2012/01/29

シアトルの無料新聞「ソイソース」に掲載されました!

アロハ

先日シアトルの無料新聞「ソイソース」が届きました。

1月10日号はハワイ特集。

 

 

こちらはオアフ島だけでなく、その他の島々の口コミ情報が満載されていました。

そしてこちらが1月25日号


こちらに私のインタビュー記事が半ページも掲載されてました。


タイトルは「サイキックチャネラーが紹介するハワイのパワースポット」。

インタビューさんの要望はハワイ島とカウアイ島でお勧めのスポットがメインでした。

それぞれの島にも沢山スポットがあるのですが、限られた紙面では数を絞らなければなりません。

ハワイ島:キラウエア火山国立公園、プウホヌア・ホナウナウ、マウナケアの展望台

カウアイ島:カララウ展望台、アースキーパークキスタル、ポリハレ・ヘイアウ

それに加えてマウイ島のホエール・ウォッチングが入っています。

オアフ島は無し・・・。

まぁオアフ島の方は「スピリチュアルに楽しむオアフ島:史跡・伝説とパワースポット」をお読みになればホボ制覇できるので、興味のある方はコチラをお読みください。


ここ最近はブログと小説の編集をしていますが、カウアイ島とマウイ島の本を制作しようかなと思ったりしています。

こういう時というのは、その他のアイデアも湧いて来てしまうのです。

しかし他にも「eCard」も完成させなければいけないので、困ったチャンですね。

こんな状態でライトボディーの目覚めの解読なんかしている暇は無いと思ったりしますが、集合的な恩恵のためを考えると、本の制作がお通しされてしまうのですね・・・。

 まぁ何とかるというか、どうにかなるでしょう・・・。

ということでステイチューン。

【波動入りの読む瞑想】 


★セッションのご予約・お問合せ、ブログの質問・感想などは電子メールで。

makaula@gmail.com

▼1日一回投票してね!人気ブログランキングへ


アップ精神世界のランキングに登録してみました! 1日1回、クリック、お願いしますね。


【アセンション・シンドローム関係の過去ブログ】

さらに、まか~ウラの多次元経験に興味のある方はコチラがお勧め!読んでね!


¥1,890

Amazon.co.jp



 
「聖なるハワイイ:
ハワイアンのスピリチュアリティー」

 

ご購入は書肆侃侃房
お近くの大型書店、アマゾンなどのネット書店などでお求めになれます。

ライトボディーの目覚め:AS2012(38)

ALOHA

1月28日のダウンロードから数日経ちましたが 、肉体的にすごく疲れています。

とにかく眠たいです。

前回の10月28日のダウンロードの時とは比較できないくらいの量の波動が流入して来たのですから疲れていても当然ですね。

 さて先日の続きです。

ダウンロードが終って色々と考えていて、日本から取り寄せたのは良いけれど、真面目に読んでなかった本をめくってみました。

「ライトボディーの目覚め」という本です。


ライトボディの目覚め 改訂新版
[単行本]
アリエル (著), タチーレン (著), 脇坂 りん (翻訳) 

 ¥ 2,415

出版社: ナチュラルスピリット・パブリッシング80 (2000/05)
ISBN-10: 4931449085
ISBN-13: 978-4931449084
発売日: 2000/05




あの強烈な痛さはサマスカラの溶解と似ていましたが、違った密度と深さなので、その違いに関して考えてみたわけです。

そこで思い出したのがこの本。

昨年にちょろっと読みかけたのですが、あまりピンと来なかったので読まずに置いてありました。

AS2012を書き始めた頃にもこの本のことが気になっていたのですが、昨年の読む気にならない記憶のせいで、パラパラとめくってみましたけど再びピンと来ず・・・。

そして今回のダウンロードでピンと来る箇所を見つけました。

ちゃんと本に書いてあったというか、それらしい内容が書かれているというか・・・。

この本はデコードしないと理解しにくい類いの本だと思います。

 チャネルされている段階で全ての情報が降ろされてない感じですね。

 本文の48ページから始まる「あなたの身体について」という項目の中で「アクシオトーナル・メレディアン・システム」、アクシアル循環システム」というのと「スピンポイント」というものが簡単に説明されています。 

