2014/12/01

第1章ゴールデンゲート③UFOとトリニティー実験

 

天空神ホルスの錬金術①
アンドロメダの青い瞳

 第1章
ゴールデンゲート 
①サンフランシスコへ
②ゴールデンゲート橋の記憶

③UFOとトリニティー実験
 

サンフランシスコと原爆の繋がりは書きましたが、それら内容がアセンションやホルスの錬金術という全く関係なさそうに思える事柄と一体とどのように関係するのかと思うかも知れません。

しかし、これらは同じ線上で深く繋がっているのです。
 

原爆は原料である「ウラニウム」に関係するもので、ネイティブ・アメリカンの「ホピ族の予言」に絡んでいます。

それだけではなくUFOが墜落した「ロズウェル」ににも密接に関係しているのです。
 

世界で初めての原爆実験は「トリニティー計画」と呼ばれました。



トリニティーはクリスチャニティーに関係するアイデアで、基本的には「神と精霊と魂」との繋がりを示唆しているのですが、そんな意味合いの言葉が原爆実験の計画の名前というのも不可解なものです。
 

トリニティーでの実験のために製造されたのが「ガジェット」と呼ばれた世界初の原子爆弾です。


アメリカ軍は広島に原爆を落とす前に、トリニティーの核実験場で原爆を落としてテストを行いました。


これらのテスト結果によって「リトル・ボーイ」と「ファット・マン」と呼ばれる二つの原爆が製造されました。
 

広島に落とされた「リトルボーイ」は「ウラニウム235」で製造された原爆です。
 

ウラニウムというのは、地球上に存在する天然の元素の中で「最も重い重金属」です。

その名前はギリシャ神話に登場する天空神、全世界を最初に統べた神々の王「ウーラノス」の名からとられています。

ウーラノスは、カオスの娘であり「大地の女神ガイア」の息子であると同時に夫でもあります。

ウーラノスはガイアとの間にクロノスらティーターンの12神をもうけます。
 

ウラニウム鉱石の99.3%は「ウラニウム238」で、燃料や兵器として利用するためには遠心分離機を使用して「ウラニウム235」を抽出する方法がとられます。

「ウラニウム235」は極めて稀なもので、ウラニウム鉱石の中でも0.7%程度の産出量しかありません。

中性子を吸収することによって核分裂反応を起こすという稀な素材のために、トリニティーで使われた「ガジェット」に続く「ウラニウム235」を使った「リトル・ボーイ」は1つしか製造されませんでした。

長崎に落とされた「ファット・マン」は「ウラニウム235」ではなく「プルトニウム」を使った原爆です。

プルトニウムの名前は、ローマ神話の地下の鉱物資源の守護神であり、冥界の王プルトーンに由来し、プルートーンは「富める者」という意味もあります。
 

放射性物質の「プルトニウム」は元々は自然界に存在するものではなく、原子炉内でウラニウム238が中性子を吸収することによって生成される物質です。

プルトニウムがアルファ崩壊すると大量のアルファ線を放出し、微量でも生物を被曝死させます。

プルトニウム金属の粉塵は肺に沈着しやすく、アルファ線を放出するため、体内に蓄積されると強い発癌性を持ちます。
 

トリニティー計画で生まれた二つの原爆は、サンフランシスコに輸送され、そこから太平洋を渡ることになります。


リトルボーイは「USSインディアナポリス」によって7月16日にサンフランシスコを出発。

真珠湾に7月19日に到着し、マリアナ諸島の北部のチニアンにあった基地に7月26日に到着しました。


「ファット・マン」はチニアン・ベースで組み立てられています。
 

これらの原爆に関する内容を調べていて何でサンフランシスコに行って色んなことを思い出さなければいけなかったのかわかってきました。
 

原爆はニューメキシコのトリニティーで初めて実験された
 

日本に落ちた二つの原爆は、サンフランシスコに移動
 

戦艦インディアナポリスで運ばれてオアフ島の真珠湾に到着
 

真珠湾からチニアンに移動して、そこから飛行機で日本へ
 

ターゲットは横浜、広島、新潟、京都、小倉、長崎
 

実際に落ちたのは広島と長崎。
 

横浜、新潟、京都、小倉という都市は結果的に救われたということになります。
 

では、これらの内容がどうしてアセンションに関係するのでしょう?
 

アメリカで原爆の研究が開始され、実験に使うウラニウムの精製が本格的に始まったのは1944年1月.で、実験が終る1945年の7月まで続きました。
 

では1944年に世界的に何が起きているか?
 

