2013/08/26

第四章⑧UFOの下を通過して

クレータ湖を出発し、次の目的地であるオレゴン州のポートランドへ向けての少し紆余曲折した長時間のドライブが続きました。

普通はサンフランシスコから出発して、再びサンフランシスコに戻るのですが、今回の神様ハンズとお友達の旅はシャスタからオレゴン、そしてシアトルを経由してモンタナで終わる日程です。オレゴンに入ると波動もカナリ変化しました。

風景的にも緑が増え始め、国道沿いの風景にも森林や谷間が多くなって行きました。

シャスタ近郊に比べるとオレゴン州の方が波動的には柔らかいというか、自然の波動がもっと身近な感じです。
 

クレーター湖からポートランド周辺までは約4時間を見ていましたが、途中に何度か停まって買い物&トイレ休憩したり、簡易ディナーしたりしたので、ポートランド近くへ到着したのは夜の11時頃。

そしてポートランドの手前の街に差し掛かり始めた時点で、不思議現象に遭遇したのです。
 

ある時から進行方向の上空に眩しく輝くオレンジ・ゴールドの光りが現れ、最初は星かと思いましたが、それにしては輝きが強く、普通の星のサイズではなく遥かに大きく、近かかったのです。

ポートランドには国際空港があるので飛行機かなとも思いましたが、近づいて行っても飛行機のように赤や青、そして白のランプが点滅するわけでもなく、その内に飛行機が別の方角に現れました。

本物の飛行機は普通に点滅しながら飛行していて、かなりの上空を高速で移動しています。

しかし、ドライブしながら近づいて行ったオレンジ・ゴールドで眩しく輝いている光りは、目前に浮かんで待ち受けているいるだけで飛行機のように移動しているようには見えませんでした。

そして不思議なことに、飛行機にしても星にしても出現して留まっている高度が低すぎるのです。

遠くに見え始めた時は、電灯かな? と思ったわけですが、近づいて行くに従って、何だか様子がおかしいぞ? 電灯のように見えるけど、でも怪しいと思い始めました。

道路脇に並んでいる電灯よりも少し位置が高いくらいで、電灯の高さの2倍くらいの位置に浮かんでいるのです。

飛行機も低飛行に入るのだと思いますが、それでも民家や国道のすぐ上空を飛んで行くわけではありません。
 

道路沿いには数多くのランプが立ち並んでいて、それとも全く違う高さで、しかも浮かんでいたのは左右合計6車線の内の、進行方向の3車線のど真ん中です。

後にやや高めの電灯が見え始めましたが、道路の真ん中ではなく右端に建っています。

しかし不思議なオレンジゴールドの光りは道路の真上に浮かんでいるのです。

巨大で人工的なランプをあの高さで、あの位置に設置するには、道路の真ん中から柱を建てるか、道路の両脇に塔を立てて電線を引き、そこから下げなければ不可能です。
 

車は更に輝くオレンジの光りへと近づいて行き、その真下を通り過ぎた時に見上げたのですが、ただ眩しい光で、何かランプのような形状があるのかは分かりませんでした。しかし電灯でなかったのは確実です。

もし電灯だったなら近づけば楕円形のガラスの形状とか、中の光とか反射とかが見えるはずです。
 

三人で驚愕しながらもドライブをやめることはなく、車はかなりの速度でポートランドの方へと進みました。

普通に混雑していた国道の流れの中を走っているわけですから、そうそう簡単に停まれるシチュエーションではなかったので走り続けるしかありません。
 

この経験は1991年に夜のマチュピチュの遺跡の上から眼下に見える渓谷の中に浮かんでいた眩しいくらい純白に輝く光りのことを思い出させました。

電線も何も走ってない渓谷の中に浮かんでいた光りの輝きは、遺跡での瞑想が終わった時には忽然と姿を消していたのです。
 

そしてしばらく走ったら、再び同じような不思議で巨大な光が出現しました。

この二回目も一回目と同じようにただ道路の真上に浮かんでいるだけで、移動するわけでもなく、私たちの車が進んでくるのを待ち受けているようでした。
 

二回目の不思議で巨大な光は、ほぼ純白に近いアイスブルーの眩しい輝きでした。

そして一回目と同じように謎の光の真下を通過し、ここぞとばかりマジマジと見たのですが、星でないことは確かで、道路沿いの電灯でなければ、飛行機でもないことは間違いありませんでした。

ということは、考えられるのは未確認飛行物体しかありません。

一般的にUFOというのは金属的な円盤や立体的な宇宙船というイメージが強いのですが、この時は宇宙船というよりも、眩しく輝いている大きな光りでした。
 

その眩しく輝く光りの下を通過した後に、あの光りは一体なにだったのだろうか? と話し始めたら、不思議なことに、三人とも同じ光を見ていたはずなのに、なぜか見ていた光の色が微妙に違っていたことが解りました。

三人とも違った色の光を見ていたのです。
 

あの光りはUFOと呼べるものなのか、それとも何か別のものなのか、三人とも上手く理解出来ない状態で、そのまま高速を降りて街中に入り、周辺のモーテルを探し始めました。
 

