イエスのミステリー

今、読んでいる本。

これは面白いです。



イエスのミステリー 
—死海文書で謎を解く (単行本)

バーバラ スィーリング (著), Barbara Thiering (原著), 高尾 利数 (翻訳)

近年の「史的イエス」研究の袋小路に青天霹靂の活路を切り開き、読者に知的興奮を覚えさせる書。

著者は「死海文書」に取り組んで、処女降誕、イエスの奇跡、復活など「聖書」の数々の謎を解きあかしていく。*
  • 単行本: 453ページ
  • 出版社: 日本放送出版協会 (1993/12)
  • ISBN-10: 4140801441
  • ISBN-13: 978-4140801444
  • 発売日: 1993/12
*******************************

何の気無しに読み始めたんですけど、読み進めて行くと、現在のキリストに関するイメージが、かなり変わります。

話しのポイントは、

聖母マリアの処女受胎の背景クラッカー

キリストは磔で死ななかった!?

キリスト復活の裏目

キリストの実質的なアセンション:即位の背景虹

私は聖書学者ではないので、何とも言えませんが、この本を読んで、とても納得しました。

聖書を読む時に、その時代の背景とか、宗教形態の在り方とかを理解してないと、聖書に書かれていることは理解できないということですね。

歴史の背景というか、ユダヤ教の宗教的な背景とかを追って、聖書で表現されている言葉のアヤを、解読するように紐解いてゆきます。

少し読むのが難しい本ですが、読んで行くと、少しずつでも分かるようになります。

この本で解説されている内容が、本当の史実に近いものであるのなら、現在ニューエイジで言われている〈アセンション〉というものの見方が変わると思います。

他にもそれらしい本を見つけたので、ご興味のある方は読んでみたら面白いかと思いますダウン

イエスの古文書〈上〉 (扶桑社ミステリー)/アーヴィング ウォーレス
¥860
Amazon.co.jp
イエスの古文書〈下〉 (扶桑社ミステリー)/アーヴィング ウォーレス
¥860
Amazon.co.jp
死海文書の封印を解く―二千年の眠りから覚めたユダヤ・キリスト教の驚くべき真実 (KAWADE夢新書)/ベン・K. ソロモン
¥700
Amazon.co.jp

まか〜ウラの本

人気の投稿