原爆の開発が本格的に始まった1944年に起きたアメリカと日本でのUFOの目撃例を調べてみたら、太平洋戦の中でかなり目撃されていたことが分かります。


〈1994年の目撃報告〉


  日時不明 ユーニョーク州

       ニューヨーク・夜

       カリフォルニア州

       ロサンジェルス・23時30分

    3月 ワシントン州 ヤキマ


       ニューメキシコ州 カールスバンドB–17


  3月2日 テキサス州 コープス・クリスティ


     春 ケンターッキー州

       キャンプ・ブレッキンリッジ

     春 カリフォルニア州 アウベリー


  4月2日 ニューメキシコ州

       クロヴィス(午前11時)

    6月 南カンザス エイリス


 6月18日 オアフ島 カネオネ


 6月19日 オアフ島 カネオネ


 6月22日 オアフ島 カネオネ


    7月 太平洋のTruk Ne Pb4Y1

       北カンボジアのシャーロッテ

  半ば   ミシッッピー州

       モカイン・キャンプ(正午)

       コネティカット州

       メリデン(日中)

       カリフォルニア州

       ヴァレーホ(午後1時頃)

       ニューヨーク州

       グランドセントラルパークウェイ(午後)

    8月 マサチューセッツ州 レオミニスター

       (日中)

       ニューヨーク州 パインプレインズ

       (午後1時30分)

 8月31日 イリノイ州 マットゥーン


    9月 テネシー州 オークリッジ


       テネシー州 オリヴァースプリングス

       W2M(日没)

       ニューヨーク州

       イーストセントラル(午後5時30分)

 9月29日 ウクライナ・ウクライナ(午後6時)


   10月 オクラホマ州    アパッチ
       ペンシルヴァニア州 ロシェスター(夜間)


10月20日 ミネソタ州セント・パウル(午前6時20分)
   11月 カリフォルニア州サンタロサ


11月10日 日本・岡山の西
 

次に翌年の1945年にの動きを調べてみました。

原爆がニューメキシコのトリニティーで実験された実験日は7月16日です。
 

トリニティー実験場の北緯は33度40分40.8
 

二つ目の原爆の落ちた長崎市の北緯は32.5(日本の本州の最南端は北緯33度)


〈1945年の目撃例〉


  日時不明 アリゾナ州 ルークフィールド


       フーファイターズの目撃・日本


       アリゾナ州 フェニックス


       オハイオ州 デラウェア


       カリフォルニア州 ドウニー


       ワシントン州 ハンフォード


       日本・沖縄


       カリフォルニア州 ラ・ホラ(午前10時30分)
       日本・南西諸島(日中)
       太平洋・チンナン(夜)


    1月 ワシントン州 パスコ・ナス


  1月1日 ヴァージニア州 フォート・リー(正午)


  2月半ば 日本・父島(夜)


    3月 アラスカ州 アダク島


       アラスカ州


       メイン州 ベルファスト


  3月半ば アドミラルティ島


 3月26日 日本・硫黄島


 3月27日 日本・硫黄島(夜)


    4月 ケンタッキー州 ジェファーソンタウン


  4月1日 太平洋・沖縄の近海域


  4月4日 ケンタッキー州 フィッシャーヴィル


  4月4日 日本・東京湾(午前3時17分)


 4月18日 日本・硫黄島N20M(午前4時15分)


    5月 ミズーリ州 セント・ジェームス
       南太平洋マリアナ・マリアナ(夜)


  5月3日 太平洋・ツルクアトール・ファラ島(朝)


 5月15日 日本・名古屋(夜)USAAF

       B–29 444thグループ爆撃の報告

 5月23日 日本・東京(夜)USAAF

       B–29 444thグループ爆撃の報告

 5月25日 日本・東京(夜)

       ノクターナルな光りの報告

 5月26日 日本・東京 B–29を炎の球が追跡


 5月27日 日本・東京 USAAF B–29 

       40thグループ爆撃の報告

    6月 日本 巨大なシリンダー型の物体が三機の小さな円盤に付き添い、円盤は母船に入り、その後に超スピードで加速発進した


  6月1日 北キャロライナ州 モーガントン


  7月初旬 マーシャル諸島・マーシャルキャロリンズ島

      (午後14時)

 7月22日 オレゴン州とワシントン州 イリゴン

  7月半ば グアム


    7月 ワシントン州 ハンフォード


    7月 ミルフォード・デラウェア(日中)


   半ば頃 太平洋 トゥルク(日没)


   半ば頃 日本・富士山 B–29の報告(日没)


   半ば頃 マサチューセッツ州

       クレーンズビーチ(朝)

   半ば頃 カリフォルニア州 ロングビーチ

       (午後5時過ぎ)