ーーーーーーーー

★アクシオトーナル・メレディアン・システム

オーバーセルフや他の星の人々との直接的な連結のために機能するもの

切り離されていたことよって脳の萎縮、老化、そして死が造り出されていた

★アクシオトーナル・ライン

光りと音で出来ている

人間の身体に再構築するには「キリスト庁」の働きが必要

再接続が起こるとオーバーセルフが肉体をライトボディーに変換させるために適した色や音色の振動数を伝達し始める

鍼治療で言う「経絡」にあたるもの

経絡に沿うようにして存在し、その何カ所かは「スピンポイント」として経絡に接続される

オーバーソウルと接触したり、恒星系と同調することを可能にする

新たな光りの身体への再プログラミングはオーバーソウルから直接的にアクシトーナルラインを通じて行われる

どんな肉体または生命体からも独立して存在している

様々な恒星系から放射されている

銀河体のメカニズムの再生をコントロールする

★スピンポイント

電磁エネルギーの小さな球状のヴォルテックス

皮膚の表面上にあるように感じられる

身体中の全細胞にある

細胞のスピンポイントは細胞内分子の原子をより高速でスピンさせる「音」と「光」の振動数を発する

細胞内原子のスピンが高速に回転することで分子の回転数が増す

分子の回転数が増すことによって細胞再生のグリッドを設定するための「光」ファイバーが創造される

ーーーーーーー

この本は解りにくいです(悲)

私が思うに、口述された内容を書起してあるのだと思います・・・。

カバラ的な世界観の内容がかなり書かれているのですが、解る人にしか解らない口述のされ方です。

カバラとアダムカドモン(ガッドボディー)に関することに詳しくないと、意味不明な内容になってしまうでしょう。

上の記述にあるアクシオトーナル・メレディアン・ラインの再接続は一昨年のハイキング中に起きました。

これは経絡の流れに沿っていますが、全く同じものではありません。

アクシオトーナルの循環は、 氣が経絡の中を移動するよりも格段に速いものです。

 また氣は温かい、または熱い感じがする場合もありますが、アクシオトーナルは電磁的、またはプラズマ的です。

そしてアクシオトーナルのラインは、細い状態から太さを増してゆき、その行程の中で、投入される音と光りの量が増え続けてゆきます。

次第にヴォリュームが大きくなってゆくということです。


そして今回の痛さは、スピンポイントの活性化だとしか思えません。

皮膚の内側の細胞の中からとても細い針状のものが外に向かって放射されるような痛さでした。

まず最初に起き始めたのは28日よりも数日前です。

初めは胸腺の周囲で、それが少しづつ拡大し、上半身の前面と背面が接続されました。

この時も異常なくらい痛かったです。

その数日後の1月28日のダウンロードの際には両肩の周辺に広がって、上腕、そして腕へと感覚を置きながら起きて行きました。

この「ライトボディーの目覚め」という本は、真面目に解読すると面白いと思います。

この本の冒頭部分で書かれていることを理解するのは一般的な知識だけだと難しいです。

分解して並べ直して、さらに解読するために必要な情報を組み込む必要があります。

ライトボディーが活性化されてゆく段階に関する明確な設計図が提示されない仕組みになっているとしか思えません・・・。

全体マップ的に再構築しなおせば、もっと理解しやすくなる、構造的な部分が解りやすくなると思います。

ちょっと解読に励んでみます・・・。


【波動入りの読む瞑想】 


★セッションのご予約・お問合せ、ブログの質問・感想などは電子メールで。

makaula@gmail.com

▼1日一回投票してね!人気ブログランキングへ
 

アップ精神世界のランキングに登録してみました!
1日1回、クリック、お願いしますね。

【アセンション・シンドローム関係の過去ブログ】

さらに、まか~ウラの多次元経験に興味のある方はコチラがお勧め!読んでね!


¥1,890

Amazon.co.jp




「聖なるハワイイ:
ハワイアンのスピリチュアリティー」

 

ご購入は書肆侃侃房
お近くの大型書店、アマゾンなどのネット書店などでお求めになれます。

2012/01/28

1月28日に起きたダウンロード:AS2012(37)

