2013/02/22

★凄!ウコンの浄化の力!

アロハ


次回の無料!一斉遠隔ヒーリングは2月の月末

ステイチューン☆

精神世界のランキングに登録してみました!

▼1日一回投票してね!


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宇宙人・UFOへ


1日1回、クリック、お願いします☆



★凄!ウコンの浄化の力!
ʻŌlena  オーレナ (Curcuma longa; C. domestica)
 
カヌー植物。
アジア圏では抗炎症薬としての効能が知られている植物です。
オーレナはカレー料理に使われる調理用スパイスというよりも、奇跡の薬草と呼べるほど様々な疾病に素晴らしい効能を持っていることが発見されています。
 
古代ハワイでは外的な皮膚の痛みと発疹はジュースで患部を洗っていました。
鼻炎や鼻づまりにも効能があり、擂り下ろしたジュースを数滴ほど鼻腔へ嗅ぎ上げるだけで、驚異的な治癒効果があるそうです。
喉の炎症や咳にはジュースと蜂蜜を混ぜて飲みます。
潜水士の鼓膜の破れはオレナとジンジャーのジュースを耳の中に注ぐだけで四回も治った例が報告されています。
ウコンのスパイスは癌の予防効果があることも報告されています。
その中には前立腺がん、乳がん、黒色腫などの予防も含まれ、動物を使った研究ではガン細胞の成長率と拡散を低くする結果が得られています。
ウコンのペーストは、抗ウイルスと抗バクテリアの特性があり、切り傷や火傷をはじめ、乾癬のような皮膚病の治療にも用いられます。
抗炎症剤としての特性は、関節炎や慢性関節リウマチの症状を助け、運動選手達は過剰な練習の後にウコンのペーストやスプレーを使っています。
インドのアーユルヴェーダ薬では、肝臓を浄化する効能が知られています。
その他にも天然の痛み止めとしての効能もあり、脂肪のメタボリズムをサポートするので体重のコントロールにも役立てられています。
ウコンが含んでいる活性成分はクルクミンで、抗酸化物質としても知られています。
クルクミンが生理的に作用するのは抗腫瘍や抗酸化、抗炎症などで、脂質の過剰な酸化や、活性酸素種によるDNAの傷害を防ぐなどがあります。
腎臓疾患
骨関節炎
慢性関節リウマチ
リンパ腫
嚢胞性線維症
過敏性大腸症候群
鬱病
乾癬
膵臓がん
多発性硬化症
アルツハイマー病に関係する脳内のβアミロイドの蓄積を抑制して減少させる
大腸癌のリスクを下げる
などの研究結果から、医学的な見地で19種類の病気治療に対しての研究項目が登録されて行われ、医薬としても大きな期待が寄せられています。

 しかし、胆石、胃潰瘍、胆管閉塞の持病に加えて肝臓と心臓に問題がある人と妊娠中の女性は子宮を刺激する副作用があるので注意が必要です。

 ハワイでは茄子の料理や、タロをローストしたり、紫色のスイートポテトのサラダなどの料理にウコンが加えられます。
浄化やヒーリング、悪魔払いなどの霊的な目的の際には 塩水と混ぜて散水されます。


★オーレナ(ウコン)で浄化!
 

ここ最近の人間掃除機体質があまりにも向上してしまい、朝から晩までゲロゲロ状態な日々が続いています。

 そんな状態なので、今日からオーレナの根を煮出して飲み続ける体内浄化に取り組み始めました(笑)

 
〈オーレナ〉という花は、ショウガ科のウコンの花のことです。

ハワイには、ポリネシアからの移住の際に持ち込まれました。

カヌーに乗った人たちと一緒にやって来た〈カヌー植物〉と呼ばれる種類の一つになります。

この植物の根茎が、カレー粉の材料になります。

それだけでなく古代ハワイでは、染料や医薬としても使われていました。 


アジア圏では抗炎症薬として知られています。



どこへ行っても花の咲いている時期に巡り会えず、この花を探して廻った時期がありました。

その頃はオーレナが季節花だということを知らなかったので、間違った季節に探していたのです。 




この花が咲き始めるのは、初夏から夏にかけて。

ちょうど乾期に入って、温度と湿度が上がり始める時期です。


日陰を好む花なので、炎天下の中で見つけるのは無理だと思います。 



ハワイの歌の中にも表現されているように、森の中とかで咲く花なのです。

実際にこの花を見つけて撮影したのは、マーノア渓谷の奥にあるのライオン植物園と、ダウンタウンの病院の中の庭園でした。

葉が花を隠してしまうくらい大きくなるので、葉っぱをかき分けないと見つからない場合も多々あります。



 

ウコン系の花には、色んな種類があり、オレナは〈白い〉花ですが、その他のものには、色がついているものもあります。



★プア・オレナ(ウコン)

以下は2009年8月4日の記事
フラを習っているお友達が「プア・オレナ」という歌が大好きだという話しをしてくれました。
この歌はジミー・カホロクアという方の作ったものです。
Pua `Olena
- by Jimmy Kaholokula

Pua `olena, pua moe wale
I ka nahele e moe nei
Ka ua noe makali`i
E ala mai, hö`ike mai
I kou nani
Pua `olena pua `olena

オレナの花 花は森林の中で眠って花開く

そこで眠って

霧深い夏の雨に目覚める

いま君の美しさを見せておくれ

オレナの花よ オレナの花よ

Pua `olena, dream filled beauty
Of my garden, deep in slumber
Kissed by misty summer rain
Come with me, come let's see
Of your beauty
Pua `olena pua `olena


