2009/01/25

音声ファイル

先日「コズミックシフト2009」をお申し込みになられた方々に、ジュジュと二人で録音した「音声ファイル」が発送されました。

今までオンライン上では「活字媒体」だけだったので、「目で読む」という行為が主でした。

今回の「音声ファイル」の登場で、「聴く」という方向性が加わったわけです。

この「聴く」という行為は、「聴覚」を主に使いますが、実際にはそれだけではありません。

「音」は「振動」なので、この「振動」を受けることが出来る部位であれば、何処にでも入って行くわけです。

要は、身体のほぼ全ての部分に行き渡るので、「読む」という行為よりも、全体的だと言えるかも知れません。

「音」というのは、「聴覚」で聴いている感じがしますが、実際にはそれ以外の部分も聴いているんですね。

ですから、聴覚を通じて聴いていなくても、身体の他の部分が聴いていたり、皮膚や細胞が聴いていたりするわけです。

先日は、この「音声ファイル」の第二弾を録音しました。

普通にジュジュと二人で話しながらツインでチャネルをする場合は、それを聴く人がいるという設定ではありません。

今回の音声ファイルの録音で解ったことは、それを聴く人がいるという設定が明確にあると、会話の時に放つ波動域とか、周波数とかが、かなり変化するということです。

しかも声を出す「声帯」からの波動だけでなく、体全体の波動域が変化します。

以下が「音声ファイル:第一弾」を聴いた人達から届いた感想の一部です。

★回路や細胞が変化します

★聴いた後は変容意識状態です

★何かチューンアップしているみたい

★細胞が振動している感じがします

★第三の目の奥が動いています

これらの感想から解るのは、視覚的に文字を読んで理解するのとは、また別の方向性で受けとっているということですね。

二人で話している内容というのも関係するとは思いますが、私が思うには、わたし達が話している時の状態の波動が録音されている状態なんだと思います。

ですから、真剣に聴いていると、内容を重視したところに意識の焦点が当たり、それと同時に、内容を超えた部分での波動的な影響も受けているということになります。

ということは、まぁ真剣に聴かなくても、音声ファイルを聞き流すだけでも、それなりに変化が現れるということですね。

お申し込みになった方々は、音声ファイルの第二弾をお楽しみに(笑)

第二弾は、話している内容と共に、波動の影響も更に強力です(笑)

☆「コメント」並びに「ご質問」などはメールにてお願いします。
次回での解説に勤めさせていただきます。
cosmicshift808@gmail.com

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

まか〜ウラのハワイイ本「聖なるハワイイ」&「スピリチュアルに楽しむオアフ島」好評発売中。お近くの大型書店、アマゾンなどのネット書店などでお求めになれます。

LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ご予約・お問合せ

▶エネルギーヒーリング基礎コース

▶まか~ウラのクレアヴォヤンス基礎コース

セッションのご予約・お問合せ

ブログの質問・感想などは電子メールで。


makaula@gmail.com

※お問い合わせを頂いた際に、ドコモ携帯でのメルアドの場合(@docomo.ne.jp)は返事を出しても戻ってきてしまます。ドコモ携帯をお使いの場合は、ブロック機能を確認され、PCからでも受信できる設定にされるか、その他のメルアドからご連絡ください。


GLBT長編恋愛小説


愛の島の呼び声を聴いたなら

誰一人その誘惑には逆らえない

http://www.amazon.co.jp/Blue-Dolphins-Hiroshi-Mak%C3%A4ula-Nakae-ebook/dp/B00LMV0UUQ/ref=sr_1_1?s=digital-text&ie=UTF8&qid=1404900402&sr=1-1&keywords=blue+dolphins

Kindleストアで絶賛発売中!
▶購入はコチラから


▶その他のサービス内容はコチラへ
▶まか~ウラのプロフィールはコチラ

▶Skypeによる個人セッションに関する内容はコチラ
▶まか~ウラの著作はコチラ


精神世界のランキングに登録してみました!



アマゾン読者レヴュー ★★★★★

[単行本(ソフトカバー)]  価格:¥ 1,890
【アマゾンでご購入出来ます】


世界的なベストセラー『聖なる予言』も刊行されてなかった1991年春。ひとりの青年がマチュピチュへ旅立った。そこで体験する常識をはるかに超えたスピリュチュアルな世界。色鮮やかなビジョン体験とUFO目撃談で綴る異色の旅行記。いま世界中のチャネラーがペルーを目指す。

人気の投稿