アロハ

昨日は色んなことが一気に起きたので変な一日でした。

午前中に家からカピオラニ大通りのキンコスまで歩いて行き、対応の悪い店員さんと交渉し・・・。

その後にレイキの生徒さんとお茶を飲む予定が思い違いで早くついてしまい・・・。

彼女は北方インドの方へヨガとアーユルベーダのお勉強に数ヶ月行ってた方で、とても居見深いお話を聞かせて頂きました。

そして事件が起きたのはその後です・・・。

早起きしたのもあり、彼女と別れた後から何故か疲れを感じ始めたのでちょっと昼寝をしようとベッドに横になりました。

そしたら始まったんです。

今年になって最初の本格的なダウンロードが・・・。

前回に起きたのが昨年の10月28日(アメリカでは27日)。

過去ブログはコチラ
▶10月28日に起きたこと

ちょうどその三ヶ月後ですね。

今回は前哨戦というか、昨日の本格的なダウンロードの4〜5日前から似たようなことが起きていました。

こちらの方は然程ビックリするような感じでもなかったので、まぁそんなこともあるか?と流していました。

しかし先日のは強烈でした・・・。

まず最初に始まったのは、頭の全体です。

まず第七チャクラが開いた感じがして気持ち良くなり、それから頭頂に太い波動の柱が挿入されました。

第七チャクラの芯部が上に昇って太いアンテナのようになる感じとでも書きましょうか・・・。

その後は、ちょうど脳波を変える書く瞑想のような感じで、頭全体の脳波が変わり、ウェーヴになって波動が頭頂から身体の方へ連続して降りて行きました。

それと同時にオーラのクリアリングが一気に始まりました。

それから脳内に何かのホルモンが出始めて気持ち良いこと・・・。

カウアイ島で行ったカバラ・ヒーリングの時も至福体験でしたが、こちらの方が輪をかけて至福状態に近いものがありました。

カウアイ島の時はシャンパンゴールドのような波動の泡が全身から沸き上がって、とても気持ち良い感じでしたが、今回は強烈でした。

最初から眼を閉じていたのですが、最初から最後まで瞼の裏の色がヴァイオレットになったり白くなったり、エメラルドグリーンになったりしてしました。

波動が一気に変化してしまうと、意識が飛んでしまうような感覚になることも多々あるのですが、それは起きませんでした。

最初から最後まで完全に意識のある状態です。

脳の幸せ状態が頭全体に広がって後頭部に降りてゆき、後頭部も気持ち良い幸せ状態になってさらに下降して、背骨の左側のダウンロードが始まりました。

これも前回に比べると時間的には長かったです。

今回のダウンロードが起きたのは、昨年の10月28日と同じく背骨の左側でしたが、もっと背骨よりのホボ中央に近い位置です。

完全に中央ではなく、前回よりもっと背骨の中央よりでした。

降りて来た波動の色合い的には、前回のレモン色よりも、もっと輝いている強くて電磁的な感じでした。

部分的にエメラルドグリーンが混ざっているように視えましたが、輝きが強過ぎて発光してるような感じです。

前回はサーっとシロップ状の液体が流れ降りて来るような感じでしたが、今回は密度が比べ物にならない位に明確で、スパークのような感じというのか、プラズマのような感じというか、とても強烈でした。

それが頭の中心部から背骨に沿って下降して行きました。

それから始まったのが、サマスカラを溶かす瞑想のような感じに似たチリチリ感です。


このチリチリ感は、前触れですでに強烈なのが起きていたんです。


上半身のサマスカラを溶かすヒーリングは昨年から行っていたので、その初めの頃のジリジリ感の痛さに比べれば増しだったので、あまり気にしてなかったのです。

この前触れでは、上半身の外側、肩の部分とか、上腕の部分とかに変化が起きました。

いつものサマスカラ溶解と全く同じ感覚なのかと言えば、似ているのですが違っているのです。


もっと深い部分を溶かしているような感じというか、圧縮されているのものを溶かしている感じですね。


通常サマスカラが溶ける場合は上半身から下半身へと流れて行くのですが、この部分が明確に違うのです。

今回のは、細胞の中から外側に放射されている感じでした。

イメージ的に書いてしまうと、細胞の中から光りの針が放射されているような感じです。


先日のはさらに拡大されて行った部位で、最も強烈だったのは腕の先、ちょうど肘から手首にかけて細くなってゆく部位でした。

これは強烈でした。


痛いのなんのって・・・。

我慢出来ずに悲鳴を上げる程ではなかったですが、かなり痛かったです。 

その痛さが引いてもまだ終らず、背骨の左側を降りて来た波動が経絡のような通路を通じて体内を移動して行くのが解りました。

この動きというか、速さは経絡と全く同じものではないです。

経絡の中を気が移動する時の速度よりも格段に速い動きで、気の流れは比較的ゆるやかで温かい感じがするのですが、速くて強いというか、電磁的でプラズマチックな感じでした。

ここ一ヶ月は寝る前に宇宙の医療チームにヒーリングを頼んでいるのですが、その際にエネルギーが降りて来て流れる経路と同じ道筋で移動していました。

今回のはいつもの宇宙の医療チームのヴォリュームとは比較の対象にならない位に強烈でした。

この通路は経絡的に書いてしまうと、膵臓と脾臓と胆のうに関係しているものだと思います。


そして今回の全部の行程は前回に比べると異様に長かったです。


始まってから終わりまで三時間くらい、二時間半以上も続いていました。

そして後から解ったことがありました。

あのサマスカラ溶解に似ていた体験は、別のものだということが・・・。

続く・・・


【波動入りの読む瞑想】 


★セッションのご予約・お問合せ、ブログの質問・感想などは電子メールで。

makaula@gmail.com

▼1日一回投票してね!人気ブログランキングへ
アップ精神世界のランキングに登録してみました!
1日1回、クリック、お願いしますね。

【アセンション・シンドローム関係の過去ブログ】

さらに、まか~ウラの多次元経験に興味のある方はコチラがお勧め!読んでね!