オレナの花 夢に満たされた美しさ

私の庭の、深いまどろみで

夏の霧深い雨に口づけされる

一緒に来ておくれ、ここへ来て

君の美しさを見せておくれ

オレナの花よ オレナの花よ

Lau `olena, lau pälulu
E pe`e nei kau möhala
O ka makani häwanawana
Hö`ike nei pua `olena
I kou nani
Pua `olena pua `olena

オレナの葉

その葉が覆い隠して

花開くのを守る

ここをご覧、オレナの花だよ、と風が囁く

君の美しさを見せて

オレナの花よ

オレナの花よ

Ha`ina mai ka puana
Pua moe wale, pua moe `ole
I ka nahele o Hanalei
Come with me, come let's see
Of your beauty
Pua `olena, pua `olena

話しをしておくれ


花が眠って

花は目覚める

ハナレイの森の中で


一緒に来ておくれ、ここへ来て

君の美しさを見せておくれ

オレナの花よ オレナの花よ
(まか~ウラ訳)







精神世界のランキングに登録してみました!

 にほんブログ村 哲学・思想ブログ アセンションへ 

 にほんブログ村

1日1回、クリック、お願いします。

「ホルスの錬金術 黄金ファラオの秘宝」の前編になるのが「聖なる谷 空中都市マチュピチュを超えて」で、こちらの方は1991年に出かけたインカ帝国の遺跡を巡る旅の中での神秘体験やUFO目撃を綴った旅行記です。


アマゾン読者レヴュー ★★★★★




 [単行本(ソフトカバー)] 価格:     ¥ 1,890

世界的なベストセラー『聖なる予言』も刊行されてなかった1991年春。ひとりの青年がマチュピチュへ旅立った。そこで体験する常識をはるかに超えたスピリュチュアルな世界。色鮮やかなビジョン体験とUFO目撃談で綴る異色の旅行記。

いま世界中のチャネラーがペルーを目指す。   

▶まか〜ウラのプロフィールはコチラ

★セッションのご予約・お問合せ、ブログの質問・感想などは電子メールで。

makaula@gmail.com

[ まか〜ウラのSEATTLE日記] http://makaula-seattle.blogspot.com/
[ まか〜ウラのHAWAII日記] http://makaula-hawaii.blogspot.com/
[ eCardsが伝える神託の言葉] http://ecards808.blogspot.com/
[ 光りと癒しの光速ヒーリング] http://quantum-resonance.blogspot.com/

[Fecebook] https://www.facebook.com/pages/Hiroshi-Makaula-Nakae/304407229570904


2013/02/19

ウィーン在住のブロガーさん

アロハ


前の赤い部分が下垂体

 後ろの赤い部分が松果体で、その下の薄紫と紫の器官が

黄緑の球体がアーモンド体


次回の無料!一斉遠隔ヒーリングは2月の月末

ステイチューン☆


精神世界のランキングに登録してみました!

▼1日一回投票してね!


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宇宙人・UFOへ
にほんブログ村


精神世界ランキング

1日1回、クリック、お願いします☆



★ウィーンのブロガーallexさん
先日ウィーンに住んでいらっしゃる、allexさんという新しいBlogの読者の方からメッセージを頂きました。

私のBlogの読者の殆どは日本、次にアメリカですが、その他にも世界各国にお住まいになられている日本人の皆さんも読みに来られているようです・・・。

遠隔の感想ではギリシャにお住まいの方からもメッセージを頂きました☆

ありがとうございます☆ 

ギリシャもウィーンも行ってみたい土地です。

海外にお住まいで精神世界を探求していらっしゃる方は、日本のように日本語の書籍を集めた大型の本屋さんがあるわけではなく、簡単に情報を手に入れることが出来ません。

ホノルルにも日本語の書店がありますが、一般図書は抱えていても、精神世界系となると、特別にお取り寄せな世界です・・・。

シアトルには紀伊国屋書店があるのですが、そこでも精神世界系の図書の数はとても少ないです。

サンフランシスコの紀伊国屋書店もスピ系の図書は少なめでしたが、ホノルルとシアトルに比べると多かったと思います。

これから日本語の書籍も電子化が進むのは確実ですから、簡単に読みたい本をネットでダウンロードして読める時代もすぐ目の前です。

そうなると現在の状況も変わるでしょう。

最近の私は昔のように日本語に翻訳されたスピ系の書籍を読むことは少なくなりました。

その主な理由は本屋さんに行っても手に入らないからです。

昔は書店で見つけて気に入れば買って読んでいたのです(笑)

海外に住み始めて分かったのは、日本で紹介されているスピ系書籍の多くは、アメリカではそんなに話題になっていなかったりします。

アメリカ人的なスピ系アンテナと日本人的な感覚は、かなり趣が違うようです。

海外に住んでいると、精神世界の探求は自分次第の傾向が強くなります。

頻繁にセミナーやワークショップが行われるわけでもないし、身近に同じような事柄に興味を持っている人たちを見つけ出すのも一苦労。

その結果に自分のアンテナを磨くことに意識が動くように見えます。

私は他の方のBlogさえあまり読まない人になっているのですが、同じ海外在住のallexさんのBlogを読んでいて色んな意味で驚きました。

何て真面目な方なのだろう・・・!
 
