2013/07/31

ホルスの錬金術⑩宇宙の医療チーム

2011年のクリスマスが近くなり始めた頃に、宇宙の医療チームに頼んで体調を整えるヒーリングをしてもらい始めました。
 

その主な理由は糖尿病と診断されたことです。

そんな背景の中で〝スターピープル〟という雑誌を読んでいたら、アセンション情報をまとめた「今までのアセンション説を統括する」という記事の中で「アセンションの準備作業」というのがあり、「非物質界の医療チームにエネルギー治療を依頼する」という項目があったので、ものは試しと思って寝る前に頼んでみたのです。
 

挑戦してみたら、ちゃんと調整してくれました。

自分で何をしたかと言えば、ベッドに横になってアファメーションしただけです。
 

初めての時の体感は、エネルギーが体内で勢い良く動くという感じではなく、比較的に軽やか気味に波動が伝達され始め、体内の経絡の一部にエネルギーが流れ始めるのが解りました。膵臓に関係する経絡で始まり、足先から胴体、そして頭に続いている経絡の中が調整されてゆきました。
 

それ以来というもの、寝る前には必ず宇宙の医療チームにお願いしてヒーリングをしてもらうようになりました。
 

2011年の12月末の感覚としては、振動が前より微細に感じられ、意識を内に向けると小刻みな振動が始まったり。

寝ていて半覚醒状態の時に、爆発するんじゃないかと思うぐらい心臓の鼓動がものすごく大きく速く感じられたり、光った霧の激しい流れの中にいるような状態が良く起きていました。
 

自分の意識を身体に繋げて良く味わってみる、感じる訓練をしてゆくと、次第に波動を感じられるようになってゆきます。

これが得意になって来ると、身体の振動に対しても敏感になり、どういう風に身体が振動しているか、部位的にどう違うかまで解るようになります。

▶「ハートの周辺の変化」へ続く


第三章 天空神ホルスの錬金術
    ▶変容の始まり
    ▶クンダリーニの目覚め
    ▶心臓バクバク
    ▶スシュムナー管の目覚め
    ▶異常なエネルギー値と喉の乾き
    ▶喉のイガイガ感
    •    上半身に沸き上がって来る酸
   ▶背骨と第三の眼のダウンロード
   ▶第三の眼の変化
   ▶糖尿病の症状の現れ
   ▶宇宙の医療チーム
   ▶ハートの周辺の変化
   ▶背骨の中から現れるゲップ
   ▶地球の波動とのズレ
   ▶第7チャクラの変化
   ▶第三の眼と古代エジプトの宗教芸術
   ▶新たなダウンロード
   ▶アクシオトーナルとスピンポイント
   ▶頭上に現れた純白の光り
   ▶小腸のサマスカラと白いフラッシュ
   ▶プラズマ体とピラミッドの崩壊
   ▶幸せホルモンの広がり
   ▶ホルスの呼び声
   ▶至高体験
   ▶アンドロメダの青い瞳
   ▶プラズマアタック!
   ▶夢でのコンタクト
   ▶左脳にパカっと電灯がついて
   ▶ビヨヨン波とプラズマ体
   ▶E.T.フォーン・ホーム
   ▶新しい体感とマーカバ
   ▶糖尿病の克服
   ▶アセンションと死の観念と恐怖
   ▶変遷する神々の名前



エネルギーヒーリング基礎コース
▶まか~ウラのクレアヴォヤンス基礎コース

セッションのご予約・お問合せ
ブログの質問・感想などは電子メールで。

makaula@gmail.com

※お問い合わせを頂いた際に、ドコモ携帯でのメルアドの場合(@docomo.ne.jp)は返事を出しても戻って来てしまます。ドコモ携帯をお使いの場合は、ブロック機能を確認され、PCからでも受信できる設定にされるか、その他のメルアドからご連絡ください。


▶その他のサービス内容はコチラへ
▶まか~ウラのプロフィールはコチラ

一日一回クリックしてね☆


     
英語
アマゾン読者レヴュー ★★★★★
  

[単行本(ソフトカバー)]  価格:¥ 1,890

世 界的なベストセラー『聖なる予言』も刊行されてなかった1991年春。ひとりの青年がマチュピチュへ旅立った。そこで体験する常識をはるかに超えたスピ リュチュアルな世界。色鮮やかなビジョン体験とUFO目撃談で綴る異色の旅行記。いま世界中のチャネラーがペルーを目指す。


2013/07/29

ホルスの錬金術⑨糖尿病の症状の現れ

2011年の10月くらいから約1ヶ月半で一気に13キロほど瘦身してしまったので、ちょっと痩せ過ぎて周囲の心配をかってしまいました。

減量というのはある意味において恐ろしいもので、 本当にイメージが一掃されてしまうものです。
 

11月になってシアトルに出かける前日に、通りで知り合いの神業整体師のTAKAKOさんにバッタリ出くわしたのですが「顔が半分の大きさになってますよ! どうしたんですか?」とエラく驚かれました。
 

ハワイの暖かい環境から冬の初めのシアトルへ行ったのですが、それでも喉の乾きと異常な食欲の状況は全く変わらず、ハワイよりも空気が乾燥しているので喉が渇いて大変でした。
 

エネルギーはあるので疲れることはありませんでしたが、喉の乾きと放尿の連続でした。
 

1時間置きくらいの割で何度もトイレに行くようになっていたので、飛行機の席は通路側に変えてもらい、約5時間の飛行中も何度も席から立ち上がってトイレへ行かなければなりませんでした。

