いま手がけている本のこと

ルームメイトがアラモアナの本屋さんでハワイの本を買って来て・・・・。

眺めていたら、脳みその混乱が始まってしまいました。


その本は少し大きめのサイズで、写真も大きく、イラストも沢山つかってありました。


ページ数は115ページくらいと少なめです。


しかも余白というか、文字の量が非常に少ない、イメージ優先型のムック本というか、ビジュアル本です。


どうしてこれを見て脳みそが混乱したかと言うと、一般的な人が好む本の装丁というか、内容、構成の仕方について考えてしまったのです。


先日、セドナのサイキックの方にリーディングに行ったのですが、その時に言われたことが頭にあり・・・。


「ヒロシさんの言葉は一般的な人には難しいのだと思います。もっと噛み砕いて、誰でも分かるように書くようにされたらどうですか?」


というお言葉だったんですが・・・。


まぁこの言葉には一理あると思います。


さらにルーミーちゃんがタレントの女性の書いた、まぁまぁ分厚い本を持ってまして、「文章が難しいからなかなか読み進まないんです」と言いました・・・。


そしてその本を借りて読み始めたのですが・・・・、確かに文章の表現力というのが文学っぽいというか・・・。


格段に文学的に難しい書き方ではないのですが、言葉が頭の中で一旦停止をするというか、サラサラと流れるように入ってこないのです。


決して読みづらいわけでもなく、されど読みやすいわけでもなく・・・。


カジュアルではなく、ちょっと真面目系とでも言うのでしょうか。


そんな経緯もあり、色々と考えていたわけです。


とにかく、努めて分かりやすい言葉使いと文章を選ぶ必要性があるのは分かりました。


一般層に広く受け入れられる本を世の中に出したいのであれば、やはり分かりやすい内容、分かりやすい言葉、頭に入りやすい構成などを考えなければなりません。


「ハワイで花散歩」の出版が済んで、次には何の本を本格的に進めようか? と考えていました。


そこでこの「分かりやすい」というキーワードが頭の中でグルグルと回転してしまったわけです。


誰でも分かる本を先に出すべきか?


それとも、少し難しくても本格的な内容の本を先にするべきか?


もしくは読解力などホボ必要の無いイメージ優先型の本にするべきか?


フトコロに抱えている本が幾つもあるので、どれを先に済ませるか? で悩み始めてしまったのです・・・。


以下が今手がけている本・・・。


★完成に近い本・・・


 
① パワースポットの本 → 場所の選別も終わり、もうレイアウトに入っているし、写真もホボ済んでいるので、後は書くだけ。しかし図版とかマップの制作をしなければいけない・・・。

② 誰でも出来る簡単ヒーリング → これは終わりに近い状態。しかし、レイアウトを大幅に変更して、構成、文章をもっと分かりやすくする必要性があるのかも? イラストも図版も制作しなければならない・・・。


③ ワイキキの写真集的なエッセイ本 → 写真はすでに選択して本の装丁になっていて、本文も三分の一くらいは書いたので、先は見えているようなモノ・・・。


⑤ ブルードルフィン → 書き終わっているけど、細かいリライトと編集作業が必要。しかしこれを出す気は今は無い・・・。 もしかしたらどこかでデジタル出版を考えるかも? ただ今、iPadように出版するにはどうすれば良いのかをリサーチ中。



★やや完成に近い本


 
④ eカード → カードのデザインは大方すんでいるけれど、作り直しも必要だし、本体の内容を書かねばならない・・・。

⑥ハワイ王朝散歩 → 三分の一くらい手をつけたまま中断している・・・。写真もかなり揃っている。資料はホボある。やり始めたら早いかも? マップが必要。


⑦まか~ウラの不思議なハワイイ日記① → すでに昔のブログから選別も済み、本の形にはなっているけれど、大幅な文章の書き換えが必要・・・。


⑧まか~ウラの不思議なハワイイ日記② → すでに昔のブログから選別も済み、本の形にはなっているけれど、大幅な文章の書き換えが必要・・・。



★構想中の本


⑨「意識の力」に関する本 → スフィアのクラス用のテキストを本格的に書籍化を考えている。内容と構成は脳みそにあるけれど・・・。個人的にはこれを先にやりたいけれど・・・。


⑩本格的な遠隔ヒーリングの本 → これは本の内容の構成はホボ出来上がっている。これを分かりやすく書けというのは私には難しいでしょう・・・。 マニュアル的な構成にするか、読みもの的な構成にするか思案中。


⑪ハワイ島のガイドブック → これは数年かかるでしょう・・・。


⑫イオラニ(小説) → ブルードルフィンの続編。書き始めて中断したまま数年が経ち・・・。


⑬夜明けの女神 → 構成はあるものの、一体いつになったら書く気になるのか?


⑭時を超えて知っている人 → 英語で書いた。日本語翻訳したけど、完訳ではないし、これだけで一冊分になるかどうか定かでないので、他にも短編を書かねばならないかも・・・。


⑮ハワイのイメージを集めた絵はがき集 → 「ハワイで花散歩」の売れ行きが良ければ実現可能かも? 話しが決まればスグに出るでしょう。


さて、どうしよう?

まか〜ウラの本

人気の投稿