そしてallexさんの記事の中に書かれている自分の世界観を読んでいたら、何か別次元的な 不思議さの感覚がしました。

allexさんの感覚を通して波動が翻訳されているので、同じ文章を読んでいても違う波動で入って来るのです。



こんにちわ!

 makaulaさん

私は数日前からmakaulaさんのブログを心臓バクバクからたどり着きましたallexといいます。


「aquarians」というブログをやっています。

http://aquarianallex.blog.fc2.com/

makaulaさんの記事に夢中になって読み始めました!


素晴らしいブログですね!

自分が知りたかった事がたくさんあり興奮してよみました!

自分では全ての事がどんどん繋がっていく感じがしました。

自分としてはささやかながら自分の所を見てくれている人達にmakaulaさんを紹介したかったのもあります!!!

makaulaさんの情報が欲しい人はたくさんいると思うのです。

特に心臓バクバクは心配でしたが、記事のあとにしなくなったのです!


昨日あたりうっすらと小さくバクバクがあったようなでも気になりません。

ちょっと奥に引っ込んだというか反応しなくなったというかそういう感じです。

私は情報で人の意識と肉体は変容すると思っています。

私はウィーン在住です。


この土地に来てから覚醒の初期段階が始まりました。

私の場合はまず文学の古典をかなり読むはめになりました。

どういうわけかロシア人に意地悪されるとドストエフスキーを読まずにはいられなくなり、全著書読むとか、現地の建物や教会に威圧されると日本文学ばかり読むとか、哲学が好きになりました。

これは今思うと多かれ少なかれ土地柄の影響もあるのかと思います。

とにかくなんでも読みました。


すると数年してクンダリーニが上がってきたのです。

私の場合読書がきっかけです。

読書で瞑想状態になり作者にチャネしてる状態になっていたのです。

その時は作者の心がとてもよく分かりました。

そしてある時点で気づきがきました。

至高体験がありました。

この世界は有であるという確信です。

でもある日頭に気がのぼってきて、身体が爆発しそうになりました。


これが気がふれるってことかなと思いましたが歌を歌うとおさまってきたので頭の中で歌っていました。

声を出さずに鼻から歌を出す感じです。


そしていくつか超常現象もありました。


寝てる状態で意識はハッキリあって起きていましたがその時にサードアイのところから人が立ってるのが見えました。

崇高な感じでした。

よく人が見るような白いローブをまとった男性でした。

でもいくら首を持ち上げて顔を見ようとしても見せてくれなかったです。

後ろ向きで。

あとオーストリアの冬山でスキーをしてる時に、向かいの大きな山一面にイシスが出たのです。


あの有名な横向きのシルエットです。

はっきり出ました。

他の人は気がつかないのだろうかと思ってドキドキしましたが、見えていないようでした。

ですからエジプトと何かあるのだろうか? と思っていたのです。


一度アメンティホールを開ける瞑想に参加しました。

自宅にいて遠隔で参加するものでした。

トム・ケニオン主催でした。

時間を合わせて瞑想すると次の日なんとウィーンの森を散歩してる途中で腰がエビになりました。

立っていられない。

第3チャクラが浄化出来ていなかったんです。

詰まってしまいました。

その時はドランヴァロさんの関係で、ネットで知り合った整体とかヒーラーをしている人に遠隔をしてもらって治りましたが、かなり衝撃がありました。


意識的にした事がこうも肉体に出るなんて!という事です。


makaulaさんのブログでのお話がとても面白いです。


グレイが見えたお話ですが意識が変わると見えるものがあるというのは本当ですね。

角川春樹さんの動画をご覧になった事はありますか?

http://www.youtube.com/watch?v=ES6e1KRqxHc&list=PLCKRVDX6IYELX6OSKINPNFD_LM4NFY3ZA

http://youtu.be/ES6e1KRqxHc

彼も同じ事を言っていました。


ある時角川さんはトイレに行って窓を開けるようにという声が聞こえて、開けるとドームの4倍くらいの巨大なUFOがいたそうなんです。

社員も30名以上を見たそうですが次の日新聞にものっていない。

それで角川さんは言っていましたが神木というは50メートルくらい影響があるらしく、人の場合は何キロかその周りだけが異空間になるのではないかと。

彼の話はとても面白いのです。

本当の事言っています。

ただ誤解が多いのは、彼の中に入る存在が変わるからではないかと思っています。


チンギスハンというのは「ラー文書」ではアセンションしてますから、彼が天候を変えたり出来るのはその影響ではないかと。

makaulaさんがグレイを見た時には皆さん眠くなっていましたよね。


眠くなるというのは意識を保っていられなくなる事で、回転についていけないのではないでしょうか。

私もmakaulaさんのブログで2回意識を失いました(笑)

ネットには天使がいるという人もいますが、私のパソコンにもある時小さなマークが2カ所に現れるのです。


パソコンを新しくしましたが、それでもあるときからまたではじめる。

何か手伝ってくれているようなのです。


スピ界もどんどんレベルが上がっていっていますから、がんばってくださ〜い!!!


