2013/08/08

アヌビスの紋章

今日の記事は「ホルスの錬金術」にも関係する内容ですが、第三章の続きではなく、2013年8月に入ってからの経験パート2です。



2013年8月6日はベルヴュー市にお住まいのクリスタル・エンジェルさんと一緒にサマミッシュからさらに東に入ったスノーコルミーという街へ出かけました。

この街の近くにはスノーコールミー滝があり、滝の一帯はネイティブアメリカンの聖地で、この地域に住んでいた人々は「ムーン・ピープル 月の人々」と呼ばれていました。





スノーコールミー滝が流れ落ちる崖のすぐ脇に建っているのがサッリッシュ・ロッジという宿泊施設兼スパ&レストランです。

この一帯を世界的に知らしめたのは80年代にアメリカを含め全世界で大ヒットになった、デイヴィッド・リンチ監督のテレビドラマ「ツインピークス」と劇場映画「ツイン・ピークス ローラ・パーマー最期の7日間」です。

サミッシュ近郊のイサクアの街に向かい、高速道路に入る前にガソリンスタンドに止まったのですが、ここで急激に眠気に襲われてしまいました。

イサクアの街の一部はパワースポットで、いつ行っても第七チャクラが開く場所があるのですが、ガソリンスタンドはその近くだったのです。

ここを何度も通ったことがありますが、第七チャクラが開いても、そのせいで急激な眠気に襲われたことはありませんでした。

この時点から何か少し様子がおかしいと思っていたのですが、その意味は夜になるまで解りませんでした。



私たちはスノーコールミー滝には行かず、その先にあるスノーコールミーのヒストリックタウンへ行き、小さくて可愛い街中のお店を覗きながら探索して、さらに東に進んでノースベンドという街へ向かいました。

スノーコールミーからノースベンドのちょうど中間地点に川が流れていて、その橋の周辺もかなりのパワースポットだと思いました。



この周辺から有名な「ツインピークス」の峰々が現れます。




ノースベンドという街の名所、「ツインピークス」の中で何度も登場している有名ダイナー「トウェーデス・カフェ」に入って名物の「チェリーパイ」と「ツインピークス・バーガー」を食べ、少しの時間だけ街中を歩いて帰途につきました。



サマミッシュの家に戻った時には身体がとても疲れていて、強い眠気に襲われたのでそのまま少し仮眠をしたのです。

そして夜になっても疲れは取れず、この晩はいつもより早めにベッドに入って横になりました。

しかし眠気に襲われるわけでもなかったので、横になったまま宇宙の医療チームにヒーリングを頼んだのですが、今までのように明確にヒーリングが始まる気配がありません。

そこで背骨が真っ直ぐになり、骨盤と大腿骨の位置、そして背骨と頭蓋骨のバランスが理想的な配置になるようにベッドの中で色々と姿勢を整えることに挑戦。

次に身体の全域のリラックス感を感じてみて、違和感のある部位を整えるように意識してみました。

そこで気づいたのが顎関節の不調和で、顎を動かしたり、顎と口を動かして顎周辺の筋肉のエクササイズをしたり、首筋を伸ばしたりしてみました。

そして少ししたら右脳の上の方にフラッシュする光りを何度か感じたので、このまま幸せホルモンが頭の中心から海溝に広がり始めるかも知れないと思い、もっと全域でフラッシュして頭の中の全体が明るくなるように色々と試行錯誤を続けましたが然程の効果は現れませんでした。

次に経絡に接続しているアクシオトーナル経絡にアクシオトーナルライトをダウンロードしてみましたが、少し感じられただけで、何か大きく変化した感じはありませんでした。

少し諦め感が漂い始め、姿勢を崩して本気で寝ようかと考えていたら、全く予期していなかった部位、ハードの裏側に密度の高い幸せホルモンが出現し、右半身側に広がり始めたのです。

この時に背骨から出ている一本の短い神経のイメージが頭の中に入って来ました。

それから幸せホルモンの動きを追っていったら、意外なことに、右肩甲骨の下を通って右肩、そして右上腕へと移動し、右ひざから手首、そして指先まで浸透して行きました。

その伝わり方を感じていたら腕の経絡の幾つかのポイントが詰まっていることが解りました。

左側にも浸透したのですが、密度的に右側の広がりと密度の高さよりもかなり薄い感じでした。

この時の広がり感はすぐに消えることはなかったので、可能な限り追跡して身体のエネルギー的な状態を良く吟味してみようと色んな部位に意識を当てて感じてみました。

そこで思いついたのが、呼吸に重きを置いて両手の指先を揃えて下腹の膀胱の当たり、正確には左右二つある性腺の位置に置き、クンダリーニが上昇する鍵を持っている仙骨に波動を送り込んだらどうなるかという実験です。

しばらく呼吸と指先に意識を起き続けて波動を流し込んでいたら面白い現象が起き始めました。

ちょうど仙骨の部位に上下が丸くなっている円筒形のポンプのようなものが動いていて心臓の鼓動よりも少し速いスピードで何かを押し出している感じが現れ始めたのです。

ポンプ的な圧力は力強いというよりは穏やかめという感じでした。

解剖学的に捉え直すとポンプのように感じられたのは無花果のような形をしている前立腺かも知れないと思いましたが、それよりも少し縦型だったので何とも言えませんでした。

この経験で解ったのは黄金のファラオ展の最後の部屋に展示されていたツタンカーメン王の墓の中から発見された「アヌビスの紋章」と題された高さ約2メートルもある意味不明の置物です。



