アセンションシンドロームの時系列①


アロハ

それでは真面目にアセンションシンドロームのタイムラインを整理して書いてみたいと思います。

これはあくまでも波動的に超敏感体質な私の場合なので、それがどれだけ多くの方に当てはまるのかは分かりません。

アセンションの行程も人それぞれという見解もありますので、その中の一つだと考えていただくとありがたいと思います。

▶「アセンション・シンドローム」:目次

シンドロームに関係するのではないかという神秘体験が起き始めたのはたぶん1993年の秋分の日だったと思います。

夜中に目が覚めたら身体に波動が降りて来てビックリしました。

これがアクシオトーナルの活性化だったのではないかと思いますが定かではありません。

この近辺からエンパシック能力が向上し始めたように思います。

それ以降はどこからどこまでがシンドロームなのかは疑問なので、近年になってからの症状を時系列で羅列してみます。

★2010年の秋口=心臓にトロトロ物質の挿入が始まる

就寝すると心臓に何か得体の知れないトロトロ物質が挿入され始めました。

イメージ的に書いてしまうと、ちょうど指先くらいの大きさの波動的なペロンペロンな液体が、トロトロと挿入されて気持ち悪いのです。

感覚的な色で表現すると、黒っぽいまたはメタルっぽい重金属的な波動でした。

これは私だけではなく当時のルーミーちゃんにも起きています。

この件に関してはアセンション関係なのか、それとも当時に起きていたオカルト現象なのかは不明です。

最近になって思い返してみると、もしかしたら当時のオカルト経験に絡んでいる現象ではなく、アセンション・シンドロームの本格的な始まりだったのかも知れないと思ったりしています。

その理由はエセリックレベルの波動がプラズマ的に変化するために、それまで保持していなかった金属系の波動が投入される必要があったのかも知れないからです。

★2010年の全般

人間掃除機の機能が酷い状態でした。

波動の悪い場所に行くと身体の周囲が痒くなる。

波動の悪い場所に行くと頭が詰まった感じになる。

ゲップに良くにた何かを吐き出すようになる。

最初はゲップに近いものでしたが、これは次第に頻繁になって、ゲップの出る部位が変化して行きます。

テレパシー的な声が聞こえる頻度が高くなってます。

ハワイ島(春)コナで祖父とテレパシー更新

ハワイ島(夏)マウナケア山頂でUFO目撃

ハワイ島(夏)プナ地区で「ぐるぐる星人」と遭遇

★2010年の秋口から年末=心臓ワシ掴みが始まる

就寝すると誰かの手で心臓をヒュヒュっと掴まれるような瞬間が頻繁に起きていました。

これもオカルト的な現象なのか、それともアセンション絡みなのかは不明。

起きていた時間は4〜5分くらい。

この時に瞬間的に肉体から意識が離れるような感じも始まっています。

ビックリすると身体から抜け出してしまうと良く言われますが、それに似ています。

ゲップの頻度は増していました。

この頃の前後でクンダリーニがかなり活性化される頻度が増えていたと思います。

★2010年の年末周辺=心臓ヒクヒクが始まる

就寝すると心臓がヒクヒクすることが連日して起きていました。

肉体から瞬間的に離れる感覚も続いていました。

ゲップの頻度はさらに増し、その量も多くなっていたと思います。

ここいら辺のどこかで、排便の時に半透明でジェル状、もの凄い化学薬品的な匂いのする得体の知れない何かが数回排出されました。

★2010年の年末年始=心臓ビクビクが始まる

就寝すると心臓がビクビクッ!とまるで電気チャージされているような、心臓停止の時に電気ショックを与えて生き返らせる時のような感じです。

ホボ連日して起きていました。

これは次第に電磁的なショックのヴォリュームが高くなって行きました。

この辺から意識が肉体から離れる割合が高くなっていますが、瞬間的なもので、ショックが入ると離れて落ち着くと戻り、再びショックが挿入されると離れて、また戻るを繰り返します。