宇宙人の記事も最高でした!


allex 




心臓バクバクを経験している方がウィーンにもいらっしゃる事が分かって良かったです。

あの現象は思い違いをしてしまうとサンディエゴの方と同じように「心臓病ではないか?」と困惑すると思うので、やはり波動的な変容に関係するものだと思います。

波動的な感度が成長して進化して行くと、文章を読んでいるだけで様々な情報が波動的にダウンロードされるようになります。

文章そのものにも、それを書いた人の波動的な情報が含まれています。

クレアセンチエンス:共感体質の性能が向上すると、Blogを読みに行くだけで、その書き手の波動を受けることになります。

これは場合によって善し悪しです。

すでに誰かの経験を通じて解析されている情報がダウンロードされると、自分の全体を通じて解析しなくて済むようになります。

すでに消化:昇華されている情報は、未消化:未還元の情報よりも楽に入るからです。

例えば一つの波動的な情報を還元するのに100の経験が必要だとします。

100の経験を通じて解析された次の段階の情報を受け取ると、自分で100の行程を経験しなくても、1/3以下くらいで済んでしまうのです。

これは料理を本で学んで自分で実践するよりも、上手い人から手ほどきされて教えてもらうと分かりやすいのと同じものです。

これはアセンションの原理にも関係しています。

そして全ては一つである、一人は全体と繋がっているという世界観にも関係します。

一人の波動が上昇すると、自動的にそこに繋がっている人にも上昇が起き始めるのです。

その逆も起きますから、誰かが堕ちると周囲にも影響を与えます。

波動は波紋で伝わるリップル効果だからです。

これから更に波動の密度が上昇しますから、書籍の中に記録されている波動的な情報は、以前よりも受け取りやすくなるでしょう。

自分の波動がいつもの状態から急激に変化すると睡魔に襲われます。

この現象はスピ系の本を読んでいても、Blogを読んでいても、セミナーやワークショップ、ヒーリングを受けている時も同じです。

特に波動的な情報が組変わる場合は急激に起きて、知らない間に意識が落ちてしまい、気がついたら寝ていたという結果になります。

周波数が違い過ぎて、それを解析出来ない場合に顕在意識のスイッチが落ちるのです。

宇宙人遭遇も同じようなものです。

大抵の場合は波動の違いで、波動的にマッチする機能が育っている人は見えますが、見えない人には見えないのです。

角川春樹氏の場合は、彼のオーラの中に入っていた人が同じ現象を共有できたのだと思います。

オーラは波動の磁場なので、オーラ内の波動が多次元に接続されると、多次元的な経験をするようになります。

「オーラ」は「何処でもドア」のような機能を持つのです。

宇宙人遭遇や、幽霊、精霊、肉体を持たないエレメンタルな存在、高次の意識存在の場合は、それらの存在たちが自分の姿を明確に見せたい場合は、波動を調節して見れるように引き上げてくれるのです。

見る側の感度の性能と、見たい、理解したいという意思の強さにもよりますが、基本的には相手側の意思が大きく影響します。


allexさんがこのBlogに関する記事を書いてくださりました。

▶探求は楽しい!makaula さんが見つけたこと 

▶サマスカラ(情報)を溶解して還元
こちらも読みに行って下さいネ☆

マハロ




精神世界のランキングに登録してみました!

 にほんブログ村 哲学・思想ブログ アセンションへ 

 にほんブログ村

1日1回、クリック、お願いします。

「ホルスの錬金術 黄金ファラオの秘宝」の前編になるのが「聖なる谷 空中都市マチュピチュを超えて」で、こちらの方は1991年に出かけたインカ帝国の遺跡を巡る旅の中での神秘体験やUFO目撃を綴った旅行記です。


アマゾン読者レヴュー ★★★★★




 [単行本(ソフトカバー)] 価格:     ¥ 1,890

世界的なベストセラー『聖なる予言』も刊行されてなかった1991年春。ひとりの青年がマチュピチュへ旅立った。そこで体験する常識をはるかに超えたスピリュチュアルな世界。色鮮やかなビジョン体験とUFO目撃談で綴る異色の旅行記。

いま世界中のチャネラーがペルーを目指す。   

▶まか〜ウラのプロフィールはコチラ

★セッションのご予約・お問合せ、ブログの質問・感想などは電子メールで。

makaula@gmail.com

[ まか〜ウラのSEATTLE日記] http://makaula-seattle.blogspot.com/
[ まか〜ウラのHAWAII日記] http://makaula-hawaii.blogspot.com/
[ eCardsが伝える神託の言葉] http://ecards808.blogspot.com/
[ 光りと癒しの光速ヒーリング] http://quantum-resonance.blogspot.com/

[Fecebook] https://www.facebook.com/pages/Hiroshi-Makaula-Nakae/304407229570904


★かんかんぼうニュース vol.11

アロハ


次回の無料!一斉遠隔ヒーリングは2月の月末

ステイチューン☆


精神世界のランキングに登録してみました!

▼1日一回投票してね!


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宇宙人・UFOへ
にほんブログ村


精神世界ランキング

1日1回、クリック、お願いします☆



★かんかんぼうニュース vol.11

**2013年2月号**
福岡の出版社、書肆侃侃房(しょしかんかんぼう)のできたての本、話題の本、イベント開催のお知らせなどを配信するメルマガです。

《CONTENTS》


■この冬は「長崎観光でキマリ!」
■寒くても行きたい!プサンに台北!!
■「千葉の森カフェ」早くも2刷~大好評です。


寒さ厳しい毎日ですが・・・


1月は行く、2月は逃げる、そして3月は去る、とはよく言ったもので、早くも2月中旬となりました。


でも、ことしの旧正月は2月10日、ということで、まだまだ長崎は、そしてアジアは、お正月気分でいっぱいです。

そんな長崎、そしてアジアに行きたくなる侃侃房の本をご紹介します。

まずは長崎から!


