2009/03/28

幽体離脱に失敗か?

「聖なる谷」のデザインをしていて、ネット検索していたら、なぜかブラウザーにグーグルマップが出て来て、マチュピチュの地図が出て来たのでしばらく眺めていました。


ビックリです。グーグルマップも進化しましたね。


少し前までは、マチュピチュの衛星写真なんてなかったのに、今はチャンと表示されるんですわ。


下記のリンクでご挑戦あれ(楽)


http://maps.google.com/maps?hl=en&client=firefox-a&rls=org.mozilla:en-US:official&hs=eCj&ei=dIrNSZLdAaDmtQObzsGgAw&resnum=0&q=machu%20picchu&um=1&ie=UTF-8&sa=N&tab=wl


あのクヨクヨと曲折する上り道がちゃんと表示されているではないですか!


さらに動かして行くと、ちゃんと遺跡の姿まで写っている!!!


あぁ、私は久しぶりにマチュピチュへ行きたくなってしまいました。


とにかく今は「聖なる谷」の全てのデザインも入校しないといけないし、入校したら次は校正の雨アラレ攻撃に合うだろうし、その次は次のハワイ本を超特急で仕上げなければいけないし・・・。


マチュピチュどころではない現状なので「まぁいいか、幽体離脱して行くから良いもん・・・」とつぶやいてしまいました。


そしてその晩のこと・・・。


寝ていたと思ったら、目が覚めて、身体が動きません・・・。


しかもパタンと音がして、何か身体がひっくり返ったような感じでした。


お馬鹿な私は「また金縛りか?!」と思って、内心では少し焦りながら、身体を動かして、呪縛から逃れる努力をしておりました・・・。


こういう時って声も出ないんですわ。


なんて言うんでしょうか、意識はあるものの、身体と繋がってないので、身体が動かせないわけです。


エイぁ、エイャ!と頑張って、ようやくの思いで身体を動かしたら、ヒックリ返っていたと思ったのに、寝た時のままの状態でした・・・。


どうしてヒックリ返ってないんだろう・・・? と考えたんですけど、答えは出て来ません。


そして暫くして、もしや、これは幽体離脱に失敗したのかも?という考えに至りました。


もし失敗したのなら、それは残念なことをしました。


旅行費ただでマチュピチュに行けるチャンスだったのに・・・・・(悲)


ということで、また気分が乗ったら起きるかもしれないので、そしたら頑張って抜け出てみたいと思います。




☆「コメント」並びに「ご質問」などはメールにてお願いします。次回での解説に勤めさせていただきます。


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


まか〜ウラのハワイイ本「聖なるハワイイ」&「スピリチュアルに楽しむオアフ島」好評発売中。お近くの大型書店、アマゾンなどのネット書店などでお求めになれます。

LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ご予約・お問合せ

▶エネルギーヒーリング基礎コース

▶まか~ウラのクレアヴォヤンス基礎コース

セッションのご予約・お問合せ

ブログの質問・感想などは電子メールで。


makaula@gmail.com

※お問い合わせを頂いた際に、ドコモ携帯でのメルアドの場合(@docomo.ne.jp)は返事を出しても戻ってきてしまます。ドコモ携帯をお使いの場合は、ブロック機能を確認され、PCからでも受信できる設定にされるか、その他のメルアドからご連絡ください。


GLBT長編恋愛小説


愛の島の呼び声を聴いたなら

誰一人その誘惑には逆らえない

http://www.amazon.co.jp/Blue-Dolphins-Hiroshi-Mak%C3%A4ula-Nakae-ebook/dp/B00LMV0UUQ/ref=sr_1_1?s=digital-text&ie=UTF8&qid=1404900402&sr=1-1&keywords=blue+dolphins

Kindleストアで絶賛発売中!
▶購入はコチラから


▶その他のサービス内容はコチラへ
▶まか~ウラのプロフィールはコチラ

▶Skypeによる個人セッションに関する内容はコチラ
▶まか~ウラの著作はコチラ


精神世界のランキングに登録してみました!



アマゾン読者レヴュー ★★★★★

[単行本(ソフトカバー)]  価格:¥ 1,890
【アマゾンでご購入出来ます】


世界的なベストセラー『聖なる予言』も刊行されてなかった1991年春。ひとりの青年がマチュピチュへ旅立った。そこで体験する常識をはるかに超えたスピリュチュアルな世界。色鮮やかなビジョン体験とUFO目撃談で綴る異色の旅行記。いま世界中のチャネラーがペルーを目指す。

人気の投稿