2013/10/04

次の国内テロはどこになる?

アメリカ政府のシャットダウンで国内の機能はカナリ制限されています。

政府のシャットダウンはメディケアと国民年金には影響を与えない。

航空管制局、フェデラル刑務所、国境警備は引き続き稼働するが、給与の支払いは差し止め。


NASAはミッションコントロールを除いたほぼ全体が閉鎖。


国立公園は閉鎖。


政府職員80万人は無給で家に帰されたそうです。


空港と銀行、郵便、発電所、国境は動いています。

軍は部分的に機能していないようです。

60ビリオンの出資を10月17日までに作り出せる見込みはありません。

この先に待っているその他のアメリカ合衆国の支払い予定は以下の通り。


10月1日:42ビリオン(メディケア+現役軍人の給料+シビルサーボスと退役軍人への恩給など)


10月3日:25ビリオン(国民年金のベネフィット)


10月9日:12ビリオン

(追加の国民年金のベネフィット)

10月16日:12ビリオン
(追加の国民年金のベネフィット)

10月23日:12ビリオン
(追加の国民年金のベネフィット) 

11月1日:67ビリオン(メディケア+現役軍人の給料+シビルサーボスと退役軍人への恩給など)


この状態で10月17日までに60ビリオンを返済出来るのかが焦点です。


▼Debt ceiling cash crunch: Millions won't get paid
http://money.cnn.com/2013/09/26/news/economy/debt-ceiling-cash-crunch/index.html?iid=EL

アメリカの大手銀行の多くが政府は借金の債務を不履行するだろうと予測しています。

▼Investors bet on a U.S. default
http://money.cnn.com/2013/10/03/news/economy/investors-bet-us-default-cds/index.html


NASAの監督官はオバマ政権が国民に対してテロリストに関係する恐怖のプロットを流したと声明。

オバマ攻撃が始まっています。


NSA director admits to misleading public on terror plots
http://www.salon.com/2013/10/02/nsa_director_admits_to_misleading_public_on_terror_plots/?repost=sure



アメリカ政府がシャットダウンされる数週間前にワイキキでは不思議なことが起きていました。


エメラルドグリーンのレーザー光線を放って低空飛行する空軍の飛行機がワイキキの上を夜中に何度も行き来したのです。

これは自分の眼で見ました。

夜中近くにラナイに座っていたら、上からエメラルドグリーンの光りが街中を移動するので????と思って観察したのです。

レーザーなのは確かで、何度もワイキキの上空を往復していました。

変だったのは音で、ジェットやセスナ、ヘリコプターが低空飛行する時の爆音とは全く違ったものです。

何となく気に掛かったので検索したら、他にも同じように不思議に思った方々がいたらしく、9月16日に新聞社が声明を出していました。

政府のシャットダウンが始まった10月1日の二週間前です。

Low-flying aircraft with laser to scope Hawaii for months
http://www.hawaiinewsnow.com/story/23447224/low-flying-aircraft-with-laser-to-scope-hawaii-for-months


オアフ島の一帯で低空飛行しながら緑の光りを放つ飛行機に関して送られて来た数多くの質問に対して、アメリカ陸軍の工兵課応えています。

ハワイの住人たちはハワイニュースに対して、夜中に飛行機を目撃したと話しています。


「この飛行機は早朝の1時頃にエヴァビーチの周辺を何度も周航していました。自分の家を超えて
約6回も廻っていました。幅広の緑のレーザー光線でスキャンしているように見えました」と電子メールに書かれています。

その他の読者も「過去二日間に渡って低空飛行する飛行機が光る緑のレーザーを機体の下から放ちながらホノルルの上空を飛んでいた」と言っています。

「飛行機は何度も行ったり来たりを繰り返していました。V型のレーザーを下向きに放射し、ワイキキとモイリイリ、カパフル、マノアの地域を少なくとも6回は往復しています」