空港のターミナルからダウンタウンへ向かう電車に乗るまでのたったの10分間で喉がカラカラに渇き切ってしまう状態でした。

滞在中は水分量の多いものなら何でも食べたり飲んだりで、ハワイでは食べなかった固形物を食べ始めたら、今度は底なしで食べれてしまうのです。

食べても食べても食べられる。消化吸収も高速状態で、食べてもまたスグに食べれてしまうのです。
 

ハワイに戻る日には空港でウドンを食べ、さらにホットドックを食べ、サンドイッチとフルーツカップも購入し、機内でスナックも二つ購入し、それでもまだ足りないという異常な食欲と超えた飢餓感に追跡されている状態へと入っていました。

シアトルから帰って来た翌日に数日だけオアフ島に来ていた方に会ったら「最初は誰だか解りませんでしたよ」と言われました。

その頃は限りなくヒョロヒョロの、宇宙人体系に近づいていたのです。その時もまだ異常な食欲と喉の乾き、頻繁な放尿は変わりませんでした。
 

12月の第一週に定期検診があったので、その異常な食欲と喉の乾きを主治医に話したら「糖分の取り過ぎだろうから止めれば元に戻るだろう」と言われ、採血が行われました。

体内に投入される糖質の量に対して〝インスリンの分泌が追いつかなくなったのではないか?〟とも言われました。

そして医者から言われた通りに、その日から糖分摂取を止めたら、急に気分が悪くなったり、気を失ってしまいように感じたり、頭が痛くなることも数回起き始めたのです。

歩いていると急に気分が悪くなり、そのまま倒れてしまいそうになった時は、あまりの変化に怖くなって、タクシーでクリニックまで飛ばしてもらいました。

その時に血糖値を下げる薬を処方してくれましたが、それまで瞑想やセルフリーリングで何とか切り抜けたので、そのまま薬を飲まずに、セルフヒーリングを続けて様子をみることにしました。

糖質を制限し始めて起きた最初の山場を超えた2~3日くらいから喉の乾きも急速に治まり、放尿の回数も激変して普通に戻り始め、徐々にスーパーヒューマンから元の状態に戻り始めました。
 

最初の採血結果が数日後に戻って来ると再び呼び出され、普通の人の二倍以上の血糖値になっているから糖尿病ですと宣言されました。

すぐに血糖値を下げる薬を飲み始めなさいと言われましたが、私の中では〝糖尿病〟という診断が全くピンと来なかったのです。
 

西洋医学的な見解では、血糖値が通常の二倍以上になっているという検査結果は、膵臓がインシュリンを分泌出来ない状態ということになり、それはこの先で正常に戻ることはなく、糖尿病という診断になります。

血糖値と膵臓の働き、そして糖尿病に関する基本的な知識を教えてくれたのですが、それでも全く鵜呑みにすることが出来ず、そのまま一生涯に渡って糖尿病の薬を飲み続ける、その先にはインシュリンの注射が待っているという現実を丸ごと呑み込むことは出来ませんでした。
 

血液中の血糖値が高くなると、赤血球が砂糖でコーティングされてしまい、体内での赤血球のリサイクルには三ヶ月かかります。

三ヶ月間に渡って糖質制限の食事を続けなければ三ヶ月後に正確な数値は出て来ないことを知った時に「三ヶ月時間を下さい、三ヶ月後の検査でも血糖値が高い状態だったら服薬をします」と言って、それから三ヶ月間は糖質を下げる食事に徹底的に取り組むことにしました。

そして栄養士と顔を突き合わせての勉強で栄養学的にもかなりの情報を学びました。

その中でも最も驚いたのは、市場に出回っている食品の中に、どれだけ大量の砂糖が入っているかという驚きの事実でした。
 

食品に張られている成分表示の読み方を教えてもらったのですが、実際に店頭に並んでいる食品群のラベルを見たら、糖質制限の人には買えないものが殆どなのです。

それから食材選びも熟達し、今ではラベルを見ないと製品を買うことはなくなりました。

指示に従ってご飯やパスタ、パンなどの炭水化物と、糖分の多いものを全てダイエットからカットする糖質制限の食事に変えましたが、想像していたよりも然程に苦しむこともなく、ご飯やパスタ、ラーメンが食べられなくても平気でした。