¥1,890

Amazon.co.jp




「聖なるハワイイ:
ハワイアンのスピリチュアリティー」

 

ご購入は書肆侃侃房
お近くの大型書店、アマゾンなどのネット書店などでお求めになれます。

2012/01/25

マウイ島旅行2010年・春:目次



2010年の春にマウイ島に魔法使いのエステシャン・ファミリーと一緒に行った時の日記です。


基本的にはマウイ島の主な観光地の話しですが、ヘイアウやらスピリチュアル系に絡む内容もあります。

このシリーズは写真の数が多いので眼で見て楽しめると思います。

マウイ島に行く際の参考にどうぞ!


【マウイ島旅行2010年・春:目次】
★セッションのご予約・お問合せ、ブログの質問・感想などは電子メールで。

makaula@gmail.com

▼1日一回投票してね!人気ブログランキングへ
アップ精神世界のランキングに登録してみました!
1日1回、クリック、お願いしますね。 さらに、まか~ウラの多次元経験に興味のある方はコチラがお勧め!読んでね!

¥1,890

Amazon.co.jp






「聖なるハワイイ:
ハワイアンのスピリチュアリティー」

 


ご購入は書肆侃侃房
お近くの大型書店、アマゾンなどのネット書店などでお求めになれます。



2012/01/24

ガンマ波とサイックな眼の動き:AS2012(34)


アロハ

本日一回目の更新です。

先日はブログの更新をしながら、AS2012の過去記事をまとめて見直していました。

まだまだ書かなければと思う内容が沢山あるので、気長におつき合いください。

今朝はブログの整理をし始めたら、ツイツイそちらの方に意識が向いてしまって更新が遅れてしまうので、途中でブログ更新に切り替えました。



前回の記事ではシータ波へ波長を合わす読む瞑想を書きました。

本日はシータ波とガンマ波のことについて書いてみます。

デルタ波やシータ波は、熟睡している時や、乳幼児、または数十年の修行を行った修行僧の瞑想時にしか測定することが出来ないと言われています。


デルタ波とシータ波の脳波パターンは、左脳のフィルタリング機能を低下させる働きがあり、それによって記憶力、思考能力などが劇的に引き上げられると説明している方もいます。

デルタ波・シータ波の状態は記憶力、思考能力の向上に効果が高いということです。

シータ波に関しては調べると多くの情報が検出されますが、ガンマ波に関する情報はそんなに多くはありません。

ガンマ波(Gamma wave)は「知覚」や「意識」に関連付けられ、「高次な精神活動」に関連しているとされています。

脳波の単位は「ヘルツ:Hz」で、1ヘルツは1秒間に1回振動したことを表し、脳波が0Hzになると脳死を意味します。

40 Hz (毎秒約 40回) の周波数で放出した際に発生し、大抵は 26 Hz から70 Hz ほどまでとも解説されています。

低い周波数のガンマ波が突然40 Hz 程まで倍化した際に「高次認知活動」が生じるとする研究もありますが、24Hz 以上の脳波をガンマ波とする定義もあります。

最近の研究では、脳波が20Hz から 40 Hz へと変化した際に、新しい洞察の認知が起きているそうです。

日中の目覚めている時やレム睡眠の状態に生じる低電位速波新皮質活動 (low voltage fast neocortical activity : LVFA) の際にガンマ波が常に発生しているとされています。

