2009/05/15

聖なる谷:空中都市マチュピチュを超えて(3)

正直な話、わたしはこの本の出版を諦めていたというか、絶対に世の中に出すぞ〜!的な意欲はあまり無かったんです。

1991年に書き上げてから、まず最初に持っていったのが、バシャールやら、エクトンなど数々の大ヒットを出版している「ヴォイス」という出版社です。

一緒にペルーへ行ったカメラマンの友人と一緒にヴォイスの社長さんとお会いしました。

まぁ結果的にヴォイスでは駄目だったんです。次期が早すぎたんでしょうね。

その頃はプロとしてチャネラーになるという段階でもなったので、名前も出てないし、知名度も全く無い状態でしたから、無理な話だったわけです。

その後に本格的なチャネリングのトレーニングが始まって、その後にも何回か社長さんとお会いするチャンスに恵まれました。

しかも1993年にアメリカへ引っ越す前に、何故だかヴォイスの旅行部から電話が入り、東京で行われるペルーツアーの説明会に来て欲しいと頼まれました。

説明会で話す人がいないという状態だったのです。

その時には既に東京でチャネリングの仕事を始めていたので、東京へ出かけて行きました。

この時のことは良く覚えています。

私はかなりの数の写真をスライド用のフィルムで撮影していたので、映写用のスライドを用意したりしたのもありますが、その時の説明会の時の成り行きが印象深かったんです。

会場には20人くらいの人がいたと思います。

宇宙人系の情報が特色のリサ・ロイヤル氏がツアー・リーダーで行くペルーツアーの説明会だったんです。

旅行の行程が私たちの行程とは違って、このツアーはボリビアの方へも行く予定になっていました。

どんな場所か? から始まって、どんなことが起きたなど、スライドを変えながら色々な話をしたわけです。

当然、その時点では行ったことのないボリビアの話は出来ません。

時間も残り少なくなって、ペルーの話も終わり、ボリビアのことに少し触れましたが、その時に、チラっとリーディングしたんです(笑)

ボリビアの行程とか、どんな感じになるのかをチャネリングで読もうとすると、空白な感じで帰って来たんです。

そこには行程すら無い感じでした。

説明会の間もアンテナを張って話していたので、終わり頃にピピっと情報が入ってしまったんですね。

そして私の口から出た言葉は・・・・。

「う〜ん、もしかしたら何かの原因で、ボリビアには行けないかもしれませんよ。」でした(怖)

後から聞いた話ですが、行けなかったそうです。

その後に私は渡米して、生活の拠点がアメリカに移り、「聖なる谷」の出版は頭の中から消えてしまいました。

その代わりというのも変ですが、「コズミックシフト」の執筆が始まったんです。

シアトルからホノルルへ移動してから、再び「聖なる谷」の出版を目指して、幾つかの出版社に原稿を送りましたが、実現化しませんでした。

丁度、日本の経済状況が悪くなっていった過程や、インターネットの急速な普及で本離れが騒ぎ始められていた時期です。

この頃にワシントン州にお住まいの翻訳家で、「バーソロミュー」シリーズと、ヴォイス刊の「ソース」などを手がけられた。ヒューイ・陽子さんにも誤字脱字の訂正を手伝っていただきました。

それから再び「聖なる谷」は置き去りにされ・・・(笑)

ホームページ作りに意欲を燃やしていた時期に、本として出版出来ないのであれば、ネットで公開しましょうか? という単純な理由で、ホームページで公開したわけです。

かなり長い年月の間に渡ってホームページに載せていたので、すでにお読みになっている方々が多いのはこのためです。

前回のブログでも書きましたけど、沢山の方々から感想のメールを頂きました。

まぁ話の内容で、UFO目撃が頻繁に出て来るのもあり、その頃はヴォランティアで「宇宙の何でも質問箱」という質疑応答もやっていたのもあり、「宇宙人チャネラー」という名詞がつきまとい始めたのもこの頃ですね。

ネットで公開してしまったので、実質的な出版というのは頭の中から無くなってしまったわけです。

それから更に様々なことがあって、年数が経ち・・・・。

「聖なるハワイイ」の出版話が持ち上がって、ウチの出版社の社長さんがホノルルに来た時に、「聖なる谷」の話をしたところ、近年のスピリチュアル・ブームの波もあり、乗り気になってくれたので、出版への扉が開いたわけです。

ということで、「聖なる谷:空中都市マチュピチュを超えて」は校正段階も終わり、現在、印刷屋さんに入っています。

もうすでに本屋さんからの注文も入っているそうで、あと少しで本屋さんに登場するわけです。

ネットで購入するのが面倒な方は、本屋さんに行って予約できると思います。

聖なる谷—空中都市マチュピチュを超えて (単行本(ソフトカバー))

Hiroshi Makaula Nakae (著)
  • 出版社: 書肆侃侃房(しょしかんかんぼう)
  • ISBN-10: 4902108992
  • ISBN-13: 978-4902108996
  • 発売日: 2009/5/25
本屋さんで上記のISBNの番号で検索してもらえば注文することが可能です。

☆「コメント」並びに「ご質問」などはメールにてお願いします。
次回での解説に勤めさせていただきます。
cosmicshift808@gmail.com

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

まか〜ウラの新刊
「聖なる谷:空中都市マチュピチュを超えて」がもうすぐ発売になります。


お問い合わせ、ご購入のご予約は書肆侃侃房まで。

★☆★☆★まか〜ウラのハワイイ本も好評発売中★☆★☆★

「聖なるハワイイ」
http://www.kankanbou.com/kankan/item/174


「スピリチュアルに楽しむオアフ島」
http://www.kankanbou.com/kankan/item/184


ご購入は書肆侃侃房、お近くの大型書店、
アマゾンなどのネット書店などでお求めになれます。

LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ご予約・お問合せ

▶エネルギーヒーリング基礎コース

▶まか~ウラのクレアヴォヤンス基礎コース

セッションのご予約・お問合せ

ブログの質問・感想などは電子メールで。


makaula@gmail.com

※お問い合わせを頂いた際に、ドコモ携帯でのメルアドの場合(@docomo.ne.jp)は返事を出しても戻ってきてしまます。ドコモ携帯をお使いの場合は、ブロック機能を確認され、PCからでも受信できる設定にされるか、その他のメルアドからご連絡ください。


GLBT長編恋愛小説


愛の島の呼び声を聴いたなら

誰一人その誘惑には逆らえない

http://www.amazon.co.jp/Blue-Dolphins-Hiroshi-Mak%C3%A4ula-Nakae-ebook/dp/B00LMV0UUQ/ref=sr_1_1?s=digital-text&ie=UTF8&qid=1404900402&sr=1-1&keywords=blue+dolphins

Kindleストアで絶賛発売中!
▶購入はコチラから


▶その他のサービス内容はコチラへ
▶まか~ウラのプロフィールはコチラ

▶Skypeによる個人セッションに関する内容はコチラ
▶まか~ウラの著作はコチラ


精神世界のランキングに登録してみました!



アマゾン読者レヴュー ★★★★★

[単行本(ソフトカバー)]  価格:¥ 1,890
【アマゾンでご購入出来ます】


世界的なベストセラー『聖なる予言』も刊行されてなかった1991年春。ひとりの青年がマチュピチュへ旅立った。そこで体験する常識をはるかに超えたスピリュチュアルな世界。色鮮やかなビジョン体験とUFO目撃談で綴る異色の旅行記。いま世界中のチャネラーがペルーを目指す。

人気の投稿