★iPadの行方・・・

ホテルの部屋で小さなiPodとにらめっこしながら電子ブックを漁っていたら、アームステッド・マウピンの新作本が出ていたので、即座にダウンロード。

そのまま部屋でダウンロードした電子本をiPodの小さな画面で読んでいました。


iPodは小さくて携帯するのに非常に便利なんですが、あまりの小ささにメールを書いたり、ブログを書いたりという作業が非常に面倒です。

私の場合は、考える速度と、実際にiPodに向かいつつ、指先だけで小さなボタンを押す速度が全く噛み合ないので、苛々してしまって長文など書く気になりません・・・・。

このような小さな携帯機種でメールをやりとりしたり、ブログを書いたりしている人はスゴイと思います・・・。

サンフランシスコに到着して驚いたのは、アップル・コンピューターのiPadの広告宣伝です。

空港から地下鉄の中、さらには街中の街頭看板にまで、ありとあらゆる場所にiPadの大型広告が・・・。

ホノルルでは街中に大型看板の街頭広告なんでないので驚きました。



iPadが登場してから、その他の会社からタブレット型の同じような機種が安価で発売され始めたからでしょうか?

街中がiPadの広告だらけというのも本土らしい光景なのでしょう・・・。

ホノルルでは有り得ない光景です・・・。




これらのタブレット型コンピューターの登場で、電子ブックはもっと市民権を得るのは間違いないと思います。

年明けの新聞の見出しにも、年末年始で電子ブックの売り上げが飛躍的に伸びたことが書かれていました。

いつも旅行に出かける時は本を数冊持参するのですが、やはり重たいので考えてしまいます。

その点、電子ブックだと本を抱えて移動しなくて良いからラクチンですね。


そんな感じで帰りの飛行機の中でも引き続き本を読んでいるとiPadが欲しくなってしまいました・・・。

やっぱり非常に小さな携帯型の「iPod」よりも、タブレット型の「iPad」の方が旅行には適してると思いますが、イマイチ踏み切れないワタシ・・・。

春先には「iPad」の新しいヴァージョンが登場するので、それが出て来たら考えます。

しかし、「iPhone」と「iPod」はホボ同じような大きさで、その違いは電話が出来るかできないかの違い。

「iPad」は基本的には「iPod」の大型判なのには変わりありません。

実は一度「iPad」を購入したのですが、お試し期間の2週間で返品してしまったのです。

その理由は私にとっては非常に使いにくかったからです。

本を読んだりネット検索したり、ゲームしたり映画を観たりと言う部分では便利なのですが、一度グラフィック的な仕事となると話は別です。

デザインをしたりというのが、iPadの場合は全く追いついていないので、ここは薄型のラップトップのマックエアーを買うべきかと迷ってしまいます。

私が思うに・・・

将来的には、iPadとマックエアーの中間ヴァージョン、既存のラップトップのように開かずに、スライドさせるとキーボードとマウスパッドが出現する機種が登場するのではないかと思うのです。

現に他社から、ラップトップのモニター部分がスライドして回転する機種が発案されてるんですよね。

昨年を振り返ってみた時に、旅行をする頻度が増えているのは確かです。

これから先はラップトップかタブレット型のコンピューターを持参するのが賢いと思うのですが、どうしよう・・・。

まか〜ウラの本

人気の投稿