色彩療法ー色彩と心理学、感情の関係

色彩療法
テオ・ギンベル

¥3,059
Amazon.co.jp
「究極の旅」に続いて、いま読んでいる本。

これも中古の本屋さんで格安の値段で購入しました。

ホノルルにもこの手のことを勉強している方がいらっしゃるということですね。

この「色彩療法」の内容には驚きました。

とても充実している目次です。

まだ冒頭の部分しか読んでいませんが、とてもお勉強になっています。

遠隔ヒーリングでは、色彩の波長、波動を駆使します。

色に関することを深く知っているのと、全く知らないのでは大きな差が出ると思います。

わたしは幸いにも広告デザイナーとして色彩の基礎知識はありましたから、全く馴染みの無い内容ではありません。

色彩と心理学、感情の関係なども長年に渡って自分で勉強して来ましたけど、知れば知るほど奥が深い内容なので、飽きることはありませんね。

しかし、これが物理学的な内容に関わって来ると話しは別です。

更には脳の構造とか、色彩と肉体機能の関係性になると医学的な内容になるとワクワクしてしまいます。

一般的な色彩心理学の枠を超えて、物理学的、そして心霊的な分野まにまで及んでいる内容です。

感覚機能との関係性とか、色彩療法の実践的なアドバイスまで充実しています。

かなり専門的な内容なので、普通に読むには難しいでしょう。

カラーセラピーや、ヒーリング・ワークに関わっている方には超お勧めの内容です。

まか〜ウラの本

人気の投稿