パンという食べ物はとても便利な食品で、サンドイッチとか食べれないのは不便だと思いましたが、慣れてしまうと別に食べなくても平気になりました。
 

結果的に野菜とタンパク質が中心の食事になってしまいましたが、野菜と言っても糖質の多いものがあり、トマトとか人参とか、芋類などは全てパスです。

そんな食生活に変えて良く解ったのは、野菜にも糖分が含まれているということです。

野菜に含まれている糖分だけにしても私は普通に生活できたし、普通に歩けたので、余分な糖分は必要ないのが良くわかりました。
 

この経験から糖質とインスリン、そして身体のエネルギー代謝のことを学びました。
 

膵臓の機能は肉体のエネルギー化に関係しているものです。

膵臓が分泌するインスリンが体内の糖質をエネルギーに変換する際の計りのような働きをするので、インスリンが肉体のエネルギー化をコントロールしているとも言えます。

糖質はエネルギー源として必要なものですが、現代人は人口精製された糖質を取り過ぎだということです。
 

逆に低質の糖分を摂ってしまうと、身体の奥に蓄積され、それがサマスカラと連動していて、波動の上昇の妨げになることも解りました。

人工的な糖質がいったい何に繋がるかというと、思考力の低下、感情の不安定さ、そしてサマスカラの蓄積です。

▶「宇宙の医療チーム」へ続く


第三章 天空神ホルスの錬金術
    ▶変容の始まり
    ▶クンダリーニの目覚め
    ▶心臓バクバク
    ▶スシュムナー管の目覚め
    ▶異常なエネルギー値と喉の乾き
    ▶喉のイガイガ感
    •    上半身に沸き上がって来る酸
   ▶背骨と第三の眼のダウンロード
   ▶第三の眼の変化
   ▶糖尿病の症状の現れ
   ▶宇宙の医療チーム
   ▶ハートの周辺の変化
   ▶背骨の中から現れるゲップ
   ▶地球の波動とのズレ
   ▶第7チャクラの変化
   ▶第三の眼と古代エジプトの宗教芸術
   ▶新たなダウンロード
   ▶アクシオトーナルとスピンポイント
   ▶頭上に現れた純白の光り
   ▶小腸のサマスカラと白いフラッシュ
   ▶プラズマ体とピラミッドの崩壊
   ▶幸せホルモンの広がり
   ▶ホルスの呼び声
   ▶至高体験
   ▶アンドロメダの青い瞳
   ▶プラズマアタック!
   ▶夢でのコンタクト
   ▶左脳にパカっと電灯がついて
   ▶ビヨヨン波とプラズマ体
   ▶E.T.フォーン・ホーム
   ▶新しい体感とマーカバ
   ▶糖尿病の克服
   ▶アセンションと死の観念と恐怖
   ▶変遷する神々の名前



エネルギーヒーリング基礎コース
▶まか~ウラのクレアヴォヤンス基礎コース

セッションのご予約・お問合せ
ブログの質問・感想などは電子メールで。

makaula@gmail.com

※お問い合わせを頂いた際に、ドコモ携帯でのメルアドの場合(@docomo.ne.jp)は返事を出しても戻って来てしまます。ドコモ携帯をお使いの場合は、ブロック機能を確認され、PCからでも受信できる設定にされるか、その他のメルアドからご連絡ください。


▶その他のサービス内容はコチラへ
▶まか~ウラのプロフィールはコチラ

一日一回クリックしてね☆


     
英語
アマゾン読者レヴュー ★★★★★
  

[単行本(ソフトカバー)]  価格:¥ 1,890

世 界的なベストセラー『聖なる予言』も刊行されてなかった1991年春。ひとりの青年がマチュピチュへ旅立った。そこで体験する常識をはるかに超えたスピ リュチュアルな世界。色鮮やかなビジョン体験とUFO目撃談で綴る異色の旅行記。いま世界中のチャネラーがペルーを目指す。


ホルスの錬金術⑧第三の眼の変化


背骨と第三の眼に薄い黄色のエネルギーが降りて来て気づいたのは、目を閉じている時に見える瞼の裏の光景です。

あのダウンロード以来、なぜか不思議なことに、眼を閉じると薄い金色のエネルギーの流れが視界の外側で回転するようになっていました。

自分の方から観ると半時計回りですから、外側から自分を観ると時計回りに回転していることになります。

4~5秒で一回転するくらいの速度でユックリ回転していました。

始まった当時は眼を閉じると光りが回転しているので「何じゃこりゃ?」と思ったのですが、その時だけではなく、それ以来、眼を閉じると必ず視えるので慣れてしまいました。

その光りの強さですが、普通の状態の時は普通に認識出来るくらいの明るさすが、何かのタイミングで身体の波動が上がっている、身体が活性化されていてエネルギー量が普段よりも高い場合は、とても明るく輝いて見え、その回転の速さもいつもの倍近く速い速度で廻ります。

この回転する光りのエネルギーが視え始めてから、一回だけ不可思議な体験をしました。

その時は身体が異常に活性化されてエネルギー値が高い状態でした。夜中にトイレに起き、普通だったらまず眼鏡をかけて、部屋の電気をつけてという順番なのですが、その時はそれらを一気に飛ばして灯りのついていないバスルーム行ったのです。