右肩が固まってしまい、一時的に右腕が上がらない状態に。

これは右の肩甲骨の下のコリに関係していたのは間違いありません。

ゲップはただのゲップではなくなり、連続して数秒に渡って出る場合もありました。

喉からも痰では無い何か、半透明でジェル状の分泌物が少し出始めました。

良く耳鳴りがしていました。

このどこかでホノルル一帯でプラズマ放射が起きたはず・・・。

★2011年の年始くらいから=身体から何かが浮き上がる

就寝して心臓ビクビクが始まると、ビクっとした時に肉体から何かが剥離するような感じが本格的に始まりました。

心臓ビクビクも肉体からの分離もかなり長い期間で続いていました。

ここいら辺まで来ると随分と慣れて来たので、そんなに焦らなくなります。

期間的には毎晩というよりは、インターバルで起きているような感じでした。

始まったら連日して続き、次第に弱くなって、しばらくすると再び始まります。

身体の浮き上がりもさらに進化していました。

2月にニューメキシコのアルバカーキでエメラルドグリーンの光りの意識体が接触して来ました。

3月11日前は波動が一気に引き下がった感じ、足下がスカスカな感じが多かった

★011年〜夏場くらいまで=心臓バクバク

心臓に電磁的な何かが挿入され続け、それと同時に意識が身体から離れる距離も大きくなります。

三月頃がピークだったよう・・・。

夏場頃には次第に消えていった感じだったと思います。

春先にハイキングをしながら腹式呼吸をしていたら、右半身の横腹からエネルギーが上昇して右上半身に広がって肩まで上昇しました。

横になっていると身体が小刻みに揺れることが頻繁に起き始めました。

この頃にオーラが飛躍的に拡大していったと思います。

ゲップの出し方にも慣れて上手くなり、出始めると連続して吐き出すようになっていました。

後半になるにつれて波動の変化に対して更に敏感になっています。

★2011年夏場から秋口まで

心臓バクバクは頻度が減っていました。

しかし意識が離れる感覚は強くなっていたと思います。

夏頃は異常な喉の乾き。

目眩い

方向感覚の異常

身体が熱くなったり冷えたりを繰り返す

下腹部が気持ち悪い感じが頻繁に

★2011年10月28日

黄金色のプラズマ的な波動が左の首筋から尾骨まで挿入される

その後に後頭部から頭の上を通って第三の眼に同じ黄金色のプラズマ波動が挿入

眼を閉じたら金色の光りがぐるぐると回転している

下半身の中心部が高温になったりした。

下腹部の気持ち悪さ

胸腺のサマスカラの溶解に働きかけ始めた

★2011年の年末まで

第七チャクラの振動の変化で、一時的に詰まったような感じが頻繁に

11月頃には感覚的な麻痺感、感情的な麻痺感

周囲共に未来に関してあまり心配しなくなる

サイキック的に読みにくい状態に

この頃に地球の波動が一気に上昇していたので、多くの人のサイキック感覚がズレていました。

ゲップは更に過激に

★2012年1月28日 ▶048:1月28日に起きたダウンロード

第七チャクラが開いて幸せ波動が一気に出現

最初から眼を閉じていても、最初から最後まで瞼の裏の色がヴァイオレットになったり白くなったり、エメラルドグリーンになったりしてしました。

背骨の左側のダウンロード

細胞の中から外側に放射されている感じでサマスカラがジリジリで溶解

経絡の気の質が電磁的に変化

★2012年2月半ば ▶053:小腸のサマスカラと白いフラッシュ

消化器系の変化

おヘソの下の小腸の一帯がギュギュっと収縮して、サマスカラが溶ける

頭に幸せ波動が頻繁に流れ始める ▶055:幸せホルモンの広がり

★2月28日 ▶078:2月28日のダウンロード(65)

黄泉の波動→上昇→至福体験→コンタクト

夢が鮮明に→コンタクトは小林麻美さんで登場  ▶090:夢でのコンタクト

★3月10日 ▶098:左脳にパカっと電灯がついて・・・

★3月11日=夢の中でのコンタクト

とりあえずこれまでの経緯をまとめてみました。

これでは分かりにくいと思うので、 症状別に分かりやすく説明してみます。

続く・・・


▶目次:アセンション・シンドローム

★セッションのご予約・お問合せ、ブログの質問・感想などは電子メールで。

makaula@gmail.com

▼1日一回投票してね!人気ブログランキングへ


精神世界のランキングに登録してみました!
1日1回、クリック、お願いしますね。

【波動入りの読む瞑想】
地球の鼓動13Hzと共振する
ハートのサマスカラを溶かす
脳波をシータ波の領域へ変調させる
脳を幸せにして第七チャクラを開きやすくする


▶「意識の光り」:目次
AS2012に関連する過去記事です

▶「アセンション・シンドローム」:目次

さらに、まか~ウラの多次元経験に興味のある方はコチラがお勧め!
読んでね!

「聖なる谷:空中都市マチュピチュを超えて」発売中!

¥1,890
Amazon.co.jp

「スピリチュアルに楽しむオアフ島:
史跡・伝説とパワースポット」



まか〜ウラの新刊
「HAWAII de 花散歩」


「聖なるハワイイ:
ハワイアンのスピリチュアリティー」



ご購入は書肆侃侃房

お近くの大型書店、アマゾンなどのネット書店などでお求めになれます。

まか〜ウラの本

人気の投稿