2014/05/09

もうすぐ出版されます☆

アロハ

今回は近況報告です。

小説ブルードルフィンの方は私の仕事は終わり、編集側で最終のチェック作業が進んでいます。

多分もうすぐ発売されます☆

もう少しお待ちください。

 小説ブルードルフィン

今回は初めての小説なので、今までとはカナリ趣の違う作品です。

そして今回も今までと同じようにカヴァーデザインから各章の扉イメージ制作まで行わせて頂きました。

小説ブルードルフィンの中には14枚の扉イメージが挿入されています。

そしていま考えているのが、文字だけの小説に加えて、3Dで制作したキャラクター+小説内の場面のイラストレーションを挿入したヴァージョンです。

小説に3Dイラストの挿絵が入るという趣向です。

3Dのイラストはもともとキャンペーン用のピクチャーBOOKのためにを作り始めました。

しかし制作を続ける中で当初の予定だった約30枚よりも大幅に膨らんでしまったのです。

ここまできたのだから、いっそのこと小説の主なシーンを全てイラスト化してみようと挑戦しみました。
 
 小説ブルードルフィン:3Dイラスト・ヴァージョン



それに加えて準備中なのが小説ブルードルフィンのコンパニオンBOOKです。

こちらのタイトルは「青いイルカと泳いだ日」。

小説に関係するエッセイな内容で、こちらにも3Dのイラストをたくさん挿入してあります。


そして「eCard:カードが伝える神託の言葉」も完成間近になってきました。

カードデッキの方はすでに印刷から上がって手元に届いています。

マニュアル本の方もすでに印刷所に入校済みで、校正も終わり、印刷工程に入りました。

4月の20日前後には届いて欲しいのですが、遅くても4月一杯には届けられると思います。

こちらの方の販売とカードリーディングのクラスに関しては、また後から告知させていただきますので、もう少しお待ちくださいネ☆

次に待っているのが「シアトル珈琲散歩」の本格的な執筆です。

こちらは写真とエッセイでまとめた観光ガイドブックです。

「HAWAII de 花散歩」 にた感じの本になると思います。

日本の皆さんは、イチロー選手のいたシアトルとして名前くらいは知っているのではないでしょうか。

シアトルの名前は知っていても、いったいどんな街なのか知らない人が多いと思います。

そこで「シアトルってこんな街」という紹介本を制作することにしました。

シアトルはスターバックスの本店がある珈琲な街です。

そして街中の至る所にカフェがたくさんあります。

この本では、個性的な珈琲SHOP、カフェ、レストラン、主な観光地などをメインにシアトルという街を全体的に紹介していきます。

すでに大半の写真は撮影済みなので、本格的な本の構成+レイアウト、そして執筆に入ります。

まだまだ先は長いですが、これから必死で頑張ります☆

マハロ


LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ご予約・お問合せ

▶エネルギーヒーリング基礎コース

▶まか~ウラのクレアヴォヤンス基礎コース

セッションのご予約・お問合せ

ブログの質問・感想などは電子メールで。


makaula@gmail.com

※お問い合わせを頂いた際に、ドコモ携帯でのメルアドの場合(@docomo.ne.jp)は返事を出しても戻ってきてしまます。ドコモ携帯をお使いの場合は、ブロック機能を確認され、PCからでも受信できる設定にされるか、その他のメルアドからご連絡ください。


GLBT長編恋愛小説


愛の島の呼び声を聴いたなら

誰一人その誘惑には逆らえない

http://www.amazon.co.jp/Blue-Dolphins-Hiroshi-Mak%C3%A4ula-Nakae-ebook/dp/B00LMV0UUQ/ref=sr_1_1?s=digital-text&ie=UTF8&qid=1404900402&sr=1-1&keywords=blue+dolphins

Kindleストアで絶賛発売中!
▶購入はコチラから


▶その他のサービス内容はコチラへ
▶まか~ウラのプロフィールはコチラ

▶Skypeによる個人セッションに関する内容はコチラ
▶まか~ウラの著作はコチラ


精神世界のランキングに登録してみました!



アマゾン読者レヴュー ★★★★★

[単行本(ソフトカバー)]  価格:¥ 1,890
【アマゾンでご購入出来ます】


世界的なベストセラー『聖なる予言』も刊行されてなかった1991年春。ひとりの青年がマチュピチュへ旅立った。そこで体験する常識をはるかに超えたスピリュチュアルな世界。色鮮やかなビジョン体験とUFO目撃談で綴る異色の旅行記。いま世界中のチャネラーがペルーを目指す。

人気の投稿