そして電気をつけたら暗い状態からいきなり明るくなり。

八角形の蜂の巣状態のようなグリッドの向こうにトイレの中の風景が見えました。

図鑑で見る昆虫の視覚というのが最も近い表現です’。

しかもド近眼なのにハッキリ・クッキリ明確に見えたのでかなり驚きました。

そして眼が明るさに慣れて来ると八角形のグリッドは消えてしまいました。

あの八角形のグリッドが眼球の内側で光りを受けとる錐体細胞に関係するものなのか、視床下部なのかは良く解りません。

それから更に不思議だと思ったのは、ダウンロード以来、見え方が急に変わり始めたことです。

ベッド脇に置いてある目覚まし時計のデジタル表示が、裸眼ではボヤけ過ぎてホボ見えなかったのですが、今は裸眼でも解るくらいに見えるのです。

前よりも老眼が進み、手前のものに一気に眼の焦点が合わなくなってしまったのですが、不思議なことに、少しだけ裸眼の視力が向上してると思いました。

この眼を閉じて視える光りの回転が一体なになのかを考えていて気づいたことがありました。

2010年に行ったハワイ島ツアーの際にヴォルケーノ国立公園の海側にあるプナ地区に泊まった時に遭遇した「ぐるぐる星人」に関することです。



プナに借りた一軒家で初めて「ぐるぐる星人」を見た時は驚きました。

とても大きな一つの目で、横幅1メール近くくらいはあったと思います。そして瞳の部分がぐるぐる回転しているのです。

その「ぐるぐる星人」のお目眼の回転と、眼を閉じたら見える光りの回転が私の中で繋がってしまったのです。

それから更に思い出したのが、1991年にペルーに行った時に、聖なる谷で視た「ぐるぐる回転する瞳のついたピラミッド」、アメリカの1ドル紙幣に印刷されているピラミッドの上部にある、眼のついた小さなピラミッドのヴィジョンです。
  ここいら辺の詳しい内容は「聖なる谷 空中都市マチュピチュを超えて」をお読みください。




これら三つの出来事の共通点は一つだけの眼の瞳が「ぐるぐる」と回転している部分です。

ペルーで体験した「ぐるぐる回転する瞳のついたピラミッド」のヴィジョンに関しては、訳が解らないので忘れてしまっていたというか、リサーチすら考えたことがありませんでした。

しかしピラミッドに関するブログを書いていた時に、この三つの出来事が関係しているのはエジプトだと気づいたのです。

背骨と第三の眼のダウンロードは、古代マヤ文明と古代エジプトにも関係し、この二つの文明を繋ぐのは〝蛇〟の姿をした神様です。

そこで蛇神、または龍神として捉えることも可能な古代マヤ文明のケツアコアトル、古代エジプト文明の〝サーペント〟は一体なにかが具体的に解り始めました。

後からUFO目撃に関する情報を調べていたら、ナショナルUFO目撃報告センターには、2011年の10月25日から、1000件以上もの新しい報告が寄せられていたことが解り、多くの目撃レポートはアメリカの50州の内の36州の中で急増していると報告されていました。

▶「糖尿病の症状の現れ」へ続く


第三章 天空神ホルスの錬金術
    ▶変容の始まり
    ▶クンダリーニの目覚め
    ▶心臓バクバク
    ▶スシュムナー管の目覚め
    ▶異常なエネルギー値と喉の乾き
    ▶喉のイガイガ感
    •    上半身に沸き上がって来る酸
   ▶背骨と第三の眼のダウンロード
   ▶第三の眼の変化
   ▶糖尿病の症状の現れ
   ▶宇宙の医療チーム
   ▶ハートの周辺の変化
   ▶背骨の中から現れるゲップ
   ▶地球の波動とのズレ
   ▶第7チャクラの変化
   ▶第三の眼と古代エジプトの宗教芸術
   ▶新たなダウンロード
   ▶アクシオトーナルとスピンポイント
   ▶頭上に現れた純白の光り
   ▶小腸のサマスカラと白いフラッシュ
   ▶プラズマ体とピラミッドの崩壊
   ▶幸せホルモンの広がり
   ▶ホルスの呼び声
   ▶至高体験
   ▶アンドロメダの青い瞳
   ▶プラズマアタック!
   ▶夢でのコンタクト
   ▶左脳にパカっと電灯がついて
   ▶ビヨヨン波とプラズマ体
   ▶E.T.フォーン・ホーム
   ▶新しい体感とマーカバ
   ▶糖尿病の克服
   ▶アセンションと死の観念と恐怖
   ▶変遷する神々の名前



エネルギーヒーリング基礎コース
▶まか~ウラのクレアヴォヤンス基礎コース

セッションのご予約・お問合せ
ブログの質問・感想などは電子メールで。

makaula@gmail.com

※お問い合わせを頂いた際に、ドコモ携帯でのメルアドの場合(@docomo.ne.jp)は返事を出しても戻って来てしまます。ドコモ携帯をお使いの場合は、ブロック機能を確認され、PCからでも受信できる設定にされるか、その他のメルアドからご連絡ください。


▶その他のサービス内容はコチラへ
▶まか~ウラのプロフィールはコチラ

一日一回クリックしてね☆


     
英語
アマゾン読者レヴュー ★★★★★
  

[単行本(ソフトカバー)]  価格:¥ 1,890

世 界的なベストセラー『聖なる予言』も刊行されてなかった1991年春。ひとりの青年がマチュピチュへ旅立った。そこで体験する常識をはるかに超えたスピ リュチュアルな世界。色鮮やかなビジョン体験とUFO目撃談で綴る異色の旅行記。いま世界中のチャネラーがペルーを目指す。


2013/07/27

ホルスの錬金術⑦背骨と第三の眼のダウンロード

アセンション諸説の中心に位置していたのが〝マヤの暦〟です。

2011年の秋口頃になって、マヤの暦が予定よりも早く2011年10月28日に終るという情報が流れていました。

私は昔からマヤの暦にはホボ感心が無い人で、過去に2回に渡ってマヤの遺跡巡りをしにユカタン半島を旅行し、その時にチチンイッツァのピラミッドにも行きました。

その内の一回は世界中からスピリチュアリル・リーダーやヒーラーが集合したソーラーイニシエーションだったのですが、大勢の人達がその謎に惹き付けられるような感覚はありませんでした。

