか、生きたいという渇望から、炸裂する光りと輝きが伝わって来ました。

読み進んでいくと、身体が熱くなって、活気が湧いてくるんです。

この本はお涙頂戴的な本なんかではありません。

「勇気」と「活力」、そして「希望」を与えてくれる本です。

私も何度も「死」というものを目の前にぶら下げられましたけど、そんなの可愛いものだと思ってしまいました。

「死」が突然に目の前に提示されると、それまで目の前に輝いていた、やりたい事とか、楽しみにしていたことが、一気に取り上げられ、消え去って、自分がどこにいるのか分からなくなります。

それから混乱を通り越して、途方に暮れて行き先が分からなくなったり、自暴自棄になって焼けクソになったり、閉ざしてしまって気力がなくなってしまったり、怒りが沸き上がって来たりします。

何度も闘病生活をしましたから、その辛さとか、痛さとかは分かります。

しかし、自分のお腹で赤ちゃんが育っている最中に、癌を宣告された著者の心境は図りきれません。

わたしは子供がいないので尚更です。

でも読んでいて、子供を持つという意味が分かった気がしました。

子供は命をつなぎ止める存在なのだということが分かりました。

そして対象が子供であれ、大人であれ「何かを伝える」という意味が明確になったと思います。

人生に迷いを感じている方、「ずるずる」と無意識的に生きている方、人生の壁に突き当たっている方。

この本を読めば「生きる勇気」が湧いて来ます。


ゆりちかへ」ママからの伝言
テレニン晃子


四六判、並製、152ページオールカラー

定価1,365円(本体1,300円+税)

ISBN978-4-902108-62-0 C0095

お問い合わせご購入は書肆侃侃房 

アマゾンはこちら

Facebookで「eCard」と「コズミックシフト」のページを作りました。

こちらの方でも情報を発信していますので「いいね!」ボタンを押してくださいネ★


コズミックシフト▶https://www.facebook.com/makaula.nakae

★セッションのご予約・お問合せ、ブログの質問・感想などは電子メールで。

makaula@gmail.com



精神世界のランキングに登録してみました!

1日1回、クリック、お願いしますね。

【波動入りの読む瞑想】

LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ご予約・お問合せ

▶エネルギーヒーリング基礎コース

▶まか~ウラのクレアヴォヤンス基礎コース

セッションのご予約・お問合せ

ブログの質問・感想などは電子メールで。


makaula@gmail.com

※お問い合わせを頂いた際に、ドコモ携帯でのメルアドの場合(@docomo.ne.jp)は返事を出しても戻ってきてしまます。ドコモ携帯をお使いの場合は、ブロック機能を確認され、PCからでも受信できる設定にされるか、その他のメルアドからご連絡ください。


GLBT長編恋愛小説


愛の島の呼び声を聴いたなら

誰一人その誘惑には逆らえない

http://www.amazon.co.jp/Blue-Dolphins-Hiroshi-Mak%C3%A4ula-Nakae-ebook/dp/B00LMV0UUQ/ref=sr_1_1?s=digital-text&ie=UTF8&qid=1404900402&sr=1-1&keywords=blue+dolphins

Kindleストアで絶賛発売中!
▶購入はコチラから


▶その他のサービス内容はコチラへ
▶まか~ウラのプロフィールはコチラ

▶Skypeによる個人セッションに関する内容はコチラ
▶まか~ウラの著作はコチラ


精神世界のランキングに登録してみました!



アマゾン読者レヴュー ★★★★★

[単行本(ソフトカバー)]  価格:¥ 1,890
【アマゾンでご購入出来ます】


世界的なベストセラー『聖なる予言』も刊行されてなかった1991年春。ひとりの青年がマチュピチュへ旅立った。そこで体験する常識をはるかに超えたスピリュチュアルな世界。色鮮やかなビジョン体験とUFO目撃談で綴る異色の旅行記。いま世界中のチャネラーがペルーを目指す。

人気の投稿