アメリカの国道沿いにはモーテルが沢山あるので、その後すぐに国道を降りて街中に入り、すぐ近くにあったモーテルにチェックインしました。



モーテルというのは部屋さえ空いていればホテルのように予約をしなくても宿泊することが可能なのです。

一般的なホテルよりもグレードは落ちますが、通りすがりで一晩寝るだけですから部屋が奇麗で清潔であれば、ラグジュアリーなお部屋でなくても構いません。

カナリ素っ気ない部屋でしたが、シャスタ山で宿泊したB&Bの狭い小部屋より遥かにユトリの広さでした。

バスルームの設備は最近に改装を済ませた感じの、最新で近未来的なシャワーがついてました。
 

B&Bや普通の家でも温熱機の容量が小さいとシャワーを浴びていたら突然にお湯が水に変わってしまうという出来事が起きえますが、モーテルやホテルならお湯が突然に水になってしまうという心配はありません。
 

この時には物凄い睡魔に襲われている状態で、さっさと熱いシャワーを浴びた後は、そのままベッドにバタンキューでした。

寝ながらアセンデッドマスターのことを考えていたら気持ちよくなって熟睡です。



しかし2時間くらいで目が覚めてしまい、お腹が空いたので近くに24時間営業のファミレスがないかとモーテル周辺を徘徊したのですが発見できず、少しだけ夜空を眺めてみましたは、UFOも発見できなかったので再び部屋に戻って寝ました。 

▶次へ「背中に現れたギザの地図」

第4章 アセンデッドマスターの囁き
 ▶ツタンカーメンの呪い?
 ▶シャスタ山へ
 ▶シャスタ山ラヴェンダー農園
 ▶シャスタ山でのコンタクト
 ▶シャスタの街の建国記念日
 ▶聖ジャメインの現れたパンサー・メドウ
 ▶シャスタの街の建国記念日
 ▶UFOの下を通過して
 ▶背中に現れたギザの地図
 ▶アセンデッドマスターの赤い薔薇
 ▶金星人との対話
    ▶アセンデッドマスターの囁き
    ▶第四章⑬夜中のUFO観察
    ▶降臨


エネルギーヒーリング基礎コース ▶まか~ウラのクレアヴォヤンス基礎コース

セッションのご予約・お問合せ
ブログの質問・感想などは電子メールで。

makaula@gmail.com

※お問い合わせを頂いた際に、ドコモ携帯でのメルアドの場合(@docomo.ne.jp)は返事を出しても戻って来てしまます。ドコモ携帯をお使いの場合は、ブロック機能を確認され、PCからでも受信できる設定にされるか、その他のメルアドからご連絡ください。


▶その他のサービス内容はコチラへ
▶まか~ウラのプロフィールはコチラ



一日一回クリックしてね☆



     
英語
アマゾン読者レヴュー ★★★★★
  


[単行本(ソフトカバー)]  価格:¥ 1,890

世 界的なベストセラー『聖なる予言』も刊行されてなかった1991年春。ひとりの青年がマチュピチュへ旅立った。そこで体験する常識をはるかに超えたスピ リュチュアルな世界。色鮮やかなビジョン体験とUFO目撃談で綴る異色の旅行記。いま世界中のチャネラーがペルーを目指す。



LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ご予約・お問合せ

▶エネルギーヒーリング基礎コース

▶まか~ウラのクレアヴォヤンス基礎コース

セッションのご予約・お問合せ

ブログの質問・感想などは電子メールで。


makaula@gmail.com

※お問い合わせを頂いた際に、ドコモ携帯でのメルアドの場合(@docomo.ne.jp)は返事を出しても戻ってきてしまます。ドコモ携帯をお使いの場合は、ブロック機能を確認され、PCからでも受信できる設定にされるか、その他のメルアドからご連絡ください。


GLBT長編恋愛小説


愛の島の呼び声を聴いたなら

誰一人その誘惑には逆らえない

http://www.amazon.co.jp/Blue-Dolphins-Hiroshi-Mak%C3%A4ula-Nakae-ebook/dp/B00LMV0UUQ/ref=sr_1_1?s=digital-text&ie=UTF8&qid=1404900402&sr=1-1&keywords=blue+dolphins

Kindleストアで絶賛発売中!
▶購入はコチラから


▶その他のサービス内容はコチラへ
▶まか~ウラのプロフィールはコチラ

▶Skypeによる個人セッションに関する内容はコチラ
▶まか~ウラの著作はコチラ


精神世界のランキングに登録してみました!



アマゾン読者レヴュー ★★★★★

[単行本(ソフトカバー)]  価格:¥ 1,890
【アマゾンでご購入出来ます】


世界的なベストセラー『聖なる予言』も刊行されてなかった1991年春。ひとりの青年がマチュピチュへ旅立った。そこで体験する常識をはるかに超えたスピリュチュアルな世界。色鮮やかなビジョン体験とUFO目撃談で綴る異色の旅行記。いま世界中のチャネラーがペルーを目指す。

人気の投稿