   半ば頃 アラスカ州 ウサト・デレラロフ(日没)


 7月12日 日本

      (日本・富士山 B–29の目撃(夜)

 7月12日 日本・川崎 B–29

       315thウィングの報告(夜)

  7月半ば ワシントン州 ハンフォード(正午)




 7月16日 トリニティー原爆実験


 7月16日 リトルボーイがUSSインディアナポリスで

       サンフランシスコを出発

 7月16日 日本・沼津 B–29

       58thウィングの報告(夜)

 7月16日 日本・大分 B–29

       73rdウィングの報告(夜)

 7月19日 リトルボーイが真珠湾に到着


 7月26日 リトルボーイがマリアナ諸島の北部の

       基地に到着

    8月 ニューメキシコ州 ロスアラモス 
       ノクターナルな光りが原子爆弾の

       テスト場所で目撃 

    8月 ミネソタ州 ミネアポリス

       Trace remnants(午前6時)

    8月 日本・九州・Ese600M

       USSブランドフォールド(夜)

  8月1日 日本・沖縄 USN F4U

       パイロットの報告

  8月4日 ミシガン州イーストランディング

  8月6日 広島市への原子爆弾投下


  8月9日 長崎市への原子爆弾投下

 8月10日 ニュージャージー州イーストパターソン

       (午前3時)

 8月28日 日本・硫黄島 C46 USAAF–C46

       操縦士と乗客が目撃(日中)

     秋 インディアナ州 ウェストポート


     秋 メイン州ウォーターヴィル空港

       (午後23時30分)

   11月 ウィスコンシン州 ペピン


  年の後半 日本・下関 フランス軍による未確認物体が

       地球の飛行機を超えたパフォーマンスを目撃
       (真夜中)

11月29日 ウィスコンシン州ペピン


11月29日 カリフォルニア州 モデスト


12月18日 テキサス州 ウェザーフォード


12月25日 北キャロライナ州 フェイエターヴィル


この1945年近辺を境に、世界的な規模でUFOの目撃報告は増えてゆきます。地球外知的生命体が地球の核実験の動きと核弾頭の行き先を観察していたのは明らかです。
 

2年後の1947年の7月に、トリニティー実験場から然程遠くないロズウェル事件が起きています。




ロズウェル陸空軍は7月8日にUFO墜落という声明を出しましたが、すぐさま堕ちて来たのは天候バルーンだったと訂正しました。
 

ロズウェル墜落現場の北緯は33.24度。
 

1945年の三つの原爆に続くのが1950年にニューメキシコに住むナバホ族の羊飼いであるパティー・マーチン氏が、元もと1920年代から銀を採掘していたグランツ地区の鉱山でウラニウムを発見したために採掘が始ったことです。
 

ウラニウム鉱山の入り口は北緯35度09分40.32。
 

原爆の材料となるウラニウムは世界初の核実験が行われたトリニティーとホボ同じ地区から発見されました。
 

1945年以前にウラニウムを採掘していたのは以下の三つの州です。
 

アリゾナ    1918年から採掘され、40年代が最盛期です。
 

コロラド    1871年から
 

ペンシルバニア 1874年から
 

ここまでの要点は「ホピの予言」と「ウラニウム」、そして「北緯33度33分」です。
 

ネイティブアメリカンのホピ族はアリゾナの北部に居住する部族で、メキシコのマヤ文明に起源を持っていると言われています。

そしてホピ族の基本的な役割は「ウラニウムの保護者」です。
 

ホピ族とアセンションに関係するのが、アナサジ族で、その名前はナバホ語で「古代の人」または「古代の敵」という意味です。

アナサジ族はコロラド、アリゾナ、ユタ、ニューメキシコの4コーナーと呼ばれる四つの州が交わる地域に住んでいたのですが、突然に消えてしまった部族で、理由付けのできない消滅の仕方がアセンションに結びつけられています。
 

2012年に関係するのがマヤの暦で2012年12月21日に終わると説かれていました。

カレンダーの終焉が意味するのは蛇の姿をした神「ケツアコルトル」の再来です。その日付けで暦を読みながら神々の帰還を待つ必要性が無くなるとカレンダーが目的を達成して役目が終わったということになります。
 

