2010/05/23

マウイ島旅行⑳キヘイのヘイアウとサンセット

マウイ島のブログも後半戦に差し掛かって来ました。 


キヘイの亀さんビーチを出てさらに東に向かいます。

とにかく場所が明確に分かっていなかったのと、地理と距離感を把握していない状態だったので、アレ? こっちじゃぁないの? エ? こっちかな? という具合に目的地にまで辿り着くのにテンヤワンやなわけです。


しかし今回のマウイ島旅行のお陰で、次回はもっとスムーズに移動出来るでしょう。


この移動時間のロスを最小限にとどめれば、もう少し余裕のある滞在が出来ると思いますが、やはり色んなことに余裕を持って計画しておくのが良いですね。




ということで迷いつつも何とか辿り着いたキヘイ地区の果てにあるヘイアウ。


もうこれ以上ふつうの道路はありませんという行き止まりの場所なんです。


そして到着したのは、溶岩流の流れた跡の荒れ地・・・。


本当にここで良いんですか? という感じだったので、近くにいたサーファーのお兄さん達に聞いてみたら「ここ一帯が昔のハワイアンの人たちの聖地なんだよ」と教えてくれました・・・。


「ここ一帯がと言われても・・・・」眼に見えるのは瓦礫の荒れ野です・・・。




かなり夕暮れ時だったので、当たり周辺も薄暗く、何とも表現しにくい光景でした。


ビーチというか、海岸線もあるのですが、黒いので違和感が・・・。





こういう溶岩石の荒れ地に出来ている小道を通って探検の始まりです。


周囲の全てがこんな感じ・・・。




看板もあったのですが、ここには聖地の表記はないですし、海に関する注意事項やらでした。


本当にここがヘイアウなのでしょうか・・・・?




そして私は思い出しました。


昔ここまで一度やって来たことがあるんです。


もう随分と昔の話しで、かれこれ13年くらい前で、ホノルルに移動して来たばかりの時に、日本からの友人と一緒にマウイに来て、この果ての荒れ地まで来たんですわ。


記憶と言うのは恐ろしいもので、それまでスッカリ忘れていました。


13年前のマウイと、今回のマウイが全く違った感じなので、思い出す切っ掛けが無かったのかも知れません。


確かその時も溶岩流の荒れ地をガタガタとドライブし、到着したのは良いけれど、あまりの枯れ果てた様相の土地に圧倒されて、「こんなもんなのか・・・? 残念かも・・・」で終っていたんです。




しばらく歩いてゆくと小さな看板があり、ようやくこの場所がハワイアンのヘイアウだったということを確認。






とにかく溶岩石で出来ているヘイアウなので、普通のヘイアウとは全く違った様相なんです。




魔法使いのエステシャンも ???? 的な感じで、旦那と二人で更に奥の方へと探索に・・・。


私は足が痛かったのでそれ以上は進まずに、この良く分からないヘイアウの敷地の中で色々なことを考えておりました。


今回のマウイ島の旅行は最初からスピリチュアルなことにアンテナが立ってなかったので、そういうことに興味が湧かないというか、それがトップの優先事項にならないんです。


ちょっと霊視をしたり、ヴィジョンで昔の風景を視せてもらいました。


大体の予測というか、ヘイアウの目的とか使われ方とか分かったのですが、それでも何かにピンと来ないので、家に帰ってから真面目に調べるから良いです的に終ってしまいました。


オアフ島の聖地は何年もかけて調べ、何度も何度も足を運んで経験値を上げていったので、聖地に入れば色々と良くしてくれるのですが、何ぶんマウイ島はテリトリーから外れているので、オアフ島のようにはいかないんですね。


もうちょっと健気に足を運んで、土地自体に慣れる必要性があるのかも知れません。



そんな感じで不思議なヘイアウの訪問が終る頃にはサンセットが近くなっていました。

マウイ島のサンセットです。




キヘイの端で奇麗なサンセット。


オアフ島よりも太陽が近い気がするのはどうしてでしょうね?



風景がオアフと違うので、夕日も違うように感じられます。

オマケにマウイの近くには、モロカイ島、ラナイ島、カホオラヴェ島と、島が幾つもあるので、それも美しさを拡大させていると思います。




こちらは普通に撮影したサンセット。




周囲は真っ黒ですね・・・。




こちらがカメラのサンセットモードを使って撮影したヴァージョン。


同じ夕日なのに、フィルターがかかるので色も全く違った感じになります。




ドライブの最中に停まることなく撮影したので、アングルが一定なのが残念です。



こちらは宵闇の風景。

次回はサンセットの撮影にも力を入れてみたいと思います。

やはり本格的に一眼レフを購入した方が良いかな?



▶マウイ旅行(21)四日目の朝の光りへ続く・・・

【マウイ島旅行2010年・春:目次】

★セッションのご予約・お問合せ、ブログの質問・感想などは電子メールで。

makaula@gmail.com

▼1日一回投票してね!人気ブログランキングへ

アップ精神世界のランキングに登録してみました!
1日1回、クリック、お願いしますね。

さらに、まか~ウラの多次元経験に興味のある方はコチラがお勧め!読んでね!

¥1,890

Amazon.co.jp






「聖なるハワイイ:
ハワイアンのスピリチュアリティー」

 


ご購入は書肆侃侃房
お近くの大型書店、アマゾンなどのネット書店などでお求めになれます。






LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ご予約・お問合せ

▶エネルギーヒーリング基礎コース

▶まか~ウラのクレアヴォヤンス基礎コース

セッションのご予約・お問合せ

ブログの質問・感想などは電子メールで。


makaula@gmail.com

※お問い合わせを頂いた際に、ドコモ携帯でのメルアドの場合(@docomo.ne.jp)は返事を出しても戻ってきてしまます。ドコモ携帯をお使いの場合は、ブロック機能を確認され、PCからでも受信できる設定にされるか、その他のメルアドからご連絡ください。


GLBT長編恋愛小説


愛の島の呼び声を聴いたなら

誰一人その誘惑には逆らえない

http://www.amazon.co.jp/Blue-Dolphins-Hiroshi-Mak%C3%A4ula-Nakae-ebook/dp/B00LMV0UUQ/ref=sr_1_1?s=digital-text&ie=UTF8&qid=1404900402&sr=1-1&keywords=blue+dolphins

Kindleストアで絶賛発売中!
▶購入はコチラから


▶その他のサービス内容はコチラへ
▶まか~ウラのプロフィールはコチラ

▶Skypeによる個人セッションに関する内容はコチラ
▶まか~ウラの著作はコチラ


精神世界のランキングに登録してみました!



アマゾン読者レヴュー ★★★★★

[単行本(ソフトカバー)]  価格:¥ 1,890
【アマゾンでご購入出来ます】


世界的なベストセラー『聖なる予言』も刊行されてなかった1991年春。ひとりの青年がマチュピチュへ旅立った。そこで体験する常識をはるかに超えたスピリュチュアルな世界。色鮮やかなビジョン体験とUFO目撃談で綴る異色の旅行記。いま世界中のチャネラーがペルーを目指す。

人気の投稿