ガンマ帯域での同期発火の一時的な状態は、脳の違った領域で起こります。

これは認知したものを処理する際に、分散的に行列を生む出すメカニズムだと考えられ、「知覚」のような同期的で協奏的な認知活動を可能にするそうです。

例えば、ガンマ波は結びつけ問題 (binding problem) の解決との関連性が示唆されています。

ガンマ波は「意識的」または「無意識的」な「視覚からの刺激」がどのようにして神経同期的な反応を引き起こすかという点に関して研究されてきました 。

この研究は神経活動の同期性によって神経系における確率共鳴を説明できる可能性を生むものと解説されています。

また統合失調症の患者ではガンマ波に異常があることもわかっています。



ダライ・ラマ14世法王とチベット仏教僧が全面的に協力した研究を行った米国のリチャード・デビッドソン博士による「脳科学(神経科学)という文献があります。

この中で、今まで1度も報告されたことのないレベルの「ガンマ波の増加」が検地されたと報告されています。

サマタ瞑想の「慈しみの瞑想」を行っている際の脳波に驚異的な数値が検出されたのです。

この研究によって報告された「ガンマ波」とは、「閃きの時にでる脳波」。


難解な問題が解けた時などに感じる「わかった!」という脳波です。

そしてこの時に「脳の左側前頭葉が劇的に活発になる画像が得られた」と報告されています。
 

この「左側前頭葉」には「幸福を感じる回路」があると言われています。

「慈しみの瞑想」では「幸福」と「閃き」の二つの経験を同時に起こすガンマ波が得られてしまうわけです。


このシータ波+ガンマ波の2つの状態をつくりだす効果を持つものが「アガペー・ユリイカ瞑想」です。
 
インドの瞑想に詳しい人は知っていると思いますが、「アガペー」とは「慈悲・慈愛・思いやり」のことです。

また「ユリイカ」とは「わかった! これだ!」という「閃き」です。

サイキック的に「シータ波とガンマ波を同時に造り出す」ことは可能です。

通常の場合、私たちの肉体全体の波動はあらゆる部位に向けてとても分散されています。

緊張している時のように意識や身体にストレスが多い場合は、波動も動きにくい状態にあります。

頭では緊張していないと感じていても、実際の肉体が緊張して筋肉のストレス度が高い状態の場合も多々あります。

簡単に書いてしまうと、身体が全体的にリラックスして幸せな状態にあることは少ないということです。

シータ波+ガンマ波の状態というのは、とてもリラックスしていると同時に、とても目覚めているという状態です。

サイキック的に多次元的な波動の世界が明確に見える、また奇麗に視える状態は、このシータ波+ガンマ波を同時に体現している時なのです。

 これを体現するのに関係しているのが、私たちの肉体のリラックス度です。


前の記事でも書きましたが、身体全体をシータ波の領域に落とします。

シータ波領域に落とすことによって肉体に使われている波動の消費量を最低限に抑えるのです。

そうするれば脳が多くの波動を使えるようになります。

シータ波+ガンマ波を同時に体現している時は、意識のホボ全てが頭の周辺に集約されます。

この領域に入ると、肉体の感度は急激に落ち、エンパシックな感覚は薄くなります。

その変わりに超視覚のクレヴォヤンスの能力と知覚能力が一気に引き上がった状態になります。

この状態になると眼球の動きに変化が現れます。

眼球の動きはサイキック的な能力にとても関係している器官です。

眼の周囲の筋肉を訓練して、焦点を合わす位置や眼圧、瞳孔の開き具合、まぶたの開き具合などに働きかけることが出来るようになると、シータ波+ガンマ波を同時に体現することが容易になってゆきます。

ビックリですね。

眼球の動きまで変化させるなんて・・・!

これは多くのサイキックの方がリーディングをしている時の眼の動きを観察して続けて解ったことことです。

サイキック能力のある人が多次元的な世界を視ている時は、眼球の動きが変化するのです。

面白いですね。

多くの方は潜在的に行っているので、意図的に眼球の動きをコントロールしているとは思っていないようです。

その無意識的な眼の動きは眼球の中に入り込んで来る光りの量を調節することに関係していると思います。

リーディングを続けている時に、眼圧が高く感じられる時があるのですが、その時は眼の中の圧力を変えることによって、取り込んでいる光りの量の密度を圧縮して高くしている時です。

また眼の周辺には多くのスイッチが存在していて、そのスイッチをどのように使うかによってサイキックな視点と脳波を変化させることが出来ます。

皆さんも無意識的に眼の機能を使っていると思いますので、自分の目の動きに対して意識的になって観察してゆくと、とても面白いことが解って来ると思いますよ。

続く・・・


★セッションのご予約・お問合せ、ブログの質問・感想などは電子メールで。

makaula@gmail.com
▼1日一回投票してね!人気ブログランキングへ

アップ精神世界のランキングに登録してみました! 1日1回、クリック、お願いしますね。
 

【アセンション・シンドローム関係の過去ブログ】

さらに、まか~ウラの多次元経験に興味のある方はコチラがお勧め!読んでね!