基本的には植木鉢のような形の白いアラバスター製の土台にはヒエログラフで〝アヌビス〟と黒い字で彫りがあり、土台の上に金箔が張られた木のポールが立っていて、その先端にはロータスの蕾みがしつらえてあります。

ミイラ製造の神様と言われているアヌビスはジャッカルの頭で現されますが、この置物からはジャッカルのイメージは全くありません。

黄金のポールの中間より少し下にコイル状に絡まっている細い管の先端には小さな花のような飾りが留められ、管の下には上下の丸い円筒があり、その下部から二つの別の小さな円筒が突き出ていて土台に接続されています。

この不可思議な置物を見た時に、これは基本的に背骨またはクンダリーニに関係する類いのもので、土台の部分は仙骨ではないかと察しはついていたのですが、土台の上に繋がっている金色の二つの足と胴体のようにも見える何かの意味が解らなかったのです。

引き続き身体を通じたクールな幸せホルモンの動きを観察していたら、再びハートの裏側の部位に密度の高い幸せホルモンが現れ始めました。

アヌビスの紋章の柱に絡んでいる黄金のコイル状の先に突き出ている黄金の小さな花はこの位置を指しているのだと解りました。

翌朝に目覚めた時はいつもよりも熟睡感が高く、身体の調子は良い感じはしましたが、波動的な変遷が起きている時に頻繁に感じる特殊な疲れはまだ残っていました。
 
この晩の経験で右半身と左半身の状態がかなり違うことと、幸せホルモンのポンプ機能の秘密の一部が解かりました。

二日後の朝になってもハートの裏側に意識を当てる微妙な幸せホルモンが現れ始め、少しずつ広がって行くのが感じられました。

右 脳と左脳の間にある海溝に密度の高い幸せホルモンが現れ、次にハートの裏側にも現れたので、仙骨の下部または尾骨の位置からも幸せホルモン/エンドルフィ ンが現れるのではないかと推測していたら、その意識の動きを追跡するかのように尾骨の位置にもクールな幸せホルモンを感じ始めました。

アヌビスの紋章の構造が教えているのは、体内の錬金術に関わるポンプ機能を意図的にコントロールすることが出来るまで進化することが出来るのなら、その先に待っているのは自らの意思の命令によってDMTを放出することが可能になるのではないかと思いました。

続く




精神世界のランキングに登録してみました!

 にほんブログ村 哲学・思想ブログ アセンションへ 

 にほんブログ村

1日1回、クリック、お願いします。

「ホルスの錬金術 黄金ファラオの秘宝」の前編になるのが「聖なる谷 空中都市マチュピチュを超えて」で、こちらの方は1991年に出かけたインカ帝国の遺跡を巡る旅の中での神秘体験やUFO目撃を綴った旅行記です。


アマゾン読者レヴュー ★★★★★




 [単行本(ソフトカバー)] 価格:     ¥ 1,890

世界的なベストセラー『聖なる予言』も刊行されてなかった1991年春。ひとりの青年がマチュピチュへ旅立った。そこで体験する常識をはるかに超えたスピリュチュアルな世界。色鮮やかなビジョン体験とUFO目撃談で綴る異色の旅行記。

いま世界中のチャネラーがペルーを目指す。   

▶まか〜ウラのプロフィールはコチラ

★セッションのご予約・お問合せ、ブログの質問・感想などは電子メールで。

makaula@gmail.com

[ まか〜ウラのSEATTLE日記] http://makaula-seattle.blogspot.com/
[ まか〜ウラのHAWAII日記] http://makaula-hawaii.blogspot.com/
[ eCardsが伝える神託の言葉] http://ecards808.blogspot.com/
[ 光りと癒しの光速ヒーリング] http://quantum-resonance.blogspot.com/

[Fecebook] https://www.facebook.com/pages/Hiroshi-Makaula-Nakae/304407229570904


LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ご予約・お問合せ

▶エネルギーヒーリング基礎コース

▶まか~ウラのクレアヴォヤンス基礎コース

セッションのご予約・お問合せ

ブログの質問・感想などは電子メールで。


makaula@gmail.com

※お問い合わせを頂いた際に、ドコモ携帯でのメルアドの場合(@docomo.ne.jp)は返事を出しても戻ってきてしまます。ドコモ携帯をお使いの場合は、ブロック機能を確認され、PCからでも受信できる設定にされるか、その他のメルアドからご連絡ください。


GLBT長編恋愛小説


愛の島の呼び声を聴いたなら

誰一人その誘惑には逆らえない

http://www.amazon.co.jp/Blue-Dolphins-Hiroshi-Mak%C3%A4ula-Nakae-ebook/dp/B00LMV0UUQ/ref=sr_1_1?s=digital-text&ie=UTF8&qid=1404900402&sr=1-1&keywords=blue+dolphins

Kindleストアで絶賛発売中!
▶購入はコチラから


▶その他のサービス内容はコチラへ
▶まか~ウラのプロフィールはコチラ

▶Skypeによる個人セッションに関する内容はコチラ
▶まか~ウラの著作はコチラ


精神世界のランキングに登録してみました!



アマゾン読者レヴュー ★★★★★

[単行本(ソフトカバー)]  価格:¥ 1,890
【アマゾンでご購入出来ます】


世界的なベストセラー『聖なる予言』も刊行されてなかった1991年春。ひとりの青年がマチュピチュへ旅立った。そこで体験する常識をはるかに超えたスピリュチュアルな世界。色鮮やかなビジョン体験とUFO目撃談で綴る異色の旅行記。いま世界中のチャネラーがペルーを目指す。

人気の投稿