2013/09/16

アラバスターの軟膏瓶


アラバスターの軟膏瓶

カルサイト 高さ65.5㎝ 

アラバスターという石には二種類があり、現在では一般的に雪花石膏のものを指し、もう一つの方解石の方は古代のものとされています。

ツタンカーメン王の墓からは、その他にも同じようなデザインの花瓶やアラバスター製のものが数多く発見されています。
 

石製の容器はその他よりも低い温度を長く保つことが出来るので、大切な軟膏や香りをつけた脂肪などの保存に使われていました。

古代エジプトでの軟膏や脂肪はとても価値の高い贅沢品であり、持ち運びやすく足がつかないので墓荒らしの主な狙い目の品だったそうです。

ツタンカーメン王の墓にあった軟膏は350リットルものあったと推定され、その総ては墓荒らしが持ち出したと解説されていました。
 

世界中の多くの人々の心を魅了し続けている古代エジプトの品々は、現代人の理解を遥かに超えているように思える不思議な趣きの構図やデザイン、パターンなどの謎めいた神秘的さです。

その最も美しい部分は、単に便宜的なデザイン構成ではなく、魔法をかけて品々にスピリチュアルな力を宿らせることを意図した構図や図形、パターンでデザインされていることです。
 


控えの間で発見されたこの大型の軟膏壺の中心部はエレガントな卵形です。

首の長い花瓶を支える柱は細長く、細身のハンドルが付き、全体的にフローラルに表現された姿は一つのカルサイト石から彫り込まれたものです。

母体である瓶を挟むように表現されている部分は三つの要素から成ります。

根元は開いた花を乗せたパピルスの束、その上に花が開いたユリの姿が現され、それらは一本の線の連続で時間の経過を現す椰子の葉肋で囲まれています。

椰子の葉肋は永遠の加護を表すシェンの上に乗った10万を表すオタマジャクシのヒエログリフから伸びています。

台にも上部と同じ石が使われ、同じように抜き彫りで作られています。四本の足の間に表されているのはピラミッド型/三角形です。
 

壺の表面と瓶の内側の底に褐色がかった残留物が発見されたことから、香りをつけた軟膏のようなものの容器として使われていたのではないかと考えられています。



アラバスターの装飾された軟膏瓶
カルサイト 高さ25.8㎝ 

数多くのカルサイト製の容器が納められていた別館で発見されたもので、宗教的な儀式の中で使われたシチューラと呼ばれるバケツに似た瓶の形に似ています。
 

この軟膏瓶は二重構造で、彫り貫きで作られた外側の容器の中には、何の装飾もされていない別の容器が入っています。

外側の容器の底部分はユリまたはロータスの萼(がく)で、上部の縁の下の帯びにはギリシャの縦長の壺を思い出させる形の図形が連続して表されています。

 
胴体部に彫り貫きされているのは、生命のシンボルであるアンクの結び目から出現している、太陽のディスクを頭に乗せて翼を広げているコブラで、ネフェルと呼ばれる図形を挟んでいます。

