2012/03/23

アセンションに関する記事


アロハ

頭の中で引っかかっていたアセンションする144000人という数字の出所を探していたら、アセンションを理解する上でとても参考になる情報を見つけました。

その記事の中の最初の2つの翻訳です。

原文は下記のサイトへ
http://www.galactic-server.com/KJOLE/Nordic/ascension.html



セラピス(トート)の『アセンション・ハンドブック』から
From 'An Ascension Handbook' from Serapis (Thoth)

惑星地球は、第3波動密度から第4そして第5波動密度の振動周波数へ向けてシフトしています。

私たちが水瓶座の時代、光りの時代に入ると、新しい目覚めた意識状態を経験します。

私たちは単に精神的な経験をしている人間ではなく、人間という経験をしている精神的な存在だいということを発見するのです。

この数多くの制限の中での経験は、しばしば恐怖をもたらします。

私たちが目覚め、古いドグマと、どのように現実を経験するかという認識を手放すことによって、LOVE:愛が答えであることを理解するのです。

単に惑星の上に存在することで、私たちは波動を上昇させることによって惑星を持ち上げ、そして私たちを高み、さらに無知などから啓発[啓蒙]された人間としての道へと導かれるのです。



「アテンションの中心」のジェイソン・ダンラップ氏によるアセンションについてのコメント
Comment on Ascension by Center of Attention's Jason Dunlap

アセンションは、新時代の流行語です。それは人間の経験の中で前例のない変化を意味しています。

いまでは数多くのアセンション・シナリオがあります。

それらの少数は時間的な経緯と出来事に関しては一緒です。

いくつかの見解は将来的に起こるであろうことを受け身的に見ており、少しでも何かの行動を起こそうというわけではなく、慈悲深い異星人によって拾い上げられ、今よりも幸せな場所へ連れて行ってくれることを待つものです。

その殆どは仰天するほど劇的な変化が起き、それが私たちの意識をドラマチックに変化させる原因となって、神のような思考と精神的な力を持つようになり、そして肉体が変容して光りになると捉えています。

結果として私たち人間は多次元的な存在へと変容し、意志の力によって第3波動密度と第5波動密度の現実の中を移動することが可能になるとしています。

地球外生命体、その他の次元の存在、エンジェル、霊的な階層などが促進剤として新しい時代の偉大な変化に対する案内係りとなるわけです。

どのようなシナリオに関係することなく大きな移行は2000年から2013年の間に降りて来るようです。

それらのシナリオの中の一つの確認がアテンションの中心が求めているものでしょう。

私たちの努力が中心におかれ、私たちの行動にギアが入り、二つの現実の中の一つを造ることから遠ざけさせます。※ポジティブな現実とネガティブな現実、善悪、愛と恐れといった二元論の中でのマイナスな現実の創造から遠のくということ。

多様なアセンションに関してのアイデアの主な部分は、基本的には「どうすればこれを乗り越えることが出来るのか」という部分で合意を得ています。

ほとんどの部分においてアセンションは私たちの肉体が第3波動域の乗り物から光りで出来た身体へと変容することに関わっています。

この「光り」という感覚は矛盾している多くの定義を持っています。

それは私たちが持っている三次元的な現実を通して広がっている光子の典型的な理解でありえ、より秘教的な定義の中では私たちが知っている「光」の相関関係を曖昧に表現している部分です。

しかし、それ以上のもので、それはまだ呼び名のないエネルギーの比喩なのです。

私たちはそれを内次元の光と呼ぶことも出来ます。

そこには、アセンションの意味は神の計画、最初の創造的な源、または神に従って霊的な階層と共に働いている明らかな存在の関与によって乗り物へと引き上げられる信じる、最低でも一つのゲームのシナリオの終焉があります。