それはマヤの暦が世界の終末を予言しているものではなく、暦の終焉と同時に時間が止まってしまうわけではないことも知っていたからかも知れません。
 

マヤの暦はカレンダー的に何かしらのスケジュールを定めたタイムマシーン、または目覚めを知らせるアラーム時計のようなもの。

暦が終ってしまうから終焉なのではなく、その日程が来てしまえば役割が終ってしまう類いのものです。

実際にマヤ暦が終焉を迎えても、この惑星を含めた人類の未来が終ったわけでもなく、それと引き換えのように更に先の暦が発見されました。
 

私のアンテナは一般的なマヤの暦に関する理解がどうしても腑に落ちない、ピッタリとクリックしない感覚なので、10月の28日に現実的に劇的な変化や、突然にアセンションしてしまうとか、時間が停まってしまう、経済機構が破綻してしまうといった出来事が起きるという感じは全く無く、目に見えない何か、波動的な流れが変わるような感じを受けていました。
 

10月28日には巷に流れ出た情報のような変化は起きませんでした。

しかし、私にとって大きな変換期へ入るための通過儀礼的な出来事を通じた明確な変化が起きてしまったのです。
 

昼前にベッドに横になっていのですが、いきなり背骨の上部から濃密な波動が降りて来るのをとても明確に感じました。
 

今までに体感したことがない強さのエネルギー、リキッド状の金色っぽいレモン色、シャンパンゴールドのような波動が注がれたような感じで、それが首のつけの部分から背骨の最も左側を通じて尾骨までザ~っと下降して行ったのです。

波動的にフワフワした、ブルブルした、サワサワした感じというのではなく、明確に液状の何かが降りて来ました。

経絡の中を移動する氣の流れもリキッド状の何かが動いているように感じますが、それともかなり違うものでした。体内の氣の流れの感覚よりも、更に液状で、波動的にはもっとサラサラとした感じです。

例えるなら、氣の流れはやや濃密でトロトロ系のシロップのような感じで温かいのですが、この時に降りて来たのはそれよりも密度が軽いというか、普通のシロップよりも流動性が高いメープルシロップのような感じの質感でした。

過去にかなり近い経験として、ゴールドチャクラを通じてリキッド状の波動が小腸に降りて来たことがあります。

ゴールドチャクラというのは、太陽神軽装に関係するもので、基本の7つのチャクラとは違った場所に位置するものです。
 

10月28日の波動のダウンロードは、ゴールドチャクラを通じて小腸に波動が降りて来た経験とは違い、波動域としては随分と高いもので、時間的にも長いものでした。
 

それで終わったわけではなく、背骨を通じてのダウンロードが終わってしばらくすると、背骨の左側に降りて来たのと同じ波動が別の部位に降りて来ました。
 

次に第三の眼にダウンロードが始まったのす。
 

突然に、額の中心に位置する第三の眼よりも少し上から降りて来て、グルグルと回転して中心部へと注ぎ込まれ、そして頭の中心部へと入っていきました。

これほど明確に第三の眼に波動が降りて来るのを経験したことはありません。
 

背骨の左側と第三の眼に降りて来た新たな波動のダウンロード経験は何の前触れもない唐突としたものでしたが、別に恐怖を感じたわけでもなく、それによって肉体や感覚、感情、精神性、サイキックな能力などが急激な変化を始めたわけでもありませんでした。

しかし、それは少しずつ起きていっていたのです。
 

この10月28日の体験を通じて2012年の12月に関する色んなことが腑に落ち始め、波動的な領域では様々な変化が始まっているのは明確だと思いました。
 

マヤ文明のチチンイッツァのピラミッドの階段構造とマヤ暦が現しているのは、蛇の姿をした神さま「ケツアコアトル神・ククルカン」の再来で、2012年の12月にマヤ暦が終焉を迎える時に、長年待ち望んでいたケツアコアトル神が再来するというのが基本的なコンセプトです。
 

それは私たち人間の本質的な肉体の器官に関係している波動とエネルギーのことで、私たち人間の背骨が目覚めて、能力がまだ全開されていない「脳」に接続されることを意味しているのだと解り始めました。

背骨を通じて脳に送り込まれる波動が上昇しながらパワーアップすることによって、脳の基礎の部分である「爬虫類脳」が目覚め始めるのです。
 

額から頭の中心部に向ってぐるぐると回転しながら入ってダウンロードは第三の眼に関係していることは明らかでした。

▶「第三の眼の変化」へ続く


第三章 天空神ホルスの錬金術
    ▶変容の始まり
    ▶クンダリーニの目覚め
    ▶心臓バクバク
    ▶スシュムナー管の目覚め
    ▶異常なエネルギー値と喉の乾き
    ▶喉のイガイガ感
    •    上半身に沸き上がって来る酸
   ▶背骨と第三の眼のダウンロード
   ▶第三の眼の変化
   ▶糖尿病の症状の現れ
   ▶宇宙の医療チーム
   ▶ハートの周辺の変化
   ▶背骨の中から現れるゲップ
   ▶地球の波動とのズレ
   ▶第7チャクラの変化
   ▶第三の眼と古代エジプトの宗教芸術
   ▶新たなダウンロード
   ▶アクシオトーナルとスピンポイント
   ▶頭上に現れた純白の光り
   ▶小腸のサマスカラと白いフラッシュ
   ▶プラズマ体とピラミッドの崩壊
   ▶幸せホルモンの広がり
   ▶ホルスの呼び声
   ▶至高体験
   ▶アンドロメダの青い瞳
   ▶プラズマアタック!
   ▶夢でのコンタクト
   ▶左脳にパカっと電灯がついて
   ▶ビヨヨン波とプラズマ体
   ▶E.T.フォーン・ホーム
   ▶新しい体感とマーカバ
   ▶糖尿病の克服
   ▶アセンションと死の観念と恐怖
   ▶変遷する神々の名前



