2008/10/15

次元に関するアイデア

コメントの中で「次元」について教えて下さいというリクエストがあったので、ばか〜ウラのオバカな脳みそなりに挑戦してみます(笑)


一般的に「次元」というのは物質を説明する場合に使われますね。


最初に来るのが「点」です。


この「点」が一般的に「一次元」と呼ばれています。


これは「点」ですから、横にも縦にも広がっていません。


次に来るのが一般的に「二次元」と呼ばれている「平面」を指すものです。


この「二次元」=「平面」は、横に広がる高さの無いものです。


「横幅」+「奥行き」で「面積」が現されます。


私の物理次元の脳みその中では、この「点」も「平面」も存在しません(笑)


それは、非常に小さな「粒」でさえ重さがあり、非常に薄い「紙」でさえ「高さ」が伴うからです。


この「一次元」と「二次元」というのはヴァーチャルな領域のもので、アイデアの世界のものですね。


三番目が「三次元」と呼ばれる「高さ」が加わったものです。


「横幅」+「奥行き」+「高さ」で「空間」が提唱されて「立体」になりますね。


この「立体」の世界が一般的に「三次元」と呼ばれている「物質」を指す次元です。


「物質」には「重さ」が付きまといますね。これを言い換えると「質量」ということになります。


一般的に私たちの世界は「物理的」、「立体的」である為に「三次元」と呼ばれているわけです。


さて、次が「四次元」ですが、ここからがややこしくなります(笑)


一般的に「四次元」には「時間」が伴います。


「三次元」=「物質」に「時間」が加わるわけです。


「横幅」+「奥行き」=「平面:二次元」


「二次元」+「高さ」=「立体:三次元」


「三次元」+「時間」=「空間:四次元」


この「空間」というのは「時間」に左右されます。


「時間」というのは基本的に「移り変わる」という意味です。


例えば「鮮度」を伴うものは「腐り」ます。


私たちの肉体も時間の制限を受けているので、誕生と共に身体は成長し、ピークを超えると老化が始まって、最終的には肉体は朽ちます。


これが「時間」です。


ということは、私たちの意識の焦点が合っている「物質的な世界」というのは、時間の影響を受けているので、「四次元」ということになります。


さらに空間的に言うと、「A地点」から「B地点」に移動するのには「時間」が伴いますね。


空間の中を「A地点」から「B地点」へと移動すると時間が表示され、エネルギーが消費されます。


この「時間」というのが曲者なわけです。


一般的に「時間」は時計で計ります。


1年が12月で構成され、一日が24時間で、1時間が60分という「移り変わり」を指す「尺度」です。


更に一般的に「時間」というのは「歴史年表」のように、過去〜現在〜未来という具合に、直線的に理解されています。


霊的な世界で言う四次元というのは、「物理的」であることを「超えた」次元として理解されているので、ここで混乱が派生するわけです。


一般的に「四次元」というのは「物理次元=三次元」を超えた別次元という捉え方です。


単純に「四次元」という理解は「二種類ある」ということです。


俗に次元は12次元あると言われていますが、これも混乱を生んでいます(笑)


私の脳みその中では「物質的な領域」と「非物質的な領域」の二種類しかありません(笑)


「物質的な領域」は時間と空間の制限を受けますが、「非物質的な領域」は制限を受けません。


「物質的」と「非物質的」の違いは「波動域」です。


仮に多くの人の意識が合わさっている波動域を「三次元」とすると、私の意識は非物理次元にも合っているので「四次元+」なわけです。


よく次元は「12次元」あると言われますが、これは「意識の高さ」を指すものなわけです。


ですから、この「意識の12次元」を一般的な「次元」のアイデアで理解しようとするから分からなくなるという単純な問題ですね。


要は「言葉の使い方には気を配りましょう」ということかも知れません(笑)


☆下に並んでいる小さな「コメント」の文字をクリックするとコメントを書き込めます。更に知りたいこと、シェアしたいことがあればお書き込みください。コメントによるフォロー、もしくは次回での解説に勤めさせていただきます。


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


まか〜ウラのハワイイ本「聖なるハワイイ」&「スピリチュアルに楽しむオアフ島」好評発売中。お近くの大型書店、アマゾンなどのネット書店などでお求めになれます。

LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ご予約・お問合せ

▶エネルギーヒーリング基礎コース

▶まか~ウラのクレアヴォヤンス基礎コース

セッションのご予約・お問合せ

ブログの質問・感想などは電子メールで。


makaula@gmail.com

※お問い合わせを頂いた際に、ドコモ携帯でのメルアドの場合(@docomo.ne.jp)は返事を出しても戻ってきてしまます。ドコモ携帯をお使いの場合は、ブロック機能を確認され、PCからでも受信できる設定にされるか、その他のメルアドからご連絡ください。


GLBT長編恋愛小説


愛の島の呼び声を聴いたなら

誰一人その誘惑には逆らえない

http://www.amazon.co.jp/Blue-Dolphins-Hiroshi-Mak%C3%A4ula-Nakae-ebook/dp/B00LMV0UUQ/ref=sr_1_1?s=digital-text&ie=UTF8&qid=1404900402&sr=1-1&keywords=blue+dolphins

Kindleストアで絶賛発売中!
▶購入はコチラから


▶その他のサービス内容はコチラへ
▶まか~ウラのプロフィールはコチラ

▶Skypeによる個人セッションに関する内容はコチラ
▶まか~ウラの著作はコチラ


精神世界のランキングに登録してみました!



アマゾン読者レヴュー ★★★★★

[単行本(ソフトカバー)]  価格:¥ 1,890
【アマゾンでご購入出来ます】


世界的なベストセラー『聖なる予言』も刊行されてなかった1991年春。ひとりの青年がマチュピチュへ旅立った。そこで体験する常識をはるかに超えたスピリュチュアルな世界。色鮮やかなビジョン体験とUFO目撃談で綴る異色の旅行記。いま世界中のチャネラーがペルーを目指す。

人気の投稿