ネフェル
 

〝美しさ、善性。楽しさ〟を表す図形で、ネフェルティティやネフェルタリなど女性の名前に取り入れられ、〝外も内も美しい〟という意味です。

一般的にリュートと呼ばれる弦楽器だと解説されていますが、心臓と気管で、その原型は心臓と食道ではないかと考えられています。

ネフェルが喉笛の筋具合を表すヒエログリフとして現れているのは古王国時代だけです。この図形の下部の形は絶えず心臓を表すものです。

そしてネフェルという言葉は、エジプト上部を示唆する可能性が高いとされています。



台付きのネムセトの水差し

 カルサイト(エジプシャンアラバスター) 高さ28㎝


現代のティーポットの原型とも言えるこのデザインの形はネムセトを呼ばれます。

神々または故人へ水またはリキッド状のものを捧げるための神具として使われていたのではないかと考えられるもので、控えの間で発見されました。

普通はもっと小さくこれよりも半分くらいの大きさ/高さ約15㎝くらいで、カルサイトではなくファイアンス製ものが一般的です。

ネムセトの蓋は一般的にロータス(睡蓮)の花の形で装飾されますが、それらよりも更にスタイリッシュに表現されています。

瓶の下の四角い足付きの台の二面には、アンクを表す翼を広げた生き物にベス神が挟まれ、別の面では羽を広げたスフィンクスに挟まれています。

雌ライオンの要素で表されるベス神は、地中の宝を守ると信じられた地の精または小鬼であるノームのような存在です。

悪意や他人の不幸を喜ぶ存在を近づけさせないスピリットで、子供、出産中の女性、眠っている人の守り神です。

貴重品を守ってくれると考えられていたことから、日常生活の品々に描かれています。

80個発見されたカルサイト製の品々の中の25個にベス神が表され、その内の幾つかは先代のファラオ、祖父のアメンホテプ三世や父のアクエンアテンから受け継いだものです。

続く
アマゾン読者レヴュー★★★★★

「ホルスの錬金術 黄金ファラオの秘宝」の前編になるのが「聖なる谷 空中都市マチュピチュを超えて」で、こちらの方は1991年に出かけたインカ帝国の遺跡を巡る旅の中での神秘体験やUFO目撃を綴った旅行記です。




 [単行本(ソフトカバー)] 価格:     ¥ 1,890

世界的なベストセラー『聖なる予言』も刊行されてなかった1991年春。ひとりの青年がマチュピチュへ旅立った。そこで体験する常識をはるかに超えたスピリュチュアルな世界。色鮮やかなビジョン体験とUFO目撃談で綴る異色の旅行記。

いま世界中のチャネラーがペルーを目指す。 


▶まか〜ウラのプロフィールはコチラ



★セッションのご予約・お問合せ、ブログの質問・感想などは電子メールで。

makaula@gmail.com

[ まか〜ウラのSEATTLE日記] http://makaula-seattle.blogspot.com/

[ まか〜ウラのHAWAII日記] http://makaula-hawaii.blogspot.com/


[ eCardsが伝える神託の言葉] http://ecards808.blogspot.com/


[ 光りと癒しの光速ヒーリング] http://quantum-resonance.blogspot.com/

[Fecebook] https://www.facebook.com/pages/Hiroshi-Makaula-Nakae/304407229570904


LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ご予約・お問合せ

▶エネルギーヒーリング基礎コース

▶まか~ウラのクレアヴォヤンス基礎コース

セッションのご予約・お問合せ

ブログの質問・感想などは電子メールで。


makaula@gmail.com

※お問い合わせを頂いた際に、ドコモ携帯でのメルアドの場合(@docomo.ne.jp)は返事を出しても戻ってきてしまます。ドコモ携帯をお使いの場合は、ブロック機能を確認され、PCからでも受信できる設定にされるか、その他のメルアドからご連絡ください。


GLBT長編恋愛小説


愛の島の呼び声を聴いたなら

誰一人その誘惑には逆らえない

http://www.amazon.co.jp/Blue-Dolphins-Hiroshi-Mak%C3%A4ula-Nakae-ebook/dp/B00LMV0UUQ/ref=sr_1_1?s=digital-text&ie=UTF8&qid=1404900402&sr=1-1&keywords=blue+dolphins

Kindleストアで絶賛発売中!
▶購入はコチラから


▶その他のサービス内容はコチラへ
▶まか~ウラのプロフィールはコチラ

▶Skypeによる個人セッションに関する内容はコチラ
▶まか~ウラの著作はコチラ


精神世界のランキングに登録してみました!



アマゾン読者レヴュー ★★★★★

[単行本(ソフトカバー)]  価格:¥ 1,890
【アマゾンでご購入出来ます】


世界的なベストセラー『聖なる予言』も刊行されてなかった1991年春。ひとりの青年がマチュピチュへ旅立った。そこで体験する常識をはるかに超えたスピリュチュアルな世界。色鮮やかなビジョン体験とUFO目撃談で綴る異色の旅行記。いま世界中のチャネラーがペルーを目指す。

人気の投稿