エネルギーヒーリング基礎コース
▶まか~ウラのクレアヴォヤンス基礎コース

セッションのご予約・お問合せ
ブログの質問・感想などは電子メールで。

makaula@gmail.com

※お問い合わせを頂いた際に、ドコモ携帯でのメルアドの場合(@docomo.ne.jp)は返事を出しても戻って来てしまます。ドコモ携帯をお使いの場合は、ブロック機能を確認され、PCからでも受信できる設定にされるか、その他のメルアドからご連絡ください。


▶その他のサービス内容はコチラへ
▶まか~ウラのプロフィールはコチラ

一日一回クリックしてね☆


     
英語
アマゾン読者レヴュー ★★★★★
  

[単行本(ソフトカバー)]  価格:¥ 1,890

世 界的なベストセラー『聖なる予言』も刊行されてなかった1991年春。ひとりの青年がマチュピチュへ旅立った。そこで体験する常識をはるかに超えたスピ リュチュアルな世界。色鮮やかなビジョン体験とUFO目撃談で綴る異色の旅行記。いま世界中のチャネラーがペルーを目指す。


ホルスの練金術⑥喉のイガイガ感

 2011年9月以前には喉にイガイガ感を感じることが多々起きていました。喉の周辺がイガイガして気持ち悪いのです。

サイキック・アタック的な喉周辺の現象として「喉が沢山のとても小さな針のようなもので刺される」ような感覚があり、これは喉がイガイガする感覚とは違います。

喉に針が刺さるような感覚の場合は、誰か念の強い人、またはグループから陰口を叩かれている、邪念の隠った噂話や、意地悪な話しをされている場合に起きます。

喉の左側で感じる場合は女性、右側で感じる場合は男性、全体的に感じる場合は男女混合です。

サイキック的な感覚というのは面倒な部分もありますが、慣れて来ると自分の周囲の中の誰が悪く思っているか解るようになるので、別の意味では便利です。

アセンション症候群の一環の中でイガイガが頻繁に続くようになると、喉の内側から何かが湧き出て来始めました。

胆に近いものがありますが、胆かと聴かれたら、微妙に違う、すこし白みがかった半透明で粘着質系ジェル状のもので、結構頻繁に喉から出て来てました。

最初は微妙な量というか、然程は気にならないくらいのもので、喉の調子が悪いのか? 的にしか思っていませんでした。

喉の内側の粘膜からジワジワと分泌されるのが解って気持ち悪く、口の中に指を突っ込んでも届く場所ではないので、その部分の皮膚を外側から掻き出したいくらい変な感覚です。

その量は次第に増えてゆき、最高潮の時点では小スプーン一杯くらいの量が出たこともありました。

感覚機能というのは不思議なもので、そんな体験をし続けていると、意識の力を使って変な分泌物の排出をある程度は手助け出来るようになります。

それがやや楽に出始めるようになると、首の筋肉を微妙に動かすようなエクササイズ的なことを頻繁に行うようになりました。

最初は喉の内側の組織から出始めて、それが口から出て来るのに時間がかかっていましたが、次第に上手くなり、出すのが速くなって上手くなるのです。

そして、この後に起き始めたのが、背骨の不快感で、脊髄の中のディトックスが再び始まり、喉のイガイガの不快感や、変な分泌物が出る時の不快感に近いものを背骨の上部で感じ始めました。

過去に4回も非常に化学薬品臭が強烈な半透明でジェル状の固まりが排便されたことがあったのですが、それは背骨の下の部分に関係していたディトックスで、その上半身版のようなことが起き始めたのです。

口から出て来るものからは化学薬品の匂いはしなかったので、上部と下部では状態が違うのでしょう。下部の方からは上部よりも重たいものが排便されるのだと思います。

背骨の不快感の後には、喉から出る場所よりも少し下の部分から分泌物が出始めました。

そしてこれは少しずつ上に移動していったのです。

終り掛けの方では、首の後ろ、喉の上部的な部分から出ていました。

これらの兆候の全てはクンダリーニの覚醒に関係する「スシュムナー管」の浄化に伴うものだと思います。
 
▶「背骨と第三の眼のダウンロード」へ続く


第三章 天空神ホルスの錬金術
    ▶変容の始まり
    ▶クンダリーニの目覚め
    ▶心臓バクバク
    ▶スシュムナー管の目覚め
    ▶異常なエネルギー値と喉の乾き
    ▶喉のイガイガ感
    •    上半身に沸き上がって来る酸
   ▶背骨と第三の眼のダウンロード
   ▶第三の眼の変化
   ▶糖尿病の症状の現れ
   ▶宇宙の医療チーム
   ▶ハートの周辺の変化
   ▶背骨の中から現れるゲップ
   ▶地球の波動とのズレ
   ▶第7チャクラの変化
   ▶第三の眼と古代エジプトの宗教芸術
   ▶新たなダウンロード
   ▶アクシオトーナルとスピンポイント
   ▶頭上に現れた純白の光り
   ▶小腸のサマスカラと白いフラッシュ
   ▶プラズマ体とピラミッドの崩壊
   ▶幸せホルモンの広がり
   ▶ホルスの呼び声
   ▶至高体験
   ▶アンドロメダの青い瞳
   ▶プラズマアタック!
   ▶夢でのコンタクト
   ▶左脳にパカっと電灯がついて
   ▶ビヨヨン波とプラズマ体
   ▶E.T.フォーン・ホーム
   ▶新しい体感とマーカバ
   ▶糖尿病の克服
   ▶アセンションと死の観念と恐怖
   ▶変遷する神々の名前