『長崎迷宮旅暦』
下妻みどり  著

B6判、並製、192ページオールカラー
定価1,680円(本体1,600円+税)
ISBN978-4-902108-83-5 C0026
http://www.kankanbou.com/kankan/item/259



 『長崎おいしい歳時記』
 下妻みどり  著

B6判、並製、192ページオールカラー
定価1,680円(本体1,600円+税)
ISBN978-4-86385-091-0 C0095
http://www.kankanbou.com/kankan/item/479

このほど、モナコや香港とともに世界新三大夜景にも選ばれた長崎。


東洋と西洋が入り混じる「和華蘭(わ・か・らん)文化」とも呼ばれ、見どころいっぱい、おいしいものもいっぱいです。

また2月10日からは中国の旧正月にあわせて長崎ランタンフェスティバルが始まりました。


中華街や中心商店街などには赤や黄色の中国提灯・ランタンが1万5000個、そして干支にちなんだ巨大オブジェなどが飾られ、冬の長崎が彩られています。

特にことしは開催20年目、ということで毎日のイベントに合わせ「中華大婚礼」など見逃せないイベントも!

これは、長崎に行かなきゃ!でしょ!!

そして、そんな旅のお供には長崎でフリーライターとして活躍する下妻みどりさんがしたためた2冊。


まだまだ奥深─い長崎が見えてきます。


 ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
そしてアジアへも!

『ぐるぐるプサン2013』

博多ガクガク堂 著

B6判、並製、176ページオールカラー
定価1,365円(本体1,300円+税)
ISBN978-4-86385-092-7 C0026
http://www.kankanbou.com/kankan/item/480

そして、この極寒シーズンこそ、おススメしたい旅行先が韓国・プサン。


韓国の床暖房・オンドルの温かさや辛さ十分の鍋もの、温かい伝統茶が身にしみます。

歩いて食べて集めた情報満載でバージョンアップした「ぐるプサ」片手にプサンにGo!




『ぐるぐる台北』

博多ガクガク堂 著

B6、並製、160ページオールカラー
定価1,365円(本体1,300円+税)
ISBN978-4-86385-024-8 C0026
http://www.kankanbou.com/kankan/item/375

寒いのは苦手!という方には台北がおススメです。

何と言っても亜熱帯。ほかほかと温かい小龍包に中国茶、夜市をうろうろ、マッサージ。

寒さに身を縮めることなく街歩きを楽しめること間違いなし!

「ぐるぐる台北」がお役に立てることも間違いなし!です。



新刊・メディアで紹介された話題の本をお知らせします



『千葉の森カフェ』
鈴木美也子  著

A5判、並製、144ページオールカラー
定価1,470円(本体1,400円+税)
ISBN978-4-86385-083-5 C0026
http://www.kankanbou.com/kankan/item/472

森を感じさせる千葉の30店舗を厳選して、掲載した「千葉の森カフェ」。

関東圏を中心に大好評で、早くも2刷ができました!

店情報はもちろんですが、何とも印象的な表紙を始め、写真がいいんです。

ぱらぱらとめくるだけでも、清々しい気分になる一冊です。


 
『地獄と向きあって44年─カネミ油症、苦悶の記録』
矢野忠義 矢野トヨコ  著

四六判、並製、432ページ+口絵カラー16ページ
定価2,100円(本体2,000円+税)
ISBN978-4-86385-102-3 C0036
http://www.kankanbou.com/kankan/item/490

西日本周辺でダイオキシン類が混入したライスオイルを摂取した人たちが大きな被害を受けた食品汚染・カネミ油症事件。幾度もの裁判を通して、国や企業の責任と賠償を求め、戦い続けた夫婦の壮絶な日々を綴った本著。


西日本・毎日・読売の各新聞で紹介されたほか、共同通信でも全国の新聞社に配信されています。

【TOPIC】

大好評の『熊本カフェ散歩』の続編

『熊本の海カフェ山カフェ』ができました!!


カフェ散歩シリーズの先駆け『熊本カフェ散歩』、大変ご好評いただきまして、ただ今3刷を準備中ですが、一足先に、同著者の三角由美子さんによる『熊本の海カフェ山カフェ』が刊行されました。


県内選りすぐりのカフェ45軒をご紹介。

こちらもよろしくおねがいします!


 
『熊本の海カフェ山カフェ』

三角由美子 著

A5判、並製、144ページオールカラー
定価1,365円(本体1,300円+税)
ISBN978-4-86385-104-7 C0026
http://www.kankanbou.com/kankan/item/498




 
『熊本カフェ散歩』

三角由美子 著

A5判、並製、144ページオールカラー
定価1,365円(本体1,300円+税)
ISBN978-4-86385-055-2 C0026
【品切・3刷準備中】

http://www.kankanbou.com/kankan/item/422

◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎
福岡・九州ぐるり
◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎

ランフェス開催中の長崎のおいしいものずらり


・アツアツの角煮まん ・皿うどんを食べるなら断然、太麺
・中華菓子「よりより」 ・卓袱料理の中華刺身にハトシ
・かんころもちにシースケーキ
・あごだしスープにトルコライス
・一口餃子に一口豚まん・・・
 