¥1,890

Amazon.co.jp





「聖なるハワイイ:
ハワイアンのスピリチュアリティー」

 

ご購入は書肆侃侃房
お近くの大型書店、アマゾンなどのネット書店などでお求めになれます。


2012/01/23

脳波をシータ波の領域へ変調させる:AS20129(33)

アロハ

本日三回目?の更新です。

この前にアップしたのは、実は随分と前に書いた記事の再録です。

写真を入れ替えて映像も足してみました。

こういう過去ブログの整理整頓はある意味で自分の過去の考え方とか、視点とかを省みることが出来るので参考になります。

私も随分と世界観が違って来たな・・・と思います。



今日の一回目の記事でははオーラと脳波の関係を、ベータ波に絡めて書いてみました。

脳波にも色々な周波数がありますが、その中で最も一般的に知られているのがアルファ波でしょう。


アルファ波(α波)は8~13Hzの領域のことを指します。

著書「脳内革命」で有名な春山医学博士は、「アルファ波の状態は、覚醒と睡眠の間であり精神活動が活発で、意識レベルが高まっている状態である」と書いています。

この8~13Hzというのが、前の記事で書いた地球の鼓動のパルスに関係しています。

ひと昔前の地球の鼓動は約7.5Hzで、現在では約13Hzに近くなっています。

アルファ波は普通に目覚めている状態でリラックスしている、安静している時に現れる脳波です。

一般的にアルファ波へ導く音楽というのは、これに着想したものです。

リラックスして安静な状態に入れればアルファ波が上昇するという考え方です。

このアルファ波は、脳や意識の状態によって変化し、意識障害や認知症、精神疾患、睡眠障害などの診断補助・状態把握に用いられることもあります。

その他にも生理学や心理学などでも研究されています。

アルファ波の計測では主に後頭部(後頭葉)を中心として観察されるそうです。


しかし後頭葉以外でも8~13Hzのアルファ帯域の以下のような電気的振動が発生していています。

中心溝周辺はミュー(μ)律動=体性感覚・運動

側頭葉周辺のものはタウ(τ)律動=聴覚処理

二次感覚皮質周辺はシグマ(σ)律動=体性感覚処理

アルファ波は感覚や運動、そして聴覚に関係しているということです。

このアルファ波は眼を開けたりして視覚的な刺激を受ける時、運動している時、暗算などを行っているとき、精神的に緊張している時、そして睡眠時には減少します。

刺激が多いと周波数帯域の振動が増えるので、その結果にアルファ波は減少するということです。

上に書いたミュー律動の場合は、まず運動を始める前に減少し、運動が終ると反動的に増加してゆきます。

この安らぎのアルファ波の奥にあるのがシータ波です。


シータ波は、アルファ波よりも更にリラックス感を深める性質があり、眠りに落ちようとするうとうとした状態や、浅い眠り(レム睡眠)に入った時によく出る脳波です。

シータ波(θ波)は4~7Hzの領域のことを指し、深い瞑想状態や、記憶と学習に適している脳波の状態で、潜在意識にも関係していると考えれられています。

瞑想状態にはいると脳波にシータ波が多く現れます。

このシータ波は主に眠りに落ちる前の寝入りばなや、麻酔を打たれた時などの、うつらうつらしているときにに海馬周辺から発生します。
 

シータ波は主に記憶力に関連すると考えられています。

脳科学・海馬の研究の第一人者で、東京大学大学院准教授・薬学博士の池谷裕二先生は「脳がθ波(シータ波)優位の状態にあるとき、人間は記憶力や情報の吸収力が高まる」と説いています。

また瞑想やヨガなどのかなり集中したときに発生する「覚醒シータ波」と呼ばれる波長もあります。


この「覚醒シータ波」は、人間のインスピレーションやヒラメキを促進する効果があるといわれています。

大学教授の池谷先生は眠り落ちる前だけではなく、「歩いている時にも記憶力や情報の吸収力を高めるシータ波が、海馬から活発に出ている』と言っています。


歩く→海馬からシータ波が現れる→記憶力が向上する

しかし「歩く」という動作、運動がシータ波を放出させているのではないそうです。

歩くことによって「場所が変わる」という「環境の変化」が要因だそう。

中国の欧陽修氏はアイデアなどが閃きやすい「三上」という発想を説いています。


馬上(乗り物の上)

床上(布団の中)

厠上(トイレ)

