2016/09/06

☆グランドフェース②



アロハ

前回のグランドフェース①続きです。

グランドフェースの全体像はあまりにも広大な領域に関わっているようにしか思えないので、いったいどこから書けばいいものなのか考えこんでしまいます。

考え込んでいては筆が進まないので、とにかく書き進めてみますネ☆

グランドフェースは広大または偉大な段階という意味ですが、これが最終フェースではないようです。

まずこれから先の未来で重要な意味を持っているのがディスクロージャー。

これまで隠匿されてきた様々な情報が一般に公開され続けます。

その中で最も興味深いのがUFOとETそして彼らの文明とテクノロジーに関する情報公開です。

すでにロシアを含めた諸国は異星人の存在と地球への関与を認めていますが、爆弾発言的な公言は行なわれていません。

アメリカでもUFO並びにETに関係するFBIの情報は一部公開されていますが、とても古いもので、最新の情報ではありません。

どちらかというと公開しても然程の問題なり公衆のパニックを誘うような可能性が低い類のものです。

ディスクロージャーそのものにも段階があり、まず最初に目指しているのが政府にUFO並びにETの存在を公に認めさせること。

その次にET文明によるテクノロジーの公開。

これを目指してUFOコンタクトワークで世界的に活動しているのがドキュメンタリー映画「シリウス」を制作したDr.グリアー氏です。

現在のところ、アメリカならびにロシアの両大国がいったいどれくらい異星人から技術的な提供を受け、テクノロジーの開発が進んでいるのかは公にはされていません。

この異星人テクノロジーの公開と普及もカナリ時間のかかるものだと思います。

この中に含まれているのがテスラのフリーエナジー技術です。

フリーエナジーに関する情報は随分と長らく隠匿され、これまで手掛けてきた科学者達も押しつぶされてきました。

フリーエナジーそのものはすでに情報公開され、設計図もインターネット上で公のドメインにすらなっています。

昨年に物理学者のニッサム氏と働いている科学者のお話を聞くチャンスがあった時に、その方は何種類かのフリーエナジーデヴァイスを見たことがあると言っていました。

フリーエナジー技術に関するディスクロージャーはすでに起きてしまっているわけです。

世界のところどころで実験的に稼働し始めていますが、これが一般的になり、現在の電力システムに代わるのもまだまだ先のことになるでしょう。

現在のフリーエナジーに関する視点は、プロポーションシステムとしての観点です。

現在の石油や原子力発電に代わる自然を破壊しない、汚染しない電力システム、そして恒星間渡航を可能にさせるエネルギーシステムとしての可能性です。

異星人文明は、地球の科学を遥かに超えた反重力装置、ワープ機能、クローク機能を含めた恒星間を渡航することが可能なテクノロジーを持っていると憶測するのは簡単です。

それらの技術がなければ何万光年も離れた宇宙から地球に渡来できるわけがありません。

これらのテクノロジー技術の主な焦点はエレクトロマグネティクスの習性、重力波、に関するものだと思われているようですが、実際にはそれだけではありません。

これらのエネルギー推進システムに深く関係するのがフリーエナジー装置なわけですが、これは一般的に語られていない、とても重要な別の側面が隠されています。

現在の科学は、その世界観で物事を捉えます。

例えば相対性理論では光の速度よりも速く推進することは不可能だとわれています。

この理論からいうとUFOの移動原理は現在の科学を超えているということになります。

惑星間航行が可能なET文明の科学力は、地球の科学の範囲では理解が難しいということです。

UFOというと地球人的な視点ではメカニックなイメージが強いですが、実際にはどうなのでしょう?

UFOの多くはオーガニック:有機質で、マインドによって操作することが可能な類のものです。

異星人文明のテクノロジーは、私たちの科学とはカナリ違った様相のものだということです。

ではフリーエナジーの登場で世界が現在の電力システムから離れ、全世界がフリーエナジーで満たされるとどうなるのか?

当然のことながら自然を搾取せず、破壊せず、そして汚染しないエネルギー源なわけですから、石油や原子力発電に比べれば遥かに自然環境に良いことは明確です。

資源はフリー:無料であり、フリーエナジー発電装置が普及すれば自家発電も可能になるわけですから電力に関する問題は消えます。

これだけでも巨大な変化ですが、それだけではありません。

フリーエナジー装置はワイヤレスでエネルギーを放電+伝送させることが可能な装置です。

電線のないところでも電気が使えるようになるわけです。

それに加えて、人間が電球を手に持ってば光が灯るようになります。

人間の身体が電気を媒介するように働くということです。

フリーエナジー装置に関することで最も語られていないのは、全地球がフリーエナジーによってネットワークされることで私たち人間の肉体に何が起こるのかということです。

ではいったい何が起きえるのか?

フリーエナジーは私たち人間の肉体的な進化を促し始めます。

現在の人間の意識状態+肉体から、新人類の意識と肉体への進化が始まるのです。

続く☆

LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ご予約・お問合せ

▶エネルギーヒーリング基礎コース

▶まか~ウラのクレアヴォヤンス基礎コース

セッションのご予約・お問合せ

ブログの質問・感想などは電子メールで。


makaula@gmail.com

※お問い合わせを頂いた際に、ドコモ携帯でのメルアドの場合(@docomo.ne.jp)は返事を出しても戻ってきてしまます。ドコモ携帯をお使いの場合は、ブロック機能を確認され、PCからでも受信できる設定にされるか、その他のメルアドからご連絡ください。


GLBT長編恋愛小説


愛の島の呼び声を聴いたなら

誰一人その誘惑には逆らえない

http://www.amazon.co.jp/Blue-Dolphins-Hiroshi-Mak%C3%A4ula-Nakae-ebook/dp/B00LMV0UUQ/ref=sr_1_1?s=digital-text&ie=UTF8&qid=1404900402&sr=1-1&keywords=blue+dolphins

Kindleストアで絶賛発売中!
▶購入はコチラから


▶その他のサービス内容はコチラへ
▶まか~ウラのプロフィールはコチラ

▶Skypeによる個人セッションに関する内容はコチラ
▶まか~ウラの著作はコチラ


精神世界のランキングに登録してみました!



アマゾン読者レヴュー ★★★★★

[単行本(ソフトカバー)]  価格:¥ 1,890
【アマゾンでご購入出来ます】


世界的なベストセラー『聖なる予言』も刊行されてなかった1991年春。ひとりの青年がマチュピチュへ旅立った。そこで体験する常識をはるかに超えたスピリュチュアルな世界。色鮮やかなビジョン体験とUFO目撃談で綴る異色の旅行記。いま世界中のチャネラーがペルーを目指す。

人気の投稿