雛の節句に桃カステラ食べれば季節はもう春。
>>>>>>>>>>>
編 集 雑 感
<<<<<<<<<<<

1月末に全国テレビ朝日系列で放送されたドラマ「ゆりちかへママからの伝言」。


ご覧になりましたか。

原作は書肆侃侃房の同名本で、地方の出版社としては異例のベストセラーとなっています。

死を前に、成長を見守れないわが子・ゆりあに宛てたメッセージ。

本で、そして今回のドラマでより多くの人により深く、届いたのではないか、と思っています。
 

ちなみに、片平なぎささん演じたわが書肆侃侃房の代表。似てるとも、似ていないとも意見が分かれています・・・。

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■
 
【かんかんぼうニュース vol.11】

2013年2月19日発行

◆発行 書肆侃侃房(しょしかんかんぼう)

〒810-0001 福岡市中央区天神2-14-38-3F(システムクリエート有限会社内)

TEL 092-735-2802    FAX 092-735-2792

MAIL info@kankanbou.com

◆書肆侃侃房のブックカフェ!Read cafe(リードカフェ)

〒810-0022 福岡市中央区薬院2-2-33 OASビル1F

TEL&FAX 092-713-8860

12:00~24:00

Cafe,Dining,Bar,book...


◆メルマガの登録・解除
http://www.mag2.com/m/0001217433.html





精神世界のランキングに登録してみました!

 にほんブログ村 哲学・思想ブログ アセンションへ 

 にほんブログ村

1日1回、クリック、お願いします。

「ホルスの錬金術 黄金ファラオの秘宝」の前編になるのが「聖なる谷 空中都市マチュピチュを超えて」で、こちらの方は1991年に出かけたインカ帝国の遺跡を巡る旅の中での神秘体験やUFO目撃を綴った旅行記です。


アマゾン読者レヴュー ★★★★★




 [単行本(ソフトカバー)] 価格:     ¥ 1,890

世界的なベストセラー『聖なる予言』も刊行されてなかった1991年春。ひとりの青年がマチュピチュへ旅立った。そこで体験する常識をはるかに超えたスピリュチュアルな世界。色鮮やかなビジョン体験とUFO目撃談で綴る異色の旅行記。

いま世界中のチャネラーがペルーを目指す。   

▶まか〜ウラのプロフィールはコチラ

★セッションのご予約・お問合せ、ブログの質問・感想などは電子メールで。

makaula@gmail.com

[ まか〜ウラのSEATTLE日記] http://makaula-seattle.blogspot.com/
[ まか〜ウラのHAWAII日記] http://makaula-hawaii.blogspot.com/
[ eCardsが伝える神託の言葉] http://ecards808.blogspot.com/
[ 光りと癒しの光速ヒーリング] http://quantum-resonance.blogspot.com/

[Fecebook] https://www.facebook.com/pages/Hiroshi-Makaula-Nakae/304407229570904


2013/02/17

奇怪な小人型エイリアン

アロハ


次回の無料!一斉遠隔ヒーリングは2月の月末

ステイチューン☆


精神世界のランキングに登録してみました!

▼1日一回投票してね!


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宇宙人・UFOへ
にほんブログ村


精神世界ランキング

1日1回、クリック、お願いします☆



デーヴィッド・ウィルコック氏のBlogの中で、映画「シリウス」に関係する記事がありました。

「シリウス」の中では南アメリカで発見された身長が6インチしかない宇宙人の遺体のことを明らかにしています。

小さな宇宙人は当初は胎児なのではないかと憶測されていましたが、科学者は生まれてから5〜6年は経っているであろうと見解をしています。

この南アメリカの小人の宇宙人と同じ種族だと思われる別の死骸がロシアにもあるという話がデーヴィッド・ウィルコック氏のBlogの中で書かれていました。


ロシアの小人宇宙人に関する情報は1996年に一般に公開されたと書かれています。    

しかもこのロシア版の小人の宇宙人のことについて日本のテレビが取材しているとBlogには書かれています。

ということは、きっと矢追順一さんの番組ですよね?

この番組に関する情報を探していたら、日本のテレビ局はこの小人の宇宙人のミイラを探すために、200,000ドルの報奨金を渡すと伝達していると書かれている記事を見つけました。

http://rense.com/general28/jtv.htm

凄いですね、2000万円の報奨金とは・・・。 


デーヴィッド・ウィルコック氏の原文はコチラ




このロシア版の小人の宇宙人は、発見された時点では生きていたのだそうです。

発見されたのはロシアのクイシトゥイム:Kyshtymという地区の南ウラル山。

この南ウラル山というのは、1957年9月29日にソビエトの核兵器廃棄物の爆発による放射能汚染が起きた場所です。

この事件の現況は冷却システムの故障によるものです。

その汚染範囲は15000平方キロメートル。

当時では270,000人の居住者がいましたが避難させられています。

この大事件は1980年になるまで公開されず隠匿されていました。



そして小人の宇宙人は、そこに住んでいる老婆によって見つけられています。

老婆はこの宇宙人を自分のアパートに連れ帰り、そこで3週間は生きていたそうです。

これに関する記事を日本語で探していたら以下の記事を発見しました。

「下北の春のブログ」世界の怪奇事件:ロシアの寒村で殺された奇怪な小人型エイリアン
http://ameblo.jp/a767483803/entry-10872570322.html 

このBlogでは、英語での記事を翻訳して紹介しています。

▼原文はコチラ

 [Pravda.Ru - science - 05.04.2007]
 

http://english.pravda.ru/science/mysteries/89132-0/

●ロシアの遠隔地の村で残酷に殺された奇怪な小人型エイリアン
 

■ Mysterious dwarfish alien brutally murdered in Russia's remote village

「アリオシェンカ(Alioshenka)宇宙人」事件を調査している研究者らは、以下の驚異的結論に達した:
 