ロズウェルと2012年の関係を提唱しているデイヴィッド・フリン氏の解釈によると、ロズウェルの墜落現場は北緯33度で、赤道から2012マイルの距離になります。

この33にフィを掛けると(33X3.1415926572)104という数字が現れます。

33X104というのはロズウェルのUFOクラッシュサイトの位置を正確に定めています。
 

これに関係すると思われるのが、アリゾナ州のフェニックス市で起きた「フェニックス・ライト」と呼ばれる集団UFO目撃事件です。

フェニックス市の北緯はロズウェルとほぼ同じ北緯33度付近です。
 

さらに地球儀上で北緯33度を探ってゆくと繋がっていく場所は、イラクのバグダット。

バクダットでは限定核のウラニウムを使った兵器が使われています。

その北緯33度の横延長線上にあるのがレバノン。
 

33度333333分が意味するのは、100を3で割った時の数列で、割り切れないという意味を持ちます。
 

そして33という数字を捉えてみると面白いことがわかります。

 キリストの奇跡は33回


 キリストの処刑は33年


 ニュートン・スケールでの沸騰点は33度


 ダビデの星の数着学的な数字は33


 ダビデの星が現すのは陰と陽の統合を示す「マーカバ」


 背骨の合計は33個
 

以上の33に関係する項目は、全てアセンションに関係しているクンダリーニの目覚めと共鳴しています。
 

デイヴィッド・フリン氏の解釈だと、2012年の争点はロズウェルで地球外生命体とのコンタクトが起きるという内容で、最初のランディング・ポイントとして推測されていました。

デイヴィッド氏の考えは興味深く面白いと思ったのですが、ロズウェル・クラッシュの日付が示唆しているのはアセンションの日にUFOが降りて来る説よりも、その前のトリニティー実験としか思えませんでした。
 

この時点で2012年に関する様々な項目を個人的に繋げていった結果に辿り着くのは、なぜか〝ウラニウム〟と〝原子爆弾〟だったのです。 

続く☆

▶︎アンドロメダの青い瞳・すべての目次はコチラ

▶エネルギーヒーリング基礎コース
▶まか~ウラのクレアヴォヤンス基礎コース

▶︎1万5千円相当のギフトキャンペーン実施中☆






精神世界のランキングに登録してみました!

 にほんブログ村 哲学・思想ブログ アセンションへ 

 にほんブログ村

1日1回、クリック、お願いします。

「ホルスの錬金術 黄金ファラオの秘宝」の前編になるのが「聖なる谷 空中都市マチュピチュを超えて」で、こちらの方は1991年に出かけたインカ帝国の遺跡を巡る旅の中での神秘体験やUFO目撃を綴った旅行記です。


アマゾン読者レヴュー ★★★★★




 [単行本(ソフトカバー)] 価格:     ¥ 1,890

世界的なベストセラー『聖なる予言』も刊行されてなかった1991年春。ひとりの青年がマチュピチュへ旅立った。そこで体験する常識をはるかに超えたスピリュチュアルな世界。色鮮やかなビジョン体験とUFO目撃談で綴る異色の旅行記。

いま世界中のチャネラーがペルーを目指す。   

▶まか〜ウラのプロフィールはコチラ

★セッションのご予約・お問合せ、ブログの質問・感想などは電子メールで。

makaula@gmail.com

LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ご予約・お問合せ

▶エネルギーヒーリング基礎コース

▶まか~ウラのクレアヴォヤンス基礎コース

セッションのご予約・お問合せ

ブログの質問・感想などは電子メールで。


makaula@gmail.com

※お問い合わせを頂いた際に、ドコモ携帯でのメルアドの場合(@docomo.ne.jp)は返事を出しても戻ってきてしまます。ドコモ携帯をお使いの場合は、ブロック機能を確認され、PCからでも受信できる設定にされるか、その他のメルアドからご連絡ください。


GLBT長編恋愛小説


愛の島の呼び声を聴いたなら

誰一人その誘惑には逆らえない

http://www.amazon.co.jp/Blue-Dolphins-Hiroshi-Mak%C3%A4ula-Nakae-ebook/dp/B00LMV0UUQ/ref=sr_1_1?s=digital-text&ie=UTF8&qid=1404900402&sr=1-1&keywords=blue+dolphins

Kindleストアで絶賛発売中!
▶購入はコチラから


▶その他のサービス内容はコチラへ
▶まか~ウラのプロフィールはコチラ

▶Skypeによる個人セッションに関する内容はコチラ
▶まか~ウラの著作はコチラ


精神世界のランキングに登録してみました!



アマゾン読者レヴュー ★★★★★

[単行本(ソフトカバー)]  価格:¥ 1,890
【アマゾンでご購入出来ます】


世界的なベストセラー『聖なる予言』も刊行されてなかった1991年春。ひとりの青年がマチュピチュへ旅立った。そこで体験する常識をはるかに超えたスピリュチュアルな世界。色鮮やかなビジョン体験とUFO目撃談で綴る異色の旅行記。いま世界中のチャネラーがペルーを目指す。

人気の投稿