★イアオ渓谷

さて最終日の中盤戦はイアオ渓谷です。
ハレキイ・ヘイアウからすぐでした。



半年前にも来たのですが、イアオ・ニードルを眺めるだけではなく、今回は別の目的です。




半年前に来た時にはなかった駐車場代マシーン・・・。




こちらがイアオ・ニードルです。



こちらが戦でまっ赤に染まったことが伝説となっている渓流・・・。


前回来た時は、渓谷の下の遊歩道を回ったのですが、その時にもっと奥まで行ってみたいと魔法使いのエステシャンが言っていました。




そして彼女はマッサージセラピストの女性から、渓流の奥にヒーリングスポットらしい場所があると聞きつけたのです。

その場所は渓流の下流から川岸に歩いて30分くらいだという話でした。

その方はそこで真っ裸になって泳いだ後に、先日に出かけたククイプカ・ヘイアウで昼寝をするのだそう・・・。




そしてたどり着いたのがこの場所・・・。




私たちがたどり着いた時には、なぜか子供連れの日本人の方が先にいらしていました。

「私たちはもう帰りますから」と案内人らしき女性に言われたのですが、私はもっと先まで行きたかったので、山道をもっと歩いてみました。

その子供たちの母親らしい女性の顔に見覚えがあったのですが、誰だか分からずそのまま上へ。

すると道の下に緑色の水場があって、そこの波動が良さそうだったので行こうとしたら、時間がないから引き返すという話になり、それ以上の探索は却下・・・。

最初の場所に戻ったら先にいた一行はすでに引き上げていました。

誰もいなくなったので、サッサと水着になって川に入った魔法使いのエステシャン・・・。

その後に続いて全員で沐浴したのですが、非常に冷たかったです得意げ

前のヘイアウから連れて来ていたスピリットさん達をここで降ろして、お役目はひとまず終了です。

ヒーリングスポットと言うよりは、浄化スポットですね。

この川の流れは、かなりオーラを浄化して、エーテル体の澱みをスムーズにしてくれます。

川の水は冷たかったですけど、少し我慢して体を浸けていると、次第に体が発熱し始めて、最終的には然程は冷たく感じなくなっていきました。

頑張って体全身、出来れば頭も浸けて、15分以上は浸かっているのがベスト。

ここで沐浴するなら気温の低い雨期よりも、3月~10月くらいの乾期の暑い間が最適でしょう・・・。

今度はあったかい時期に、もっと時間の余裕を見て再挑戦してみたいです。


【マウイ島旅行2011年・2月:目次】  

まか〜ウラの本

人気の投稿