彼らは、その神秘的な生き物は、以前考えられていたように風邪を引いて死んだのではなく、殺されたと考えています。
 

「彼は自然的な原因で死んでいない」とKosmopoisk公立研究センター進行責任者のVadim Chernobrovは言いました。
 

「私たちは彼の頭蓋骨が砕かれている事を発見した」 とChernobrovは付け加えた。



不可解な小人は、チェリャビンスク区域クイシトゥイムの町付近で発見された。


Stanislav Samoshkinは、地元の病院で小人の身体解剖をした病理解剖学者。

それが人間ではない生物であると主張したのは彼が最初。

「人間の頭蓋骨は6つの骨から構成される。その生物の頭蓋骨は4つの骨から構成されていた」Samoshkinは言う。



ロシアと海外の研究者らは、11年間にわたり、その「ウラル地方のエイリアン」の謎を解き明かそうとしている。

その話は進行中の推理小説のように見える。

伝えられる所によれば、その小人の体は盗まれたという。

この事件の重要な証人で実際に小人を"Alioshenka"と命名した老女は、突然死亡した。
 

[Lost in translation 翻訳で失敗アリオシェンカ(Alioshenka)の遺体は消えた。
 

実際には、その事件に割り当てられた調査官が、それを持ち去った何人かの犯人らに、遺体を手渡したと伝えられている。
 

「彼らはUFO研究者と私に自己紹介した。私は彼らが本当の科学者である事をかなり信じた。私には彼らが詐欺師であるという考えは浮かばなかった」と元少佐の退役軍人Vladimir Bendlinは言った。


その時日本からのテレビ撮影隊が、クイシトゥイム・エイリアンのドキュメンタリ映像を撮影していた。

日本人らはその小人の遺体を買い取ろうとしていた。

しかしTV撮影隊のプロデューサーのデグチ・マサオが、英語で喋った少数の単語の意味を、地元ジャーナリストの一部が間違って受け取り、そして結局彼らの計画は失敗に終わる。

「私はその時小人のミイラを所持していた人に対して、支払う事が出来る金額についてデグチ・マサオと話をしたのを覚えている。
 

会話で話された金額は、200ドルから最高1000ドルまで及んだ。
 

我々は英語で話していた。

地元の女性ジャーナリストが、数字を間違ったに違いない。

彼女は、日本人が盗まれた物体に20万ドルを出す用意があるという文の記事を、彼女の新聞に出した。

その記事はすぐに他の新聞各紙に転載された。

日本人にはそのような金額は無かった。

したがって彼らは記事発表に反論しなければならなかった。

その結果取引は失敗に終わった。

そしてミイラの所有者は闇に潜った」Chernobrovは言った。


★The body vanishes 消えた遺体
 

幸いなことに、それが盗まれる前、警察は小人の遺体をビデオに録画していた。
 

退役少佐のBendlinは、エイリアンがまだ生きていた時に、それと会っていた何人かの人の所在をどうにか見つけ出した。

伝えられるところによれば、その小人はKaolinovy村の近くの、Tamara Prosvirinaによって発見された。

 

彼女は隣人に向かって「アリオシェンカ(Alioshenka)というハンサムな男の子」を見つけた事を話した。

隣人は、その老女がまたおかしな事になっているものと思っていた。

ポイントは彼女が以前に精神障害として扱われていた事。

隣人は救急車を呼び、そしてそれは彼女を病院へ連れて行った。

医療補助員のうちの一人は、その女性のアパートのベッドにある物体を、「ボロ布に包まれた猫」と後に説明した。

女性は精神病院に入れられた。


その間彼女の親類は、アパートをVladimir Nurtdinov という人物に貸した。

彼は、ある日アパートを清掃している時、猫ほどの大きさの死体を偶然見つけた。
 

「私は一片のゴミと同じようにそれを捨てるところだった。
 

しかしそれは現実のエイリアンであるように見えた。

私はわずかにそれが好きになった。

結局私はそれをガレージの屋根の上に置いた」 

とNurtdinovは言った。


太陽は極限的にアリオシェンカ(Alioshenka)の遺体を乾燥させ、日に焼いた。

そしてNurtdinovは、ガレージの中に遺体を隠した。
 

その後Nurtdinovは、電線の窃盗の容疑で、警察に拘留された。
 

彼はガレージに隠した不思議な物体について、すぐ警察に話をした。


以下はその老女の義理の娘のTamaraによる説明。


この人は、アリオシェンカ(Alioshenka)がまだ生きていた時に、彼を目撃したことを主張しています:
 