飛行機は LiDAR dataを集めていたと、米陸軍エンジニアを代表するジョセフ・ボンフィグロ氏は言っています。

緑色のレーザーは眼に有害なものではなく、ハワイ州の総ての海岸線のマップを計測するためのものとジョセフ氏は解説しています。


このデータは高解像度の地図を作るために使われます。

LiDARの飛行は、連邦航空局による飛行制限に沿って、夜中にオアフ島を飛ぶことを指示されています。
 
オアフ島のマップ集積は週の終わりまで続きます。


そして他島へ移り、日中に行われるとバンフィグリオ氏は言っています。

データの集積は11月まで行われる予定だそうです。



このハワイニュースの報道の中で最も辻褄が合わないのは、〝海岸線の高解像度マップを制作するためだという部分です。

しかも〝米陸軍による情報集積です。

そんなことは衛星を使ってとっくの昔に行われているもので、絶えずアップデートされています。

現在の衛星からの撮影は、通りを歩いている人の顔まで認識できるものです。

これはエジプトの街中や砂漠の中に埋もれている遺跡を発見するためにも使われています。

 LiDARをわざわざ飛ばさなくても、衛星から地面の下の様子を解析できるのです。

次に、目撃者はワイキキだけでなく、もっと内陸部のカパフル、モイリイリ、マノアの周辺もマッピングされていたと話しています。

海岸線だけでなく、総ての島を高解像度でマッピングしたということです。

そこでLiDARスキャンに関して調べてみました。

LiDARスキャンは、連邦機関に関係しています。

例えばFEMA:アメリカ合衆国連邦緊急事態管理庁と、USGS:米国地質調査、それに加えて郡と州機関などによって行われるものです。

政府によるLiDARスキャンの目的は、河川の氾濫原や、地震危険地帯のような場所の地形の地図を作るためです。

そんな目的を持ったものが、どうしてオアフ島の全域から、ハワイの島々で行われるのか?

そこで怪しい匂いを感じてしまったので、他にも別の場所で起きてないか調べてみました。

2012年の11月20日に同じようにNYのクイーンズ地区でもLiDARスキャンが行われています。

Twin-Engine Airplane flying over NYC with a green laser scanner (LIDAR)

 

クイーンズ区は、ニューヨーク市に置かれた行政上の5つの区の1つ。

その他はブロンクス区、ブルックリン区、マンハッタン区、クイーンズ区、スタテンアイランド区です。

この5つの中で、最も大きな行政区です。

数多くの移民の居住地で、JFK国際空港とラガーディア空港も、この行政区にあります。

http://ja.wikipedia.org/wiki/クイーンズ区

そして2012年の8月半ばにデトロイトでもLiDARスキャンが行われていることを発見しました。 

Why is "Navy" plane flying over the lake
http://www.lakestclair.net/index.php?/topic/98230-why-is-navy-plane-flying-over-the-lake/

アメリカのデトロイトは2013年7月18日に財政破綻を声明しています。

ミシガン州の連邦地方裁判所に連邦倒産法第9章適用を申請してあります。


負債総額は180億ドル(約1兆8000億円)を超えるとみられ、財政破綻した自治体の負債総額で全米一です。

http://ja.wikipedia.org/wiki/デトロイト


検索では、デトロイト、クイーンズ、オアフ島の三つの都市しか夜中の目撃例は出て来ません。

昼間も行えるものですから、日中の場合は目撃されにくいのでしょう。

ここで私は三つの都市の関係性を考えました。

デトロイトは破産した街

クイーンズはNY近辺で最も大きな行政区 

オアフ島+他島はアメリカの観光地の中で、日本、韓国、中国、フィリピン、オーストラリアなどの環太平洋地区からの観光客が訪れるリゾート地。

三つの都市には何の関係性もないように見えます。

関係があるのはアメリカ軍です。

アメリカは戦争を始めることで景気の回復をしたいわけですが、世界的な風潮の中で、今までのように中東へ軍を送り込むことが出来ない状態にあります。

戦争したくても出来ないということです。

中東ネタは使い古され、この三都市のスキャンに次の計画の匂いを感じてしまいました。 

仮にこの三つの都市が次の国内テロのターゲットにされるとしたら?