エネルギーヒーリング基礎コース
▶まか~ウラのクレアヴォヤンス基礎コース

セッションのご予約・お問合せ
ブログの質問・感想などは電子メールで。

makaula@gmail.com

※お問い合わせを頂いた際に、ドコモ携帯でのメルアドの場合(@docomo.ne.jp)は返事を出しても戻って来てしまます。ドコモ携帯をお使いの場合は、ブロック機能を確認され、PCからでも受信できる設定にされるか、その他のメルアドからご連絡ください。


▶その他のサービス内容はコチラへ
▶まか~ウラのプロフィールはコチラ

一日一回クリックしてね☆


     
英語
アマゾン読者レヴュー ★★★★★
  

[単行本(ソフトカバー)]  価格:¥ 1,890

世 界的なベストセラー『聖なる予言』も刊行されてなかった1991年春。ひとりの青年がマチュピチュへ旅立った。そこで体験する常識をはるかに超えたスピ リュチュアルな世界。色鮮やかなビジョン体験とUFO目撃談で綴る異色の旅行記。いま世界中のチャネラーがペルーを目指す。


2013/07/26

ホルスの練金術⑤異常な喉の乾きとエネルギー


2011年の夏は普通以上に熱く感じていました。

そんな状態が続く中で8月にシアトルへ飛び、涼しく過ごしやすかったシアトルから真夏の盛りのハワイへ戻って来たら、あまりの暑さのためにゲータレードを皮切りにして、糖質の高い飲み物や食べ物やらをガンガン飲んだり食べたりし始めました。

この頃はまだ真剣に身体が変な反応を起こしているとは考えていただけではなく、何でこんなに早く空腹になって、またすぐお腹が空いてしまうのか少し不思議に思っていたくらいでした。

あまりの暑さと喉の乾きから食事にスイカを主にしたフルーツ類が加わり、約一ヶ月近くは普通の固形食がとても少なく、一日に一回食べるか食べないかという生活していました。

水だけ飲んでいれば良かったものの、ゲータレードに走ってしまった私は愚か者で、飲み物や食べ物に含まれている糖質が油に火を注いでしまいました。

甘いものが食べたいというよりも、常に喉が渇いて仕方が無い状態だったので、冷たい飲み物を欲していました。

そこで糖分の高いジュースや炭酸飲料、アイスクリーム、アイスバーなどを皮切りに、喉の乾きを癒す飲み物や、水分質の多いスイカやパパイヤ、マンゴー、ザクロなどを漁るように食べ始めました。

その結果に体内でもの凄い量のエネルギーが造り出され始めたのです。

すると凄い速さでエネルギーを造り出して食べ物を燃焼させてしまうので、贅肉がアっと言う間に落ちて行き、その結果、わずか一ヶ月半で13ポンドも減量していました。

体内でエネルギーがとにかく燃え続ける状態で、下半身の中心の軸の部分、股間からおヘソの上くらいの間に縦型の溶鉱炉のようなものが出現したのです。

それから、体内の縦型溶鉱炉が異様に熱くなることが頻繁に起き始めると、異様に喉が乾きました。

信じられないくらい勢いがつた高速で燃え続けるので、それに対応した水分が必要で、とにかく何でも良いから水分を飲みたくなるのです。

その結果に放尿の回数が格段に増え、普通だったら頻繁にトイレには行かない人が放尿の連続になってしまい、1時間に一回くらいの割合でトイレに行ってました。

それに加えて幼少の頃から下痢体質なのに、普通の排便が出来てしまい、それまでの生涯の中でホボ経験したことが無かった便秘という経験も何度かしました。

さらに凄いと感動したのが、無制限にエネルギーが吹き出てしまうので、筋肉が落ちてしまっても普通以上に楽に歩けたことです。

さらには重たい荷物を持っても全く平気で運ぶことも出来るようになり、それまで普通に歩くのも、ハイキングに出かけても少ししたら疲れてしまって辛い状態だったにも関わらず、一気に普通を通り越した超人的な活力を現し出したのです。

筋肉がそげ落ちていたので〝泳ぐとすぐに疲れるかも?〟と思って泳ぎに行ったのですが、懸念とはに正反対の結果で、抵抗の大きな水の中でもガンガンと沖まで泳げてしまいました。

