アミュレット(お守り)

ミイラの上に置かれていたアミュレット

ミイラの上にあった150個の品々の25個はアミュレットで、その殆どは首の周辺に置かれていました。

幾つかはヒエログリフの形で、安定さを意味するジェド柱、健康を意味するワド柱(パピルス)で、死者の書の呪文に関係しています。

その他は守護神のホルスとアヌビス、そしてトート神の形が発見されています。

左上のトート神のアミュレットは残念ながら展示されていませんでした。


パピルスのアミュレット
フィルドスパー(長石)高さ6.3㎝

ナイル川のデルタ地帯の湿地帯と、ナイル渓谷の洪水地帯に育つパピルスは下部エジプトの象徴で、命と若さの印しでもあります。

これらのアミュレットは〝緑〟を指す〝ワジ wWadj 〟と呼ばれます。

その多くは素材に緑色のフィルドスパー(長石)が使われていると解説されています。

しかし、緑色というよりは、やや緑がかった空色で、喉に空色のフィルドスパーという配色は喉のチャクラの色を的確に表現しています。

死者の書の中で、パピルスのアミュレットは故人の喉にその他のアミュレットと一緒に包帯で捲くと指示されています。

ツタンカーメンの場合は、二つのパピルスのアミュレットは死者の書の指示通りに喉に位置していましたが、その他は指示通りには配置されていませんでした。


ホルス神のアミュレット
金 ラピスラズリ 高さ4.6㎝

隼の頭をしたオシリス神とイシス神の息子ホルス神は、死後だけでなく生前のファラオも加護する存在です。

使われているインディゴ色のラピスラズリは、夜の空の色を表現したものだと解説されています。

ラピスラズリは第三の眼と神(シン)の氣、頭の中心部を活性化させる色です。




アヌビス神のアミュレット
金 フィルドスパー 高さ5.5㎝

ジャッカルの頭をしたアヌビス神と、もう一つのトート神のアミュレットに使われている、やや緑がかった空色のフィルドスパーの色彩は、命を与えるナイル川の水の色だと解説されています。




ジェド柱のアミュレット
金 青いファイアンス 高さ9㎝
 
エジプト神話の中で頻繁に描かれるシンボルの一つで、この形のヒエログリフは「安定性」と「持久力」を意味しています。

死後と地底世界、そして死者を司るオシリス神に関係し、一般的な解釈では〝聖なる樹〟〝オシリス神の背骨を象徴すると解説され、頻繁に葬祭用具に描かれています。

棺の下部は頻繁に大きなジェド柱で装飾され、棺の中に収まる故人のミイラの背骨は描かれた柱の位置に沿っています。






ディスク状ビーズの襟飾り
ファイアンス 長さ57㎝
 
大きく平らなディスク状のビーズはオリジナルの紐に通されたままで、花模様の留め金になっています。

似たような姿の襟飾りで、総てが金で制作されたものは〝シェビュ shebyu〟と呼ばれます。

シェビュはファラオから名誉または貢献の贈り物として高官に授けらていれました。

その数が増す毎に高くなる受賞者の地位を表し、アメンホテプ三世が王位に就いた時には、王が神権を授かったことを表しています。





ライムストーン 高さ27.5㎝ 幅54㎝

新王国時代第18王朝 アクエンアテン
 テルエルアマルナ アイの墓
この安価な素材の襟飾りは葬祭のためだけに使用されたものであろうと解説されています。 





子供のホルス神の小像
青いグラス 高さ5.8㎝

アンテチェンバー(控えの間)に置かれていた箱の中で、その他の物と混じって発見された小さな像は青いガラスで出来たものです。

ツタンカーメン王の時代はガラス工芸が発達する初期段階に当たることから、この青いガラス製の小像は稀な作品で、この青さはコバルトが使われのだろうと解説されています。

ウラエウスと禿鷲が額についたブルークラウンを冠り、ペンダントとして下げることが出来きるように、後頭部についている小さな穴に紐を通せるようになっています。

 手を口へ当てているジェスチャーは、古代エジプトの芸術的な表現形態の中で子供であることを示唆したものです。

またツタンカーメンであることを表す記しが無いことから、子供時代のホルス神のことを指すハル・パ・クエルエドを表したものだ結びつけられていす。

 ホルス神は冥界の統治者であるオシリス神の子供で、母親の女神イシスはオシリス神の妻であると同時に妹でもあります。

ホルス神は子供時代をナイル川のデルタ地帯の湿地帯で過ごし、成人すると叔父に当たるセト神へ復習します。

このホルスとセトの戦いは善悪の格闘として表されます。

神話の中では、ホルス神の勝利によってエジプトの統治者になり、その子孫であるファラオはホルス神の生きた姿だと考えられていました。

続く






精神世界のランキングに登録してみました!

 にほんブログ村 哲学・思想ブログ アセンションへ 

 にほんブログ村

1日1回、クリック、お願いします。

「ホルスの錬金術 黄金ファラオの秘宝」の前編になるのが「聖なる谷 空中都市マチュピチュを超えて」で、こちらの方は1991年に出かけたインカ帝国の遺跡を巡る旅の中での神秘体験やUFO目撃を綴った旅行記です。


アマゾン読者レヴュー ★★★★★




 [単行本(ソフトカバー)] 価格:     ¥ 1,890

世界的なベストセラー『聖なる予言』も刊行されてなかった1991年春。ひとりの青年がマチュピチュへ旅立った。そこで体験する常識をはるかに超えたスピリュチュアルな世界。色鮮やかなビジョン体験とUFO目撃談で綴る異色の旅行記。

いま世界中のチャネラーがペルーを目指す。   

▶まか〜ウラのプロフィールはコチラ

★セッションのご予約・お問合せ、ブログの質問・感想などは電子メールで。

makaula@gmail.com

[ まか〜ウラのSEATTLE日記] http://makaula-seattle.blogspot.com/
[ まか〜ウラのHAWAII日記] http://makaula-hawaii.blogspot.com/
[ eCardsが伝える神託の言葉] http://ecards808.blogspot.com/
[ 光りと癒しの光速ヒーリング] http://quantum-resonance.blogspot.com/

[Fecebook] https://www.facebook.com/pages/Hiroshi-Makaula-Nakae/304407229570904


まか〜ウラの本

人気の投稿