2008/12/16

食欲とイライラ

今日、お友達と話していて気づいたことがあります。

それは、異常な食欲と、イライラです(笑)

私は先週の金曜日から、食欲の変化に襲われております。

甘いものが食べたいので、ストレスかな? と思っていましたけど、どうやら、そうでもなさそうです。

友人も異様な食欲で、レストランで、これも食べるかと驚かれるくらいに、ペロっと平らげてしまったそうです。

しかも、全然平気で食べれてしまう、変な感じの食欲です。

お友達だけなら良くある話しのように聞こえるんですけど、息子さんも異様な食欲で、とにかくお腹が空いて、食べに食べまくるんだそうです・・・。

しかもデザートに、バナナサンデーなんだそうです(笑)

普通以上に食べて、それでもお腹に入ってしまう場合は、何か別の所に食事からのエネルギーが行っているんですね。

イライラは、月曜日の朝からでした。

これは少し困りますね。

私一人だと、仕事のストレスかな? と思うんですけど、どうもそうでもない様子です。

とにかく予定が思い通りに進まないので、気が焦ってイライラするわけです。

全ての進行が遅いというか、スムーズに運ばないのでイライラするわけです。

レストランに入ったら、注文しようとすると電話が鳴って関係者と話さなければいけないハメに。

これが三回ほど続いて、注文取りを待っていたら、全く注文を取りに来る気配もないので、そのまま店を出て、隣の店に入ってしまいました。

更に、注文していた品を引き取りに行っても、とにかくスローで、切れそうになってしまったわけです。

とにかく私の脳みその中の回転数と、周囲の脳みその回転数が違う感じがして、どこに行っても噛み合ないわけです。

とりあえず、オーバーヒト気味の自分の脳みそのエネルギーを削減して、回転数を普通にし、オーバーフローにならないように努めてみました。

一緒に居た友達が「今日は何処にいっても殺気立ってたわよ。皆なんでか知らないけど、イライラしてるのよね。それで自分もイライラしてるのに気づいたから、それに振り回されないように、変えたわよ」と言ったわけです。

そして私は考えました。

イライラしているのは私だけではないという現実です。

周囲の脳みその回転数と、自分の脳みその回転数が違う時は、イライラしたり、頭痛がしたり、異様に眠たくなったりします。

これはその時の状況にもよるんですが、自分の脳みその回転数が、いつもより速いというか、オーバーフロー気味だと、非常にイライラします。

これは自分で自分の脳みその回転数を操作出来るようになりなさいというお告げのようなものですね。

しばらく脳みそのモニターをして、コントロールするように努めてみます。

☆下に並んでいる小さな「コメント」の文字をクリックするとコメントを書き込めます。更に知りたいこと、シェアしたいことがあればお書き込みください。コメントによるフォロー、もしくは次回での解説に勤めさせていただきます。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

まか〜ウラのハワイイ本「聖なるハワイイ」&「スピリチュアルに楽しむオアフ島」好評発売中。お近くの大型書店、アマゾンなどのネット書店などでお求めになれます。

LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ご予約・お問合せ

▶エネルギーヒーリング基礎コース

▶まか~ウラのクレアヴォヤンス基礎コース

セッションのご予約・お問合せ

ブログの質問・感想などは電子メールで。


makaula@gmail.com

※お問い合わせを頂いた際に、ドコモ携帯でのメルアドの場合(@docomo.ne.jp)は返事を出しても戻ってきてしまます。ドコモ携帯をお使いの場合は、ブロック機能を確認され、PCからでも受信できる設定にされるか、その他のメルアドからご連絡ください。


GLBT長編恋愛小説


愛の島の呼び声を聴いたなら

誰一人その誘惑には逆らえない

http://www.amazon.co.jp/Blue-Dolphins-Hiroshi-Mak%C3%A4ula-Nakae-ebook/dp/B00LMV0UUQ/ref=sr_1_1?s=digital-text&ie=UTF8&qid=1404900402&sr=1-1&keywords=blue+dolphins

Kindleストアで絶賛発売中!
▶購入はコチラから


▶その他のサービス内容はコチラへ
▶まか~ウラのプロフィールはコチラ

▶Skypeによる個人セッションに関する内容はコチラ
▶まか~ウラの著作はコチラ


精神世界のランキングに登録してみました!



アマゾン読者レヴュー ★★★★★

[単行本(ソフトカバー)]  価格:¥ 1,890
【アマゾンでご購入出来ます】


世界的なベストセラー『聖なる予言』も刊行されてなかった1991年春。ひとりの青年がマチュピチュへ旅立った。そこで体験する常識をはるかに超えたスピリュチュアルな世界。色鮮やかなビジョン体験とUFO目撃談で綴る異色の旅行記。いま世界中のチャネラーがペルーを目指す。

人気の投稿