これらの「三上」の環境の中ではシータ波が現れやすくなるということですね。

布団の中やトイレでアイデアや閃きが浮かびやすいのは解りやすいと思います。

それと同じようにバスや車、列車、飛行機などの、何かの移動するものに乗っているとシータ波が現れる確率が高くなり、アイデアや閃きが浮かびやすいということです。

 ということは、オーラの周囲の動きによる波動的な刺激、または周波数的な刺激。


そして視覚的、オーラ感覚を含めた感覚的な何かが関係していると考えられますね。

ではこれを波動とヒーリングに絡めて書いてみます。

適度な速さで長い距離を歩き続けると、次第に心が落ち着いてリラックスしてゆきます。

良く頭を冷やしに歩きに出かけると言いますね。

またラニングハイ、またはセックスの後なども同じように精神と意識の状態を変容させて気持ち良くリラックスさせます。

適度な運動を行うことによってエネルギーを消耗させるとリラックス感が増すということです。

また頭を使って深く考えない作業、例えば料理をするとか、掃除をするとか、シャワーを浴びるとかでも同じような効果が現れます。

歩いたり何かの単純動作をしている時は、その一定のリズムの動作を繰り返すことによって意識の状態が束ねられます。

そして勉強とか仕事等で集中度を高めたい時に、深呼吸をしたり、肩に力を入れて一気に脱力させたりして雑念を追い払ったりします。

瞑想する時に背筋を伸ばして深呼吸をするのも同じです。

瞑想や寝付きの前などは、緊張を解いて身体の電荷を最小限に抑えることによって意識の状態がリラックスして行きます。

これらに共通する項目は「身体のエネルギー場の状態を整える」ことです。

ここでのポイントは、身体に溜まっているネガティブな電荷=波動を解放することによって、意識の状態が変化してリラックスするということ。 

これらは別に波動的なテクニックを使わなくても誰にでも出来ることなので覚えておくと良いでしょう。

では波動のヒーリング・テクニックを使って意識の状態をシータ波まで連れてゆくにはどうすれば良いのか?

 アイデア的には上に書いたのと同じように、身体の周囲=オーラ、そして肉体の電荷の掛かり具合を理想的な状態へ変化させることです。


 そんなに難しいことではありません。


ではオーラと身体そして脳をクリアリングしてリラックスさせ、脳波をシータ波の領域へ変調させる読む瞑想です。

ます背を伸ばして椅子に座り直して下さい。

まず初めに肩に力を入れて、一気に脱力します。

これを何度か繰り返しましょう。

肩や首の周辺が緊張している、固くなっている状態だと意識も同じように緊張したり固くなります。

身体全体をリラックスさせる、骨格を覆っている筋肉をリラックスさせて緩和させるだけでも意識の状態は安定し始めます。

そして前の読む瞑想と同じく、身体を約3度くらい少し前屈みにして、身体が頭上から降りて来ているエネルギーの柱の中に入って、クリックする位置、身体がシッカリする位置に入って下さい。