この時期の私は、ある意味でスーパーヒューマンと化していました。

ここで良く解ったのは、エネルギーが多量に生産されるようになると筋力の有無はホボ関係なくなるということです。

充分なエネルギーが生み出されていれば、重い物も長時間に渡って持って歩けるし、走れるし、泳げるのです。

人間のエネルギー発電の能力は凄いものがあります。

アセンションで光りの身体になったら、体内から放射するわけですから、一体どうなるのか良くイメージ出来ませんでしたが、この経験で何となく分かったような気がしました。

食事制限で糖質の高い飲み物や食べ物を控え始めて一ヶ月くらいは体内に糖質が残っているのが分かりました。歩き始めるとガンガンと歩けてしまうからです。 

ここで面白いと思ったのは、身体の中で移動する水分の動きがとても良く解ったことです。

肉体の中でどういう流れの感じで水分が移動しているのが良く解り、一時は背骨の中の水分の動きも良く解るような状態でした。

体内の水分の動きが速くなると分かりやすいのです。

そして肌が赤ちゃん肌になってパウダー状でスルスルのパールのような感じになり、顔の皮膚の輝きも増してツルツル状態でした。

超高速で放尿を繰り返していたわけですから、相当なディトックスを通過したと思います。

しかし、この状態の先でいったい何が待ち構えているのかは想像もしていませんでした。

秋の終わり頃は異常に喉が渇いて、底なしのように食べ続けてしまう状態になってしまったのです。

▶「喉のイガイガ感」へ続く


第三章 天空神ホルスの錬金術
    ▶変容の始まり
    ▶クンダリーニの目覚め
    ▶心臓バクバク
    ▶スシュムナー管の目覚め
    ▶異常なエネルギー値と喉の乾き
    ▶喉のイガイガ感
    •    上半身に沸き上がって来る酸
   ▶背骨と第三の眼のダウンロード
   ▶第三の眼の変化
   ▶糖尿病の症状の現れ
   ▶宇宙の医療チーム
   ▶ハートの周辺の変化
   ▶背骨の中から現れるゲップ
   ▶地球の波動とのズレ
   ▶第7チャクラの変化
   ▶第三の眼と古代エジプトの宗教芸術
   ▶新たなダウンロード
   ▶アクシオトーナルとスピンポイント
   ▶頭上に現れた純白の光り
   ▶小腸のサマスカラと白いフラッシュ
   ▶プラズマ体とピラミッドの崩壊
   ▶幸せホルモンの広がり
   ▶ホルスの呼び声
   ▶至高体験
   ▶アンドロメダの青い瞳
   ▶プラズマアタック!
   ▶夢でのコンタクト
   ▶左脳にパカっと電灯がついて
   ▶ビヨヨン波とプラズマ体
   ▶E.T.フォーン・ホーム
   ▶新しい体感とマーカバ
   ▶糖尿病の克服
   ▶アセンションと死の観念と恐怖
   ▶変遷する神々の名前



エネルギーヒーリング基礎コース
▶まか~ウラのクレアヴォヤンス基礎コース


セッションのご予約・お問合せ
ブログの質問・感想などは電子メールで。

makaula@gmail.com

※お問い合わせを頂いた際に、ドコモ携帯でのメルアドの場合(@docomo.ne.jp)は返事を出しても戻って来てしまます。ドコモ携帯をお使いの場合は、ブロック機能を確認され、PCからでも受信できる設定にされるか、その他のメルアドからご連絡ください。


▶その他のサービス内容はコチラへ
▶まか~ウラのプロフィールはコチラ

一日一回クリックしてね☆


     
英語
アマゾン読者レヴュー ★★★★★
  

[単行本(ソフトカバー)]  価格:¥ 1,890

世 界的なベストセラー『聖なる予言』も刊行されてなかった1991年春。ひとりの青年がマチュピチュへ旅立った。そこで体験する常識をはるかに超えたスピ リュチュアルな世界。色鮮やかなビジョン体験とUFO目撃談で綴る異色の旅行記。いま世界中のチャネラーがペルーを目指す。


LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ご予約・お問合せ

▶エネルギーヒーリング基礎コース

▶まか~ウラのクレアヴォヤンス基礎コース

セッションのご予約・お問合せ

ブログの質問・感想などは電子メールで。


makaula@gmail.com

※お問い合わせを頂いた際に、ドコモ携帯でのメルアドの場合(@docomo.ne.jp)は返事を出しても戻ってきてしまます。ドコモ携帯をお使いの場合は、ブロック機能を確認され、PCからでも受信できる設定にされるか、その他のメルアドからご連絡ください。


GLBT長編恋愛小説


愛の島の呼び声を聴いたなら

誰一人その誘惑には逆らえない

http://www.amazon.co.jp/Blue-Dolphins-Hiroshi-Mak%C3%A4ula-Nakae-ebook/dp/B00LMV0UUQ/ref=sr_1_1?s=digital-text&ie=UTF8&qid=1404900402&sr=1-1&keywords=blue+dolphins

Kindleストアで絶賛発売中!
▶購入はコチラから


▶その他のサービス内容はコチラへ
▶まか~ウラのプロフィールはコチラ

▶Skypeによる個人セッションに関する内容はコチラ
▶まか~ウラの著作はコチラ


精神世界のランキングに登録してみました!



アマゾン読者レヴュー ★★★★★

[単行本(ソフトカバー)]  価格:¥ 1,890
【アマゾンでご購入出来ます】


世界的なベストセラー『聖なる予言』も刊行されてなかった1991年春。ひとりの青年がマチュピチュへ旅立った。そこで体験する常識をはるかに超えたスピリュチュアルな世界。色鮮やかなビジョン体験とUFO目撃談で綴る異色の旅行記。いま世界中のチャネラーがペルーを目指す。

人気の投稿