デトロイトは破産した街なので、壊すには最適かも知れません。

クイーンズは政治区画なので、テロを起こす目的だと政治への影響です。

ハワイとなると目的は環太平洋域への影響が考えられます。

そしてハワイは太平洋の島ですから、仮に核が使われたとしてもその他の州には影響は少なくなります。

デトロイト、クイーンズ、ハワイの中で、最も国際的なダメージを与えられるのは何処でしょう?

最も多くの国々が参戦する状態になる可能性が高い場所は何処の街でしょうか?

政府のシャットダウンで北朝鮮が再び懸念な動きをしていることが報道されています。

北朝鮮は戦争準備に入っているそうです。

これは私の妄想ですが、可能性が全く無いとも言えません。

そうならないで欲しいと願いますケド。

続く






精神世界のランキングに登録してみました!

 にほんブログ村 哲学・思想ブログ アセンションへ 

 にほんブログ村

1日1回、クリック、お願いします。

「ホルスの錬金術 黄金ファラオの秘宝」の前編になるのが「聖なる谷 空中都市マチュピチュを超えて」で、こちらの方は1991年に出かけたインカ帝国の遺跡を巡る旅の中での神秘体験やUFO目撃を綴った旅行記です。


アマゾン読者レヴュー ★★★★★




 [単行本(ソフトカバー)] 価格:     ¥ 1,890

世界的なベストセラー『聖なる予言』も刊行されてなかった1991年春。ひとりの青年がマチュピチュへ旅立った。そこで体験する常識をはるかに超えたスピリュチュアルな世界。色鮮やかなビジョン体験とUFO目撃談で綴る異色の旅行記。

いま世界中のチャネラーがペルーを目指す。   

▶まか〜ウラのプロフィールはコチラ

★セッションのご予約・お問合せ、ブログの質問・感想などは電子メールで。

makaula@gmail.com

[ まか〜ウラのSEATTLE日記] http://makaula-seattle.blogspot.com/
[ まか〜ウラのHAWAII日記] http://makaula-hawaii.blogspot.com/
[ eCardsが伝える神託の言葉] http://ecards808.blogspot.com/
[ 光りと癒しの光速ヒーリング] http://quantum-resonance.blogspot.com/

[Fecebook] https://www.facebook.com/pages/Hiroshi-Makaula-Nakae/304407229570904


LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ご予約・お問合せ

▶エネルギーヒーリング基礎コース

▶まか~ウラのクレアヴォヤンス基礎コース

セッションのご予約・お問合せ

ブログの質問・感想などは電子メールで。


makaula@gmail.com

※お問い合わせを頂いた際に、ドコモ携帯でのメルアドの場合(@docomo.ne.jp)は返事を出しても戻ってきてしまます。ドコモ携帯をお使いの場合は、ブロック機能を確認され、PCからでも受信できる設定にされるか、その他のメルアドからご連絡ください。


GLBT長編恋愛小説


愛の島の呼び声を聴いたなら

誰一人その誘惑には逆らえない

http://www.amazon.co.jp/Blue-Dolphins-Hiroshi-Mak%C3%A4ula-Nakae-ebook/dp/B00LMV0UUQ/ref=sr_1_1?s=digital-text&ie=UTF8&qid=1404900402&sr=1-1&keywords=blue+dolphins

Kindleストアで絶賛発売中!
▶購入はコチラから


▶その他のサービス内容はコチラへ
▶まか~ウラのプロフィールはコチラ

▶Skypeによる個人セッションに関する内容はコチラ
▶まか~ウラの著作はコチラ


精神世界のランキングに登録してみました!



アマゾン読者レヴュー ★★★★★

[単行本(ソフトカバー)]  価格:¥ 1,890
【アマゾンでご購入出来ます】


世界的なベストセラー『聖なる予言』も刊行されてなかった1991年春。ひとりの青年がマチュピチュへ旅立った。そこで体験する常識をはるかに超えたスピリュチュアルな世界。色鮮やかなビジョン体験とUFO目撃談で綴る異色の旅行記。いま世界中のチャネラーがペルーを目指す。

人気の投稿