「私はかつて義理の母親を週に2回は訪ねていました。彼女は1人で生活していたのです。

その日は以前と同じように食事を持って行ったのです。

彼女が私に話しかけたのは、私が帰ろうとする所でした。


『私たちは赤ちゃんにもいくらか食事をあげた方が良いのでは』

そして彼女は私をベッドに連れて行ったのです。
 

私は彼を近くで見て、会いました。

ベッドの上にいて、キーキーといくつかの奇妙な音を出しました。

口が小さなパイプのような形で作られているのは見て分かりました。

小さな真紅の舌は動いていました。

内側に2本の歯が見えました。

ある意味で小さな赤ん坊に似ていました。

頭部は茶色で、体は灰色に見えました。

目のまぶたは全く見つけられませんでした。
 

性器もありませんでした。

頭部は玉ネギに似ていました。
 

瞳の瞳孔は、ちょうど連続してライトをつけたり消したりすることを数回繰り返した時の猫の目のように、広がったり狭くなったりしていました。

手足の指はかなりの長さでした。
 

そして私はその怪物を地球のどこで手に入れたのかだけを、義理の母に尋ねました。

彼女は森で見つけたと言いました。
 

彼女は彼をアリオシェンカ(Alioshenka)と呼び続けました。

彼女はキャンディーを与え、彼はそれを吸い始めました。
 

私はそれが何らかの動物だろうと思いました」



研究者はTamaraの説明が実話であると信じている。
 

別の新たな説明の詳細を加える事も無く、彼女は何年間も、同じ一語一語を繰り返している。

「彼はある種の臭いを発していました。


他のどのような物にも例える事は出来ません。

その臭いは、実際にはかなり気持ち良かったのですが、同時にいやな感じもしました。

そして、どんな種類の液体、固体の排出物も出しませんでした。

汗はかいていました。
 

それが全てです。

義理の母がボロ布で彼の額から汗を拭うのを見ました」とTamaraは付け加えた。

その老婦人は、1999年8月にひき逃げ事故で死んだ。
 

研究者チームがモスクワから町に到着するわずか数日前に、彼女は自動車にひき殺された。

研究者らは事故が発生する直前、彼女の親類に電話を掛けた。

アカデミー会員のMark Milkhikerは、Prosvirinaを催眠状態に入れる予定だった。

それは患者の潜在意識に埋められた情報を、復活させるの援助するために使われる方法。

Prosvirinaの親類は、老女の死が事故ではなかったと確信している。
 

「日中、車がこの町を走っているのを見る事など、ほとんど無い」一体全体その車はどこから来たというのか? Tamaraは尋ねた。  
どなたか実際にこのロシアで発見された「アリオシェンカ」に関する日本のテレビ番組のことを覚えていませんかね・・・?
取材チームはロシアまで行っているわけですから、放映された可能性は大きいと思います。
そしてウィルコック氏は、このアリオシェンカと南アメリカで発見された小人の宇宙人を、イースター島で伝わっている神様、カヴァカヴァの先祖と結びつけています。  
 

 


顔の入れ墨は別として、確かに体型が似ていますね(笑)





精神世界のランキングに登録してみました!

 にほんブログ村 哲学・思想ブログ アセンションへ 

 にほんブログ村

1日1回、クリック、お願いします。

「ホルスの錬金術 黄金ファラオの秘宝」の前編になるのが「聖なる谷 空中都市マチュピチュを超えて」で、こちらの方は1991年に出かけたインカ帝国の遺跡を巡る旅の中での神秘体験やUFO目撃を綴った旅行記です。


アマゾン読者レヴュー ★★★★★




 [単行本(ソフトカバー)] 価格:     ¥ 1,890

世界的なベストセラー『聖なる予言』も刊行されてなかった1991年春。ひとりの青年がマチュピチュへ旅立った。そこで体験する常識をはるかに超えたスピリュチュアルな世界。色鮮やかなビジョン体験とUFO目撃談で綴る異色の旅行記。

いま世界中のチャネラーがペルーを目指す。   

▶まか〜ウラのプロフィールはコチラ

★セッションのご予約・お問合せ、ブログの質問・感想などは電子メールで。

makaula@gmail.com

[ まか〜ウラのSEATTLE日記] http://makaula-seattle.blogspot.com/
[ まか〜ウラのHAWAII日記] http://makaula-hawaii.blogspot.com/
[ eCardsが伝える神託の言葉] http://ecards808.blogspot.com/
[ 光りと癒しの光速ヒーリング] http://quantum-resonance.blogspot.com/

[Fecebook] https://www.facebook.com/pages/Hiroshi-Makaula-Nakae/304407229570904


LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ご予約・お問合せ

▶エネルギーヒーリング基礎コース

▶まか~ウラのクレアヴォヤンス基礎コース

セッションのご予約・お問合せ

ブログの質問・感想などは電子メールで。


makaula@gmail.com

※お問い合わせを頂いた際に、ドコモ携帯でのメルアドの場合(@docomo.ne.jp)は返事を出しても戻ってきてしまます。ドコモ携帯をお使いの場合は、ブロック機能を確認され、PCからでも受信できる設定にされるか、その他のメルアドからご連絡ください。


GLBT長編恋愛小説


愛の島の呼び声を聴いたなら

誰一人その誘惑には逆らえない

http://www.amazon.co.jp/Blue-Dolphins-Hiroshi-Mak%C3%A4ula-Nakae-ebook/dp/B00LMV0UUQ/ref=sr_1_1?s=digital-text&ie=UTF8&qid=1404900402&sr=1-1&keywords=blue+dolphins

Kindleストアで絶賛発売中!
▶購入はコチラから


▶その他のサービス内容はコチラへ
▶まか~ウラのプロフィールはコチラ

▶Skypeによる個人セッションに関する内容はコチラ
▶まか~ウラの著作はコチラ


精神世界のランキングに登録してみました!



アマゾン読者レヴュー ★★★★★

[単行本(ソフトカバー)]  価格:¥ 1,890
【アマゾンでご購入出来ます】


世界的なベストセラー『聖なる予言』も刊行されてなかった1991年春。ひとりの青年がマチュピチュへ旅立った。そこで体験する常識をはるかに超えたスピリュチュアルな世界。色鮮やかなビジョン体験とUFO目撃談で綴る異色の旅行記。いま世界中のチャネラーがペルーを目指す。

人気の投稿