2009/10/01

◆周囲にもいい意味での影響が起きる

Makaulasさま

こんにちわ。

●その後の報告をさせていただきます。

教えていただいたように、

■軽い運動(ウォーキングを少し)

■頭を軽く叩く

ことを実践したら、大分、楽になりました。

異常な食欲も収まりつつ、ただ、すごく気持ち的に落ち込んだりしていましたが、ブログを読む限り、オーラが浄化されて他のエネルギーに対して敏感になっているという状況だとわかり、安心しました。

もともと、あまり人がたくさんいるところとか、感情の起伏の激しい人と一緒にいると、すごく疲れやすいので、そういうのが浄化されて、強力になっているのかな?と思いました。

かすかですが、まだその状況は続いているようです。

(頭と首と背骨のあたりがたまに、正しい位置に動こうとしているような感覚があって、これをスムースにするために多少、運動しっかりして、食べ物も気をつけようと思うようになりました)

私にとっての大浄化みたいです。

ありがとうございます。

エネルギーあたりするっていうのは、受ける側としての器が小さいからなんでしょうか。
(それだけ、大きく素晴らしいエネルギーを送っていただいたんですね、ありがとうございます)

●皆さんの感想をブログで読んで、「あ!」と思ったことなど。

①特に今回は両親のヒーリングはお願いしていなかったのですが、二人が妙に直感的な行動しています。弟は普段カスタマーサービスのようなところで気づかいをして仕事をしていて、イライラしているのですが、それがこの何日か落ち着いています。

特にお願いしてなかったのに、私がヒーリングを受けたことで、周囲にもいい意味での影響が起きるんだと実感しました。

つながっているんだな、と思いました。

②ヒーリングを受けた次の日は、日本ではお彼岸だったのですが、父と母にお墓参りに連れて行かれました。

いつもは、特にその日、ということで行ったりはしなかったり、予定が詰っていたりで行かないことのほうが多いのですが、なんとなく自然に行くことになりました。

おじいちゃんやおばあちゃんに、今後も自分を守ってもらうように、自分の役割をきちんと果たせるようにお願いをして帰ってきました。

その日は1日、私の後を、降りはしないけれど、雨雲がついて廻る(ようなかんじ)ようで、お墓は山の上にあるのですが、そこだけ丸く雲が抜けて、ぴーかんで猛暑なくらい暑く不思議な空模様でした。

帰りもずっと雨雲がついてまわっていましたが、帰り道、お寺の名前をふと見ると、

龍雲山 高乗寺

とあり、ああ、龍神さまのお導きだったのか、と気がつきました。(今までお寺の名前をしりませんでした)ものすごい納得です。

またまた、長くなってしまいました。

でも、心から感謝です。

今も時折良いにおいが部屋にしてます。





アロハ

感想ありがとうございます。

感情のブレは次第に修まると思います。


ご家族も調子が良くなった良かったですね。


龍雲山 高乗寺には行ったことはありませんが、良さそうな場所ですね。

今度いかれましたら、龍神様に宜しくお伝えください。


また受けられて下さいね。

LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ご予約・お問合せ

▶エネルギーヒーリング基礎コース

▶まか~ウラのクレアヴォヤンス基礎コース

セッションのご予約・お問合せ

ブログの質問・感想などは電子メールで。


makaula@gmail.com

※お問い合わせを頂いた際に、ドコモ携帯でのメルアドの場合(@docomo.ne.jp)は返事を出しても戻ってきてしまます。ドコモ携帯をお使いの場合は、ブロック機能を確認され、PCからでも受信できる設定にされるか、その他のメルアドからご連絡ください。


GLBT長編恋愛小説


愛の島の呼び声を聴いたなら

誰一人その誘惑には逆らえない

http://www.amazon.co.jp/Blue-Dolphins-Hiroshi-Mak%C3%A4ula-Nakae-ebook/dp/B00LMV0UUQ/ref=sr_1_1?s=digital-text&ie=UTF8&qid=1404900402&sr=1-1&keywords=blue+dolphins

Kindleストアで絶賛発売中!
▶購入はコチラから


▶その他のサービス内容はコチラへ
▶まか~ウラのプロフィールはコチラ

▶Skypeによる個人セッションに関する内容はコチラ
▶まか~ウラの著作はコチラ


精神世界のランキングに登録してみました!



アマゾン読者レヴュー ★★★★★

[単行本(ソフトカバー)]  価格:¥ 1,890
【アマゾンでご購入出来ます】


世界的なベストセラー『聖なる予言』も刊行されてなかった1991年春。ひとりの青年がマチュピチュへ旅立った。そこで体験する常識をはるかに超えたスピリュチュアルな世界。色鮮やかなビジョン体験とUFO目撃談で綴る異色の旅行記。いま世界中のチャネラーがペルーを目指す。

人気の投稿