身体をゆっくりと前後座右に動かしてみると解りやすいでしょう。

その中で身体が最もシッカリする感じの位置、身体が波動の流れの中に入って安定する位置を探してください。

次にゆっくりと深呼吸を始めてください。

この時に両方の肺に意識を当てて、息を吸い込んだ時に、どれくらい肺の中に広がるのかを確認すると良いでしょう。

呼吸が浅い時は肺の動きが狭くなり、リラックスして安定している時は、肺の動きも穏やかになって酸素が幅広く行き渡るようになります。


それでは眼を開けたまま頭の中で自分の姿を思い浮かべてください。

眼を閉じたり開けたりすることによって、光りを受けとる率が変化します。

眼を閉じると意識が眠りに陥りやすくなります。

閉じる場合は、閉じていても眼が開いている時と同じ感覚を維持してください。

イメージを浮かべる位置は人によって場所が違うかも知れません。

映像を思い浮かべる時の最も理想的な位置は、身体の前、ちょうどハートの向かい側の、腕を真っ直ぐに伸ばしたより少し遠めくらいの距離です。

眼を閉じた場合でも、目前ではなく、自分のハートの延長線上に意識を当てて思い浮かべて下さい。

では自分の姿を思い浮かべたら、身体の中心の軸になっているシルバーコードに意識を当ててください。

頭上から一本の細い銀色のラインが降りて来て、身体の中心を縦に通って尾骨を通って地球の核へと繋がっているのをイメージしてください。

その銀色に輝く光りのラインを通じて、意識が地球の核まで降りてゆき、そして大地のエネルギーに触れて、再び光りのラインに沿って上昇してゆきます。

地球の波動がシルバーコードに沿って上昇してくるのをイメージしてください。

その波動が身体の中心を通って、頭の上から出て、さらに上昇して銀河系の中心と接続されます。

そして銀河系の中心の波動が、再びシルバーコードを伝ってあなたの頭上に降りて来るのをイメージしてください。

 そして意識が全体的に整ったと感じられるまで、しばらくの間このイメージを続けてください。


それでは次に、頭の上、約5メートルくらいの高さ、または身長の3倍くらいの位置に、純白に輝くトランプのダイヤの形、菱形をイメージしてください。

頭上を見上げた時に、純白に輝くダイヤモンドの菱形が浮かんでいる感じで良いでしょう。

次に、この純白に輝く菱形のイメージを純白からダイヤモンドの輝きへと変化させます。



小さなダイヤモンドが菱形の中に沢山はいっていて、光りを浴びてキラキラと輝く七色の閃光を放っているイメージです。

このダイヤモンドの光りで輝く菱形を、シルバーコードに沿ってゆっくりと降ろしながら、オーラの全体に通して行きます。

頭の中で自分のオーラをイメージして、オーラがダイヤモンドに輝く光の菱形の中を、ゆっくりと通過してゆきます。

オーラの下側、足下よりも、もっと下まで降ろしましょう。

そして今度は同じ要領でゆっくりと上昇させます。



オーラがダイヤモンドに輝く菱形の中を通って、身体も通過して、頭上に上昇してゆくのをイメージしてください。

そして同じ行程を繰り返し、最後は足下にある地球の中心まで降ろしてください。

それでは意識を再び頭上約5メートルに戻して下さい。

今度は菱形の大きさを身体全体が通るくらいに少し小さくして同じ行程で繰り返してください。

 そして更に菱形を小さくして、頭と背骨が通るくらいの大きさにします。


そして同じ行程を何度か繰り返して下さい。



ダイヤモンドの光りで輝く菱形の中を、頭の全体が通ってゆきます。

 特に眼の周辺は丁寧にダイヤモンドの光りを通して下さい。


そして首へと降ろして、それに続いている背骨もダイヤモンドの輝きでクリアリングして行きます。

身体の周囲と、肉体、そして意識が聡明になって行くのを感じて下さい。

そして意識の状態がハッキリしたら、その状態をしばらく感じ続けて、良く覚えてください。

普通の意識の状態の時と、どんな部分に違いを感じるかを良く覚えておきましょう。

 ★


オーラの状態が澱んでいる、または暗い状態の場合は、意識の状態も澱みがちになり、暗い状態になります。

ダイヤモンドの波動のイメージによって、オーラの中の不純物や澱みをクリアリングすることが出来ます。

オーラの状態は、環境や一緒にいる人達の影響を絶えず受けているので、頭が重たく感じたり、頭全体の聡明感や、スッキリさが悪い場合に行って下さい。

 次はシータ波からガンマ波への移行について書いてみます。


続く・・・



Facebookで「eCard」と「コズミックシフト」のページを作りました。

こちらの方でも情報を発信していますので「いいね!」ボタンを押してくださいネ★


コズミックシフト▶https://www.facebook.com/makaula.nakae

★セッションのご予約・お問合せ、ブログの質問・感想などは電子メールで。

makaula@gmail.com









精神世界のランキングに登録してみました!

 にほんブログ村 哲学・思想ブログ アセンションへ

 にほんブログ村

1日1回、クリック、お願いします。



【波動入りの読む瞑想】



LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ご予約・お問合せ

▶エネルギーヒーリング基礎コース

▶まか~ウラのクレアヴォヤンス基礎コース

セッションのご予約・お問合せ

ブログの質問・感想などは電子メールで。


makaula@gmail.com

※お問い合わせを頂いた際に、ドコモ携帯でのメルアドの場合(@docomo.ne.jp)は返事を出しても戻ってきてしまます。ドコモ携帯をお使いの場合は、ブロック機能を確認され、PCからでも受信できる設定にされるか、その他のメルアドからご連絡ください。


GLBT長編恋愛小説


愛の島の呼び声を聴いたなら

誰一人その誘惑には逆らえない

http://www.amazon.co.jp/Blue-Dolphins-Hiroshi-Mak%C3%A4ula-Nakae-ebook/dp/B00LMV0UUQ/ref=sr_1_1?s=digital-text&ie=UTF8&qid=1404900402&sr=1-1&keywords=blue+dolphins

Kindleストアで絶賛発売中!
▶購入はコチラから


▶その他のサービス内容はコチラへ
▶まか~ウラのプロフィールはコチラ

▶Skypeによる個人セッションに関する内容はコチラ
▶まか~ウラの著作はコチラ


精神世界のランキングに登録してみました!



アマゾン読者レヴュー ★★★★★

[単行本(ソフトカバー)]  価格:¥ 1,890
【アマゾンでご購入出来ます】


世界的なベストセラー『聖なる予言』も刊行されてなかった1991年春。ひとりの青年がマチュピチュへ旅立った。そこで体験する常識をはるかに超えたスピリュチュアルな世界。色鮮やかなビジョン体験とUFO目撃談で綴る異色の旅行記。いま世界中のチャネラーがペルーを目指す。

人気の投稿