彼らはこれからの12年間の間で、宇宙船もしくは何かの乗り物が急襲して来て、私たちが惑星を破壊してしまう前に人類を引き上げることを心に描いています。

これはドラマと大災害なしの黙示録的な観念と、とても密接に関係しています。

私はこのシナリオを信じていませんが、大勢の人達が地球外生命体を同じ存在と捉えていることを含めた、その他の沢山のシナリオを誤容しているので取り上げたのです。

その他のアセンションの筋書きでE.T.を一部として含んでいるものは、彼らが私たちを私たち自身から救いに来て、そして私たちの紛争を解決する義務から解放してくれるのだという印象を私に与えます。

それらのアセンション運動をはいつもE.T.がやって来て私たちを救い出す概念を使い、ちょうど精神的な苦痛で自らの責任との対面を避けるように仕向けていると批判します。

何も遠い真実はなく、私はそれを明白にしたいのです。

私たちを助けるというのは一つのことで、私たちに役に立つ資源を提供する、または我々を危険な状況から救い出すことは、ちょうど状況を引き継いで我々の世話をすることと同じでありません。

それは、私が起こって欲しいことではなく、少数の人はそうなるべきだと信じています。

助けるということはYesです。

私たちの手から取り上げるのはNo!



ここで書かれているアセンションに関する事項の捉え方は人それぞれで視点が違っています。

他にもまだ四つの見解が掲載されているので、次は他の二つを翻訳してみます。

続く・・・。

▶目次:アセンション・シンドローム


★セッションのご予約・お問合せ、ブログの質問・感想などは電子メールで。

makaula@gmail.com

▼1日一回投票してね!人気ブログランキングへ

精神世界のランキングに登録してみました!
1日1回、クリック、お願いしますね。

【波動入りの読む瞑想】


▶「意識の光り」:目次
AS2012に関連する過去記事です

▶「アセンション・シンドローム」:目次

さらに、まか~ウラの多次元経験に興味のある方はコチラがお勧め!
読んでね!

「聖なる谷:空中都市マチュピチュを超えて」発売中!

¥1,890
Amazon.co.jp

「スピリチュアルに楽しむオアフ島:
史跡・伝説とパワースポット」



まか〜ウラの新刊
「HAWAII de 花散歩」


「聖なるハワイイ:
ハワイアンのスピリチュアリティー」



ご購入は書肆侃侃房

お近くの大型書店、アマゾンなどのネット書店などでお求めになれます。

LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ご予約・お問合せ

▶エネルギーヒーリング基礎コース

▶まか~ウラのクレアヴォヤンス基礎コース

セッションのご予約・お問合せ

ブログの質問・感想などは電子メールで。


makaula@gmail.com

※お問い合わせを頂いた際に、ドコモ携帯でのメルアドの場合(@docomo.ne.jp)は返事を出しても戻ってきてしまます。ドコモ携帯をお使いの場合は、ブロック機能を確認され、PCからでも受信できる設定にされるか、その他のメルアドからご連絡ください。


GLBT長編恋愛小説


愛の島の呼び声を聴いたなら

誰一人その誘惑には逆らえない

http://www.amazon.co.jp/Blue-Dolphins-Hiroshi-Mak%C3%A4ula-Nakae-ebook/dp/B00LMV0UUQ/ref=sr_1_1?s=digital-text&ie=UTF8&qid=1404900402&sr=1-1&keywords=blue+dolphins

Kindleストアで絶賛発売中!
▶購入はコチラから


▶その他のサービス内容はコチラへ
▶まか~ウラのプロフィールはコチラ

▶Skypeによる個人セッションに関する内容はコチラ
▶まか~ウラの著作はコチラ


精神世界のランキングに登録してみました!



アマゾン読者レヴュー ★★★★★

[単行本(ソフトカバー)]  価格:¥ 1,890
【アマゾンでご購入出来ます】


世界的なベストセラー『聖なる予言』も刊行されてなかった1991年春。ひとりの青年がマチュピチュへ旅立った。そこで体験する常識をはるかに超えたスピリュチュアルな世界。色鮮やかなビジョン体験とUFO目撃談で綴る異色の旅行記。いま世界中のチャネラーがペルーを目指す。

人気の投稿